FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 大東文化大学が初優勝
関西学生バスケットボールリーグ戦 京都産業大学が優勝

2007.06.16 (Sat)

関東大学新人戦6/16 準決勝 青山学院大VS東海大

青山学院大学73(14-16,18-9,22-17,8-20,11-12*)74東海大学*オーバータイム
0616shimada2オフェンスの青学大とディフェンスの東海大、タイプの異なる両者の戦いは接戦の少ない今回の新人戦で3度目の延長戦となり、見応えある試合が展開された。

シュートが決まれば青学大に勝機がある。しかしサイズを見ればインサイドに197cmの#29嶋田を据える東海大が有利かと思われた。序盤は東海大の高さが生きてリードするが、その嶋田が前半ファウルトラブル、ベンチへ下がる時間帯が増えてしまうと同時に青学大のシュートが決まり始め、逆転。前半で12点のリードを奪う。だが後半、嶋田が奮起。リバウンドを量産し始めるようになると流れが東海大に。東海大はファウルに苦しむが豊富なベンチメンバーを生かしてディフェンスで粘り試合は延長戦へ。最後の最後まで一進一退の攻防となったが、残り4.5秒、1点を追う青学大は#23湊谷がフリースローを2本とも外し、そのままタイムアップ。東海大が1点差で青学大に勝利。3年ぶりに決勝の舞台へ進んだ。

写真:前半はファウルトラブルで苦しんだが、後半大活躍の東海大・嶋田。


詳しいレポートと東海大学・嶋田選手、古川選手のインタビュー、コメント、試合の写真は「続きを読む」へ。



[続きを読む]

■GAME REPORT■
0616takaaki2開始早々東海大#17前村(2年・PG)がシュート。反対に青学大は#0橋本のシュートはエアボール。だが続くオフェンスで東海大#24古川(2年・F)も3秒オーバーと出足はどちらもうまく回らない。しかし#27石井(2年・SG)が3P、#29嶋田(2年・C)がミドルシュートを決めると東海大が0-7とリード。青学大は#0橋本、#12渡邉の3Pが連続して決まり、続けて渡邉が3Pのファウルをもらうと一気に8-9と詰め寄った。インサイドではやはり東海大のリバウンドが強いが、#29嶋田がファウル2となったのが気になるところ。#24古川が3Pを沈めてリードを広げるが、青学大#0橋本の速攻が出ると#23湊谷(1年・F・洛南)がシュートを沈めて1Qは14-16と青学大が追いついた格好になった。

2Qは開始早々#12渡邉の3P、#0橋本のレイアップが決まると乗った青学大は続けて#10小林高晃(2年・SF)の3Pで一気に逆転する。東海大はベンチに下げていた#24古川を急いで戻すとその古川がミドルシュートで離されまいとする。しかし残り5分、#29嶋田が3つ目のファウル。青学大は東海大の高さとディフェンスで簡単にシュートが打てない。一方東海大はファウルが増えてしまい、ともにリズムが作れない。しかし#10小林高晃が2本の3Pを決めると青学大が9点リード。東海大は攻め手を見つけられず2度も24秒オーバーを犯すが、最後に#24古川がミドルシュートを決めてなんとか7点差で前半を終えた。

3Q東海大は#36養田(1年・F・東海大相模)、#27石井のシュートが続き、#24古川のシュートで4点差にする。だが青学大は#23湊谷の3Pが炸裂。東海大は#29嶋田が4つ目のファウルを犯し苦しくなる。#36養田、#27石井らがインサイドで#23湊谷や#10小林高晃をなんとか守っていくが、ファウルが続く。青学大はフリースローに加え#12渡邉の3Pやバックドアも出て再び点差を開く。東海大はミスで得点できず12点とさらに離されて3Qを終えた。

0616furukawa4Q、東海大にリズムが来る。ピック&ロールがなんとか機能し始め、青学大のシュートがはずれるのに対して#24古川、#17前村のシュートが続くと、4ファウルで苦しい#29嶋田がリバウンドからバスカンを獲得。ボーナススローもきっちり決める。青学大が5:27まで無得点なのに対し、嶋田が次々にリバウンドを量産。4:22にフリースローで56-56の同点にすると#24古川のミドルシュートで逆転。残り3分までたった2得点の青学大は長谷川監督がたまらずタイムアウト。東海大応援団からは東海コールが巻き起こった。タイムアウト明けもプレスをしかけて青学大に得点をさせないが、ファウルが続いて流れを維持しきれない。残り35.8秒、ここまでなかなかいいところが出ていない#27宇田川(1年・SF・市立柏)がドライブインから60-60の同点に戻す。15.7秒で東海大も養田→前村→嶋田へとパスが渡りゴール下でシュート60-62に。互いの応援団で歓声が大爆発する。最後を守りきりたい東海大だったが、次のオフェンスで#27宇田川が再びシュートし62-62。東海大は最後を攻めきれず試合は今日2度目の延長戦へと入った。

開始早々#29嶋田がバスカン。そこから1分半は互いにターンオーバーが続く展開となるが、#12渡邉がドライブで同点に戻す。しかし息詰まるような攻防の中、青学大#10小林高晃が少数で休みなく戦ってきた厳しさからか、また足がつってベンチへ。青学大に不安が走るがそれを払拭するように交代で入った#9小林純也(1年・SG・新潟商業)が3Pを沈めて3点リード。東海大は#27石井がシュート。#17前村もフリースローを1本決めると同点に戻した。更に#29嶋田がリバウンドからシュートして67-69と再びリードは東海大。取られたら取り返す攻防が続く中、遂に勝負は最後の1分に入る。ここで青学大は#23湊谷が積極的に攻めてシュートし、フリースローも入れて4点を獲得。残り31.8秒、東海大がタイムアウトで修正すると9.1秒で#29嶋田がリバウンドからシュートして73-74と東海大が1点リード。だが青学大もあきらめない。4.5秒、最後のディフェンスにいく東海大は#7姚が痛恨のファウル。#23湊谷がフリースローを獲得。緊張の走る中、湊谷はなんとこのフリースローを2本ともはずすという失態。そのまま東海大が逃げ切り、1点差でこの大激戦を制した。

決め手はやはりインサイドとなった。ファウル4となりながら嶋田がリバウンドをもぎ取り続け、東海大に流れを呼び込んだ。決勝はここまで対戦相手を軽々と倒してきた日本大。能力の高さとバランスでは新人戦一と言えよう。対する東海大はディフェンス力で勝負。派手な選手はいないが東海大らしいディフェンスで、石崎らインカレ制覇のゴールデンメンバーも果たせなかった初の新人戦制覇を狙う。



◆#24古川孝敏(東海大・2年・F)
0616furukawa3「今日はディフェンスされたというより、自分でいかなくては、という思いが逆にプレッシャーになってしまってうまく攻められなかった。決勝で当たる日大は強い。オフェンスではあっちが上。ただしディフェンスではこちらの方ができているし、明日は頭を使って頑張ります」





◆#29嶋田基志(東海大・2年・CF)
0616shimadaーファウルトラブルで苦しみましたね。
「仕方ないです、自分のせいですね。センタープレイで面を取ろうとした時に相手にチャージされてイライラしちゃって。それでオフェンスファールも続いちゃって前半ダメで。後半はとにかく切り替えてリバウンドに専念しようと思ったら勝てました」

ーインサイドでは東海優位なはずだったんですが。
「すいません(苦笑)。でもそこで養田(#36)とか中務(#15)とかがバックアップしてくれたのでそこは安心しました」

ー青学のオフェンスはどうでしたか?
「ディフェンスはしやすかったんですが、オフェンスでは面を取らせてもらえず苦労しました。でも後半からは面を取らなくていいからとにかくピック&ロールをかけろと言われて、その指示に従ったら点もリバウンドもしっかり取れたのでそこが良かったと思います」

ー後半はすんなり切り替えられましたか?
「はい。そこはすっきりと」

ー声もよく出ていましたね。
「僕はそこしかないので(笑)。でも今日はあまり面を取るプレーができませんでした。明日はマッチアップが日大の中村(#5)なので明日はしっかりやれたらいいなと思います」

ー中村選手の印象は?
「去年の新人戦で1度対戦したんですが、ボロ負けでした(苦笑)。とにかくガタイですね。パワーがあるので1人で止められるかどうかは分からないです。今日の延長はとにかくディフェンスに専念しろということで、それができたので明日は上江田(#4)と中村を押さえること。そしてリバウンドを取ることですね」




0616takaaki
青学大#10小林は昨日と変わってタッチも良かったが足に疲労がたまっているのか、この日も延長戦で足がつってベンチへ。



0616alexis
最後の大事なフリースローを外してしまった#23湊谷。東海大は#36養田がディフェンスで貢献。



0616watanabe
前半は3Pの調子が良かった#12渡邉。



0616hashimoto
#0橋本のレイアップはたびたび東海大の高さにはばまれた。



0616maemura
ファウルがこんで苦労した#17前村。177cmしかないが、ダンクもできる抜群の跳躍力でリバウンドにも絡んだ。



0616misawa
6マンとして役目を果たした#10三澤。



0616furukawa2
エース#24古川。こちらも足がつっていたが、最後まで走りきった。



0616maemuraishii
勝利して抱き合う前村と#27石井。



0616tokai
上級生ら応援団も下級生の頑張りをたたえる。

関連記事
EDIT  |  23:58  |  2007新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |