2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2010.05.16 (Sun)

【2010トーナメント】5/16 5位決定戦 早稲田大学VS東海大学

敗戦の課題を修正した東海大が終始リード
早稲田大はゲームを好転させられず

早稲田大学69(13-23,19-21,18-26,19-21)91東海大学
100516tokai.jpg日本大戦、関東学院大戦ではらしさが見られない部分もあった東海大。しかし最終戦は序盤から集中していた。#0満原(3年・C)が中で#20久保田(3年・C)相手に得点。引きつけては外へ出すようなプレーも見せて早稲田を翻弄する。守っても堅いディフェンスで早稲田大に攻撃のチャンスを与えない。交代したメンバーも同様に早稲田につけいらせる場面を与えず、まさに東海大の全員バスケを展開した。
早稲田大は単発のオフェンスになりがちで、#11大塚(2年・G)も東海大のディフェンスの前に思うようなパスを通すことができず、戸惑う部分が見受けられた。早稲田大はじわじわと引き離されるが、2Qに東海大#7遥(4年・PF)が負傷して下がると、チャンスを得て追い上げる。しかし#33狩野(2年・SG)がこの日は3Pを気持ちよく沈め、点差を開くと、焦りの見える早稲田大は追い上げ適わず、後半はやや力尽きた面が見えた。東海大は速攻も出て、控えもチャンスを得る快勝、5位を決めた。

「最後は良かった」と主将の多嶋も納得の顔。悪かった出足は改善され、相手を70点以下に押さえ込んだディフェンスも東海大のディフェンスとして及第点だ。激戦ブロックでの敗退は惜しかったが、一方で課題も見えた大会だった。もちろん5位に甘んじている訳はなく、目指す“チーム”に向けてここからが再び始まりだ。

早稲田大は新人戦を経て春の大一番、早慶戦が目前に迫る。トーナメントで下位のチームが早慶戦では勝つ、というジンクス通りの結果になるかどうか、トーナメントで得たものをより形にできるかが見所になるだろう。

写真:東海大はリードすると下地、中務、三澤、中山ら控えも出番を得た。

※早稲田大学・相井選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

「一人でやるのではなく、共有すれば強くなる」
1部復帰という絶対命題の到達に向けて

◆#51相井大樹(早稲田大・4年・G・主将)
100516soui.jpg彼らが1年生の時、早稲田大は関東学院大の猛進撃を食い止めてトーナメント準優勝を遂げた。しかし続く秋のリーグではまさかの2部降格を味わった。
あれから3年。彼らはチームの良い部分も辛い部分も全て味わってきた。そしてその悔しさをはらすには最後のチャンスの年となる。
4年生が多く、期待の1年生も加入。待っていたガードも復帰した。良い材料が揃いつつある中、相井はチームの課題を冷静に見つめている。能力を過信しないこと。チームとしてバスケットをやること。それらを克服するかすかな兆しがこの大会では見えた。後はそれをいかに形にして発揮するかだろう。


-個人的にはなかなかシュートに苦しんだ大会だったのではないでしょうか?
「練習では良かったし、ここまで入らないということはこれまでなかったので、気負っていた部分や結果を気にしていた部分があったのかもしれません。自分としてはいい経験になりました」

-3年ぶりにベスト8ですが、結果については。
「組み合わせが比較的良かったのはありますし、ベスト8を目標にしていた訳ではなく、ベスト4に入って青学であるとか慶應であるとか、優勝を狙っているチームとどれだけ試合ができるのかを目標にしていたので、満足はしていません。それはみんなに聞いてもそうだと思います。ただ、トーナメントを通じて成長した感じはあって、法政戦では出だしが悪かったけれど、筑波の試合では修正できました。筑波の試合で粘れなかった部分も中央戦で修正できたので、一試合、一試合を通じて成長できた部分は感じているのでこれもいい経験にはなったと思います」

-昨年のリーグや、今年の電鉄杯、トーナメントでもいくつかありましたが、いい勝負をしているのに最後は負けてしまうというのは何がいけないのでしょうか?
「一人ひとりが個人レベルで何とかしようとしてしまうところです。金井(#00)や井手(#7)や久保田(#20)は力がある分、一人で何とかしようとしていた。今ではみんなで何とかしようという風に考えられるようになってきました。それは大塚(#11)が復帰してくれて、コートでまとめられる人間が出てきたというのが大きいです。僕らの代が最上級生になってみんなで頑張ろう、みんなでハーフコートを作っていこうという風になってきたので、そこは大崩れしなくなりました。今は大塚も復帰したばかりでほとんど一緒に練習できていないですし、かみ合っていないところも多い。これから良くなっていくと思います」

-今年の早稲田は試合に絡む4年生も多いですし、下山選手が学生コーチになったという部分も大きな変化だと思います。4年生たちの意識はどうですか?
「1年生の時に強かった代を見ているのは今の4年生だし、結果が出なかった代を見ているのも今の4年生。4年生がどうあるべきかを分かっている代だと思うんです。まだまだ甘い部分もありますが、理想とする4年生の姿に向かって努力できているところもあります。そういう意味では心強い4年生だと感じています」

-その中でも、キャプテンである相井選手が頼れる存在というのは?
「下山が学生コーチという一歩引いた目線で見てくれるのは大きいですね。下山とはよく話します。数馬さん(コーチ)とも年齢が近いしよく話します。練習内容が悪かった時とか試合で良くなかった時も僕たちで話し合いますし、この2人はチームのことを考える上で頼りにしています。井手や金井はプレーで引っぱっていくタイプなので、コートで頑張ってくれればいいと思います」

-早稲田は伝統校だけにキャプテンとしてのプレッシャーは?
「小学校からバスケットをしてきて、これまでずっとキャプテンでした。4回目だから大丈夫だろうと思ったんですが、全然違いましたね。やっぱり高校までは監督が力を持っていて自分は監督の言うことを伝えるだけでした。今は自分も考えていかなければならないので大変な仕事です。でも任せてもらったことは責任もありますし、みんなからの期待も感じるので、自分らしく頑張っていけたらと思っています」

-これだけの人材がいるのだから、今年は何としても結果を出したいと思っているでしょうし、見ている方も期待しています。
「1部復帰は大きな目標ですし、勝ちたいと思っている人間は多いんです。でもそれがうまく表現できないことが多い。ミスがあったりした時に一人でやってしまうのではなく、チーム全体で共有して考えられるようになればもっと良くなると思うんです。それは言っていますが、まだまだ伝え切れていないところもありますね」

-むしろこの大会では下級生を多く出していましたし、相井選手がコートにいない時間帯が長かったですよね。そうした場合にフロアでリーダーシップを出せる選手が必要なのでは?
「金井ともよく話をするんですが、あいつも4年目になって意識も練習も随分変わりました。今回もケガをしてからベンチですごく声を出してくれていますし、アドバイスもしています。そんな風にこれがいつでもできるようになればチームとしてもいい感じになるかなと。自分が下がっている時間帯は大塚が出ていることが多いので、彼がリーダーシップを取っていくようになると思います。今は自分のプレーでいっぱいだと思うんですが、練習を積んでいけば余裕も出てくると思いますし、考えていることもすごいので、彼に期待しています。東海戦でも少しずつ言ってくれていたので、大塚の考えを共有できていけばもっと良くなるはずです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2010トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |