2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.12.05 (Sat)

【2009インカレ】12/5 5-8位決定戦 天理大VS中央大

高さに抗しきれなかった中央大が失速
天理大は追う展開を勝ちきる成長力を見せて勝利

天理大学94(20-24,22-22,23-16,29-11)73中央大学(5-8位決定戦)
091205ryumonegoro.jpg#10サンバ(3年・C)の高さがまず鍵だった。中央大ディフェンスはサンバを中に入れさせまいとするが、ゴール下まではいかずとも#4小野龍猛(4年・CF)の上からやすやすと得点されてしまう立ち上がり。中央大は天理大のゾーンとディレイドをかきまわすべく、早い展開に持ち込み#11竹原(3年・SF)の速攻や#4小野龍猛のバスケットカウント、#9吉田(3年・F)の3Pなどが生まれ、リード。#4小野龍猛が#1根来(4年・PF)の上からミドルシュートを決める場面もあり、1Qは20-24と優位に立った。2Qも中央大のアウトサイドが機能。対する天理大はゴール下こそ入り込みにくいものの、#10サンバのペイント内でのジャンプショットと#5清水陽平(2年・G)が早い動きで攻める。途中からコートに入った#25平尾(2年・PG)もアグレッシブな1対1で得点し、追い上げをはかる。中央大は#15佐藤(1年・G・洛南)のドライブや#4小野龍猛のスティールからの速攻、#11竹原のバスケットカウントが続きこちらも譲らない。しかし天理大も#1根来の連続シュートと#10サンバのブロックやポストからのシュートで追い上げる。中央大は8点のリードを4点に押し戻されて2Qを終えた。

3Q、中央大は#11竹原、#4小野龍猛のミドルシュートが続く。しかし入れても入れても、すぐに#10サンバの高さであっさりゴール下から得点されてしまう。労力を使って得点する中央大には天理大の倍の集中力が必要だが、それが時間とともに少しずつ削がれていくのが見て取れた。次第にアウトサイドが落ち始めた中央大。それに対し天理大は#1根来のミドルシュートで残り1分半でついに同点。さらに#1根来から#10サンバへのアシストや3Pも飛び出し、遂に中央大を逆転して3Qを終えた。ここで、中央大の集中力が切れてしまった。4Qは、出足からずるずる離されていく。アウトサイドが入らなくなり、次々にターンオーバーとなってしまう。一方の天理大は余裕を見せてベンチメンバー全員を出場させ、逆転勝利。これは昨年にはなかった勝ち方だ。天理大過去最高の5位を目指し、昨年同様再び5位決定戦に挑む。中央大はいい時間帯もあるが、やはり勝負際を制するにはまだチームの若さが目立つ。#4小野龍猛はキャリアも能力もある選手だけに本人はもどかしいだろうが、そこを踏ん張ることも主将としての努めだろう。最終戦の鹿屋体育大も強敵だ。どこまで戦えるか最後に心の持ちようが勝負を左右する。

写真:マッチアップする天理大・根来と中央大・小野龍猛。前半の出来に、ハーフタイムに応援団にダメだしされたと言う根来。後半は奮起した。昨年も同様に言い合う雰囲気があったチームの空気は今年も健在。

※天理大・サンバ選手、平尾選手、中央大・中島コーチ、竹原選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】
「逆転できたのが天理が強くなったところ」
一回り成長した天理大の大黒柱

◆#10サンバ・ファイ(天理大・3年・C)
091205sanba.jpg高さからのプレーはもちろんだが、昨年と異なるのはそこにブレが少なくなったことだろうか。1年ごとにインカレで出合うサンバは、毎年確実に成長を遂げている。転機となったのは、この夏の青学大との練習試合。関東の強豪と戦うことで足りないものに気づき、チーム全体で努力してきたことが実った。その地域最強であるからこそ、そこから上にどう上るかは常に難しいものだ。今後も機会を見つけて取り組みを行えば、天理大はさらなる力を手に入れることができるかもしれない。


-小野龍猛選手とのマッチアップはいかがでしたか?
「小野は高校の時から知っていて、プレーもいい。でもマッチアップはしたことがなかったので今日はちょっと楽しかったです」

-1年ぶりに見ることになりましたが、体つきが一回り大きくなりましたね。
「そうですね。ウエイトをしているので」

-それはフィジカルを強くすることが必要だと?
「そうじゃなくて、今まで自分だけで頑張っていたんですけど、トレーニング知識がある人に教えてもらったり、後輩と組んでやったりするようになりました。考えてやっているんですけど、その結果です」

-筋肉をつけてプレーが変わった部分はありますか?
「全然違います。ウエイトをするのとしないのとは全然違います。絶対するべきだと思います」

-去年は自分とママドゥ(浜松大)の2人は細くて、パプ(関東学院大)はすごいと言っていましたよね。
「そうですね(笑)。覚えています。でも自分もつきました」

-ウエイトをして良くなった部分は何ですか?
「インサイドがちょっと強い相手でも対応できてきています。面を張るのが力がいるし、1対1するにもみんながダブルチームに来たりすると、力がないとできないから、そういう面でウエイトは必要です」

-そのせいなのかどうか、去年まであったキャッチミスなど小さな失敗がなくなりましたね。
「それは今までは入って1対1をしようとしてダブルチームにこられた場面で、焦ってみんなとの合わせもできなかった。そこはみんなで話しをしました。それでシューターに合わせて打たせたり、カッティングしたりそういうのができるようになったので、ミスが少なくなったように見えるようになったんじゃないかと思います。1対1だけじゃなくて、自分を生かすかみんなを生かすかを考えるようになりました」

-去年はガードが4回生でしたが、今年は若いですが不安はありませんか?。
「でも若くても平尾(#25)とか高校の時から一緒にやっていて、プレーをよく知っています。(#33吉田)簡太郎も同級生だし、陽平(#5清水)は判断もいいし、不安はありません。自分に入れてくれるし、向こうも僕がリバウンドを取ると信じているので打てるので、それは去年とちょっと違います」

-昨日は青学に負けて残念でした。
「悔しかったですね。勝ちたかったですけど」

-でも今日はリードされながら逆転で勝ちました。
「多分それが天理が強くなったところやと思います。去年は順位決定戦で勝っていたのに明治に逆転されて負けましたし。関東とあまりやったことがなくて、関西でやって差がついて勝っていました。接戦の試合には慣れてないので、全国大会に行っている選手もあまりいないから、焦ってプレーがごちゃごちゃになってしまうんです。でもこういう大会の時に経験できるのは大きいです。4回生はもう先がないけど、2回生たちがこういう経験をするのは大事です。だからそこは天理が去年とは違う成長したところです。実は夏に青学と練習試合をやって、その時は40何点差でボロ負けしました。そこからみんな何が足りないのか全員が考えました。フィジカルも含めて全てのところで負けたし、そこで変わりました。だから昨日も気持ちを入れてやったら“大丈夫なんじゃないかな”とみんな思っていました。青学に負けてからの短期間ですごい成長したんです。だから、昨日は負けたけどいいんじゃないかなと思います」

-明日は去年負けた順位決定戦ですね。天理は過去最高が6位とか。
「一つでも上を狙いたいです。本当に狙ってるのは優勝やったけど、失敗してできなかった。でも1ランク上がればいいんじゃないかな」

-最後に一つ、サンバ選手は日本語も去年より格段に上手になりましたね。
「そうですか、ありがとうございます(笑)。またよろしくお願いします」


「今はシックスマンとして誰よりも声を出す」
着実に経験を積む未来の関西看板選手

◆#25平尾充庸(天理大・2年・PG)
091205hirao華のある選手だ。
身長は180cmに満たないが軽々とダンクを決める身体能力を誇る。よく通る声で常にチームをもりあげ、彼自身も楽しそうにプレーする。
ルーキーシーズンはスラッシャーの印象が強かったが、2年生となり司令塔としての自覚が出てきた。
「まだまだ勉強中」というコントロール力を身につければ、恐ろしい存在になるのは間違いない。
昨年のインカレでは「関東が相手でも通用する」と自信をつけた。
そして今年は、関西からただ1人ユニバーシアード代表に選出された先輩の#1根来を見て「自分もなりたい」という目標ができた。
平尾の前には、たくさんの可能性に満ちた道が伸びている。根来から“関西を引っ張るプレイヤー”の座を引き継ぐことはできるか。


―鮮やかな逆転勝利でしたが、立ち上がりはやはり昨日の敗戦をひきずっていたのかなという印象でした。実際どうでしたか?
「昨日負けてから、皆“切り替え、切り替え”とは言うんですがやっぱりどこかで試合に臨む気持ちにまではなれていなくて、出だしはああいう形になってしまったと思います。でも、しっかりもう1回やり直そうと皆で声を出して立て直せたので、最終的にはよかったかなと思います」

―2Qに入るとき、根来選手がハドルを集めて”ふわっとしている。ちゃんとやろう”というようなことを言っていましたよね。
「はい。確かにそうやなと思いました。それを聞いて、やることをしっかりやって、天理はまだ6位までしか入ったことがないので今日と明日も勝って最高の5位になろうと、改めて気持ちを入れられましたね」

―しかし、その後も追い掛ける展開で、焦りなどは出てきませんでしたか?
「それはなかったですね。うちは根来さんもいますし、サンバもいますし、外から打てるやつもいっぱいいるので、リズムよく使っていけば勝てると思っていました」

―3Q終盤に逆転した後、4Q前のインターバル時に応援席から「20点あけろ」なんて声が上がりましたが、本当に20点差をつけましたね。
「インカレのコートに立てない人もいますし、4回生にもいい思い出を作ってあげたかったので、いい形で持っていけてよかったです。あれはその分の20点ですね」

―平尾選手としては、2年連続のインカレベスト8ですが、自分のプレーはここまでどうですか?
「今日の試合もまだ反省点はいっぱいあるんですが、1番反省しているのはやはり昨日の試合(青学大との準々決勝)です。相手は辻にしても高校のときからずっとやってきたメンバーなので、“勝たなきゃいけない”と自分の中で空回りして、チームに自分の気持ちを乗せられていませんでした。それでパスミスだったりが出てしまって」

―準々決勝の終盤は、平尾選手に限らず打てるのにパスをしてミスという場面がもったいなかったですね。
「やっぱりびびっていたんでしょうね。自分は小さい分ブロックされるからパスと確実な方を選んだばかりに、サンバが3秒オーバーになってしまったプレーもありました。“ここというときはサンバ”というのが僕の中では高校のときからあったんですよ。この反省は次につなげないとあかんなと思います」

―途中から出る難しさというのもあったのではないですか?
「確かに難しさもあるんですが、シックスマンは大事なポジションというか、責任は1番重いかもしれないと思っているんです。だから僕自身コートに入ったら誰よりも声を出して、それで負けているときは皆をもりあげて、勝っているときはもっともっと元気にやっていけるようにと思っています。難しいですけど、楽しいです」

―プレーを見ても充実ぶりは伝わってきますが、でも去年のインカレでは“スタメンで出てチームを引っ張る”ことが目標と言っていましたよね?
「はい。なのに新チームになってスタメンから外れてしまって、“なんで?”というのもあって最初はずっと落ち込んでいました。試合も全然気持ちが入らなかったんですが、日を追うごとに、今のスタメンガードの(#33)吉田さんにはあって自分にはないものが見えてきたんです。今は、その足りないところを勉強して、スタメンじゃなくてもチームに貢献できればいいと思えるようになりました。ガードとしてのコントロールは僕自身まだまだ勉強中ですが、吉田さんはコントロールはもちろんサンバや根来さんの使い方もうまいので、今はシックスマンで努力します」

―スタメン落ちがきっかけで声を出すようになったということですか?去年も楽しそうでしたが、今年はそれに加えてチームを引っ張ろうという意志のある声が出ているように感じます。
「そうですね。ベンチでも誰よりも声出して、先生が言っていることをちょっとでも言うなり、カバーに回れるようになったかなとは思います」

―2年生は#5清水陽平選手や#2大谷選手も含め成長していますね。来年、#1根来選手がいなくなる穴は埋められそうですか?
「根来さんはジャパン(U-24日本代表)から、一回りも二回りも大きくなって帰ってきたので、その分僕らも刺激を受けました。練習中人一倍声を出してくれるので、ついていかなきゃな、自分らも頑張らないかんなとチーム全体が思っていましたね。皆も思っていると思いますが、代表選手というのはすごい。し、自分もなりたいと思いました。だから根来さんがいる今のうちに、どんなものを代表で経験してきたのかをいっぱい聞いて、学んで、頑張っていきたいです。清水や大谷とも、自分達が上級生になったらああしてこうして…とか冗談をまじえながらよく話しているので、楽しみにしていてください」


「最後は勝つ喜びを味わわせてやりたい」
◆中島康之コーチ(中央大)
―試合を振り返って。
「前半は良かったけれど、後半の大事なところで決められてしまった。緊張感が足らなかったというところですね。まだまだ若い選手が多いので、その辺が負けた原因かなと」

―敗因は何でしょうか?
「チームディフェンスができていない、と。あれだけ大きな選手(#10サンバ)をチームで守れないと。前半はそこそこできたと思うんですけど、やっぱりばてて来た時に控えの選手がその役目を果たせなかった、と」

―今日の小野龍猛選手は中で攻め切れなかった時に、ゴールに正対して外から攻めるように切り替えてからオフェンスが良くなりましたね。
「小野にしてもやっぱり責任感から自分がやらなきゃいけないっていう意識があって、昨日の苦杯から今日はいい風になって。そこからチームとしていいリズムになるはずの力はあるはずなんだけれど、それが40分間の集中力がないばかりに負けてしまった、というところですね」

―今大会は浜松大、慶應大、天理大と2メートル以上の圧倒的高さのあるセンターがいるチームとの対戦で、2メートル以上の選手のいない中央大としてはやりにくさはやはり感じましたか?
「それはまぁ、仕方がないですね。ですから早い段階で対戦して慣れておかないと。ああいうビッグマンに簡単に打たせないという練習をしてきたのに、それを習得しきれていなかった。いいときはいいんですけど、それを40分間できないのが課題ですね」

―サンバ選手の高さがある天理大のディフェンス相手に前半はうまく外から攻められましたが、勝負どころでそれが出せませんでしたね。
「そうですね。体力がないのか。コートに出した選手からミスから入ってしまうんだよね。それが経験のなさかな、と感じます」

―やはりサンバ選手のあの高さに苦しめられてしまいましたね。
「そうですね。そこが機能しなかった。サンバに入ったときにゴールしたがノーマークになって、きちんと抑えられなかった」

―サンバ選手36点獲られているものの、3Qまでの点の獲られ方はインサイドに入られてやられていない分ディフェンスは致し方なかった面もあるように思います。やはり先ほどおっしゃったチームディフェンスができていないというのは、4Qにリバウンドで飛び込まれたり、併せのプレイのことでしょうか?
「そうですね。あと根来選手が外に出てくるんですよ。そこで根来選手に付いているうちの選手も外に出てしまうと、ペイント内がサンバ一人になって、小野龍猛と一対一になりますよね。そうするとボールが入れやすくなりますよね。そうすると、そのまま高さを使ったシュートを決められてしまう。言っていたんですが、もっとペイント内をちっちゃく守る、それができないとね」

―3Q以前のディフェンスについては良かったと判断していいのでしょうか?
「そうですね。そのときはサンバがずっとローポストに立っていたので、ヘルプに入りやすかったですからね。でも4Qにばあーっとやられてしまって。そしたらチームディフェンスが全部遅れて。それが気が付いたんですけど、反応ができなかったな、と。向こうのアウトサイドが入ったのが、うちの悪い流れを作ってしまいましたね」

―試合中に佐藤選手が少し冷静さを失ったか、攻め気が空回りして、ミスが目立ったり、コントロールし切れなかった場面が見受けられましたが、それでも使い続けた理由はなんでしょうか?
「それは彼はこれからPGとして中大のメインガードとなっていきますので。やっぱりばてたときには休ませるけれど、休みながらでも大事なところは使って経験を積ませたい、と。今は全部何でもかんでも攻めてしまうので、それでばててしまうっていうところがあって。じゃあ、PGとしてどうするか。周りの人を使うっていうところを覚えさせるためにもね。なんでもかんでも自分で攻めていたら、40分間もたない。だから周りを動かして、自分は休む、というところを覚えてほしくて、私は使っています」

―反対に相手のゾーンディフェンスに効果的なプレイもして、いいプレイが見受けられた小野大貴選手を4Qに使わなかった理由は何でしょうか?
「まず相手がゾーンをやめましたからね。それにやっぱり小野よりも機動力を重視してディフェンスを強化したかった。浜田、佐藤、竹原ですね。サイズはないですけど、その方がディフェンスがきっちりできるんでね。それで私が選んだメンバーですね。小野はまだローテーションができない部分がね。自分のマークマンはいいけれど、ヘルプディフェンスの時にどうローテーションするかというところがまだまだ」

―明日がインカレ最終日となりますね。
「そうですね。明日は何が何でも勝ちに行くと。いくら経験といっても、こういう負け方はあまりいい経験ではないんでね。勝つという喜びを味わさせてあげないと」



「もっと“自分がやらなきゃ”という意識が大事」
来年も見据え、エースシューターとして持つ責任と自覚

◆#11竹原康広(中央大・3年・SF)
091205takehara.jpg前半こそ調子が良かったが、終盤になるとシュートが決まらなくなった。精神的に強いシューターであり、リーグ戦では大事なシュートをここまで決めてきた。しかし、劣勢の中で決め続けるにはチームの助けもいる。苦しい中でどのように得点していくか、来年にも続く課題として最終戦で出したい答えの一つだ。


―試合を終えて。
「3Qまでみんな頑張っていたんですけど、4Qでみんな気持ちが切れたっていうか、集中し切れなかったんで。4Q目がすべてだと思います」

―集中できなかった、というのは?
「やはりチームディフェンスが今日はゴール下を中心に守ろうっていうことだったので、ゴール下が何回か、ローテーションとかで上手くいかなくて。そこでリズムが崩れたなって感じですね」

―竹原選手自身は前半好調でしたが、4Qにチームとして噛み合わなくなったせいか、攻めづらそうに見えました。
「それもあると思いますが、自分自身体力がないと思います。最後シュートがキレもなかったですし、チームというより、自分に体力がなかったと思います」

―4Qはリバウンドに飛び込まれたり、スティールされたりと、相手の勢いにやられてしまいましたね。
「やっぱりボックスアウトとか、サンバに入ったときに向こうのガード陣が中に切れ込んでくるのはわかっていたのに。みんなでボディーチェックしたり、っていうところが徹底できていなかったですね」

―4Qにやられているという雰囲気があったかと思うのですが、その部分で若い選手がいる分上級生から指示があったかと思いますが、どんな指示を?
「龍猛さんを中心に“もっと声を出していこう”って言っていたのですが、周りも乗り切れていなくて。雰囲気悪かったですね」

―若い選手だからと言ってしまえばそれまでですが、やはり経験値で難しさを感じますか?
「今は下級生がいっぱい出ているので。その経験不足と言ったら、その通りなんですけど。でもそう言ってられない。もっと“自分がやらなきゃ”という意識が大事だと思います。そうじゃなきゃ、やれないと思います」

―今日は勝てた試合を落とした、という見方もできるのかと思いますが、次に繋げるにはなにが必要でしょうか?
「インカレは明日で最後ですけど、やっぱり龍猛さん抜けてからのチームを考えたら、みんながそれぞれしっかり役割こなさないといけないと思います」

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:20  |  2009インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |