2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.09.27 (Sun)

【2009リーグ2部】9/27明治大VS拓殖大 第2戦

3Qでカタをつけた明治大が6連勝
拓殖大は連敗もチームの雰囲気は上々

明治大107(28-23,15-21,34-20,30-26)90拓殖大
090927tmtop3第3週は、明治大が拓殖大に連勝という形で幕を閉じた。
前半は、拓殖大のリバウンドが光り、拮抗した展開が続いた。しかし、3Qに入ると明治大は#14金丸晃輔(3年・SG)がスパーク。次々とシュートを沈め、拓殖大を突き放した。拓殖大も#94長谷川智伸(1年・G・福大大濠)の思い切りのいいプレーを中心に、第1戦同様、必死に追いすがった。しかし、勢いに乗った明治大を止めるのは容易ではなく、最後は100点ゲームで明治大から勝ち星を奪うことはできず、2敗目となった。

第3週を終えて明治大は単独首位に立った。チームの目標である14連勝まで、あと8勝。このまま、連勝街道をひた走ることができるか。

写真:試合中、明治大#3金丸英悟の足がつってしまい、同じ4年の#21川崎と#24岩澤が彼の元へと駆け寄った。この3人は明治大勝利のカギを握る4年生トリオ。

※試合のレポートと、明治大・川崎選手、田村選手、拓殖大・上杉選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
090927kanamarueigo試合は、明治大#21川崎(4年・F)の3Pからスタート。また明治大は、第1戦で爆発的なオフェンスで明治大を苦しめた#22松崎(3年・G)に対して激しいディフェンスを仕掛けて、簡単に得点させない。対する拓殖大は、日体大戦で負傷した#26上杉(2年・F)をスターターに起用し、上杉の得点で応戦する。しかし、拓殖大はファウルがかさみ、明治大にフリースローを与えてしまう。明治大の面々はフリースローをきっちりと沈め、開始5分で16‐8で先行し、拓殖大にタイムアウトを取らせる。タイムアウト開けは、#3宇佐美(4年・F)のシュートや#36上杉の得点、また、リバウンドを明治大からもぎ取り流れを掴んで約2分で2点差まで追いつく。今度は明治大がタイムアウトを取るが、その後のプレーで拓殖大は#94長谷川智伸が3Pを沈めて、逆転に成功する。ここからは一進一退の展開が続く。しかし、終盤は明治大が#20若林(3年・SG)と#14金丸晃輔の得点で6点のリードを奪って1Qを終える。

2Qは拮抗した展開が続く。拓殖大は、1Qは黙っていた#22松崎がスパークし、得点面でチームを引っ張る。また、それに#99長谷川技(2年・F)も続き、得点を重ねていく。対する明治大は、#3金丸英悟(4年・PF)がインサイドで体を張り、セカンドチャンスをものにしていく。だが、大事な場面でどちらもミスがでて突き放すには至らない。互いに全く譲らない展開が最後まで続いたが、残り47秒で#99長谷川技がジャンプシュートを決めた拓殖大が44-43の1点リードで前半を終える。

090927usami3Q中盤、明治大#14金丸晃輔にスイッチが入る。残り5分までは互いにやり返す展開が続いていたが、残り5分半を切ると明治大が拓殖大を一気に突き放す。#14金丸晃輔のドライブに、#41飯沼(4年・CF)のリバウンドシュートが続いてチームが大きく盛り上がると、そこからは金丸晃輔の得点が続く。拓殖大も必死に止めにかかるが、スイッチが入った金丸晃輔を止めることは難しく、じりじりと離されていく。それでも#26上杉や#22松崎が得点し、なんとか食らいついていくが、終盤になると#24岩澤(4年・PG)のリバウンドシュートや#19田村(2年・PF)のドライブなど、金丸晃輔以外の選手も得点に加わり、点差を13点に開く。拓殖大はたまらずタイムアウトを請求するが、ファウルもかさんで点差を詰めることはできず。点差は13点のまま4Qへ。

4Q、徐々に拓殖大に流れが来ていた。そのきっかけを作ったのは#3宇佐美。残り8分48秒で、宇佐美がスティールから速攻を決めると、明治大は次のプレーでパスミスがでる。更には、#14金丸晃輔のチャージングも取られてしまい、明治大がちぐはぐしはじめた。そこを逃さなかった拓殖大は、#22松崎、#94長谷川智伸が3Pを沈め、追いすがる。しかし、明治大も#14金丸晃輔と#21川崎の3Pで譲らない。それでも、拓殖大は#94長谷川が3Pにドライブにと連続得点でチームを引っ張り、残り5分45秒には明治大にタイムアウトを取らせる。だが、明治大は#21川崎がこのQ2本目の3Pと#19田村のアグレッシブなプレーも光って、拓殖大を寄り付かせない。それでも諦めないのが今季の拓殖大だ。#94長谷川は果敢にドライブを仕掛け、更にディフェンスでは明治大からボールをひっかけ、#3宇佐美へ繋ぐ。宇佐美はそのボールを見事に3Pに繋げて点差を9点に持ち込む。だが、明治大も#20若林が3Pを決め返して、全く譲らない。ディフェンスでも、気持ちを見せる明治大は、#21川崎が好ディフェンスを見せる。惜しくもファウルとなったが、明治大を乗らせるのには十分だった。明治大は#20若林、そして#19田村のダンクで拓殖大を突き放し、最後は107点を奪い、点差も13点に開いて6連勝を飾った。


【INTERVIEW】
「目指すはアベレージ20」
熱い気持ちを秘めたシューター

◆#21川崎紘史(明治大・4年・F)
090927kawasaki2淡々と話す中に、熱い思いが感じられる。
1年の頃から出場機会をもらい、今年で4年目。”川崎と言えば、3P”というイメージが強いが、春先には「色んなことができるようになりたい」と語り、現在は様々なプレーに積極的に取り組んでいる。点取り屋が多い明治大において、”自分が”と前に出て行くことは難しいことだ。だが、チームがもっと楽に勝つためには、川崎の得点力は欠かせない。真面目な性格だけに「考えすぎ」てしまうことも多いようだが、この拓殖大戦ではそれが吹っ切れて試合に臨めた様子だ。今後、川崎が思い切りのいいプレーで明治大の得点を引っ張っていくことが出来れば、チームが目指す”これぞ明治大”にまた一歩近づくことが出来るはずだ。これからのさらなる活躍に期待したい。

―リーグ開幕6連勝、単独首位に立ちましたね。
「そうですね。でも、あまりそこは考えないようにしています」

―第1戦の試合後は、かなり反省の色が濃かった明治大ですが、昨日の反省を踏まえて、第2戦はどのように戦おうとチームで話したのでしょうか?
「昨日は、簡単に打たせてしまったりだとか、相手が好むプレーをさせて、前半の点差を3Qだけでひっくり返されてしまった形になってしまいました。だから、相手の得意なカッティングだとか、3Pだとかをなんとかして抑えようと思っていました。リバウンドも取ろうと思ったけれど、前半は取れなくて、ちょっとグダグダと試合が進んでしまいましたが、後半はそれも取れて、自分たちも点数が取れた。そこで流れが来たから、今日は勝てたのかなと思います」

―どの試合の後も、明治大の選手にお話を聞くと、反省の弁しか出て来ないのですが…。
「満足してないからですよね、それは。まだまだリーグ戦も長いですし、今、満足してしまうと”次!”という気持ちが無くなってしまうと思うので。14連勝という目標を掲げているからには、一つひとつをもっと良くしていくべきだとみんなも思っていると思うし、これからもっとよくなっていくと思っているから、反省しているんだと思います」

―川崎選手は、今日はファウルトラブルとなりましたが、素晴らしいディフェンスだったと思います。また、オフェンスではいいところでシュートも決めましたよね。
「あの段階(1、2Q開始早々)でファウル2つはちょっと早過ぎましたね。もっと考えてプレーしないといけないなということは、今日の反省点の一つです。3つ目、4つ目はちょっと”えー”という感じでしたが(苦笑)。いいところでシュートを決めることができたのは、よかったなと思っています」

―春にお話を聞いた際に、”今年は色々なことができるようになりたい”ということをおっしゃっていましたが、現段階で自分はそれができていると思いますか?
「いや、まだできているとは言えないですね。今日は何本かドライブに行きましたけど、もっと行けたなとも思います。基本的に、もっと攻める回数を増やしていかなければならないなということは感じています。晃輔(#14金丸)が47点っていうのはやっぱりダメですよね。今日、僕が15点なんですが、それを個人的な目標として、アベレージ20まで持っていけるようにしたいなと思っています。そうすれば、晃輔ももっと楽に点が取れるようになると思うんですよね。晃輔にはスイッチが入る瞬間があるから、そのスイッチが入るまでに力を蓄えておかなければならない。それまでにコンスタントに自分が得点をとることができれば、もっとチームも楽なのかなと思います」

―”川崎選手はもっと攻め気を見せてもいい”ということを金丸英悟選手(#3)がおっしゃっていましたよ。
「そうですね。2週目までは、ちょっと自分の中でもふっきれない部分があったんです。でも、3週目は拓大で、向こうも全勝しているしということで、気持ちを楽にやってみようと思ったんですよね。チームのことを考えるよりも、自分が今何点取っているかなーってことを考えながらやってみようかなって。そうしたら、昨日は前半がよくて後半は足がつってしまって(苦笑)。今日は、前半はダメだったけど、後半は10点くらい取れた。それが両方できれば、10点+10点で20点になるじゃないですか。こういうプレーができるように今後も頑張っていきたいです」

―ボールに触れない時間帯もありますが、そのときは”まずい!触わってない!”と思うんでしょうか?
「もっとスクリーンを使わなければいけないなと感じます。単純にブイカットだけだと、止まってしまうことが多いじゃないですか。晃輔も逆サイドにいるので、あまり動きが出ない。だから、自分は周りの英悟(#3金丸)とか駒水(#31)とか田村(#19)とかのスクリーンを使いながら、動きを出しながら、いいところで攻められたらいいなと思っています」

―他の選手は”どんどん攻めていきたいんだ!”という印象を受けますが、そこは川崎選手がバランスを取っているのかなと感じました。それは、自分が動くことで改善できそうでしょうか?
「インサイド陣と自分がもっとコミュニケーションを取って、開けてもらうことができれば。あいつらも攻めたい。だから、ボールもらうことに必死になって、スクリーンを忘れてしまうこともあるかもしれないから、そこはもっと喋って得点を取りにいけるようにしたいです。」

―川崎選手自身もチームとしても、課題をあげるならば継続力という部分になってきそうですね。
「そうですね。継続力は集中力の問題でもある。やらなければいけないことが明確でないときに、ふわふわしてしまう感じがあるので、そこをもっとお互い言い合っていければ。でも、誰かに言われてやるのではなくて、自分たちで意識していくことができれば、それは解消できるのかなと思います」

―さて、来週は順天堂大との試合ですね。
「インサイドも強いし、走るし、外のシュートも上手いので、今週の反省をしっかりと生かして戦いたいですね。個人的には、20点前後取ることと、攻めのレパートリーを増やすことを意識してやっていきたいです。あとは、ディフェンスとリバウンドはもちろん頑張ります」


2年生ながらディフェンスの要として活躍する
明治大の次世代エース

◆#19田村 晋(明治大・2年・PF)
090927tamura第1週の早稲田大戦で負傷した田村は、第2週の白鴎大戦でのプレイングタイムは限られていた。しかし、白鴎大戦での明治大のディフェンスは決して褒められる出来ではなく、主将である#3金丸英悟、そしてエースの#14金丸晃輔は反省の弁を述べた。そして、彼らの口から出てきた言葉が、
「田村がいるのといないのでは、全然違う。あいつの存在は大きい」
ヘルプやカバーに必ず来てくれるという田村の細かいプレーが、現在の明治大にとって潤滑油となっている。2年生とはいえ、既にチームに大きく影響を及ぼす選手になっている。思い切りのいいオフェンスやダンクも見所の一つであるが、目立たない細かいプレーも、彼を見るポイントの一つとしてぜひ注目して欲しい。唸るような巧さに驚き、感心すること間違い無しだ。

―拓殖大に連勝、おめでとうございます。第2戦は快勝といった感じですが、第1戦の終わり方はよくなかったですね。
「ありがとうございます。昨日は、前半は流れが良くて、後半もこのままの流れでいこうと思っていたんですが、なんか上手くいかなくて。英悟さん(#3金丸)がファウル4回になったり、紘史さん(#21川崎)が足つってしまったりもしましたし…。それでも、繋ごうって頑張ったんですが、みんな下向き始めてしまい…。そうしているうちに向こうのシュートが入りだして、昨日は本当になんとか勝ったという感じでした。なので、今日は昨日のリベンジという意識でやっていました」

―この反省を踏まえての戦いだったと思うのですが、今日の試合前はどのような話をチームでしましたか?
「昨日のことを生かそうと。昨日は、後半になってから、金丸さん(#14)に頼ってしまって、みんなの攻めがあまりリングに向いていなかったんですよね。だから、今日は後半に、みんなで強い気持ちを持って頑張ろうと。あとはリバウンドですね。セカンドチャンスでやられていた部分があったので、そこを意識していました」

―そういった意味では、この試合で3Qに拓殖大を突き放せたのは反省点を生かせたことなのかなと。
「そうですね。前半は苦しい時間が続いていたので、“我慢!我慢!”って言っていたんです。なかなか自分達も乗りきれなくて、点差も離れなかったですし。だから、3Qで攻め気を持ってやって、離せたことはよかったなと思います」

―先ほど出たリバウンドのお話ですが、前半は拓殖大の方がリバウンドの意識が強かったなと感じましたが、コートに立っていていかがでしたか?
「自分達はあまり取れていなかったですよね。相手に取られて、向こうにセカンドチャンスを与えてしまって。そのせいで、前半は離せる時間帯もあったのに、自分達でミスをして向こうに点数を取られたり、リバウンドで流れを持っていかれたりしてしまいました。前半は結構苦しかったですね」

―4Qの終盤に塚本コーチと何かお話していたようですが?
「あの時は、“とにかく行け!”ってということを言われていました。“お前が強い気持ちで点数を取りに行け!”と。“ミスしてもいいからとにかく行け!”と言われました」

―“とにかく行け!”が利いたのでしょうか?終盤はダンクも出ましたね。応援団も会場もかなり盛り上がっていましたよね。
「そうですね!気持ちよかったというかなんというか…(笑)。ダンクは、今後もできたらやっていきたいです。とりあえず、アグレッシブにプレーしていきたいなと思っています」

―これは、金丸英悟選手と晃輔選手がおっしゃっていたことなのですが、田村選手がいるのといないのでは、明治のディフェンスが全く違うと。田村選手がコートにいないと困るということをおっしゃっていました。自分の中で、ディフェンスでチームを引っ張るという意識はありますか?
「うーん。結構カバーとかは、頑張っていくようにしています。ちなみに、動きは全て勘です(笑)。“ここに来るかなー”って思いながら動いています。ディフェンスに関しては、英悟さんがディフェンスを頑張ってくれるので、英悟さんがいて、自分がいるという感じですね。オフェンスに関しては、金丸さんが点数取るし、岩澤さん(#24)もゲームメイクしながらも点を取るタイプ。紘史さんも点を取るけれど、考えすぎず、もっと気持ちよくシュートを打って欲しいですね。…といった感じで、自分は攻めなくても点数を取れる人がいっぱいいるので、そこで自分は、ディフェンスとかリバウンドとかを頑張れたらという考えでプレーしています。もちろん、攻めろとも言われているので、アグレッシブに行くということも意識していますが」

―田村選手は昨年に比べて、本当に楽しそうにプレーしていますよね。バスケットに対する意識も少し変わったのかなと感じたのですが。
「確かに。そうかもしれないですね。去年は入ったばかりだったし、慣れていなかったですからね。でも、去年は去年で新人戦とかも含めて、色々経験したので、それを生かしていかないといけないかなと思っていて。声出したりして頑張ってます(笑)。あとはやっぱり1部に上がりたいですし、自分も本当に勝ちたいんですよね。今年は本当にチャンスだと思っているので、頑張ります。本当に」

―さて、来週は順天堂大との一戦ですね。
「やっぱり来週はインサイドですよね。今週よりも来週の方がリバウンドはしんどいと思いますし、外が入り出すともっとしんどくなってくるので、リバウンドとかセカンドチャンスを与えないということを徹底してやっていきたいですね。あとは攻めていって、センターからファウルをもらうことを意識してプレーしたいなと。どちらかがいなくなったら結構キツいと思うので。センターが2人ということは、リバウンドが取れれば、速攻を出せるのではないかなとも思うので、走って、速い展開に持っていけるようにしたいです。自分は、リバウンドを頑張りたいです」

―チームの目標である14連勝も着々と近づいてきていますね。
「そうですね。でも、足元をすくわれないように1試合1試合しっかりと戦っていきたいです」


「試合は楽しくやらないと!」
今季の拓殖大を象徴する笑顔満点のフォワード

◆#26上杉 翔(拓殖大・2年・F)
090927uesgis昨年の拓殖大にはない、チームの雰囲気が今年はある。
明治大戦の中では、何度も苦しい時間帯が訪れた。しかし、変わらないものがあった。それが“笑顔”だった。主将#3宇佐美を始め、コートに立つ5人、ベンチ、そして応援団は常に笑顔を忘れない。その中でも笑顔が耐えない選手の一人が上杉だ。日体大戦での負傷もあって、本調子とは言えないながらも、攻守で奮起し、笑顔でチームを引っ張った。「今はとにかく楽しくやる」ということを、拓殖大の中で最も表現している彼の笑顔とプレーは、必見だ。

―明治大戦は連敗という結果になりました。第1戦の試合後はどのような話をして、第2戦に臨んだのでしょうか?
「気持ち切り替えて頑張ろうと。リーグ戦はまだ長いし、次の日もあるからということを話しました。今日の朝は、池内さん(池内監督)に、”今日は第5・6・7・8Qのつもりで戦え。昨日は、4点差で負けたけど、今日はそれで勝てばいい”ということを言われました。選手たちも気持ちは切り替わっていましたし、今日はいいプレーも出ていたと思います」

―第1戦を踏まえて、第2戦で特にポイントを置いた点があったら教えて下さい。
「相手はもらってからの3Pがあるので、そこのクローズアウトをやって、打たせないようにしようということをみんなで話していました。でも、3Qではそれを徹底できなくて、3P打たれてしまいました。そこから何本か決められて、相手に流れが行ってしまいました。自分達がもう少ししっかりとディフェンスができていれば、と思いました」

―明治大#14金丸晃輔選手には#99長谷川技選手がマッチアップでしたね。かなりいいディフェンスをしていたと思うのですが、分析をして、色々考えてマッチアップした結果なのでしょうか?
「いや…分析とかをしたわけではないんです。ハセ(#99長谷川)は普通にディフェンスしていただけです。ボールをもらってからシュートを打たせないように、ということを特に徹底していました。本当にいいディフェンスでしたよね。すごかったです(笑)」

―あとは、試合を通して1年生の長谷川智伸選手(#94)の思い切りの良さが目立ちますね。いいところでシュートも決めていますね。
「そうですね。1年生だし、やりにくかったりする部分もあるとは思うんです。でも、ノブ(#94長谷川)は、思いっきりシュートを打ってくれていて。そういうところを自分達が”よく打った”と言ってあげることで、次も打ちやすくなると思うので、みんなで声をかけるように意識しています」

―試合の中で、苦しい場面が何度もありましたが、拓殖大のメンバーは決して下を向かず、笑顔でプレーしていますね。それがとても印象的です。
090927uesgie「池内さんにも、”負けてるときに下向くな。笑顔でやれ”と言われているんです。それもあって、みんな楽しくバスケットをやっていると思います。1部昇格ということも、もちろん考えてはいますが、試合は楽しくやらないと。それが一番だと思っています。楽しくやれれば、それがいい結果につながると思うので、今はとにかく楽しくやることを心がけています」

―今、お話を聞いて、”楽しくやる”ということが、最後まで諦めないということにも繋がっているのかなと感じたのですが。
「そうですね。試合は最後までわからないので、みんなで負けていても“まだいける”という声が多かったです。本当にみんな明るく楽しくプレーしてますよ」

―上杉選手のリバウンドが光った試合だと思ったのですが、リバウンドへの意識というのは?
「相手は、3Pが多いので、ロングリバウンドになる。だから、ガードの人たちも参加するっていうのを約束事としていました。ゴール下に落ちてくるものに関しては、とりあえずマークマンを抑えてから取りに行くということを意識してやっていました」

―さて、次週も試合があるわけですが、拓殖大としてはどのようにリーグを戦っていくべきだと感じていますか?
「今まで通り、拓大のいいパッシングや速攻というのを出すことができれば勝てると思うんです。そのためには、ディフェンスを頑張って、リバウンド取ってからの速い展開だとかを徹底することが大事だと思っています。そういう戦いが出来れば、来週以降も勝っていけると思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |