2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.10.25 (Sun)

【2009リーグ3部A】10/25レポート

優勝・関東学院大と準優勝・神奈川大、
ともに1敗を守り順位決定戦へ


0910253topいよいよ、と言うべきか、あっという間にと言うべきか。夏の暑さの残る9月に始まった3部Aリーグもラストゲームを迎えた。

リーグ前半は接戦が相次ぎ、リーグ後半は4年生の存在感が際立つとともに若いメンバーの奮闘が光った。その中でしっかりと勝ち星を重ねた関東学院大と神奈川大が優勝、準優勝チームとして順位決定戦に臨む。

国際武道大と東洋大の試合は、涙あり笑顔ありの、数字以上に内容の濃いゲームになった。駒澤大は最後に接戦を勝ち切って笑顔で締めくくった。その裏に秘めた悔しさは、来シーズンにぶつける。対する玉川大には思わぬ結末が待っていたが、それもご愛嬌。自分たちのスタイルは貫いた。立教大、國學院大は粘るも神奈川大、関東学院大が1枚上手だった。

なお、同会場での共催だった3部Bは、直接対決をいずれも逆転勝利で制した東京成徳大が優勝。江戸川大が続いた。3部Bの8チーム(うち最大4チーム入替の可能性あり)は来シーズン、“新”3部リーグとして3部A下位4チームと戦うことになる。

写真:恒例の全員集合! 今年は3部AB共催週だったため、16チームのメンバーが集まってくれました。

【10/25結果】
東洋大72(13-28,23-10,23-20,13-34)92国際武道大
駒澤大70(12-17,13-19,24-18,21-15)69玉川大
立教大87(23-27,17-30,19-20,28-26)103神奈川大
國學院大73(14-24,20-20,25-19,14-20)83関東学院大

4試合のレポートと、神奈川大・蓮見直紀選手のインタビュー、個人ランキング最終結果は「続きを読む」へ。
※3部総括、4年生インタビューは別途掲載します。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
東洋大はフリースローを決めきれず悲願持ち越し
国際武道大は笑顔のち涙の最終戦

東洋大72(13-28,23-10,23-20,13-34)92国際武道大
091025toyobudai1戦目は終始接戦となったが、この2戦目は1Q13-28と国際武道大が走る。しかし2Q、#4金(2年・C)&#91田渡(4年・PF)を擁し高さに勝る東洋大がじわじわと追い上げる。国際武道大はファウルがかさみ、2Q5分から10本のチームファウルフリースローを献上してしまう。東洋大としてはチャンスだったが、シュートタッチのズレが伝染し4本しか決められない。これに助けられた国際武道大は#5狩俣の3Pや#17高司(3年・G)のリバウンドでつないで、36-38とリードを守った。
3Qからは1戦目と同じくシーソーゲームとなる。東洋大#1西海(4年・SG)が3Pを決めれば国際武道大#9田部井(3年・C)がバスカンを決め、東洋大#4金のブロックショットが出れば国際武道大は#4渡辺(4年・G)がテイクチャージ。その中でも、速攻の出ている東洋大のペースと言えたが、残り3分からのフリースロー6本をまたしても2本しか決められず、突き放せない。国際武道大は対照的に#7朝倉(4年・F)がQ終了間際に3Pと速攻を沈め、59-58とした。
4Qも東洋大が常に1歩リードする。しかし中で押し込めなくなってきた機に、国際武道大は#4渡辺の3Pで逆転に成功。さらに#8清水(4年・G)のバスカン、#4渡辺の合わせと連続得点が生まれて67-74とし、残り5分半東洋大のタイムアウトとなる。東洋大はさらに目(さっか)監督が再三バックコート陣を呼び寄せてアドバイスするが、失った流れを取り戻せない。この後1ゴールにとどまるのに対し、国際武道大はしっかりシュートを決めていき72-83とリードを広げて残り1分となる。ここからは勝敗よりも“噛み締める”時間に。東洋大は#21片峯(4年・F)を投入すると、迎えた#91田渡が肩を抱く。国際武道大も#6伊東(4年・F)をコートへ送ると、フリースローのリバウンドに立った伊東の目に涙がにじむ。それを見た隣の東洋大#22久保(4年・F)も涙。最後はその伊東がレイアップを決め、72-92で国際武道大が勝利を収めた。

写真:残り30秒、フリースローラインに立った国際武道大#6伊東(右)と東洋大#22久保の目には涙が。


見所盛りだくさんのエキサイティングゲーム
最後は千両役者・駒澤大#9西山が勝敗決す

駒澤大70(12-17,13-19,24-18,21-15)69玉川大
091025tamagawa61戦目で大爆発した駒澤大#9西山(3年・SG)は、自身のユニフォームの胸をトンと叩いてティップオフに臨む。しかしそれが緊張になってしまったか、駒澤大の立ち上がりは硬く、2-9とされてタイムアウトを取る。それでもなかなか普段のようなプレーができず、2Qも開始5分間でわずか2得点にとどまる。その間に玉川大は#20川端(2年・G)のバスカンや#6戸井田(1年・PG・明成)の3Pで14-29とダブルスコアとする。駒澤大はリバウンドやファウルは奪うものの#9西山に頼りがちで、玉川大の11点リードで折り返す。
3Q、駒澤大は#16北(2年・SG)が2本の3Pなどタッチよく決めていくが、玉川大も#9佐藤琢(2年・F)が返し譲らない。駒澤大はさらに#3吉田(4年・PG)、#9西山の3Pも当たってきて、残り2分半には1桁差に持ち込む。玉川大は#99菅原(2年・SF)が3Pで援護も、そのあとQ終了まで無得点。対する駒澤大はルーキーの#7馬場(1年・SF・昌平)が思い切りのよいプレーでフリースロー、さらにバスカンを決めて49-54と詰め寄った。
4Qも勢いは駒澤大。#3吉田の3Pで57-57とついにとらえる。さらに中外でたたみかけるのに対し、玉川大は1on1の強い#20川端の接触での一時交代もあり沈黙。駒澤大#3吉田に再び3Pを決められて65-57とされ、2度目のタイムアウトを切らざるを得なくなる。このとき、残り4分。まだまだドラマは待っていた。まず、得点のほしい玉川大がオフェンス力のある#34塚越(1年・SF・西武文理)を投入すると、期待に応えなんと3連続得点。流れを引き寄せ、残り1分半65-65と一気に同点に持ち込む。そして#4竜田(4年・SF)のリバウンドから#5久保田(4年・C)のゴール下という4年生ホットラインで逆転、1分を残して今度は駒澤大のタイムアウトとなった。
これまで接戦に泣いてきた駒澤大だったが、この日は違った。タイムアウト直後に駒澤大#9西山がミート3Pを完璧に決め再逆転。だが玉川大もすかさず#4竜田が巧さでフリースローを獲得する。しかし、これを2投とも落としてしまうと、駒澤大は#3吉田から#7馬場のアシストが決まって3点差がつく。最後のタイムアウトを切って臨んだ残り12秒、玉川大は当たっていた#9佐藤の3Pを選択。だが駒澤大#17成瀬(2年・SF)が千金のブロックで阻止する。しかしまだ終わらない。ルーズボールは玉川大#4竜田に渡り、ゴール下でテイクファール。バスカンかと思われたが、ボールはリングからこぼれ落ちた。残り2秒、1投目を決めるとタイムアウトの残っていない玉川大はベンチを見て確認。リバウンドからの同点シュートに望みをかけ外しにいくが、これがなんと入ってしまい、万事休す。駒澤大の逆転勝利で幕を閉じた。

写真:#6戸井田をはじめ、下級生にはまだまだのびしろがある玉川大。来年、改めて2部昇格に挑む。


神奈川大、地力を発揮して順位決定戦に弾み
立教大は最後まで荒削りな部分を残すも来シーズンに期待

立教大87(23-27,17-30,19-20,28-26)103神奈川大
091024sugawara開始5分は同点と互角。しかし、ここから神奈川大がスティールからのレイアップなどで14-20と抜け出す。その後はフリースローを決めきれず突き放せないが、立教大も1on1に偏りがちでつけ込みきれない。2Q、神奈川大はリバウンドで優位に立つと#2綿貫(4年・G)のバスカンで31-43とリードを2桁に乗せる。立教大は#21小宮山(1年・G・八王子)らの3Pでつなぐが、神奈川大も3Pを返し、さらにはインサイドでフリースローを獲得と手がつけられなくなってくる。結局神奈川大はこのQ30点をたたき出し、リードも19点まで広げてみせた。
仕切り直しとなった3Q、立教大が3連続得点と意地を見せる。だが神奈川大も#2綿貫、#19飯泉(4年・G)が3Pを続けて決め簡単には流れを渡さない。ここで気を吐いたのは立教大#8齋藤(4年・PG)。初週以来出場機会がなかったが、第6週に主力を欠いたチームのピンチをフォローし、リーグ最終戦にしてスタメンとなった苦労人は、スティールからのレイアップ、さらに3Pを決めて1桁差に持ち込むと、4年間分の思いのこもったガッツポーズを見せる。55-63とリードが半減した神奈川大はタイムアウト。すると今度は神奈川大の時間になる。#19飯泉、#1蓮見勇(4年・G)の3Pで立教大の意識を外に向けると、続いて#24小島(3年・C)、#8五十嵐(2年・F)がレイアップで中に切り込み立教大ディフェンスを攻略。結局リードは前半と変わらないまま最終Qに持ち込んだ。
4Qは神奈川大#19飯泉が3P&バスカンで勝負を決めたかと思われたが、立教大#20菅原(1年・G・明成)が2本の3Pをねじ込み残り7分71-85とまだわからない。しかしタイムアウトあけ、立教大は#13菊地(3年・F)がファウルアウト。さらに#20菅原、#19婦川(1年・C・横浜)も残り4分までの間に相次いでファウルアウトとなってしまい、1桁差に持ち込むギアが入らない。神奈川大はフリースローで20点差をキープし、#1蓮見勇の3Pで得点を100点に乗せると、ラスト1分半は両チーム4年生をコートに送り込んだ。短い時間ながらコートをめいいっぱい駆け抜け、87-103でゲームセットとなった。

写真:積極性が光った立教大#20菅原。来シーズン、2部の舞台ではどんなプレーを見せてくれるだろうか。


関東学院大、ロースコアゲームも逃げ切り戴冠
國學院大は“10点”が届かず

國學院大73(14-24,20-20,25-19,14-20)83関東学院大
091025matuoka立ち上がりは1戦目と同じく関東学院大が4-14と先行するが、これも1戦目と同じく足踏みし、1Qは10点のリードにとどまる。國學院大は序盤から下級生メンバーを積極的に起用すると、思い切りよくプレーし2Q5分25-36と均衡を保つ。この流れを打破したい関東学院大はタイムアウトを取ると、フリースローでじわじわと離していくが一気にとはいかず。逆に國學院大は#14粟根(4年・F)が終了間際にレイアップを決めて34-44とついていった。
3Q、前半に続いてアウトサイドのタッチがいい國學院大は守ってもリバウンドやルーズボールからオフェンスのチャンスを増やし、#70大熊(4年・F)、#33杉本(3年・G)の3Pにつなげて残り2分半54-55と迫る。しかし逆転はさせてもらえず、4点差で4Qに突入した。
関東学院大はここでさすがに危機感が高まり、攻守共に國學院大を1歩上回り61-71と突き放す。しかし、#1パプ(3年・C)がフリースローを続けて落としてしまうなどどうしてもこの10点からが遠い。それでも國學院大としても簡単に詰めることはできず、時間が過ぎる。残り1分、この試合でシーズンを終えることが確定している國學院大はコートのメンバーを4年生4人に戻す。すると#14粟根の3P、#0田中(4年・G)のレイアップが決まるが、73-83と逃げ切りを許した。これで関東学院大は3部王者として順位決定戦に臨む。実に5年に渡り3部で潜めていた力を発揮できるか。

写真:リーグ最終戦、國學院大は#19松岡をはじめ下級生を積極起用した。2年時から主力を張ってきた4年4人が抜けるが、置き土産の“3年ぶりの2部”を守りたい。


【INTERVIEW】
「僕たちはまだ成長する」
順位決定戦に向けて誓いの“J”

◆#3蓮見直紀(神奈川大・4年・G・主将)
091025jindai4下級生が主体のチームを引っ張るのも難しいが、4年がずらりと並ぶチームをまとめ上げるのもまた違った難しさがある。
その中で神奈川大は、この蓮見直紀がバランス感覚よくチームを導くとともに、最上級生たちが互いに協力し合って、4年目でなければ手に入らない力を手に入れた。
その安心感があってこそ、下級生たちも持てる力をコートで存分に表現することができたはずだ。
しかし、“まだ成長する”と蓮見は言う。
チームニックネーム“Jay’s”のJの字を手でつくるとき、人差し指は上を向く。
昇格こそ決まっているが、2部に上がるにふさわしいチームであることを、彼らは最後に証明することができるか。


―これで14戦終わりました。振り返って感想をお願いします。
「このリーグを通して1人ひとりが成長できて、それに伴ってチームも本当に成長したなと思います。でもまだまだ、今日の試合を観ればわかると思うんですが、納得したゲームはできていません。やっている僕たちもそうだし、きっと周りから見ていてもまだ伸びしろはあると感じられるのではないかと思います。このチームはもっと成長すると思うので、最後の順位決定戦に向けて、精力的に頑張りたいと思います」

―だいぶ完成度が高いように見えるのですが、まだ成長するという実感があるんですね?
「今年は誰を使っても力を出せて、色々なバリエーションができるので本当に自分の中でも未知な部分、もっとできるという気持ちがあるんです。あとは勇紀(#1蓮見。双子の弟)も昨日復活しましたし、気持ち次第でまだまだ変わりますね」

―その順位決定戦の相手は、順天堂大となりました。1時に続く、2度目の入替戦(※今年は来年度のリーグ再編成のため入替なし)での対戦となりますが。
「そうですね。でも、そこまで特に考えてはいないです。どこが来ても、神大のバスケットをやるだけ。本当にたくさんの人が応援してくれているので、僕たちのバスケットをその人たちに見せることが恩返しになると思って臨みます」

―一方、リーグはこれで終わりという実感はありますか?
「それはちょっと寂しいですね。今年は3部のチーム同士仲がよくて、試合がないときでも同級生を応援したり、声を掛け合ったりしていたんです。そうやって見てきた周りの4年生がもう引退なのかと思うと…という感じです」

―そのメンバーの分も、最後の代々木で、という感じでしょうか?
「はい!勝って、本当に皆でまた喜びたいと思います」


【RANKING】
091025p【3部A】
得点王
 パプ・ムール・ファイ 関東学院大#1 3年 406点
2位 西山達哉 駒澤大#9 3年 344点
3位 狩俣昌也 国際武道大#5 3年 329点
4位 綿貫 瞬 神奈川大#2 4年 300点
5位 前田陽介 関東学院大#32 2年 271点
6位 丸本絋司 立教大#5 4年 240点
7位 菊地庸広 立教大#13 3年 223点
8位 傳田知也 國學院大#41 4年208点
9位 杉本慎太郎 國學院大#33 3年 205点
10位 粟根 聡 國學院大#14 4年 194点

【3部B】
得点王
 紙谷建吾 東京理科大#14 4年 299点
得点王 須佐 創 獨協大#4 4年 299点
3位 本多純平 東京成徳大#18 3年 281点


0910253p【3部A】
3P王
 西山達哉 駒澤大#9 3年 54本
2位 狩俣昌也 国際武道大#5 3年 46本
3位 前田陽介 関東学院大#32 2年 34本
4位 西海雄介 東洋大#1 4年 31本
5位 杉本慎太郎 國學院大#33 3年 30本
6位 前田健滋朗 東洋大#41 1年 29本
7位 飯泉達也 神奈川大#19 4年 28本
8位 丸本絋司 立教大#5 4年 26本
9位 原田佳明 関東学院大#31 3年 23本
9位 菅原康平 玉川大#99 2年 23本

【3部B】
3P王
 紙谷建吾 東京理科大#14 4年 44本
2位 須佐 創 獨協大#4 4年 41本
3位 加藤真輝 獨協大#13 3年 38本
   長田翔太郎 上智大#17 2年 38本


091025a【3部A】
アシスト王
 田中幸伸 國學院#0 4年 79本
2位 綿貫 瞬 神奈川大#2 4年 58本
3位 吉田 司 駒澤大#3 4年 55本
4位 前田陽介 関東学院大#32 2年 50本
5位 杉本慎太郎 國學院大#33 3年 43本
6位 川端秀明 玉川大#20 2年 38本
7位 パプ・ムール・ファイ 関東学院大#1 3年 37本
8位 蓮見直紀 神奈川大#3 4年 35本
9位 渡辺将樹 国際武道大#4 4年 34本
10位 尾崎慎吾 関東学院大#45 4年 32本

【3部B】
アシスト王
 西田 将 東京成徳大#16 2年 47本
2位 田中大地 東京成徳大#77 2年 42本
3位 小松弘季 東京理科大#16 1年 37本


091025r【3部A】
リバウンド王
 パプ・ムール・ファイ 関東学院大#1 3年 0109-D201 310本
2位 田渡敏信 東洋大 #91 4年 057-D77 134本
3位 成瀬新司 駒澤大 #17 2年 042-D88 130本
4位 金 賢 東洋大#4 2年 052-D64 116本
5位 宇野善昭 立教大 #15 3年 040-D69 109本
6位 小島 悠 神奈川大#24 3年 045-D57 102本
7位 婦川能範 立教大#19 1年 045-D56 101本
8位 傳田知也 國學院大#41 4年 031-D64 95本
9位 粟根 聡 國學院大#14 4年 028-D57 85本
10位 竜田雅史 玉川大 #4 4年 046-D39 85本

【3部B】
リバウンド王
 田中大地 東京成徳大#77 2年 150本
岡 健太 東京大#15 3年 134本
新田聡志 東京農業大#77 4年 121本


091025s【3部A】
スティール王
 杉本慎太郎 國學院大#33 3年 37本
2位 西山達哉 駒澤大#9 3年 30本
3位 蓮見直紀 神奈川大#3 4年 27本
4位 川端秀明 玉川大#20 2年 25本
5位 田中幸伸 國學院#0 4年 24本
6位 下城陽平 東洋大#12 3年 23本
7位 綿貫 瞬 神奈川大#2 4年 22本
8位 粟根 聡 國學院大#14 4年 20本
9位 パプ・ムール・ファイ 関東学院大#1 3年 20本
10位 菊地庸広 立教大#13 3年 20本

【3部B】
スティール王
 須佐 創 獨協大#4 4年 27本
2位 西田 将 東京成徳大#16 2年 26本
3位 呂 直孝 江戸川大#77 23本


091025b【3部A】
ブロック王
 パプ・ムール・ファイ 関東学院大#1 3年 52本
2位 金 賢 東洋大#4 2年 17本
3位 小島 悠 神奈川大#24 3年 16本
3位 婦川能範 立教大#19 1年 16本
5位 石川 協 神奈川大#10 4年 11本
6位 佐藤 琢 玉川大#9 2年 11本
7位 前田健滋朗 東洋大#41 1年 9本
8位 松岡一成 國學院大#19 1年 8本
9位 平 朋宜 駒澤大#74 4年 8本
10位 粟根 聡 國學院大#14 4年 6本

【3部B】
ブロック王
 田中大地 東京成徳大#77 2年 31本
2位 工藤浩平 東京理科#7 4年 18本
3位 小林祐也 東京理科#12 4年 15本


091025mvp3部A MVP パプ・ムール・ファイ(関東学院大#1・3年)

3部B MVP 本多純平(東京成徳大#18・3年) 






091025sinjin3部A新人王 婦川能範(立教大#19・横浜)

3部B新人王 臼井拓也(江戸川大#7・習志野)






関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2009リーグ戦3部・その他  |  Top↑
 | BLOGTOP |