2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月


第69回全日本大学バスケットボール選手権大会
大東文化大が筑波大の4連覇を阻止して初優勝

2009.09.26 (Sat)

【2009リーグ2部】9/26 明治大VS拓殖大 第1戦

明治大が全勝を守りきって単独首位
拓殖大は脅威の粘りを見せるも一歩及ばず


明治大80(19-18,28-13,13-28,20-17)76拓殖大
090926kanamaruk「悔いの残る試合だった」(明治大#24岩澤)
全勝で単独首位に立った明治大だが、試合後に出てくる言葉は重い。
試合は立ち上がりから互角の展開。だが、2Qから徐々に拓殖大を離していき、3Qの中盤には15点を開いた。だが、この18点差を一気に詰められ、更には逆転を許してしまう。それでも、4Q終盤には再び10点を開く。このまま試合を決めるかと思われたが、明治大は最後、攻守で後手に回り、4点差まで詰められてしまった。対する拓殖大は、“勝ち”への強い意欲を見せ付けた。勝利には結びつかなかったが、各選手が気持ちの見えるプレーで最後まで明治大を苦しめた。

第1戦は明治大に軍配。リベンジに燃える拓殖大が第2戦でどのような戦いを仕掛けてくるか。第2戦も見逃せない。


写真:4Q、明治大#14金丸晃輔が床に叩きつけられながらもシュートを決め、見事バスケットカウント。その後、チームメイトが全員、彼の元へと駆け寄り、労った。

※試合のレポートは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑

2009.09.26 (Sat)

【2009リーグ2部】9/26レポート

全勝同士の戦いは、まず明治大に軍配
復調の国士舘大は初勝利をあげる


090920nittai第3週の注目カードは、ここまで全勝同士の明治大VS拓殖大だろう。試合は途中、明治大が15点を開く展開となったが、拓殖大が脅威の粘りで点差を返し、接戦へと持ち込んだ。それでも、明治大が意地を見せて、最後は苦しみながらも勝利をあげ、全勝を守った。“迷走”が続いていた国士舘大もようやく抜け出した。順天堂大相手に序盤からリードを奪い、そのリードを最後まで守りきって初勝利。ここからの巻き返しに期待したい。早稲田大は、大東大に危なげなく勝利。白鴎大は、日体大に何度か追い上げられる場面があったものの、最後は#10田中(3年・G)の連続3Pでカタをつけて、2敗を守った。

写真:たくさんの応援が駆けつけた日体大。試合開始前に全員で円陣を組み、気合十分で臨んだが、勝利を共有することはできなかった。

【9/26結果】
明治大80(19-18,28-13,13-28,20-17)76拓殖大
国士舘大88(17-11,22-22,25-20,24-19)72順天堂大
大東文化大75(24-26,14-22,18-22,19-22)92早稲田大
日本体育大82(17-30,21-16,26-23,18-22)91白鴎大

※3試合のレポートと、国士館大・阿刀選手、白鴎大・藤江選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※明治大対拓殖大は別途掲載します。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑

2009.09.20 (Sun)

【2009リーグ2部】9/20レポート

ここまで全勝は明治大と拓殖大
大東大は全員笑顔の初勝利をあげる


2部リーグは2週目を終えた。
開幕4連勝の全勝は明治大と拓殖大。両校は次週、激突することとなっており、見逃せない一戦となりそうだ。また、4戦目で大東大が全員バスケットで順天堂大を下して初勝利をあげた。これで全敗は国士舘大のみだが、復調の兆しが見えており、今後の戦いに期待したい。苦しいのは日体大か。拓殖大を相手に前半は65点を許し、自らは28点しか奪えないという状況。1部復帰を誓う日体大にとっては、苦しいリーグ戦となっている。ここから意地を見せて欲しいところだ。


【9/20結果】
明治大93(25-18,14-19,20-15,34-21)73白鴎大
国士舘大75(19-20,14-27,21-17,21-15)79早稲田大
大東文化大87(18-14,16-11,24-27,29-19)71順天堂大
日本体育大70(17-27,11-38,16-24,26-19)108拓殖大

※各試合のレポートと、白鴎大・黒川選手、大東大・今井選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑

2009.09.19 (Sat)

【2009リーグ2部】9/19レポート

明治大・拓殖大が開幕3連勝
未だ勝ち星がない大東大と国士舘大は明暗


1部に先駆けてはじまった2部リーグは今週で第2週目。
この週は、力が拮抗しているチーム同士のカードが多く、見逃せない週でもある。春のトーナメントでも激突した明治大と白鴎大は、明治大が春のリベンジを果たすが課題の残る試合となった。また、同じく3連勝中の拓殖大は、終始安定した試合運びを見せて余裕勝ちを収める。一方、勝ち星がない大東大と国士舘大だが、両チームは対照的だ。チームの雰囲気がよく、勝利まであと一歩まで迫っている大東大に対し、国士舘大は迷走中。どのようにして、チームを立て直すか。一つの見所となりそうだ。

【9/19結果】
明治大108(20-26,31-17,29-23,28-30)96白鴎大
国士舘大74(20-26,6-23,32-25,16-27)101早稲田大
大東文化大65(17-17,19-18,8-22,21-17)74順天堂大
日本体育大80(11-22,23-29,23-21,23-21)93拓殖大

※各試合のレポートと、明治大・金丸晃輔選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑

2009.09.13 (Sun)

【2009リーグ2部】9/12・13写真

090912_1.jpg
控え選手のシュートに沸く明治大ベンチ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:56  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑

2009.09.13 (Sun)

【2009リーグ2部】9/13 日本体育大VS順天堂大 第2戦

我慢のシュートが終盤実り
4Qに日体大がゲームを支配

日本体育大87(15-20,23-19,27-23,22-17)79順天堂大
090913niitai1.jpg敗戦スタートとなった日本体育大。1敗でさえも命取りとなる可能性がある2部リーグでは、これ以上の負けは許されない。一方の順天堂大は今期降格はないリーグとはいえ、昨年のようなギリギリで踏みとどまるような展開は避けたいところではあるし、今年の2部では1部やインカレへの切符は遠いものではない。

序盤は順天堂大がリードした。しかし堅さの取れてきた日体大も粘りを見せ、攻撃も第1戦よりは積極的。引き離されつつも何度も追い上げ、ようやく決まってきたアウトサイドで終盤の勝負所を制して借りを返す格好となった。初戦は1勝1敗となった両者。しかしリーグ戦ではチーム間の順位も忘れてはならない。得失点差で勝ったのは順天堂大。これがどう順位に働くかも注視したい。

写真:ホッとしたであろう1勝目に、応援団ともハイタッチで笑顔を見せていた。

※試合のレポートと日体大・八坂選手のインタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑

2009.09.13 (Sun)

【2009リーグ2部】9/13レポート

初戦の重さを吹き飛ばした2戦目は
各チームが本領の出つつある競った展開に


090913niitai.jpg2部リーグ2日目になり、選手の体も動き出した。初戦敗退の大東文化大、国士舘大も戦い方が見えてきている。早稲田大も第1週が強敵の明治大ということもあって苦しんだが、サイズの小さい中でディフェンス面では頑張りが見え、ここから挽回を狙う。日体大は初戦同様追う展開となったが、粘って追い上げると、大事な場面でのシュートが決まって逆転勝利。1勝をあげた。

慶應大、筑波大が抜けて国士舘大が代替わりしたこともあり、今年の2部は実力差がそう大きい訳ではない。下級生の出場も比較的多く、チームによっては安定感に欠ける場面も見える。明治大が一つ抜けている感はあるが、それ以外は未知数のチームが多い。そうした中でどこが抜け出すか、リーグはまだ始まったばかりだ。

写真:ハドルを組んで確認しあう日体大。昨年とは雰囲気も異なり、話し合っている場面も多く、上昇への意欲が感じられる。

※日体大対順天堂大は別途掲載します。
※各試合のレポート、インタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑

2009.09.12 (Sat)

【2009リーグ2部】9/12レポート

固さの見えるチームが目立った初日
ここからリズムを上げていけるか


090912jyunten.jpg2部リーグ初日は、全体的に重い立ち上がりとなった。
第一戦目ということもあり、どのチームも動きが固く、シュートも低調。結果を見れば大きく番狂わせはなかったが、集中力が続かない試合が多かった。

優勝候補の明治大は早稲田大を大きく引き離したが、一時詰め寄られる場面があった。2部で再スタートを切った日体大は、シュート確率は良くないながら前半は互角。しかしインサイドの差が響き、順天堂大に後半突き放される敗戦スタート。拓殖大、白鴎大は順当に勝利した。国士舘大、大東文化大はチームとして機能しておらず、今後の行く末が懸念される。

昨年のようなエキサイティングな幕開けは希なことで、リーグの出足が重いのは例年のこと。ここからどのような戦いに発展していくのかに注目したい。

写真:昨年苦しんだ順天堂大は初日にうれしい1勝をあげた。

※各試合のレポート、インタビューは「続きを読む」へ。

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:55  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |