2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.19 (Sun)

10/19 関東大学2部リーグ 最終週 第2戦

混戦の2部にも終止符!
1部入れ替え戦への切符は慶應義塾大と筑波大が獲得

国士舘大の台頭で混戦となった2部リーグも終わりを迎えた。
危ない試合もいくつかあったが、自分達のスタイルを貫き通した慶應義塾大は2部優勝。そして、最終戦までもつれた2位争いは筑波大の手中へ。この2校が1部との入れ替え戦切符を手に入れた。もう一方の入れ替え戦は、8位の順天堂大。そして、拓殖大か白鴎大だった。デットヒートを繰り広げた最終戦は、白鴎大に軍配があがり、白鴎大は見事入れ替え戦を回避、2部残留を決めた。対する拓殖大は、まさかの2部7位。そして、3部Aとの入れ替え戦へ。「こんなはずでは」を今年も断ち切ることが出来ず、厳しい結果となってしまった。



国士舘大が快勝も、入れ替え戦出場は叶わず
国士舘大93(27-15,20-27,31-17,15-24)83順天堂大
081019kokushikanjunten序盤は一進一退の展開となるが、1Q中盤になると国士舘大にスイッチが入る。コートに立つ5人が万遍なくシュートを沈め、順天堂大からリードを奪う。1Qでつけた点差は11得点。だが、2Qに入ると今度は順天堂大にスイッチが。#4綿貫(4年・F)の3Pを皮切りに次々とシュートが決まった順天堂大は、前半終了時には5点差と詰め寄った。

後半もゲーム展開としては国士舘大にあった。順天堂大も粘って6点差まで詰め寄るも、国士舘大は#13馬のゴール下などで決め返し、リードを保つ。結局、最後まで点差がひっくり返ることはなかった。国士舘大は4年生が出場。ベンチも応援団も大いに盛り上がり、10点差をつけて快勝した。

自身が勝ったことで入れ替え戦に望みを繋いだ国士舘大だったが、筑波大の勝利が決まるとともにそれがなくなった。「4年間、下の入れ替え戦にしか行ったことがなかったから…」と#4寺嶋は語ったが、結局それは叶わなかった。だが、このリーグで国士舘大は2部の結果に大きな影響を与えた。インカレでも「国士舘旋風」が巻き起こることに大いに期待したい。逆に順天堂大は春のトーナメントで6位と幸先の良いスタートを切ったが、リーグでは2部の洗礼を浴びることとなってしまった。#4綿貫をはじめ、故障者が続出。満身創痍の中のリーグ戦だった。序盤は勝ち星が見えず、チームも沈みがちだったが、終盤にかけてはチーム全員が楽しそうにバスケットをしていた。順天堂大の入れ替え戦の相手は圧倒的な力で3部A優勝を飾った國學院大。順天堂大は2部残留を守りきることができるか。

※国士舘大・寺嶋選手、順天堂大・綿貫選手のインタビューは「続きを読む」へ。



2部最後のゲームは慶應大が勝利!
早稲田大は最後までファウルトラブルに苦しむ

早稲田大94(14-25,24-21,21-36,35-30)112慶應義塾大
081019keiowaseda第1戦とは打って変わって、立ち上がりからハイペースで飛ばす慶應大。次々と得点を重ねていき、早稲田大の出鼻をくじく。しかし、2Qに入ると早稲田大は#51相井(2年・SG)の3Pなどで加点。残り4分8秒で6点差まで追い上げ、慶應大にタイムアウトを取らせる。この後も勢いをそのままにして攻めたい早稲田大だが、慶應大#15酒井(2年・F)、#12田上(3年・F)に決め返されて再び差を広げられてしまう。前半終了間際に早稲田大は#4赤沼(4年・F)の3Pが決まるも、点差をつめきることはできず、8点さで後半へ。

3Qは慶應大ペース。序盤から#16二ノ宮(2年・G)、#10小林(3年・G)のシュート、そして#4鈴木(4年・F)の速攻であっという間に20点差をつける。その間、早稲田大を苦しめたのがファウル。3Qで主力のほぼ全員がファウルトラブルに陥ってしまい、流れがつかめない。怒涛のオフェンスで早稲田大から36得点を取った慶應大は、4Qに入っても攻撃の手を緩めなかった。ベンチメンバーも全員出場、#21松谷(1年・F・福大大濠)はしっかりと3Pを決めて仕事を果たす。早稲田大も4年生やベンチメンバーがコートに立ち、4Qは慶應大から35得点を奪うも逆転にはいたらず。2部リーグ最後の試合は、112-94で慶應大が大勝。ラストゲームを勝利で飾った。

危ない試合もいくつかあった。それでもコツコツと勝利を重ねていった慶應大。やはり1部での経験は大きく、そして何よりも「絶対的な義務」としている1部昇格に懸ける思いが強かった。そして主将#4鈴木の存在も慶應大にとっては大きかった。若いチームだけに、鈴木の存在は際立ち、彼がコートに立っている間はチームが大きく崩れることはなかった。勝利の末に掴んだ入れ替え戦への切符。相手は昨年と同じ大東文化大となった。「2部にいてくすぶりたくない」と語ったのは#7岩下。慶應大は昨年の雪辱を果たし、1部昇格なるか。

対する早稲田大は、怪我人続出で苦しい戦いを強いられた。だからこそ見えた部分もあったのは確か。#00金井(2年・F)、#51相井の存在は今やチームの貴重な戦力となった。だが、2年生だけにまだミスも多い。「あの2人はガンガン攻めるから、それをコントロールするのが自分の仕事」と司令塔・#1東。入れ替え戦争いに食い込むことはできなかったが、早稲田大に見つかった材料は大きかったに違いない。

※慶應義塾大・岩下選手、早稲田大・東選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】
081019terashima.jpg◆#4寺嶋 徹(国士舘大・4年・主将・F)
個性派集団をまとめるキャプテンは、最後まで自分のスタイルを貫いた。
試合中、集中力が切れそうになったとき「集中しろ!」という寺嶋の一言が国士舘大を保ったこともあった。
派手なプレーで目立つという選手ではない。だが、黙々と自らの仕事をこなしていった寺嶋の存在はとても大きかった。


―入れ替え戦への意識はありましたか?
「一応、そういう意識はあったんですけど、まずは自分たちが勝たなければ意味が無いので、そこだけしっかりやろうよということでやりました」

―第1戦もそうだったのですが、序盤離しても中盤には追いつかれてしまいますね。
「そうなんですよ。本当にそこなんですよね。結局、自分たちが自爆してるだけですから。課題はそこだけですね。それでも勝てたことは大きい。僕らは決して強い訳ではないですから(笑)」

―第1戦の時に、立花選手(#5)がボードを使って選手に指示していた場面があったようですね。強いチームだからこそできることだと思うのですが。
「あいつの指示は間違ってはいないし、試合中もよく指示出してきてくれるんです。それに従って僕らが動くだけです。僕?僕はそういうのはやらないですよ(笑)。というか、みんなが言い出したらきりがないので、とりあえず出された指示には従っておこうかなと」

―リーグ終盤に向けて、1年生でスタメンの三村選手(#23)の活躍が光りましたね。
「そうっすね!今思うと本当に。それはあいつ自身が本当に成長してくれたんだと思います。まだ1年だし、思いっきりやってくれればそれでいいと思っていたんですけど、本当に助かりました」

―個人的にリーグを通して見つかった課題はありますか?
「全てがまだまだっすよ、やっぱり。課題はたくさんみつかりました。特にディフェンス。もっと徹底しなければならない。チームでもそうですけど、個人的には誰についても『抜かせない、打たせない、持たせない』っていうパーフェクトディフェンスを目指しているので」

―リーグ中にチームで得たものはありますか?
「競り試合というのを上手いこと対処できるようになったことですかね。練習試合でもああいう展開になると必ず負けていたので。それに対応できるようになったのは大きいですね」

―あとは入れ替え戦がどうかですね。
「そのために今、残っていますから(笑)。この4年間を通して、下の入れ替え戦しか行ったこと無かったんですよ。あーこれで上の入れ替え戦行けたら気持ちいいだろうな…」

―入れ替え戦はまだわかりませんが、入れ替え戦、インカレと残りの試合ではどういうバスケットをしていきたいですか?
「どうですかね…。いつも通り、ディフェンスを頑張って速攻に繋げるっていう形を取っていくことがいいんじゃないですかね?変に色々と考えるとダメだと思うので、いつも通りを心がけていきたいですね」


081019watanuki.jpg◆#4綿貫史宏(順天堂大・4年・主将・F)
苦しいリーグとなった。
自身も怪我で戦線離脱をしたこともあった。それでも、試合に出たときは主将としてエースとしてチームを引っ張った。リーグ戦は終わった。だが、綿貫にはまだ仕事が残っている。入れ替え戦での勝利、そして2部残留だ。昨年、先輩達が残してくれたプレゼントを綿貫自身も後輩へと贈ることができるか。

―苦しいリーグ戦となってしまいましたね。
「そうですね。2部の洗礼を浴びたという感じでしたね。関カレ(トーナメント)のときはいい結果が出たんですけど、リーグでは経験の部分が全体的に足りなかったっていうのを感じました。接戦に持ち込んでも勝ちきれなかったというところも、経験のなさが出たかなと。慌ててしまったし、それで負けてしまうというのは本当に悔しかったです。怪我人も多かったんですけど、そこもうちの弱さなので。そこは受け止めなければならないところだと思いました。怪我をしない体作りがいかに大切かということをこのリーグでわかったと思うので、それは来年に生かしていければいいなと思います」

―国士舘大との第1戦では、ツープラトンを起用してしましたね。國學院対策ですか?
「いや、國學院のことは全く気にしてないです。実はツープラトンをやるということは聞いてなかったんです。いきなりやることになって、僕たちもびっくりしたんです。でも、途中からゾーンをやったらいい感じになったのでよかったなと。入れ替え戦ではどういうディフェンスをするかわからないですが」

―比較的早い段階で入れ替え戦が決まってしまった訳ですが、その後はチームでどのように気持ちを保っていましたか?
「入れ替え戦では絶対に負けられないということなので、このリーグが練習試合っていったら言い方が悪いですけど、リーグの中で自分たちの技術を伸ばすってことを考えていました。入れ替え戦では、2部で揉まれてきた経験っていうのが生きると思うので、最後まで諦めないで思い切りやろうというのはありました」

―負けが続いたとき、キャプテンとしてチームに働きかけたことはありましたか?
「負けが続いた時はみんな沈みがちだったんですけど、去年の4年生が2部にあげてくれたので、情けない試合はできないと思っていました。だから、いくらやられていても顔だけは下向かないでやろうということを話していました。自分達が望んで2部に上がってきたので、それを楽しもうって。負けが続いたのは本当に悔しいですけど、やっぱり2部で経験できたことは本当に楽しかったので、いい経験できました」

―このリーグ戦での収穫はありますか?
「2部でやってきて、どういう風にしたら勝てるのかということを考えた時に、ディフェンスをしっかりやらないと勝てないということがわかりました。順大は勢いしかないっていうか(笑)。少なくともそういうところがあったので、ディフェンスを継続できる人っていうのをもっと増やして、もっと試合に絡める選手も増やしていかないとダメだなということを感じたことですね」

―逆にそれが課題でもあると。
「そうですね。来年、僕はいないけど3年生はしっかりしているし、やってくれると思います。その前にやっぱり入れ替え戦。2部に残らないといけないと思うし、入れ替え戦では絶対に勝ちたいです」

―終盤は、下級生も多く試合に出ていましたね。
「来年を見越したのかはわからないですけど、2部でできるっていうことは経験になる。先生もそこは色々と考えがあって出していたと思います。でも、メンバーを替えても一生懸命やるっていうことは変わらなかったです」

―トーナメントでインタビューに行った時に、國學院の須永選手(#4)とは戦いたくないという話をしていましたが、入れ替え戦という場で当たってしまうことになりましたね。
「そうですね(笑)。なんか、向こうは会いたくないみたいなことは言っていたんですけど。でも今はそんなのは関係なくて、とにかく勝つだけです!」

―入れ替え戦に向けて。
「去年勝っているという風に油断はしないで、もう一回気持ちを切り替えたいです。3部で勝ち続けているということは、『勝つ』っていうリズムが國學院には出来ていると思うんです。それでも負けないように。練習からしっかりと気持ちを持って入れ替え戦に臨みたいです」


081019iwashita.jpg◆#7岩下達郎(慶應義塾大・2年・C)
高さでは敵なしだった。
しかし、ブロックは圧倒的だがリバウンド王は国士舘大の馬が獲得。まだ精進が望まれる。だが岩下には既に入れ替え戦が見えている。
「1部昇格は絶対に果たします!」最後はこう締めくくった。

―第1戦で優勝が決まってのこの試合でした。モチベーションはいかがでしたか?
「消化試合だって思われる部分もあったと思うんですけど、相手は早稲田という特別な相手。早慶戦という意味では、やっぱり消化試合になんかしたくなかった。絶対に負けられない試合だったので、モチベーションは高く保てていたと思います」

―最後は点差もつけて、リーグの終わり方としてはいい形だったと思います。
「そうですね。やっぱり最初にみんなが集中していたので、いい流れができて勝てました。こういう勝ちというのは、入れ替え戦に向けても弾みになりましたし、よかったと思います」

―ただ、中盤は少し競った展開になりました。
「やっぱりそこは自分たちのミスですね。入りがよくても、中盤は競ってしまって離せないということがこの試合以外にもありました。これは集中力の問題。これからの課題です」

―色んな意味で2部はどうでしたか?
「そうですね…国士舘旋風が起こったというか。僕らも苦しみましたし、他のチームもそうだったと思います。国士舘にしても明治にしても『クセ』のあるチームがすごい多かった。でも、地味に自分たちのバスケをしていけば、最終的には力の差が出るんだなということがわかりました。いい経験になりましたよ。環境はそんなに気にならなかったですね。高校のときはいい体育館でやったことがなかったので。ただ、会場があちこち移動っていうのは少し疲れました(苦笑)」

―自身の出来について。
「これだけ高さで勝っていて、あのリバウンドの本数っていうのはいただけないかなって。ブロックはうまくいったと思っているんです。でも、オフェンスリバウンドが少なかった。もっと絡んでいけば苦しい試合も楽に勝てたのではないかと思う部分もありました。そういうところが足りなかったところです。リバウンドに関しては色々と言われていて、とにかく『リバウンドは取れ』ということを徹底されて言われていましたし、そこは自分でも意識してやっていました」

―個人的に徹底してやってきたことはありましたか?
「とりあえず、リバウンドブロック。ずっと先生(佐々木コーチ)に言われていたし、自分で全部もぎ取るくらいの気持ちでやろうって。あとは抜かせた選手を最後にブロックで抑えるということなどは意識していました。2部は高さの無いセンターが多いから、インサイドで力強く得点を取るっていうことは課題としてあげていました。最後は得点面ではあまり貢献できなかったですけど、序盤の方は意識してやっていた分、よくできていたと思います」

―入れ替え戦へ向けて。
「去年の悔しさっていうのは、僕だけではなくてみんなが持っている。しかも、相手が大東だということで、リベンジという気持ちを込めて戦います。1部昇格というのは目標ではなくて、今年やらなければいけない絶対的な義務であると思っています。それを達成するために練習からしっかりとモチベーションを上げて、しっかりとした練習をして入れ替え戦へと繋げたいです。今年は1部も2部も差がないとは言われているものの、やっぱり自分たちはトップでプレーするべきだと思っています。2部にいてくすぶりたくはないので、1部昇格は絶対に果たします」


081019higashi.jpg◆#1東 達也(早稲田大・3年・PG)
早稲田大の司令塔。
怪我人の影響もあって、チームがチームになるまでに時間がかかってしまった。この結果には全く満足していない。「反省を生かした練習をしたい」という東の言葉には、悔しさが込められていた。インカレではリーグで得たものを生かせるだろうか。

―リーグを終えて。
「目標が入れ替え戦に行って1部に上がるってことだったんですが、それを達成できていない。入れ替え戦も自分たちが勝って争いに食い込むんじゃなくて、周りが負けてくれることで競っていた。すごく悔しい思いをしたのが、今回のリーグでした。でも、これが実力だと思います。この結果を真摯に受け止めて、反省して今後の練習に繋げたいです。そして、この悔しさをインカレにぶつけます」

―怪我人が出てチーム編成も大きく変わってしまいました。
「そうですね。でも、怪我人出たのも痛かったですけど、残りのメンバーも今まで出ていた選手に劣らないくらいの活躍をしてくれました。怪我人の影響がないといったら嘘になる。それでも、頑張ればいいと思っていたのであまり気にしていなかったです。ただ、やっぱり4年生の赤沼さん(#4)はコートにいてほしかったです。あの人は泥臭いし、とても頼りになるので」

―チーム編成が変わって、ガードとしてはどういうチーム作りをしようと考えていましたか?
「初めの練習のときには、やっぱり井手(#11)とのタイミングと相井(#51)のタイミングっていうのが違うから全然合わなかったんですよ。最初はパスとかしずらかったんですけど、練習を重ねていったこととコミュニケーションを取っていったことで、どんどんよくなった。それがこの前の明治戦。あの試合でやっと吹っ切れたみたいな感じだったんです。もう少しリーグが長かったらもっとよくなっていたなと思います」

―インカレに向けて。
「まずは練習態度を変えること。練習態度というか、反省を生かした練習をすること。今までは『これでいいだろう』といって練習している人がいたと思うんです。こうして結果が出て、これではいけないということがわかったと思います。練習姿勢をしっかりと見直して、チームとしてコミュニケーションをもっと図ることとか、チームディフェンス、チームオフェンスのレベルを上げていきたいです。とにかく、大切なのは一人ひとりの向上心ですね」

―やはり、上級生と下級生とでモチベーションの差は感じましたか?
「それは感じなかったんですけど、どちらかというと4年生がかわいそうだなって。4年生で試合に出ている人は2人しかいない。僕らが主力で試合に出させてもらっているのに結果が出せていないというのは本当に申し訳ないと思っています。4年生のために僕らがしっかりと頑張らなければならない。もし、インカレに出られなかったら今日で4年生は最後だった訳だし。危機感を持ってやっていました」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |