2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.09.27 (Sun)

【2009リーグ2部】9/27レポート

2位争いは3チームが並んで激戦の様相
次週、2部リーグは後半戦へ突入


第3週、明治大は拓殖大相手に連勝を飾り、未だ黒星なしの6連勝で単独首位。そして、連敗は喫したもののチームの雰囲気の良さでは群を抜いている拓殖大、終盤は詰められながらも大東大、日体大から連勝した早稲田大、白鴎大と、2位には3チームが並んでいる。そして、国士舘大との激戦を制した順天堂大が続いている。未だ1勝なのは、大東大、国士舘大、そして日体大だ。大東大、国士舘大は惜しいゲームを落としている感が否めない。ここまで”らしさ”が出せていない日体大だが、第2戦では、白鴎大相手に終盤、粘りを見せるものの、最後は離されて連敗。少しずつではあるが、上り調子になってきている様子も見られ、今後の戦いぶりに期待したいところ。

2部リーグは次週、リーグ折り返しを迎える。1部昇格、そしてインカレ出場権をかけた戦いが続いていく。特に1部昇格のイスをかけた戦いは、激戦必至だ。

【9/27試合結果】
国士舘大92(21-18,20-25,29-27,22-24)94順天堂大
大東文化大73(13-31,15-19,21-15,24-17)82早稲田大
日本体育大85(21-25,19-35,20-16,25-24)100白鴎大

※3試合のレポートと、順天堂大・重信選手、早稲田大・久保田選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※明治大対拓殖大は別途掲載します。

[続きを読む]

アウトサイド陣が奮起した順天堂大が逆襲
国士舘大は大事なリバウンドをつかめず惜敗

国士舘大92(21-18,20-25,29-27,22-24)94順天堂大
090927sugimoto両チームの初得点は、順天堂大が3Pシュート、国士舘大が#13馬(3年・C)のバスケットカウント。結果的にこの試合を象徴する幕開けとなった。順天堂大は1Qから3Pを4本決めるなど、アウトサイドを中心に加点。特に#6八木(3年・G)はこのQのほぼ全ての得点をたたき出す。一方の国士舘大は#13馬のインサイドプレーで応戦。さらに#17三村(2年・SF)がブザービーターを決めて21-18とリードした。
2Qは序盤こそ国士舘大に速い展開が出て勢いに乗るかと思われたが、順天堂大はすかさずタイムアウトを取ってこの流れを切る。そして1Qとは一転、#4山本(4年・C)と#10趙(2年・C)のツインタワーで加点していく。国士舘大は#13馬が基点となろうとする様子が見られるが、うまくいかず前半は41-43と順天堂大のリードで折り返した。
3Qも一進一退の攻防が続く。順天堂大#13大下内(1年・PF・福岡大大濠)らが3Pを決めれば国士舘大も#22板垣(1年・G・八王子)らが返し、スティールからの速攻やチームファールによるフリースローもお互いが決め合うハイスコアな展開となる。最後はここでも国士舘大#13馬が1on1から3Pを沈め、70-70の同点で4Qに突入した。
4Qになっても、順天堂大のアウトサイド陣も国士舘大の#13馬も勢いは衰えない。残り2分、順天堂大は#10趙がファールアウトとピンチに。この機に国士舘大は逆転するが、順天堂大も趙に代わった#7重信(3年・G)がドライブでチームファールフリースローをゲット。これを1投決めて同点とすると、バックコートから当たる。国士館大はこれをかいくぐるもネットを揺らすことは出来ない。対する順天堂大の逆転を狙った3Pも外れ、延長へ突入かと思われた残り11秒、順天堂大#7重信がまたもドライブでファールを誘う。しかし、これを2投とも落としてしまう。だが#13大下内が千金のリバウンドでフォロー。#8杉本(3年・F)の3Pは落ちるが、そのリバウンド争いでファールを得たのはここでも#7重信だった。残り6秒、今度は2投きっちり決める。国士舘大はタイムアウト後に2本のシュートを放つがいずれも決めきれず、順天堂大が接戦をものにした。

写真:アウトサイド陣がそれぞれの個性を発揮し始めている順天堂大。この日は#8杉本がアグレッシブなプレーで大活躍し、キャプテンの#4山本が笑顔でねぎらった。

※順天堂大・重信選手のインタビューは下へ。



#20久保田の爆発で連勝の早稲田大
大東大は粘りを見せるも勝利には至らず

大東文化大73(13-31,15-19,21-15,24-17)82早稲田大
090927ide1Q終わって31‐13。第1戦とは打って変わって、早稲田大がスタートダッシュを切って大東大を突き放した。その要因の1つが早稲田大#20久保田(2年・C)の好調にあった。ディフェンスをするりとかわしてのシュートや、やわらかいタッチからの外角シュートなどで次々とゴールを奪っていく。一方の大東大は、この絶好調の早稲田大#20久保田を止められない。2Qに入って、早稲田大はシュートが落ち始めるが、大東大も決めきれず、点差は縮まらない。また、早稲田大は#9平井(3年・SG)の活躍も光って、前半を終えて50‐28で、早稲田大が大量リードを奪った。

しかし、後半に入ると大東大が奮起。#15遠藤(2年・F)のバスケットカウントや#37草野(2年・F)の得点が光って、早稲田大にタイムアウトを取らせる。だが、早稲田大は#7井手(3年・SG)のアグレッシブなプレーが光って、大東大を再び突き放して、今度は大東大にタイムアウトを取らせる。その後は、早稲田大は#20久保田、大東大は#1本田(3年・PG)がそれぞれ得点を重ねていく。4Qに入ると、早稲田大はミスが続く。その間に大東大は#1本田と#15遠藤の3Pで点差を縮めていき、4Q残り3分半には76-66と10点差まで詰めてみせる。勢いに乗った大東大はさらに、#5兵後(3年・F)、#1本田の連続得点で5点差とする。だが、ここで早稲田大はこのリーグ中、攻守でチームを引っ張っている#00金井(3年・F)がバスケットカウントを沈めて点差を8点に開く。大東大は「まだまだ!」と声を掛け合い、最後まで追いすがるも勝利には結びつかず。早稲田大は大東大に連勝という形で第3週を終えた。

写真:早稲田大#7井手。現在はベンチスタートとなっているが、コート上で見せる積極性なプレーは早稲田大勝利に欠かせない。

※早稲田大・久保田選手のインタビューは下へ。



終盤上り調子になった日体大だがあと一歩及ばず
白鴎大は#5千葉、#00藤江の活躍で100点ゲーム

日本体育大85(21-25,19-35,20-16,25-24)100白鴎大
090927abi試合の立ち上がりから、日体大#6宮村(4年
・F)のアウトサイドシュートが光る。次々と決まるシュートに、今までの試合とは異なる好調さが伺えた。また、日体大は白鴎大#00藤江(4年・F)に対して、#1馬場(4年・G)が好ディフェンスを見せ、オフェンスのチャンスを与えない。その間に、#3八坂(4年・G)のドライブや#11冨江(4年・F)のジャンプシュートなどで得点を重ね、互角の展開。対する白鴎大は#00藤江が封じられたことで#10田中(3年・G)が奮起。得意の外角シュートだけではなく、足を使った速い攻撃でも得点を重ね、日体大にリードを広げさせない。また、1Q残り12秒で1点差のシーンでも3Pを沈めて、25-21と4点差をつけた。2Qの立ち上がりは、日体大#11冨江のバスケットカウント。フリースローは落ちたものの、冨江はリバウンドを取り、#1馬場へと繋いで3P。日体大が逆転に成功する。だが、白鴎大は#10田中の速攻を皮切りに#30アビブ(1年・C・岡山学芸館)のバスケットカウント、#00藤江の連続3Pと2分で11点を奪取。点差も8点まで広げて、日体大にタイムアウトを取らせる。立て直しを図りたい日体大だが、流れは白鴎大のまま。#00藤江と#5千葉(4年・C)の活躍が光り、点差を広げ、前半終了時には20点まで開いてみせた。

後半は、白鴎大#30アビブの高さを生かしたオフェンスで得点を重ねていく白鴎大。だが、細かいところでミスが出てしまう白鴎大は、日体大を突き放すまでには至らない。対するにったいぢあは、#23横江(2年・G)の外角シュートで応戦するも、それ以外に攻め手を見出せず、得点を縮められない。だが、それも3Qまで。4Qに入ると、この横江に加え、#3八坂と#1馬場の速攻など、速い展開でのオフェンスが続き、一気に追い上げムード。”日体大らしさ”が全面に出た時間帯に入る。だが、その流れを断ち切ったのは、白鴎大#5千葉の2本のシュート。1本目は24秒ギリギリでのシュート、もう1本はゴール下で体を張ったシュートだった。これで点差は7。日体大はファウルゲームを仕掛ける。だが、残り48秒の日体大#12堀田(4年・G)のファウルがアンスポーツマンライクファウルと判定され、白鴎大にフリースローを与えてしまう。この判定に日体大の面々は肩を落とす。その後、残り39秒で#6宮村の3Pが決まるも、白鴎大は冷静に対処。最後は100点ゲームで日体大から2つの白星を奪った。

写真:白鴎大#30アビブと日体大#6宮村。前半は宮村のアウトサイドが光り、後半はアビブの高さが生きた。


【INTERVIEW】
チームを救うフリースローを決めた“今日のヒーロー”
「アウトサイドはエースがいない分、皆で協力して勝っていきたい」

◆#7重信将吾(順天堂大・3年・G)
090927sigenobu重信の今日の得点は3点。だが、大きな大きな3点だった。
普段はリーグ屈指のツインタワー・#4山本と#10趙のバックアップを務める。
ただ、シックスマンとは言えいつもベンチから大きな声を出してゲームに参加している。
ツインタワーは身体を張る分ファールトラブルに巻き込まれることが多く、重信の存在は欠かせない。
コート内ではポーカーフェイス。それをこの試合では2度、崩した。
1度は、起死回生のフリースローを獲得したとき(写真)。そしてもう1度はそのフリースローを決めたとき。どちらも笑顔だった。
逆にミスをしたときは表情を変えない前向きな心が、勝敗を分けた“3点”を呼び込んだ。

―見事に接戦をものにして、勝った気持ちはいかがですか?
「これまで勝てる試合も落としていて、昨日も負けてしまったので今日1勝をあげられて嬉しいです」

―残り2分に出場機会がまわってきたときは、どんな気持ちでコートに入ったのですか?
「国士舘大のポイントはいかに馬隆(#13)を止めるかだと思ったので、自分は試合を通してそこだけに集中していました。だからラスト2分で入ったときも、ディフェンスをやって、馬に点数を取られないようにと意識して入りました」

―そのラスト2分間で両チームを通じて点数を取ったのは重信選手だけです。大きな3点だったのではないでしょうか?
「あれ、本当ですか?逆に3点しかとっていないのは本当に申し訳ないです。今日は3Pが入っていたので、向こうのセンターが何もしてこなかったら自分が行こうかなとは思っていました。それで行ったら本当に行けたという感じです」

―ラスト11秒でのフリースローは2本とも落としてしまいましたが…
「いやー、かなり焦りました。昨日もシュートが全部強くて、正直入る気がしませんでした。でも、全員でリバウンドをとってくれたので助かりました。その後の2本は、何も考えずに打とうと。もう本当に入らなさそうだったので、逆に入らなくても“やっぱり”ぐらいに思って打ったら、入ってくれたのでよかったです」

―1・2週目に続いて1勝1敗で終えましたが、1戦目と2戦目の1番大きな違いはなんだったと思いますか。
「昨日はインサイドは頑張っていたんですが、アウトサイドの1on1も得点も少なかったので、今日はアウトサイドやベンチメンバーがもっと元気を出してやろうと臨みました。今日はアップのときから元気があっていい雰囲気でできていたと思います。やっぱり昨日あれだけアウトサイドでやられていたので、帰るときから皆で“明日はアウトサイド頑張らないとな”と言っていて、それが出たと思います。これからもインサイドアウトでどんどんやっていこうと思います」

―1選手としては、どんなプレーをしていきたいですか?
「自分は先生からもアウトサイドとインサイドをつなぐところと、ディフェンスを頑張れとも言われているので、点数よりもディフェンスで相手を止められるように頑張りたいです」

―若い選手が多くコートに経っていますが、3年生としてどうチーム引っ張ていきますか?
「4年生が2人しかいない分、3・4年生で“上級生”という感じで今シーズンの始めからやってきたので、自分たちも3年というよりは上級生としてチームを引っ張ろうという準備は出来ています。なのでこのまま行ければいいなと。うちのアウトサイドはエースというエースがいないので、皆で協力して、全員で戦えれば勝っていけると思います」


29点と大爆発の早稲田大インサイドの要
今後、成長させたい部分は「ディフェンス」

◆#20久保田遼(早稲田大・2年・C)
090927kubotaインタビュー中でも語っているが、ここまではあまり思うようなプレーができていなかった。
だが、ここへきて本領発揮。この日は29点と大爆発。チームを勝利へと導く大きなきっかけを作った。
バラエティに富んでいる2部リーグセンター陣。今後は、その中で自分がどのようなディフェンスしていけばいいかということを考えながら戦っていきたいということだ。経験を積むに絶好のリーグ戦。久保田の更なる成長に期待したい。

―連勝したものの、この試合は少し終わり方が悪かったですね。
「そうなんですよね。先週もそうだったんですけど、1戦目勝ったからこそ、2戦目も良い終わり方をしなければならないなということは感じているんですが、よくなかったですね」

―第1戦を踏まえて、第2戦で意識していた部分は何かありましたか?
「昨日は、相手のセンターとフォワードにリバウンドを取られすぎたなと。チームとして、リバウンドが10本も負けていたということを倉石さん(倉石監督)がおっしゃっていたので、そこはみんなで意識しようということを話しました」

―この試合の久保田選手は絶好調でしたね!ようやく本領発揮という感じでしょうか?
「たまたまですね(笑)。相手のセンターがファウルトラブルになってくれたので、そこはチームとしてもよかったのかなと思っています。あとは、これまで戦ってきた明治と国士舘は、僕のマッチアップは金丸英悟選手(明治大#3)であったり、馬(国士舘大#13)であったり、パワーというか、圧力がすごいセンターだったので、なかなか攻められなかったんですよね。言い方は悪いですが、その2人に比べると、今週はプレッシャーがあまりないなと思えました。だから、ローポストからの1対1を仕掛けたり、得意のムーブを決めることができました」

―チームとしては、じりじりと点差を詰められてしまいました。前半に大差をつけただけに、後半は少し油断してしまったんでしょうか?
「油断というのはないと思うんですが…。やっぱり、点差が開いていたということは少なからず影響していたと思います。ディフェンスに関しては、ヘルプのリカバーとか、ボックスなどの細かい部分を怠ってしまっていたというか、やっていなかった部分がありました。それがそのまま点差を縮められた原因になってしまいました」

―昨年から早稲田大のインサイドの要として試合に出ている久保田選手ですが、昨年の経験もあるということで、今年はマークもきつくなっているのではないでしょうか?
「そうですね。去年よりは、ローポストに入ったら相手がよってくるようになってきましたね。でも、自分はそこで無理をしないで外にパスを返したり、インサイドアウトでシューターに打たせたりということを意識したプレーを多くしていきたいなと思っています」

―1部復帰に向けては、今後も負けられない試合が続いていくわけですが、チームは“ここを徹底すべき”だと感じている部分は何かありますか?
「まずはコミュニケーションですね。あとは、ヘルプや抜かれた後のカバー、ボックスとか、ディフェンスの細かい部分をもっと徹底させていくことが大切だと思っています。今日みたいな悪い時間がなく、40分いい状態で戦うことができたら1部のチームの中でも張り合える力は持っているんじゃないかなと思っているので、こういう部分を徹底していけたらと思っています」

―個人的にリーグ戦中に成長させたい部分などがあれば教えて下さい。
「2部のセンターは留学生とか、自分より体が大きい選手ばかりなので、ディフェンス面を磨いていきたいなと思っています。ゴール下でのディフェンスだったり、ボックスだったり。相手に嫌がられるディフェンスをして、どうすれば相手に好きにさせないかということを考えながらプレーして、成長していきたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |