2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.10.07 (Wed)

【2009リーグ4部】最終週プレビュー

2戦を残して明星大・埼玉大3部昇格決定!
残り2枚の3部への切符を5チームが争う


昨年度の成績によって4つのブロックに分かれて1次リーグを行い、その結果8チームずつ上位・中位・下位に分かれて2次リーグを行ってきた4部リーグ。今週末にいよいよ最終戦を迎える。
上記のように3部までとリーグ形態が異なり、1次リーグ・2次リーグとも1回総当りのため、リーグ終盤は毎回混戦となる。今年の2次上位リーグも、明星大と埼玉大が4連勝(※)で抜けたとはいえ、3~7位が僅差でひしめいている。

ここまで危なげない勝利をあげてきた明星大埼玉大は、2次リーグ第5戦でついに直接対決する。勝者が優勝、敗者は準優勝。ともに3部への自動昇格が決まっている。
東京学芸大は、4位の3チームより星1つ分先行と優位に立っている。成蹊大、明治学院大にはすでに勝っているため、第5戦で成城大に勝てば3位と、3部との入替戦が確定する。

5部からの昇格組である成城大は現在同率4位と大健闘。東京学芸大、明治学院大との直接対決を残しており、昇格争いの鍵を握る存在と言える。また、3部返り咲きを目指す明治学院大にとっても、成城大戦は大一番となる。そして成蹊大は、同順位のチームとは対戦を終えている。東京学芸大には惜しくも2点差で敗れたものの、成城大は1点差でかわすなど接戦続き。そうした厳しい戦いを潜り抜けてきたタフさを最終週に生かせるか。

茨城大も昇格の可能性を残すものの他チームの結果によるところが大きく、とにかく1つでも多く勝って待つのみだ。千葉大は残念ながら昇格の可能性はなくなってしまったが、勝利をあげていい形で今シーズンをしめくくりたいところだ。

※2次リーグは、同じリーグに進んだチームとの1次リーグの対戦結果を持ち越す。よって、明星大と埼玉大は1勝からスタートした。

【4部2次上位リーグ】
1位 明星大 5勝 ※直接対決を終えていないため同順位表記
   埼玉大 5勝
3位 東京学芸大 3勝2敗
4位 成蹊大 2勝3敗 ※直接対決を終えていないため同順位表記
   成城大 2勝3敗
   明治学院大 2勝3敗
7位 茨城大 1勝4敗
8位 千葉大 5敗
※明治学院大は1試合棄権しており、この扱いにより順位に変更がある場合は追記します。

4部2次リーグの最終週の試合予定は「続きを読む」へ。

[続きを読む]

■関東大学4部リーグ(2次上位のみ)
10月10日(土)成蹊大学aコート
16:40 明治学院大 vs 千葉大
18:20 成蹊大 vs 茨城大
10月10日(土)成蹊大学bコート
16:40 成城大 vs 東京学芸大
18:20 明星大 vs 埼玉大

10月11日(日)成蹊大学aコート
16:40 東京学芸大 vs 千葉大
18:20 埼玉大 vs 茨城大
10月11日(日)成蹊大学bコート
16:40 成城大 vs 明治学院大
18:20 明星大 vs 成蹊大

入場料:無料
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:26  |  2009リーグ戦3部・その他  |  Top↑
 | BLOGTOP |