2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.10.04 (Sun)

【2009リーグ2部】10/4レポート

大東大がアップセット!
白鴎大は1部昇格へ向け一歩後退


この日行われた試合は大東文化大と白鴎大の一戦を除き、ほぼ予想通りの結果となった。トップをひた走る明治大、それを追う拓殖大が地力の差を見せつけ危なげなく勝利。早稲田大と日本体育大の一戦は終始競った展開のロースコアゲームとなったが、早稲田大は#21山田(4年・F)、#7井手(3年・SG)ら上級生が要所を占め勝利。

この日のハイライトは大東大と白鴎大の一戦だろう。大東大は#15遠藤(2年・PG)、#11田中(2年・PG)らもともと能力の高さには定評のあるガード陣の活躍はもちろんのこと、ルーキーの#43鎌田(1年・C・湯本)、#12小山(3年・CF)などそれぞれの選手がチームプレイヤーとして存在感を示した。本来能力の高い選手がいるが経験不足が故に勝ちに結びつかなかった大東大。これをきっかけにインカレ出場枠の4位以内を、可能性が残されている限り狙いたいところだ。
一方敗れた白鴎大は1部昇格に向け一歩後退。残る3週の相手が2位争いで並ぶ拓殖大と早稲田大だけに、敗北は脱落を意味する。正念場を迎えた白鴎大はここから巻き返せるかに注目だ。

【10/2結果】
明治大81(16-16,22-14,23-10,20-27)67順天堂大
国士舘大66(16-22,22-21,13-21,15-27)91拓殖大
日本体育大60(18-22,17-12,11-16,14-19)69早稲田大

※3試合のレポートと国士舘大・寺嶋AC、早稲田大・井手選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※大東文化大対白鴎大は別途掲載します。

[続きを読む]

明治大が開幕からの連勝を“8”に
順天堂大は終盤に突き放され、力及ばず

明治大81(16-16,22-14,23-10,20-27)67順天堂大
1Qを終えて16―16の同点。その得点の内わけは明治大は#14金丸晃輔(3年・SG)が14点を奪取するというチームとしてアンバランスな内容。対する順天堂大は、開始4分間で無得点という苦しい立ち上がりだったが、前日には完全にシャットアウトされた#4山本(4年・C)がインサイドで奮闘すれば、#6八木(3年・G)、#8杉本(3年・F)の3Pで挽回した。だが、2Qに試合は動き出す。先制したのは順天堂大。順天堂大はこの日チームハイの23点を記録した#8杉本の3Pが決まると、#13大下内(1年・PF・福大大濠)が連続得点するなど9点のリードを奪う。しかしこれが明治大に火を点けた。明治大はまず#3金丸英悟(4年・PF)のインサイドで返すと、#24岩澤(4年・SG)の3P、#3金丸晃輔のフェイダウェイなどで開始5分には同点。さらに#3金丸英悟の連続得点や、ここまでミスの目立った#19田村(3年・PF)の3Pで前半を8点のリードで終える。

 前半を10点以内のビハインドで留めた順天堂大。だが後半に入ると緊張の糸がほどけたように、流れは一気に明治大。順手堂大はまずは#4山本がオフェンスリバウンドから得点し順調な立ち上がりに見えた。しかしその後、際どい判定や明治大の好ディフェンスにより決めきれないなど、得点が伸びない。その間にも明治大は連続でオフェンスリバウンドからの得点や、#14金丸晃輔はもちろんのこと#19田村がアシストや得点と波に乗り、このQ一気に21点差。3Qに10点に封じ込められた順天堂大は、最終Q、ゾーンプレスでリズムを掴み反撃に出る。#6八木、#13大下内の3Pに、#4山本のインサイドなどで食い下がり、15点差まで詰め寄る。だが、ミスが目立つベンチメンバーを多く出していた明治大が再びスターターにメンバーチェンジをすると、反撃もここまで。明治大が残りの5分を安定感のある試合運びで再び順天堂大を突き放し、81-67で開幕からの連勝を“8”まで伸ばした。



宇佐美が3Pを7/8と爆発
拓殖大が大差で快勝

国士舘大66(16-22,22-21,13-21,15-27)91拓殖大
前日には前半で拓殖大が26点のリードを奪う展開となったが、この日は国士舘大も食い下がった。序盤、拓殖大は#53小野(3年・C)のミドルシュートに、#94長谷川智伸(1年・F・福大大濠)の3Pで先制。対する国士舘大は連続でミスを犯すなど、不穏な立ち上がりとなったが、#17三村(2年・SF)が3連続得点でその雰囲気を振り払う。一進一退の攻防を見せた両者だが、拓殖大は#94長谷川智伸の連続3Pで6点のリードを奪う。2Q、拓殖大の#42永井(3年・F)がアシスト、スティールと攻守に奮闘すれば、国士舘大も#13馬(3年・C)の連続3Pで食い下がる。だが、国士舘大のリズムを断ち切るかのように、拓殖大は#3宇佐美(4年・F)が連続3Pを決め、2桁リードをきっちりキープする。#13馬にオフェンスが偏ってきた国士舘大は、若いチームゆえここで崩れかねない場面だった。しかし国士舘大はここで流れを変えるべく#10阿刀(4年・SF)を投入すると盛り返す。#10阿刀はドライブを積極的にアシストを含む8得点に絡む活躍を見せる。するとこれに呼応するように国士舘大はファウルぎりぎりの好ディフェンスで拓殖大に簡単なシュートは打たせない。それでも拓殖大は#94長谷川智伸の速攻に、#22松崎(3年・G)の3Pで逆転は許さない。だが、国士舘大は#7熊谷(4年・G)のブザービーターが決まり、5点差まで詰め寄り前半を終えた。

後半、拓殖大が立ち上がりに4連続で攻撃を失敗する間にも、国士舘大は#17三村、#10阿刀の得点でついに1点差まで詰め寄る。だが、拓殖大はこの嫌な流れの中で、またしても#3宇佐美が3Pを決めると、これに#22松崎も3Pで続き、再び点差を開く。出鼻を挫かれた国士舘大は審判のジャッジにも戸惑う場面があり、徐々にオフェンスが孤立、流れが悪くなっていく。すると拓殖大はこれに付け込むかのように#5根木(2年・G)が3Pを決めると、またも#3宇佐美が連続3Pで一時16点差まで開く。
最終Q、ここで踏ん張りたい国士舘大だが、徐々にオフェンスは#13馬一辺倒となり攻め手が無くなっていく。一方の拓殖大も#99長谷川技(2年・F)の華麗なアシストや#22松崎の3Pが決まるも、中弛みからか両者プレイが粗くなっていく。それでも拓殖大は上級生が要所を占めた活躍を見せ66-91で快勝を収めた。



早稲田大がロースコアゲームを辛くも勝利
1部昇格へ向けここからが正念場

日本体育大60(18-22,17-12,11-16,14-19)69早稲田大
シーソーゲームであったことは確かだ。だが「こうやって競ってしまうのは納得できない」と早稲田大#7井手(3年・SG)が言うように、試合全体を通してアクセントが少なく我慢が続く試合であった。立ち上がりから試合は一進一退。早稲田大は#00金井(3年・F)が併せやドライブ、フェイダウェイなどの個人技を中心に加点していくのに対し、日体大は#3八坂(4年・G)の3Pや#6宮村(4年・F)のジャンパーなどアウトサイドを中心に対抗。中盤、日体大がゾーンプレスからゾーンディフェンスを仕掛けるなど、試合の序盤から動きを見せる。それでも早稲田大が#9平井(3年・SG)の3P、#21山田(4年・F)の速攻が決まり、4点のリードを奪う。2Q、日体大の脚が動き出す。まずは#12堀田(4年・G)のジャンパー、#6宮村のスピードのミスマッチを生かしたドライブで同点。すると早稲田大#7井手の連続得点で同点とされるも、日体大はすぐさま#3八坂、#23横江(2年・G)の連続3Pで逆転。だが、日体大はこのあとにオフェンスが停滞。アウトサイド中心の日体大が落ち続ける間にも、早稲田大は#00金井のオフェンスリバウンドからの得点や#20久保田(2年・C)の連続得点で追い上げる。前半は35―34の日体大リードで終える。
後半、立ち上がりは早稲田大。早稲田大は#20久保田がインサイドで連続得点を決めれば、外からは#7井手が3Pを射抜き逆転。その間の2分半日体大は無得点で8点のビハインド。この場面で日体大はタイムアウトを請求。だが日体大のオフェンスは好転しない。それでも早稲田大も好調だったオフェンスがこのタイムアウトを境にアウトサイドに偏りスローダウン。我慢の時間が続く中、日体大が#1馬場(4年・G)、#2大野(2年・G)の3Pで点差を4点まで詰めた。
最終Q、早稲田大がじりじりと日体大を突き放す。早稲田大は#21山田が連続得点すれば、さらに#21山田のスティールの直後に受けたファウルがアンスポーツマンライクファウルの判定となり、獲得したフリースローも2投決める。苦しい立ち上がりとなった日体大は#2大野の3P、#6宮村のジャンパーで着実に加点していく。だがそれでも#7井手がファウルを受けながら3Pを決め、4点プレイを決めて9点差。一方の日体大は#1馬場がテクニカルファウルを取られる失態を犯すなど、反撃に向けてエンジンがかからない。結局残り5分間、10点差を推移しながら試合は時間を消化していく形となり、60―69で早稲田大が勝利を収めた。


【INTERVIEW】
◆寺嶋徹(国士舘大・アシスタントコーチ)
インカレ準優勝という大躍進を果たした昨年の国士舘大のキャプテンであり、今年からアシスタントコーチに就任した。
コート上の闘将はチームの現状をどのように見ているのだろう。


ー今日の試合を終えて。
「いやー、あんなもんですかね」

ーといいますのは?
「そうですね。それは1年通してずっと言ってきましたけど、その結果が今の結果なので。今さらどうこうしても仕方ないのかなと思います。今さら技術を伸ばそうとしても限界があるわけだし、バスケットの知識を豊富にするのも限界があると思いますし。だから、日々の積み重ねが大事だったんじゃないかなと思います」

ーチームの雰囲気についてはいかがでしょうか?
「悪くはないと思いますよ!でもやっぱり密に練習はできたんじゃないかなと思いますね」

ー大躍進を果たした昨年と比べると、まだ経験値が足らないところがあるのでしょうか?
「去年は去年で今年は今年のチームなので、去年の良い所も悪い所もひっくるめて今の4年生が判断してまた自分たちのチームを作っていければいいんじゃないかなと思います。そういう意味では去年と同じチームを作ろうではなく、自分たちのバスケットをやる方がいいのかなと僕は思います」

ーこの日も国士舘大らしいバスケットが垣間見えましたが、それがミスなどで持続できないのが惜しいところですね。
「やっぱり若いので経験が足りない所があると思います。そういう所が響いているのかなとは思います。4年生も試合にちょっとしか出てないですし、1、2年生が主体な所もあるので。その辺は経験の差があるなとは思いますね」

ーアグレッシヴなバスケットができている以上、十分に今後勝っていけるチームだと感じます。勝つためにはこれからどんなことが必要でしょうか?
「それはひたすらがむしゃらにやるしかないと思いますね。その結果がどうなるかわからないですけど、後輩たちには頑張ってもらいたいです」

ーところで寺嶋ACはどんなコーチングをしているのですか?
「去年とあんまり変わらない感じですね。立場は違いますけど、そんなまだ歳も変わらないですし、あんまりコーチらしいコーチということはやってないですね。去年の延長線上じゃないですけど、近いところはありますね」



「うちはもっと高いレベルのバスケットができる」
1部昇格を誓うクラッチシューター

◆#7井手勇次(早稲田大・3年・SG)
1部に所属していたルーキー時代は、高校の同級生でもある日本大の篠山と凌ぎを削るほどの際立った存在だった。勝負所でも持ち前の強心臓で3Pや鋭いドライブで得点を稼ぎ、ルーキー離れをした活躍を見せていた。
将来のエースとして期待を集めた井手だが、今リーグでは自らの不調もあってか、途中からベンチスタートとして起用されている。それでもこの日のように勝負強さは健在だ。明治大や拓殖大、白鴎大といったライバルがいる中、井手の復調は1部昇格へ向けての絶対条件だろう。


―試合を終えて。
「今日は…ちょっと考えさせてください。……うーん、まだ満足いく試合じゃなかったですけど、根気強く競った試合ができたのは良かったと思いますね。ただ、細かく見たらオフェンスでもディフェンスでも良くできた試合ではなかったと、僕は思います。修正するところが結構残っているので、残る3試合は結構大事なので。また1週間空くのでその中で修正していきたいと思います」

―具体的な修正点とは?
「チームルールの徹底なんですけど、ディフェンスでいったらボールマンプレッシャーやディナイだったり、ローテーションのところだったり。それからトランジションを速くしたり、本当に基本的なところなんですけど。ヘルプに出るのが遅れちゃったり、そういうところでやられちゃっている所がいっぱいあったので」

―今日はノーセンターの時間帯が長くありましたね。
「センターがいなくなる分、展開を速くして速攻を狙うのは大前提なんですけど、今日は向こうのセンターがどちらかといえばアウトサイドプレイヤーだったので、久保田だとドライブだったり、シュートでやられてしまう部分があったので。倉石さんがミスマッチにならないようにディフェンスを変えたのだと思います」

―今リーグでは現在、井手選手がベンチスタートということですが。
「自分自身は好調じゃないし、逆に相井は調子が良かったりするので。でもやることは別に変わりません。…まあ、リーグも終盤で自分の調子も良くはなってきているので、ここを乗り越えたらもっと上がれるんじゃないかなと思っています。このリーグ戦には自分の不調を持っていきたくはなかったんですけど、そういう状態なので。シックスマンでもスタメンでもやることは変わらないですし、むしろ最初にベンチにいる方が相手や試合の流れを見てやれるので結構やりやすいです。ベンチからだと結構冷静に見られて、チーム状況や相手のオフェンスもディフェンスもわかるので。自分で流れを変えられたらいいなと思っています。でもやることは特に変わらないので、それだけですね!」

―後半戦に突入しましたが、前半戦を振り返って。
「良いとは言えないですね。明治戦はひどかったですし、いい出来とはいえないですね。僕的には今で100点中30点くらいですね(苦笑)。所々いいところはあるんですけど、全体的に見たら…幸い勝っていることはいいんですけど。ただうちはもっと高いレベルのバスケットができると僕は思うんですよ。言ったら、こうやって競ってしまうのは納得できないんですけど。次が順天堂大で、その次が拓殖、白鴎という今並んでいるチームなので。1部に上がるためにもそこが大事になるので、上手く納得のいく試合をできるようにはしたいですね」

―インカレは視野に入っていますか?
「今のチームのモチベーションは1部に上がることで、まだインカレのことについては考えていないです。1部に上がることが去年からの目標なので、まずはそれを達成してからですね」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |