2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月


関東大学新人戦 〜6/11(日)東海大がブザービーターで優勝を決める

西日本学生バスケットボール選手権大会 〜6/11(日) 東海大九州が初優勝

2016.11.24 (Thu)

【SPECIAL】BOJラインvol.36〜渡辺竜之佑選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.36〜専修大学・渡辺竜之佑選手〜


160911watanabe10.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第35回の慶應義塾大・福元直人選手からバトンを渡されたのは、専修大・渡辺竜之佑選手です。

 沖縄出身で、強豪・コザ中から福岡第一高へ進学し、全国トップレベルで活躍してきた渡辺選手。U-18日本代表としてアジア選手権なども経験したキャリアを持ち、専修大に進んでからも1年生の頃から出場機会を得てきました。持ち味はなんといっても反応の速いリバウンド。大きい相手を物ともせずにボールをもぎ取り、得点とともにいつも2桁の数字を残すことから“ミスターダブル・ダブル”とも評されます。今回はそのリバウンドについても掘り下げて伺いました。

 また、闘志あふれるコート内とは別人のように、コートの外では素朴な人柄の渡辺選手。プライベートでは海が大好きだと言い、もちろん地元の沖縄自慢も教えてもらいました。そんなオフコートの一面にも注目な、36回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  その他の記事  |  Top↑

2016.03.31 (Thu)

【SPECIAL】BOJラインvol.35〜福元直人選手〜

150326fukumoto21.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第34回の白鷗大・梶原翔太選手からバトンを渡されたのは、慶應義塾大・福元直人選手です。

 味方を活かすパスを量産し、2015年度の1部リーグアシスト王に輝いた福元選手。今年度は主将に就任し、試合にはほぼ40分出続ける活躍ぶりで、186cmの大型ガードとしても存在感を示しました。

 今年は学生主体で活動した慶應義塾大は、練習やゲームプラン作りも自分たちで行いました。練習以外にミーティングにも時間を割く、忙しい1年でした。また、それ以外にも合間を縫って鎌倉でバスケットボール教室や体育館解放を行っているNPO団体の活動にも参加。コーチとして子どもたちにバスケットボールを教えていました。これまでのバスケット人生、そしてNPOでの活動も含めてご紹介します。

 それでは35回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:47  |  その他の記事  |  Top↑

2016.03.30 (Wed)

【SPECIAL】BOJラインvol.34〜梶原翔太選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.34〜白鴎大学・梶原翔太選手〜

150331kajiwara17_201611201419533b0.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第33回の専修大・田代直希選手からバトンを渡されたのは、白鴎大・梶原翔太選手です。

 福岡県出身で、東海大のベンドラメ選手とは小学校からの幼なじみ。岡山学芸館を経て入学した白鴎大では最後の年にキャプテンを務めました。これまでのバスケットボール人生を振り返れば、厳しい練習の日々やケガの手術など、多くの苦労を味わってきた梶原選手ですが、インタビューではそうした過去を軽快な話術で笑い話に変え、『一度もバスケットを辞めたいと思ったことはない』とキッパリと言い切ります。そうした前向きさが、梶原選手の魅力のひとつと言えるでしょう。

 また、誰とでも仲良くなれる明るさとユーモアを持ち、大学バスケ界では学年関係なく一目置かれる人気者。今回はバスケットボールの話だけでなく、そうした人との付き合い方のコツにいたるまで、興味深いお話をたっぷりと伺いました。卒業して梶原選手はバスケットボールの一線からは離れますが、4年間、関東大学バスケを盛り上げた選手の一人です。34回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:17  |  その他の記事  |  Top↑

2016.03.29 (Tue)

【SPECIAL】BOJラインvol.33〜田代直希選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.33〜専修大学・田代直希選手〜


160330tashiro01.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第32回の国士館大・原修太選手からバトンを渡されたのは、専修大・田代直希選手です。

 勝負強いシュートと駆け引きに長けたディフェンス力で、専修大を攻守ともに引っ張ってきた田代選手。小・中・高と全国大会に一度も出場したことがなかった無名の選手でしたが、大学界でみるみる頭角を現し、上級生になってからは勝負強さの光るエースとして活躍してきました。今まで何度も「本気でバスケを辞めようとしていた」というところから、現在に至るまでにどんな歩みがあったのか。知られざる数々のエピソードをたっぷりと紹介します。

 また、地元の千葉自慢や、幼なじみである原選手との意外な共通点など、バスケットボール以外の話も興味深いお話が聞けました。33回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  10:26  |  その他の記事  |  Top↑

2016.01.25 (Mon)

【SPECIAL】BOJラインvol.32〜原 修太選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.32~国士舘大学・原修太選手~


160126hara19.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第31回の拓殖大・岡本飛竜選手からバトンを渡されたのは、国士舘大・原修太選手です。

 当たり出したら止まらない爆発的なシュート力を武器に、1年生の頃からチームの得点源として活躍してきた原選手。2年生のときに国士館大の1部昇格に貢献し、大学4年を迎えた今年はユニバーシアード日本代表に選ばれるなど、大学界を代表する選手の一人へと成長を遂げた4年間があり、今後のキャリアでも活躍が期待されます。しかしそんな原選手は、中学・高校時代は全国大会とは全くの無縁。そんな状況からいかにして大学で花開いたのか、知られざる中学・高校時代のエピソードも今回じっくりと伺っています。

 また、大学受験の珍エピソードや意外(?)な千葉自慢など、バスケットボール以外のお話もたっぷりと語っていただきました。32回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。

 

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  16:05  |  その他の記事  |  Top↑

2016.01.25 (Mon)

【その他の記事】BOJライン一覧

line_okamoto.jpg
BOJラインvol.31〜岡本 飛竜選手〜(拓殖大)


【2011年】
BOJラインvol.1 ~田渡 修人選手~(筑波大)
BOJラインvol.2 ~久保田 遼選手~(早稲田大)
BOJラインvol.3 ~比江島 慎選手~(青山学院大学)
BOJラインvol.4~田中 大貴選手~(東海大学)
BOJラインvol.5~永吉 佑也選手~(青山学院大学)
BOJラインvol.6~石川 海斗選手~(日本大学)
BOJラインvol.7~長谷川 智伸選手~(拓殖大学)
BOJラインvol.8 ~遠藤 祐亮選手~(大東文化大)
BOJラインvol.9~辻 直人選手~(青山学院大)

【2012年】
BOJラインvol.10~佐藤 将斗選手~(中央大学)
BOJラインvol.11~岸本 隆一選手~(大東文化大学)
BOJラインvol.12~熊谷 尚也選手~(日本体育大学)
BOJラインvol.13~狩野 祐介選手~(東海大学)
BOJラインvol.14〜野本 建吾選手〜(青山学院大学)
BOJラインvol.15〜星野 拓海選手〜(筑波大学)

【2013年】
BOJラインvol.16〜宇都 直輝選手〜(専修大学)
BOJラインvol.17〜張本 天傑選手〜(青山学院大学)
BOJラインvol.18〜藤井 祐眞選手〜(拓殖大学)
BOJラインvol.19〜河上 宗平選手〜(早稲田大学)
BOJラインvol.20〜森山 翔太選手〜(明治大学)
BOJラインvol.21〜坂田 央選手〜(日本大)
BOJラインvol.22〜山田 典政選手〜(中央大)
BOJラインvol.23〜白濱 僚祐選手〜(白鴎大)

【2014年】
BOJラインvol.24〜大垣 慎之介選手〜(拓殖大)
BOJラインvol.25〜藤永 佳昭選手〜(東海大)
BOJラインvol.26〜高橋 貴大選手〜(青山学院大)
BOJラインvol.27〜笹山 貴哉選手〜(筑波大)
BOJラインvol.28〜中東 泰斗選手〜(明治大)
BOJラインvol.29〜坂東 拓選手〜(筑波大)

【2015年】
BOJラインvol.30〜ベンドラメ 礼生選手〜(東海大)
BOJラインvol.31〜岡本 飛竜選手〜(拓殖大)
BOJラインvol.32〜原 修太選手〜(国士舘大)
BOJラインvol.33〜田代 直希選手〜(専修大)
BOJラインvol.34〜梶原 翔太選手〜(白鷗大)
BOJラインvol.35〜福元 直人選手〜(慶應義塾大)

【2016年】
BOJラインvol.36〜渡辺 竜之佑選手〜(専修大)


※大学名はインタビュー当時の所属です。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:30  |  その他の記事  |  Top↑

2015.11.10 (Tue)

【SPECIAL】BOJラインvol.31〜岡本飛竜選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.31~拓殖大学・岡本飛竜選手~


151109okamoto00.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第30回の東海大・ベンドラメ礼生選手からバトンを渡されたのは、拓殖大・岡本飛竜選手です。

 延岡学園時代にはシックスマンとして高校3冠に貢献し、拓殖大では今年キャプテンとしてチームを支える岡本選手。池内監督からも主将として絶対的な信頼を寄せられ、今年はリーグ戦も2位という結果を出し、3位の壁を突破。あと少しで優勝というところまでチームも成長しました。主将としてメンバーをしっかりまとめたのみならず、コートでは激しいディフェンスや巧みなボールハンドリングが生み出す1対1など、プレーでも存分に見せてくれました。

 自ら高い目標を持ち、中学生の頃から自分の力で道を切り拓いてきた岡本選手。その歩みの裏には、バスケットボールに対する人一倍の熱意、誰にも負けない努力の日々がありました。また、仲の良い他チームの選手とのエピソードや岡本選手の意外な素顔など、今回も多岐にわたる話題をたっぷりと伺っています。

 31回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:33  |  その他の記事  |  Top↑

2015.09.03 (Thu)

【SPECIAL】BOJラインvol.30〜ベンドラメ礼生選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.30~東海大学・ベンドラメ礼生選手~


vendrame05.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第29回の筑波大・坂東 拓選手からバトンを渡され、今年度のトップバッターとなるのは、東海大・ベンドラメ礼生選手です。

 延岡学園高時代には、1998年の能代工高以来となる『高校3冠』の偉業を達成。その後東海大でも、入学当初から即戦力として活躍を見せてきました。抜群の瞬発力を誇り、一瞬の隙を突いてスティールやリバウンドに飛び込んだかと思えば、ドライブやアウトサイドシュートで得点を量産することもできる選手。これまで何度となくチームに勝利を引き寄せてきたクラッチプレイヤーです。

 しかしそんなベンドラメ選手も、ここまで順風満帆に進んできたわけではありません。中学生の頃にはジュニアオールスターにも選ばれず、高1の夏はメンバー落ちして他の同級生にも遅れをとっていました。それでも地道に努力を重ね、チャンスをしっかりとモノにして実力を開花させたその過去は、きっと多くのバスケットボールプレイヤーにとって励みになることでしょう。

 またプライベートのこと、延岡学園の仲間とのエピソード、さらにはベンドラメ選手の持ち味であるディフェンスについても詳しくお話を伺いました。記念すべき30回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  15:16  |  その他の記事  |  Top↑

2015.03.31 (Tue)

【SPECIAL】BOJラインvol.29〜坂東拓選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.29~筑波大学・坂東 拓選手~


150331bando02.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第28回の明治大・中東泰斗選手からバトンを渡され、今年度のラストを飾るのは、筑波大・坂東 拓選手です。

 全国ミニバス大会では準優勝を成し遂げ、全中では1試合53得点をマークするなど、子どものころからバスケット界の第一線を走ってきた坂東選手。そんな彼の活躍の裏には、苦しみながらケガを乗り越えた経験や、幼少期の独特のシューティング練習など、知られざる取り組みがありました。また今回のインタビューでは、高校3年時のウインターカップ優勝、大学4年時のインカレ優勝の裏話も、たっぷりと語ってもらいました。

 坂東選手は、まわりの選手たちが口を揃えて「面白い」と評するムードメイカー。その人柄も、お話の端々から窺えるインタビューとなっています。29回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:19  |  その他の記事  |  Top↑

2015.03.25 (Wed)

【SPECIAL】BOJラインvol.28〜中東泰斗選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.28~明治大学・中東泰斗選手~


150324_nakahigasi2.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第27回の筑波大・笹山貴哉選手からバトンを渡されたのは、明治大・中東泰斗選手です。

 奈良県出身で、滋賀の光泉高校から明治大へと進学。高い身体能力とオールラウンドなプレースタイルで、1年生の頃から主力として活躍してきました。4年間で様々な困難を乗り越え、ユニバーシアードや東アジア競技大会などで日の丸も背負ってきた中東選手。チームのエースとして、3年生の頃にはインカレ準優勝に貢献、最終学年となった今年はリーダーとして下級生主体のチームを支えました。現在は筑波大の笹山選手とともに、NBLの三菱電機名古屋にアーリーエントリー。活躍の場を広げています。

 今回のインタビューでは、今まであまり明かされなかった高校時代のエピソードや、人柄についてもじっくりとお伺いしました。28回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  02:20  |  その他の記事  |  Top↑

2015.02.27 (Fri)

【SPECIAL】BOJラインvol.27〜笹山貴哉選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.27~筑波大学・笹山貴哉選手~


sasayama17.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第26回の青山学院大・高橋貴大選手からバトンを渡されたのは、筑波大・笹山貴哉選手です。

 筑波大で下級生の頃から頼れる司令塔として活躍してきた笹山選手。これまで小学校、中学校、高校と全国大会に出場してきたキャリアの持ち主です。自分の代での全国制覇には長く手が届かずにいましたが、昨年、悲願のインカレ優勝。チームを61年ぶりの全国制覇に導き、華々しい結果を残して大学4年間を締めくくりました。現在はNBLの三菱電機名古屋にアーリーエントリーし、新たな世界で挑戦を始めています。

 そんな笹山選手のこれまでの歩みを振り返るとともに、今まであまり明かされなかったプライベートなお話もたっぷりとお伺いしました。笹山選手の意外な一面も見えてきた27回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:46  |  その他の記事  |  Top↑

2015.02.11 (Wed)

【SPECIAL】BOJラインvol.26〜高橋貴大選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.26~青山学院大学・高橋貴大選手~


takahashi09.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第25回の東海大・藤永佳昭選手からバトンを渡されたのは、青山学院大・高橋貴大選手です。

 2007年の山形全中では、地元の大声援を受けて全中優勝の立て役者になったエースプレイヤー。また山形南高時代は、U-18日本代表としてアジア選手権なども経験したキャリアの持ち主です。今年度は青山学院大の主将として仲間を支え、ガードプレイヤーとして勝負強いアウトサイドシュートでもチームに貢献しています。

 高橋選手のこれまでの歩みには、輝かしい栄光も、涙に暮れた悔しさもありました。知られざる一面も見えてきた第26回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。


テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:42  |  その他の記事  |  Top↑

2014.11.04 (Tue)

【SPECIAL】BOJラインvol.25〜藤永佳昭選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.25~東海大学・藤永佳昭選手~

141104fujinaga5.jpg リレー形式で次にインタビューする選手を指名していく「BOJライン」。第24回の拓殖大・大垣慎之介選手から指名を受けたのは東海大学・藤永佳昭選手です。

 熱い気持ちを持ったプレイヤーで、激しいディフェンスや粘り強いルーズボールも持ち味。ガードとしてゲームコントロールをしながら、要所でのオフェンスも光ります。今季はキャプテンに就任し、層が厚いチームの中で自分が前に出るのではなく、周りを立てながら必要なプレーを心がけている様子も見えます。高校、大学と長い間怪我に苦しんでも来ましたが、それも糧に変えてきた辛抱強い選手でもあり、その一方で自分の感情に素直でそれぞれの瞬間にさまざまな思いの詰まった涙も見せてきました。初の3冠に挑む今年の東海大。つい先日まで行われたリーグ戦では、2か月に及ぶ長い戦いを経て2冠を達成しました。藤永選手は最も印象に残った選手として、ファン投票でMIPに選出されています。

 北陸高校でのウインターカップ初制覇や、大学に入ってからの新人戦やインカレでの優勝の裏側についても興味深い話をお聞きしました。第25回目のBOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  16:21  |  その他の記事  |  Top↑

2014.08.16 (Sat)

【その他の記事】PEOPLE vol,1 石田剛規(SUNS.EXEオーナー)

インタビューの新シリーズを開始します

 BOJはこれまで日本の大学のバスケット界をメインに取材を行ってきました。情報の少ないカレッジバスケの世界について、もっと多くの人に知ってもらいたいと思ってきたからです。それとは別に10年以上の活動を通し、大学を経て活躍を続ける選手等、バスケットに関わる多様な人についてのことも伝えたいと考えるようになりました。今回始めるシリーズは、そうしたバスケットに関わる人についてその思い、活動を追っていきます。

 第1回は、昨年NBDL東京エクセレンスの主将としてリーグ優勝に貢献し、このほどリーグが開幕した3×3のチームオーナーとして新たなチャレンジを始めた石田剛規選手にご登場いただきます。


140815_ishida_main.jpg
2014年7月12日に開幕を迎えた日本最高峰の3×3リーグ「3×3.PREMIERE」。その中のひとつ、SUNS.EXE(さんず どっと えぐぜ)のオーナーを務めるのは、NBDL東京エクセレンスでプレーする現役プロバスケットボール選手の石田剛規だ。大学でその才能を開花させ、卒業からちょうど10年。どのような考えがあって3×3へと参戦をしたのか、湘南ひらつかビーチパークにおける開幕戦を終えたところでその思いを語ってもらった。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  19:14  |  その他の記事  |  Top↑

2014.07.24 (Thu)

【SPECIAL】BOJラインvol.24〜大垣慎之介選手〜

リレー形式インタビュー「BOJライン」
vol.24~拓殖大学・大垣慎之介選手~


oogaki_3.jpg 選手の指名でリレー形式にインタビューをつなぐ「BOJライン」。第23回の白鴎大卒・白濱僚祐選手(現NBLアイシン三河)からバトンを渡されたのは、拓殖大学・大垣慎之介選手です。

 内外問わないオフェンス能力と抜群の走力で、拓殖大のキーマンとなってきた大垣選手。下級生の頃はチーム事情で4番ポジションを担うなどの苦労も経験しましたが、年々プレーの幅を広げ、今年は日本学生選抜やヤングジャパンにも選ばれました。藤井祐眞選手(現NBL東芝)が卒業した今年の拓殖大の中で、チームを引っ張る最上級生としての役目にも期待です。

 明るい性格で友だちも多い大垣選手。関西のイントネーションでの話はどこかおっとりと聞こえる部分も。しかし詳しくお話を伺うと、試合のイメージからはあまり想像がつかない、意外な一面も明らかになりました。大垣選手の新たな魅力が見える第24回BOJライン、どうぞお楽しみください。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:23  |  その他の記事  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT