2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.19 (Sun)

10/19 関東大学2部リーグ 最終週 明治大VS筑波大 第2戦

最後の切符は筑波大へ!
明治大を破り、2年ぶりに入れ替え戦へ挑戦

明治大77(28-21,11-20,18-27,20-29)97筑波大
081019tsukubagree第1試合、国士舘大が順天堂大に勝利したことで、筑波大は自らが勝つほか入れ替え戦への切符を手にする方法はない。欲しい切符は自身の手中に収まるのか、はたまた国士舘大へと持っていかれてしまうのか。この試合が全てを握っていた。

「明治にもプライドがある」
そう語ったのは明治大#14金丸晃輔(2年・SG)。既に自らの入れ替え戦進出はなくなっっていたが、明治大の勝利は筑波大の入れ替え戦出場権がなくなることを意味していた。筑波大の入れ替え戦出場は何としてでも阻止。そんな気持ちで挑んだ第2戦だった。明治大は勝っても負けても4位という結果は変わらない難しいモチベーションの中、好ゲームを見せる。だが、筑波大の「勝ちたい」という気持ちが上回った。終盤に懸けては筑波大ペースとなり、明治大は勝ち星を奪えず。そして同時に筑波大が入れ替え戦への切符を手に入れたのだった。

※ゲームレポートと筑波大・梁川選手、明治大・金丸晃輔選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
081019meijitsukuba1Qは明治大ペース。第1戦で筑波大#5中務(4年・F)に17得点に抑えられた明治大#14金丸晃輔のシュートも入って14-8とリードを奪う。筑波大は#31梁川(4年・G)、#32木村(4年・C)で対抗。だが、明治大の高確率で決まる3Pに手を焼く。1Qでは4点差以下に詰められない。結局、1Q終了間際に#25長田(4年・SG)に3Pを許して7点ビハインド。2Qに入ると筑波大が激しいディフェンスで明治大を翻弄。次々とミスを誘い、得点へと繋げる。また、#13片峯(3年・G)のジャンプシュートを皮切りに、#32木村のゴール下、#5中務のシュートなどで得点を重ね、点差は見る見るうちに詰まっていく。しかし、明治大も譲らない。#14金丸晃輔、#19田村(1年・PF・洛南)の3Pで応戦。リードを奪わせない。だが、残り2分28秒で筑波大に3点差まで詰め寄られると明治大はタイムアウト。筑波大の流れを断ち切りたいところだったが、#47富田(4年・F)のリバウンドシュート、更に#5中務の好ディフェンスが出て、流れは依然として筑波大にあった。その後も筑波大はフリースローなどで加点。残り48秒、#47富田のシュートで逆転に成功。その後、#31梁川の速攻も決まって5点差とする。しかし、終了間際に明治大#14金丸晃輔に得点を許し、2点差で後半へ。

勝負は3Qの立ち上がりだったか。#47富田や#32木村のインサイド陣がコンスタントに加点していく筑波大とは逆に、明治大はフリースローでしか得点を奪えない。前半の勢いをそのまま持ってきた筑波大は開始5分で10点のリードを奪う。明治大はたまらずタイムアウトをとるものの、#14金丸晃輔の得点以外に攻め手が見出せず、苦しい展開に。#19田村も積極的にシュートに行くもののチャージングとなって、全てが裏目に出てしまう。そんな明治大を尻目に筑波大は、得意の速いバスケットを展開。明治大を突き放す。4Qに入っても流れは変わらなかった。最後、筑波大は4年生をコートへ。仲間がシュートを決めれば必ず立ち上がって拍手をしていた#21川口(4年・G)、試合中は真剣なまなざしでコートを見守っている#9平原(4年・G)が出場。筑波大応援団も大いに盛り上がった。結局、明治大は終盤にかけて#14金丸晃輔の3Pが連続で決まり、会場を騒然とさせはしたが勝利を得ることはできず。最終スコアー、97-77。筑波大が20点差をつけて快勝。入れ替え戦への切符を手に入れた。

081019kataminematch筑波大は2年ぶりに入れ替え戦への切符を手に入れた。一昨年は2部で優勝したものの、入れ替え戦で専修大の前に破れ、2部残留となった。そして、あと一歩及ばず4位に終わった昨年。筑波大は1部への道がどれだけ難しいかということを知っている。今までの筑波大に比べ、今年のチームは粘れる力がついた。主将でエースの#31梁川が不調でも勝てる力がついた。「今年こそ1部昇格」。それを成し遂げるのは今しかない。

明治大は「チーム力」がぐんとアップした。昨年までは個々の能力はどこにも負けぬほど強いものを持っていたが、それを生かしきれていなかった感が否めない。だが、今年度は得点王#14金丸晃輔はそのオフェンス力に磨きをかけ、大学バスケット界をおびやかす存在に。その金丸に加えて、インサイドでは#3金丸英悟(3年・PF)、#21川崎(3年・F)、#31駒水(2年・C)、そして1年生の#19田村の台頭はチームの大きな戦力となった。終盤、#6伊與田をはじめとする怪我人が出たことが大きかったが、それでも#24岩澤(3年・SG)が粘るなど、誰が出ても遜色ない活躍をするメンバーを揃えていた。今年もあと一歩届かなかった入れ替え戦。この悔しさはインカレにぶつけてくるに違いない。


【INTERVIEW】
081019yamagawa.jpg◆#31梁川禎浩(筑波大・4年・主将・G)
苦しいときにはいつも梁川のシュートが決まっていた。
だが、このリーグ中には梁川自身が不調な場面もあった。それでもチームは勝ちを得た。
チームの成長とともに手に入れた入れ替え戦の切符。
決して無駄にはしたくないはずだ。


―入れ替え戦決定、おめでとうございます。
「ありがとうございます。色々あったので、やっぱりホッとしたっていう気持ちが一番でした」

―第1戦を勝ってもまだ入れ替え戦が決定しないという状況で迎えた第2戦でした。
「そうですね。今日勝たないと意味ないし、いい形で勝たないと次の入れ替え戦にも繋がらない。とにかく昨日以上に集中してやろうってことを決めて試合に臨みました。今日はそれができて本当によかったです」

―立ち上がりはリードを奪われましたが、その後しっかりと持ち直して最後は20点差というゲームでした。
「最初は、相手の形で3Pとかを打たれてリードを奪われる形になってしまいました。その後は3Pは打たせないということを全員で徹底してやろうっていう確認をして、それが徐々に全員が徹底していけたことがよかったんだと思います」

―第6週では慶應大に2敗。その後、最終週で2勝は大きいですね。
「慶應に負けた時は、僕たちのバスケットができていなかったと思ったんです。それで、もう一度自分たちのいいプレーを思い出して、どういう形でやったら自分たちのいいバスケットができるかというのを思い出して。いいイメージを持ってやった結果だと思います」

―リーグ序盤は不調を嘆いていた中務選手(#5)も終盤に向けてはしっかりと仕事をしてくれましたね。
「そうっすね!あいつのディフェンスがなかったら本当に相手の流れにいっていたと思います。中務には色々と助けられました。あいつが不調だったときは、チームでシュートを打てと言ったし、インサイド陣はリバウンドを取るからと言っていました。それが最後にシュートは入ってくれたし、ディフェンスでもすごい頑張ってくれたし、本当によかったです」

―昨年の筑波大と違うところは、リードを奪われても逆転して、逆にリードを奪えることができるようになったことだと思うのですが。
「そうですね。去年はリードされるとそのままズルズルとやられて負けてしまうということが多かったんですが、今年はしっかりと粘れる力がついて。去年出ているメンバーもいたこともあって、できたというのと、そのメンバーが成長できた証なのかなと思います」

―入れ替え戦は日筑戦になりました。
「まずは頭のなかを全部リセットして。入れ替え戦は初戦が大事だと思うので、しっかりと試合に入れるように。自分たちのバスケットはどういうものなのかということをもう一回チームで考えて、徹底してやろうと思います。日筑というのはあまり意識せずにやっていきたいと思います」



081019kanamaru2.jpg◆#14金丸晃輔(明治大・2年・SG)
14試合で490得点という恐るべき数字をたたき出した得点王。
もっとボールが回っていれば得点を取れていた日もあったというから驚きである。
いつもは飄々としている金丸だが、筑波大#5中務を前に17得点に抑えられたのは相当悔しかった様子。
「新しい技を作っていきます」
彼はさらに進化を続けるようだ。

―試合を振り返って。
「結果としてはかなり残念です。チームでは20点差で負けてしまいましたし。これで筑波には去年のインカレからトーナメント、新人戦とこのリーグで5敗目。悔しいですね。個人的には、昨日中務さんにつかれて昨日は17点に抑えられて。今日は38点取って、個人的にはやり返せてよかったんですけど、チームとしては負けてしまったので悔しいです。もし、インカレで当たるなら次こそは勝ちます。万全な状態でインカレでは戦えるので、次こそは勝ちます。筑波には勝たせません」

―この試合は、入れ替え戦への可能性がもう無いということでしたが、モチベーションはいかがでしたか?
「入れ替え戦がないのがわかっていたら、どうしてもモチベーションは高く保てないと思うんです。でも、明治にもプライドがあるし、とりあえず勝とうと。入れ替え戦に行けなくても、筑波が入れ替え戦に行くのは阻止しようって話でした」

―中務選手とのマッチアップについて。
「多分、自分の動きを読んでるんですよね。ビデオも何回も見てるんだろうと思います。自分のプレーに全部合わされてブロックされるし。とにかく、全部読まれてる感じですね。でも、読まれてるってことは自分でもわかってて。いつもはしないプレーをやったりしてファウルさせたりしたんです。最初の方はひっかかってくれたんですけど、徐々に対応されて。悔しいんで、これからももっと新しい技を作っていきます、本当に」

―昨年は金丸選手に頼りがちだった得点も分散しました。
「そうですね。今年はみんなが攻め気でしたよね。5月くらいに韓国遠征に行ったんですよ。その時に自分がみんなに『もっと攻めて』って言った。遠征を重ねていくうちに、どんどんみんなが攻めるようになって。リーグもみんな攻めてましたよね。そのおかげで自分も3、40点取れるようになりました。今年のリーグはそういう感じでできたので、個人的にもよかったと思いました」

―このリーグ最多得点は30分で54得点でしたね。
「あの日は3Pが入ったんですよ(笑)。15本かな?相手がゾーンやってて、俊さん(#6伊与田)がカットインしたらディフェンスが寄って、俺がフリーになったんすよ。それで普通に打ったら入って。15本も(笑)。ちなみにこれは個人記録2位ですね。1位は56点です。でも、あの試合もうちょっとボールが来てたらもっと取ってたと思います(笑)」

―リーグ終盤は怪我人に悩まされましたね。金丸選手自身も怪我をしてしまいました。
「怪我人いるから負けたって言い訳はなし!リーグは何が起こるかわからないから、そういうことも想定してやっていかなければならない。来年のリーグは誰が怪我しようが、怪我人をカバーする人に頑張ってもらうしかないので、頑張ります。ちなみに、自分が怪我したのは高校2年の時以来だったのでちょっとびっくりしました(苦笑)」

―インカレまでにどういうところを修正していきたいですか?
「個人的になんですけど、ディフェンスですね。ゴール下がぽつんと空いて、そこにパスを入れられて決められてしまうっていうプレーが多かったんですよ。まずはそこから注意していかないといけないです。ディフェンスとファンダメンタルを徹底しないといけないですね。本当にそこに尽きます。これを鍛えるためにはもう練習しかないです」

―最終週は福大大濠の監督である田中先生が来ていましたね。
「そうですね!プレッシャーでした(笑)。卒業してからも怒られましたよ。『外打ち過ぎや!』って(笑)」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:31  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |