FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 8/24〜11/10

関西学生バスケットボールリーグ戦 8/31〜11/3


2007.06.13 (Wed)

関東大学新人戦6/13@駒沢屋内球技場

新人戦3日目、駒沢屋内球技場ではベスト16をかけた4試合が行われた。神奈川大が駒澤大と接戦の末勝利した他、大東大は点差を詰められながらも順天堂大に対して常に優位に試合を進めて勝利。慶應大は前半東京経済大相手に競り合うが、後半は突き放して勝利。日体大は玉川大相手に1Qからリードを奪われ、最後まで点差が離れず苦しい中でなんとか勝ちをもぎ取った。


神奈川大75(22-18,14-24,16-15,23-16)73駒沢大
0613hasumi立ち上がりから接戦を展開した両者。しかし2Q残り5分になるとインサイドで勝る駒澤大がリバウンドを支配。攻撃でも#4吉田(2年・G)のシュートなどで連続得点すると駒沢ペースに。神奈川大はシュートを決めきれず、ディフェンスでも足が止まった状態になり、駒澤大にリードを握られたまま7点差が縮まらない。3Q開始すぐは神奈川大に有利な笛が続くがせっかくのチャンスを生かし切れない時間が続く。4Q、#1蓮見勇紀(2年・G)の3Pがようやく当たり始めるとようやく神奈川大にリズムが生まれる。残り4分になり#1蓮見(勇)(2年・G)、#2綿貫(2年・G)の連続3Pで神奈川大が1点差まで詰めると、残り1分で#10石川(2年・F)がリバウンドからのシュートを決めて神奈川大3点リード。最後は#10石川がだめ押しのミドルシュートを沈めて駒澤大の追撃を振り切った。
「今日は勝たせてもらったようなもの」と、幸嶋監督が言うように試合は終始駒沢ペース。神奈川大にとっては決していい勝ち方ではなかった。明日は早稲田大学に挑む。
写真:3Pで勝利のきっかけを作った神奈川大#1蓮見(勇)。


慶應大94(21-16,31-15,22-20,20-17)68東京経済大
0613daisukeここ数年では最もいいメンバーが揃ったと言える慶應大。早慶戦前に新人戦で弾みをつけたいところだ。しかし立ち上がりは東京経済大が執拗にボールに食らいつき、慶應大はリズムが作れない悪い試合の入りとなってしまった。1Qは東京経済大のシュートが入ったこともあり、慶應大にとっては思わぬ接戦に。インサイドでは東京経済大#5後藤(2年・C)、#7岡部(2年・C)が#23岩下(1年・C)に張り付き、仕事をさせない。慶應大はディフェンスもオフェンスもちぐはぐになり、思ったような展開ができない時間が続く。しかし2Q終了と同時に#16二ノ宮(1年・G・京北)がハーフラインより前から放り投げたシュートがブザーとともに入るなど、サプライズもあった。
後半になり、#4小林(大)(2年・GF)のシュートが当たり始め、次第に調子を上げた慶應大が一気に東京経済大を突き放す。20点差をつけるとベンチメンバーを出場させ、そのまま逃げ切った。しかし翌日の青学大との対戦にはやや不安の残る緒戦となった。
写真:ゴール下でシュートに行く慶應大#4小林(大)。


玉川大65(24-13,4-19,17-21,20-22)75日本体育大
IMG_6002.jpg1Qから玉川大がリードする展開となった。日体大は選手の動きにキレがなく、シュートの精度も悪い。サイズでは玉川大を上回っているにもかかわらず、1年のインサイド陣#24于(1年・F・市立柏)、#45佐藤(1年・F・仙台商業)がリバウンドにもなかなか絡めず、ゴール下を支配しきれない。2Qでは逆転したものの、3Qになると再度玉川大に逆転されるなど、全くペースがつかめない日体大。玉川大は能力では勝る日体大相手に離されては追い上げる展開を続ける。4Q残り5分でようやく日体大が10点のリード。しかし残り1:11に玉川大に3Pを決められ、5点差まで追い上げられる。しかし最後は日体大#3八坂(2年・G)の3Pが決まり突き放すと、そのまま逃げ切った。だが日体大が勝利はしたものの、翌日の日本大相手に不安の残る戦いぶりとなった。
写真:ゴールを狙う日体大#45佐藤。


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:00  |  2007新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |