2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.05.30 (Sun)

【2010新人戦】5/30 3位決定戦 筑波大VS国士舘大

大会を通して成長の跡を見せ、
競り合いを制した国士館大が初の3位

筑波大学67(26-22,15-17,11-15,15-16)70国士舘大学
100530so.jpg国士舘大が初のベスト4から上を狙うのか、ここ数年新人戦では好成績を納める筑波大が勝負を決めるのか、注目の一戦は終始つかず離れずの展開となった。

筑波大は1Qのスタートでここまで積極的な得点が光る#35池田(1年・G・京北)や#37星野(2年・F)のシュートなどでリードを奪う。国士館大はインサイドの#13曹(2年・C)、#12永野(1年・F・福大大濠)や#5来栖(2年・G)のアウトサイドという基本の攻撃パターンが続くが、これが決まらないと苦しい展開になる試合が続いている。しかし#4平田(2年・G)が「新人戦ではここまで全部競り合いになっていて、3戦目になってこうした展開でもみんなが落ち着いていたのが良かった」と言うように、無理や焦りは感じられない。流れが悪くなると動きのいい#17松島(1年・G・小禄)を投入。機動力がよくなると1Q最後に平田が連続得点して4点差で国士館大が追う形となった。2Qになると互いに得点が鈍る。筑波大は要所で国士舘大を引き離すチャンスを得るものの、そのたびに相手のアウトサイドを決められてしまう形。国士館大は出番を得た#7板垣(2年・G)がきちんと3Pを決める仕事を果たし、前半は41-39と2点差に詰め寄って終了した。

100530hirata.jpg後半になっても互いに主導権を握り合う展開となった。国士館大はインサイド、アウトサイドと攻撃を分散。空いたところで#17松島や#4平田がペイントにきれ込んでいく。筑波大はディフェンスの対応に追われ、攻撃では相手のディフェンスを割れず交代を繰返すが得点ができず、一時は国士館大に大量リードを許してしまう。#37星野、#32武藤らの得点で盛り返すが国士館大にリードを奪われ4Qへ。その4Qは3P合戦となり互いに譲らぬ展開となった。筑波大はインサイドでは#13曹に激しいディフェンスを仕掛けるが、その分アウトサイドのディフェンスがおろそかになって#5来栖や#6竹内(2年・F)にアウトサイドを決められてしまう。#37星野や#32武藤の3Pで試合終盤逆転に成功するが、国士館大に速攻を出され万事休す。3点を追う筑波大は最後のセットプレーにかけるが決まらずタイムアップ。国士館大が新人戦初の3位を獲得した。
「初めての3位なのでとても嬉しい。新人戦でのチーム状態は非常に悪くて、どうしようもなかった。でも今日は最後なので、みんなで勝って終わろうと気持ちを高めて試合に臨んだ」平田。悪い中でも勝ち進むことで手に入れたものは大きいはずだ。メンバーは昨年から試合に絡んでいる選手も多く、秋は即戦力として期待が高まる。「去年はあまりまとまりのないチームだった。今年はまとまりを作ればいいチームになる。1部昇格に向かって頑張りたい」と抱負で新人戦を締めくくった。

反対に筑波大はどこかピリっとしないまま大会を終えた。ゲームのポイントポイントで力を発揮しきれない場面が目立ち、#37星野も試合後に反省に終始。国士館大とは対照的な結末となった。

写真:インサイドではやはり曹の強さが際だった国士舘大。

※筑波大・星野選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】
「みんなの意識が薄かった」
チームとしてまとまりきれなかった悔いの残る新人戦

◆#37星野拓海(筑波大・2年・F)
100530hoshino.jpg新人戦ではキャプテンを務めた星野だが、最終日の表情は終始固かった。4位とはいえ自分たちが目標とするバスケットをできなかったことは、自身にも周囲にも大きな失望を与えた。それは本人が一番よく分かっているようだ。だがもしここから何かを学べれば、この負けも糧になるだろう。


―結果は4位でした。
「本当は優勝したかったんですけど、青学に負けてしまって…。だから、絶対に3位になって新人戦を終わろうって話し合って、今日を迎えたんです。でも、吉田先生(吉田監督)がおっしゃっていたことを、試合に出ている人たちが100%徹底できなかったので、負けてしまって。吉田先生に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

―トーナメントから新人戦までは1週間という短い期間でした。切り替えが難しかったのではないでしょうか?
「去年も一昨年もベスト4だったので、無言のプレッシャーのようなものはありました。新人戦までの1週間の間に3・4年生に相手をしてもらったんですけど、全然太刀打ちできなかったので、自信を持てずに迎えた新人戦だったので、不安ばかりでした。トーナメント前から1・2年生は試合に出させてもらっていたので、試合に出ていた人たちは練習が出来ていたと思います。でも、15人でチームじゃないですか。だから、チームとしては1週間しか練習できなかったので、1つの目標に向かって頑張るとか、まとまるということが浸透できていなかったというのは、負けて今、反省しているところです。あとは、気持ちの統一が難しかったですね。勝ちに対する意識も少なかったと思います。みんな、“誰かがやってくれるだろう”という他人任せの雰囲気が出ていました」

―国士舘大の攻め方としては、#13曹選手のインサイドと、アウトサイドシュートという単純な形でした。今日の試合では、曹選手を部分では止められていたと思うのですが、アウトサイドは打たれすぎてしまっている印象を受けました。何がいけなかったと思いますか?
「吉田先生にもそのことは言われていました。中を抑えたら、絶対に外に出すじゃないですか。その時に思い切って出れば、ドライブしてくる。でも、僕らが足下まで入れなくてああやって打たれてしまって。ハーフタイムでそのことをかなり指摘されて、僕らも頑張ろうって言っていたんですけど、最後の最後まで外から打たれてしまいました。リバウンドも飛び込んでくるので、ボックスも後半は頑張ろうという話をしていたんですが…みんなの意識が薄かったですね。最後までやられてしまいました」

―意識という点に関しては、試合経験がないという意味で試合に出ていたのが1年生が多かった影響はありますか?
「いえ。出ている2年生がボックスアウトとかをしっかりやっていれば、1年生もしっかりとついて来たと思うんです。2年生がもっと意識高くやっておけば、1年生に伝わったのではなかったのではないかと思います」

―4Q最後にタイムアウトを取って、多分ラストプレーの指示があったと思うのですが、最後はどのようなプレーをするつもりだったんでしょうか?
「とりあえずファウゲームをして、速い展開から自分がシュートに持って行こうという話でした。でも、ちょっと熱くなってしまって周りが見えなくなって、突っ込んじゃって…。それでまたフリースローを与えてしまいました。悪循環ばかりでした。終わった瞬間は、頭が真っ白でした」

―試合の中で何度か盛り返した時間帯がありましたが、その後にすぐミスがでてしまってもったいなかったなと思いました。
「そうなんですよね。これは今日の試合だけじゃないんです。少し離れたり、流れが来ると、油断からなのかいつも競ってしまうんです。今日は特にその悪い癖が出てしまいました。それで、最後まで流れを持ってこられませんでした。悔しくて仕方が無いです」

―悪い流れになったときに、星野選手はキャプテンとしてチームにどのような働きかけをしましたか?
「悪い流れはディフェンスで断ち切れると思っていました。だから、ディフェンスのときは声を掛けました。あとは、ミスが起こってしまったら、その人にアドバイスとかをしたりしていたんですけど…それよりも、“自分がなんとかしなきゃ”という気持ちが強かったです。だから、無理なシュートを打ってしまって、悪い流れを呼んでしまったりしました。自分自身、ものすごく反省しています」

―試合中は池田選手と武藤選手が積極的に話しかけて来ていますね。
「あいつらはオフェンス能力がある選手なので。自分はたまにボールを持ちすぎてしまうことがあるんです。そういうときに、武藤は“インサイドに入れて下さい。回して下さい”とか、池田は“パスください”とか言って来ていますね。そういう意味では、後輩も積極的に色々と言ってきてくれていたので、助かっていました」

―昨年1年ケガで出ていないので、本格的にプレーするのは今シーズンからという形になっていますが、現在の自分の状態はいかがですか?
「去年は外からコートの選手を見ていて、本当に悔しい思いをしました。だから、“試合に出た時はやってやるぞ”と思っていたので、トーナメントの時は自分のプレーができていたと思います。新人戦は自分が中心だった大会だったので、意識高く練習もできていたし、声もいっぱい出したつもりだったんですけど、今日の負けが本当に悔しくて…」

―吉田監督の信頼を取り戻すことが一番だと思いますが、今後はどのような点を意識して秋のリーグに備えたいですか?
「まずは意識を変えなければいけないですよね。今回の結果は取り返しのつかないことなので、良い経験として今後の練習を頑張っていきたいです。あとは、今は良い選手がたくさんいるので、“ミスしたら交代”という厳しい世界になっています。自分の任された仕事を徹底してやれば、大事な場面で使ってもらえるかなと思います。今後は、自分の武器であるシュートの確率を上げたり、ディフェンスを頑張ったり、ベンチで声を出したりしていきたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2010新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |