2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.11.01 (Sun)

【2009リーグ1部】10/31,11/1写真

091101_2.jpg
優勝を決め、歓喜の日本大。

[続きを読む]

091101_5.jpg
試合終盤、コートには5人の4年生が立った。


091101_4.jpg
まだ完調ではない種市。しかし全員が彼にパスを回し、シュートを演出した。


091101_1.jpg
勝利の瞬間、4年生たちが抱き合う。


091101_3.jpg
栗原も種市と満面の笑み。


091101_7.jpg
専修大には厳しいシーズンだった。1年生でこれを経験した高橋は来年以降に生かせるか。


091101_8.jpg
サイズでは他校を凌駕した専修大。中村も攻めあぐねた。こうした利点を生かした成長が見たいところ。


091101_19.jpg
慶應大に勝利した筑波大。この日は攻め気が違って見えた。


091101_20.jpg
二ノ宮に一矢報いた片峯。主将として、順位決定戦でのさらなるチームの引き上げが見たい。


091101_13.jpg
微妙な判定に、腕組みで笑顔の法政大・神津。良くも悪くも、法政大のキャラクターは1部の人気者でもある。


091101_14.jpg
落合のプレーを笑顔でねぎらう神津。最終日はみんなが笑顔だった。


091101_6.jpg
試合を終了し、互いに笑顔でハイタッチ。


091101_9.jpg
前日の大量得点がきいて、小林大祐から得点王をもぎ取った中央大・小野龍猛。このリーグでは見事なリーダーシップを見せてくれた。


091101_10.jpg
中央大は佐藤を始め、1年生も見事な活躍だった。


091101_11.jpg
応援団も明るく元気さを見せた中央大。


091101_12.jpg
名実ともに中央大のエースシューターとなった竹原。


091101_22.jpg
多嶋はチームの核となる選手に成長を遂げた。


091101_23.jpg
ケガから復帰の嶋田。バックアップのインサイドとして残りのシーズン、期待したい。


091101_24.jpg
副将の鮫島も応援やバックアップで貢献した。


091101_25.jpg
今期、シューターとして頑張りが見えた大塚。努力の選手だ。


091101_26.jpg
司令塔として、渡邉のコントロールはやはり勝利に欠かせない。


091101_27.jpg
自分のカラーが出し切れずに苦しんだ小林高晃だが、終盤にかけて彼らしいプレーが見えた。


091101_18.jpg
最終戦には二ノ宮にも笑顔が戻った。


091101_17.jpg
3Pを決めた4年生・店橋。


091101_16.jpg
ディフェンスでの貢献が目立った石井も、ミドルシュートで全員を沸かせた。


091101_15.jpg
試合が終了し、慶應大の4年生は拳を合わせ、笑顔だった。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2009リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |