FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.06.16 (Sat)

関東大学新人戦6/15 青山学院大VS拓殖大

青山学院大学85(31-21,13-16,18-19,23-15)71拓殖大学

0615hashimoto前日、慶應義塾大との激戦を繰り広げた青学大。しかし今日の試合は、前日とは打って変わって#12渡邉(2年・PG)、#10小林高晃(2年・SF)ら2年生のシュートがなかなか決まらず、もどかしい展開となった。
前半は終始青学大がリードして試合は進む。#23湊屋(1年・F・洛南)が高確率でシュートを沈め得点を重ねていく。対する拓殖大は#42永井(1年・C・延岡学園)のフックシュートなどで応戦。1Q中盤までは互角の展開だったが、残り3分半を切ると青学大は#23湊屋のゴール下を皮切りに、#10小林高晃(2年・SF)のレイアップ、更に前日はいいところがなかった#0橋本(1年・PG)がバスケットカウントを決め、24-13と拓殖大を突き放す。そのまま青学大はコンスタントに得点を重ねていき、10点差をつけて1Qを終了する。2Qに入ると拓殖大が#22松崎(1年・G・育英)の連続得点などで3点差まで詰め寄る。しかし、後が続かず逆転には至らない。逆に青学大に連続得点を許してしまい、再び2桁得点差をつけられてしまう。前半をなんとか10点差以内で終わりたい拓殖大。終盤は#7松本(1年・G・郡山)のジャンプシュート、更に#25二井(2年・G)の3Pで4点差まで詰め寄るも、残り10秒で青学大#12渡邉に3Pを決められ、7点差で後半へ。

後半開始早々、青学大が#0橋本のバスケットカウントなどで10点まで差を広げるが、この後両チームともオフェンスが単発に終わり、我慢の時間帯が続く。3Q中盤、拓殖大#3宇佐美(2年・G)がパスカットから得点し5点差にするが、青学大#10小林高晃がトップから3Pを沈め、譲らない。しかし終盤になると青学大は拓殖大ディフェンスの前に思うようなオフェンスができない。#12渡邉が再三3Pを狙うも、リングに弾かれ苦しい状態に。そこを逃さなかった拓殖大は、#22松崎がバスケットカウント、3Pを決め、6点差まで詰め寄り最終Qへ。

4Q序盤、拓殖大は#22松崎の3P、#3宇佐美のミドルで1点差にすると、その直後#42永井が#7松本からパスを受けアリウープを決め、逆転に成功する。ここで青学大はタイムアウトで立て直しを図る。すると青学大は#12渡邉が3Pを決め、再逆転する。更に、決して本調子ではない#10小林高晃が渡邉に続いて得点し、拓殖大に主導権を持っていかせない。しかし粘る拓殖大は#42永井や#7松本、#22松崎らルーキーの活躍で青学大に追いすがる。残り1分で青学大が5点リード。拓殖大は必死にゴールを狙うが、得点につながらず、逆に残り58秒で青学大#12渡邉に3Pを決められてしまう。更に青学大は#27宇田川(1年・SF・市立柏)がジャンプシュート、#23湊屋がブレイク、そして#10小林高晃がバスケットカウントを決め、拓殖大を畳み掛け、最後は14点差で拓殖大に勝利した。しかし、勝負所での得点が決まらずになかなか拓殖大を突き放すことができなかった青学大。明日の準決勝へ向けて不安が残る試合となった。


青山学院大・小林高晃選手のインタビューは「続きを読む」へ。



[続きを読む]

◆小林高晃(青山学院大・2年・F)
0615kobayashitakaaki
―今日は昨日に比べるとシュート確率も良くなかったですが。
「フリースローは最初の3本ぐらい外した時点でわけわかんなくなってきて、どう修正していいのかもわかんなくてあんな感じになっちゃったんですけど。(シュートの)アーチが足らないって言われたんで明日修正できればいいかなと」

―チーム全体でもやはりファウルが多くなってしまっていますね。
「小さいんでファウルが込むのは仕方ないんですけど、それをなんとかおさえたいんですけどね」

―ただ、大事なところでは小林選手がきちんと締めていると思いますが。
「それやんなきゃ今日なんにもやってないことになっちゃうんで。外のシュート落としただけの人になっちゃうんで、それはいやなんで」

―1年生が自分、自分という感じで前に出ていっている印象がありますが、キャプテンとしてどうですか?
「それは2年生が上手く引いてるところがあるんで、自分らが止めるとこ止めて行かせるところ行かしていいかなって思ってます。バランス的にはいいと思いますよ」

―次の東海大はサイズもあってディフェンスもしっかりしていますが。
「まあ、東海とは一番当たりたくなかったんで、決勝までは。しょうがないですから、できることを全てやって勝ちたいと思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:06  |  2007新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |