2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.06.28 (Sun)

【2009新人戦】6/28 決勝 日本大VS青山学院大

優勝の栄冠は3年ぶりに青山学院大の頭上に
2年生5人がスタイルを貫き、終盤に突き放す

日本大学74(24-26,10-20,25-17,15-26)89青山学院大学
090628aogaku2.jpg決勝は前年準優勝の青山学院大と、2年ぶりの決勝となる日本大の好カードとなった。
試合は青学大がリードを奪えば、日本大が食らいつく一進一退の緊張感のあるものとなった。だが拮抗した試合において、自分たちのバスケットを表現することが難しい我慢の時間帯が訪れる。青学大にとって、それは速攻が出ない時間帯。我慢の時間帯をいかに打開するかが、この試合の勝敗を分けた。青学大は#6織田(2年・SF)の1対1を始め、#5辻(2年・SG)のアウトサイドや#11福田(2年・F)のインサイドなど、2年生が主体となり速攻の出ない時間帯を打開した。一方の日本大も#10名塚(2年・F)の爆発力や、ファウルトラブルで経験不足の布陣になったときでも#4渡部(2年・G)、#8石川(1年・PG・明成)がコンスタントな活躍でチームを引っ張ったが、「勝負所でディフェンスが出来なくて我慢し切れなかった。気持ちが小さくなってシュートに行く人が減ってしまった」と石川が嘆いたように、終盤に訪れた劣勢の場面では力尽きる形となった。
スタメン全員が2年生という結束力での差を見せた青学大が昨年のリベンジを果たし、3年ぶりの優勝に輝いた。

写真:優勝の瞬間、抱き合う青学大。

※試合のレポートは「続きを読む」へ。インタビューは別途掲載します。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
090628syonji.jpg序盤から両者一歩も引かない拮抗した展開となる。だが「ディフェンスでイージーなやられ方がちょっと多かった」と長谷川監督が振り返るよう、好スタートを切ったのは日本大。日本大は#21熊(2年・C)のインサイドで先制点を奪えば、外からは#4渡部(2年・G)のドライブ、#10名塚(2年・F)の1対1とディフェンスの的を絞らせないバランスのいい攻めを見せる。一方の青山学院大は持ち味の速攻を#6織田(2年・SF)、#12伊藤(2年・PG)が連続で決めるものの、それ以降は速攻の形が出ない。それでも#5辻(2年・SG)がファウルをもらいながら3Pを決めれば、#12伊藤が日大#8石川との体格差をいかしたインサイドプレイでバスケットカウント。青学大が一歩リードする。しかし終盤、日本大は#8石川の3連続得点で食い下がり、2点差まで詰めこのQを終える。

日本大に不穏な空気が流れる。#10名塚が早々に微妙なジャッジで#21熊に続き2ファウルとなり交代。この直後、コート上にスタメン2人を欠く日本大は、パスミスやキャッチミスといったイージーなミスを3連続で犯し、そのいずれも青学大は#6織田が得点に繋げる。日本大はタイムアウトを請求するものの、青学大#11福田(2年・F)の連続得点で12点差。駒を失った日本大は要所で#11森川(2年・F)、#6富山(2年・F)が好守で奮起するものの、単発となり得点が伸びない。一方、一気に突き放すチャンスであった青学大も、日本大の懸命なディフェンスを前に中盤以降の得点が伸び悩む。結局点差は広がらず、34-46の青学大リードで前半を終える。

090628nakagawa.jpg3Q、日本大の逆襲が始まる。#10名塚が爆発し、まずドライブを決めると、続いて#4渡部へ好アシスト。一方の青学大は#6織田が1対1からの連続得点で反撃。しかし名塚の勢いを止まらない。名塚は絶妙なポンプフェイクでバスケットカウントを奪うと、さらに#8石川のアシストを受け3P。この名塚の活躍に牽引されるよう、日本大は#22飛田(1年・G・取手松陽)の3Pに、#8石川のアシストから#21熊が決め、開始5分で遂に同点。だがここで崩れないのが青学大の強さだ。青学大はゾーンディフェンスにチェンジして日本大の勢いを止めると、インサイドでは#32中川(2年・C)が着実に得点を重ね、再びリード。だが日大も#22飛田がブザービーターで3Pを決め4点差で4Qへと突入する。

最終Q、日本大が追い上げを見せる。#8石川のアシストを#10名塚が決めると、今度は#4渡部が3P。さらに#8石川のドライブからの#4渡部の併せと、#21熊のドライブが決まり1点差。だが青学大は高さで対抗。青学大はマッチアップの名塚より5cm高い#11福田がポストプレイを中心になんと5連続得点。さらに日本大の注意がインサイドに集まったところで、#5辻が外から3Pを射抜き、再び8点差。日本大は残り5分のこの場面でタイムアウト。しかしこれ以降、パスミスやフリーのシュートを外すなど、勢いは突如鳴りを潜めてしまう。その間にも青学大は#11福田の速攻や#6織田が連続得点など着実に得点を奪う。追う日大はなんとしてもこの状況を打開したいところだが、青学大の気迫のディフェンスを前にオフェンスがこの勝負所で単発となる。結局残り3分で打開点を見出せなかった日本大は4点しか奪えず。74-89で青学大が3年ぶりに優勝の栄冠に輝いた。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2009新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |