2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.12.02 (Wed)

【2009インカレ】12/2 Bコート1回戦レポート

立命館大、東海大を苦しめるもアップセットはならず
鹿屋体育大・法政大も最後はきっちり勝利


091202sapporo第1試合、倉敷芸術科学大明治大は、明治大が長く無失点の時間帯を作る堅いディフェンスで完勝。倉敷芸科大はサイズの不利を跳ね返せなかったが、笑顔でこの最高の舞台を味わった。

第2試合、鹿屋体育大金沢工業大は立ち上がりからクロスゲームとなるも、前半ラスト1分に鹿屋体育大がたたみかけて突き放すと、後半は持ち味の好守が出てダブルスコアの勝利。

続いては地元チームが登場した。第3試合の東海大立命館大は、立命館大が昨年のインカレで青山学院大を苦しめたのと同様にゾーンディフェンスと確率の高い3Pで接戦に持ち込む。しかし3Q終盤から足が止まりだしたのを東海大は見逃さず、ここでついた10点差が最後まで響いた。

第4試合の札幌大札幌大は法政大が相変わらずのスロースタートも、3Qに#23信平のダンクも飛び出すなどきっちり集中、そのまま逃げ切った。

この日の勝者4チームは、明治大-東海大、鹿屋体育大-法政大のカードでベスト8を掛けて3日に対戦する。

写真:昨シーズンをもってJBLから引退後、札幌大のAコーチに就任した佐久本智氏(左から2人目)。今後、札幌大がどのように変わっていくのか期待が高まる。

【12/2・Bコート結果】
倉敷芸術科学大学39(10-28,5-28,13-35,11-22)113明治大学
鹿屋体育大学88(20-17,24-11,20-8,24-9)45金沢工業大学
東海大学97(16-14,21-25,28-20,32-28)87立命館大学
札幌大学61(17-21,14-21,16-24,14-15)81法政大学

※立命館大対東海大のレポート、東海大・多嶋選手、立命館大・田中選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

PICK UP

【REPORT】
立命館大がゾーンと思い切りのいいシュートで東海大を翻弄
2年連続好勝負を見せるも、関東1部の前に敗北

東海大学97(16-14,21-25,28-20,32-28)87立命館大学
091202furukawa.jpg立命館大のビデオもしっかり見て、対策していたという東海大。しかしその意識が逆に考え過ぎに働いたか、序盤は重苦しい展開だった。#5多嶋(3年・G)の速攻はあるが、立命館のゾーン気味の守りの前に、インサイドにボールを入れられない。立命館大は#5西原(3年・SG)や#4津本(4年・C)のブロックなどいい部分が出て互角の立ち上がり。1Q終了時には#15田中(4年・PG)がブザーとともに3Pを沈めて16-14とした。2Q、東海大が波に乗れない間に立命館大が抜け出る。#15田中の3Pにリバウンドからのシュート、#18小幡(2年・CF)もターンシュートでボールをねじ込む。東海大は#24古川(4年・F)になかなか当たりが来ず、3秒オーバーや#7遥(3年・CF)が2つ目のオフェンスファウルを犯すなどミスが続く。また、ゾーンプレスからスティールされる場面も見られた。流れを変えたい東海大は交代した#45鮫島(4年・F)のシュートや#27石井(4年・SG)が3P、アシストを見せてなんとか離されない。しかし立命館のシューターを簡単にフリーにして3Pを決められると、前半は立命館大が2点のリード。東海大が追う形となった。

3Q序盤も互角の両者。立命館大は後半もアウトサイドの好調さを持続して決めていく。一方の東海大は開始4分、ようやくエース古川に当たりが来始める。立命館大が残り2分半で#5西原の3Pで4点のリード。しかしこれを最後に得点が止まったのに対し、東海大はこの残り2分半に#24古川が3本のシュートにアシストを見せる活躍で一気に6点のリードを奪うことに成功した。4Qも流れは東海大にあった。立命館大はここまで良かったシュートが落ち始めてくると、じわじわと差を広げられる。リードを得た東海大はスティール速攻などの早い展開が次々に出始め、立命館大の勢いを削ぐと10点以上差を広げた。粘る立命館大は#37野田(4年・PG)や#15田中、#5西原のシュートで最後まで追い上げをはかるが、タイムアップ。関東1部に善戦するも、また壁を越えることは叶わなかった。試合後は主将の#37野田が応援団に対し、深々と頭を下げたまま誰よりも長い間礼をして頭を上げなかった。この一戦にかける思いが強かったことを感じさせる最後の姿だった。

写真:東海大・古川は前半沈黙したが後半にチャージ。実力を見せつけた。


[東海大]♯24古川 29点/♯5多嶋 20点/♯0満原 19点、10リバウンド
[立命館大]♯5西原 26点/♯田中 24点/♯37野田 14点/♯4津本 10点/♯18小幡 11点



【INTERVIEW】
「自分たちが100%出すだけ」
手を抜かず、トーナメントにぶつかる決意

◆#5多嶋朝飛(東海大・3年・G)
091202tajima.jpg東海大は昨年の立命館大の戦いを実際に目にしている。立命館が決して最後まであきらめないチームだと分かっていたし、競った展開も覚悟していた部分はあると言う。とはいえ、この日はまだ東海大のいい部分を全て出し切れてはいない。昨年は無念のベスト16。しかしそこは全く気にせず、自分たちのバスケをするだけと感じている。正念場に向けて、どのような戦いを見せるだろうか。

「内容はともかく、トーナメントなので1点でも勝って2回戦に進んで、次の試合に準備するのが大事だと思います。なので今日は今日、もう終わったという感じです。

相手のディフェンスが思っていたよりマンツー寄りのゾーンで、こっちが思っていたのとは少し違ったので、構えすぎた部分がありました。もっといつも通りに攻めれば良かったなと思います。逆にゾーンアタックをしようとみんなが考えすぎたので流れが来なかったかなと。でも今日は今日、明日の明治戦をしっかりやればいいと思います。明日が大事という気持ちが強いので、切り替えます。

インカレまでの1ヶ月は森先生のディフェンスフットワークから始まって、体力的に鍛え直すところからやってきました。森先生の作ってくれたビデオを見たりもしました。僕らがスタッフに作ってもらったメニューを調整という形でこなしてしまうと試合に出てしまう、というのもビデオで見ました。僕らは調整するんじゃなく練習でも100%出さないとダメだということを実感させられました。だからやってきたことを全部出そうという雰囲気で、チームの感じもすごくいいですね。あとは普段通りできれば問題ないと思います。去年はベスト16ですが、あの時とは状況もチームも全く違いますし、変な意識はありません。チームはリーグ戦の時より随分良くなりました。明日それを見せたいと思います」


「後半にどうリードするかという部分がまだ足りなかった」
1回戦での連続敗退なるも、存在感を見せつけた立命館大

◆#15田中洋貴(立命館大・4年・PG)
091202tanakahirotaka.jpg昨年の1回戦で立命館大が関東の観客に与えたインパクトは大きかった。青山学院大に好勝負をしたというだけではなく、応援団の頑張りやチーム一体となった姿が人々を魅了した。田中、西原といったエースが残り、再びのチャレンジが期待されたが、今回も1回戦の相手は1部強豪の東海大という厳しいブロック。序盤、重々しい立ち上がりだった東海大相手に臆すること無くシュートを決め、リードを奪った。後半の逆転には、ここからをどう伸ばすかというチームの課題がある。関西勢が関東勢に勝つためのハードルを越えるには、何度もチャレンジするしかない。そうする中で勝ちの掴み方も分かってくるはずだ。この2度の挑戦で得たものを次につなげられるかどうかが、今後の立命館の躍進を左右するだろう。


-昨年は青山学院大学と1回戦でいい勝負をして、チームにはどのような影響がありましたか?
「第1シードの青学とあそこまでやれたことで自信になりました。ただそこでいい試合をしただけで終わるんじゃなくて、勝ちきれるチームになろうと取り組んできました。でもあの戦いが大きな自信になったのは確かです」

-この1年そこからどういう積み重ねをしてきたのでしょうか?
「勝ちきれるチームになろうということで、どうやったら勝ちきれるのかなとチーム全体として考えてきました。僕が感じるのはああいう関東の強豪チームは勝ち方を知っていて、特にあまり派手ではない、細かい部分をきっちりやっているからこそ、安定感があってゲーム全体を通して4Qで得点が上回っていると思います。僕個人的には細かい部分で雑になったりしないようにチームに貢献してきました」

-今日の東海戦では接戦ながらリードを奪うような展開でもありました。そうした取り組みが出たと言えますか?
「前半は相手も後半勝負と思っていて、リードされても大丈夫なのかなという焦りが感じられませんでした。こちらは後半どうやってリードするのかというのが、まだまだ足りていなかったのかなと感じます」

-では前半はいい形の終わりでしたが、気を緩める感じではなかったのですね?
「去年も前半は勝っていて後半やられたので、チーム全体として後半勝負と分かっていました。そこでやられたのは相手の力なのかなと思います」

-後半は東海大のディフェンスがゾーンになった部分で得点が止まってしまったのが惜しかったと思いますが。
「対策はしていたんですが、なかなか思うように攻められなかったですね。去年も青学にゾーンをされて勝てなかったというのがありますし。そこは来年のチームの課題としても残ったと思います」

-去年は青学相手にディレイドの戦い方だったのですが、今年はもっと伸びやかな印象を受けました。
「そこは全然違うところだと思います。去年は青学相手に勝つためにそうした戦い方を採りました。でも今年は1年間やったことを出して戦おうということで決めていたので、思い切りよくできたと思います」

-関西と関東がやる機会は少ないのですが、どういう部分を出していけばもっと関東に通用すると思いますか?
「関東とやる機会は大会ではあまりないんですが、関東の選手の方が絶対“どんなことをやってでも勝とう”という気持ちをどの選手も持っているのを感じます。そこは僕も絶対大事だと思っているんですが、関東にはそういうプレイヤーが多い。そういう意味で強気なプレイヤーは関西は少ないと思うので、そこが違いかなと思います。でも後輩たちが次はやってくれると思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:20  |  2009インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |