2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.09.27 (Sun)

【2009リーグ1部】9/27 日本大VS中央大 第2戦

2戦連続僅差で軍配は日本大に
中央大は奮闘が光るが勝率は5割に

日本大80(17-25,22-24,21-13,20-16)78中央大
090927nc.jpg第1戦を3点差で勝利した日本大。2戦目にどのような戦いになるかが見所となった。しかし、前半は中央大のいいろことが出るのと反対に、シュート確率の悪さから日本大は全てが悪循環に陥る展開。

しかし後半に前半ほぼ下がっていた#7篠山(3年・G)を起点に#13熊澤(3年・G)などの奮闘もあって盛り返すと、追いついた。後半にアウトサイドが持ち直した日大が逆転して逃げ切ったが、全体的に立ち上がりが鈍い試合が続いている。開幕4連勝だが、次週は慶應大との対戦を控えており、ここの修正を迫られるだろう。
中央大は、絶対的エース#4小野龍猛(4年・CF)以外にも#12竹原(3年・SF)やルーキーたちの頑張りが見える。ここからの戦いにも注目だ。

写真:最後の攻防で篠山に挑んだ佐藤。惜しくもファウルとなったが、果敢にプレーする姿が目立つ。

※試合のレポートと日本大・熊澤選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
090927nihon.jpg開始早々#4栗原(4年・F)が#5浜田(4年・G)をブロックし、#5中村(4年・C)のミドルシュートも決まって日大が先行。だが2分で#7篠山が早々に2ファウル。#8石川(1年・G・明成)と交代するがここから流れが鈍くなってしまう。#4小野龍猛に対してインサイドで勝負しづらい日大は、どうしても外からの攻撃が多くなるが、アウトサイドの確率がなかなか上がらない。#8石川が3Pや中へ仕掛けてフリースローをもらうなど、攻撃が1対1になってしまい、つながらない。一方の中央大は#5浜田が流血や連続ファウルなどで存在感を出せないが、交代した#21佐藤(1年・PG・洛南)がこれをうまくカバー。#22小野大貴(1年・F・明成)の速攻や#4小野龍猛が難しい背面からのレイアップ、#21佐藤のカットから#4小野龍猛へ速攻をつなげるなど、1Qは中央大が勢いを見せて17-25とリードした。

2Q、中央大の勢いは続く。#12竹原と交代した#13山田(3年・F)が開始すぐ連続3P。日本大は#4栗原の3Pや#13熊澤がバスカンを獲得。#8石川もスティールから速攻を生む。しかし中央大はタイムアウトで修正すると#4小野龍猛が2本の3Pを含む4連続得点。12点のリードとなる。日大は#11上江田(4年・F)の3Pがようやく1本決まるが、#13熊澤が「足が止まってしまう」と言ったように、全員の動きが鈍く、#8石川に終始。勢いが持続する中央大は#21佐藤のドライブやどちらかといえばインサイドプレイヤーである#9吉田(3年・F)までが3Pを決める活躍で、前半を39-49と10点リードで折り返した。

090927onor.jpg3Q、日大は前半ほぼベンチに置いておいた#7篠山を戻すと、ここから盛り返した。篠山、熊澤と2本の3Pが続き、ディフェンスでは#5浜田から#7篠山がボールを奪う。篠山はさらに#13熊澤のバスカンをアシストするなど、エースガードの貫禄を見せて一気に詰め寄った。中央大も#12竹原のミドルシュートで逃げるが、残り1分半、日大に#7篠山の1対1から3Pを決められると、#4栗原に速攻に走られ58-58の同点に追いつかれた。ここからきわどい攻防となるが、最後は#4小野龍猛が1対1でねじ込み、3Qは60-62と2点のリードを保つ格好となった。

最終Qは互いに意地がぶつかりあった。ここにきてようやく日大のアウトサイドが決まり始め、#11上江田、#7篠山の3Pが3本続く。中央大もシューター#12竹原が底力を見せてアウトサイドを落とさない。1点を争う攻防に、日大ベンチは「日本」コール。勝負は最後まで全くわからない展開となった。残り2分、中央大は#21佐藤がミドルシュートを決めて76-75と1点を追う。互いの必死のディフェンスをかいくぐり、日大は#5中村がブザーギリギリのミドルシュートで78-75。しかし#11上江田のスティールからのダンクが外れ、流れが切れる。しかし中央大もアウトサイドがはずれ、詰め寄れない。残り30秒を切り、日大は#7篠山がボールをキープ。1対1からのピックは彼が得意とするところだが、ここを決められては中央大の終わりを意味する。マッチアップの#21佐藤が果敢に挑むが、惜しくもファウル。タイマーは8.3秒で再び日大ボールの24秒にリセットされてしまう。ファウルゲームにいった中央大。日大は#4栗原がフリースローを決めて80-75と5点のリード。中央大は最後に#12竹原が3Pを決めるが、惜しくも2点が届かずタイムアップ。日大はからくも逃げ切る辛勝。中央大は健闘が光ったがもう一歩足りずに連敗となった。



【INTERVIEW】
「去年と一番違うのは周りの“声”」
チーム一丸を励みに、我慢強く勝利を目指す

◆#13熊澤恭平(日本大・3年・G)
090927kumazawa.jpg昨年のリーグ途中から出番が増え始めた。主力が次々とケガをしていたことでそのチャンスが早く巡ってきた訳だが、それでも昨年悪魔に魅入られたかのような状態だった日大で、熊澤の存在は希望の一つだったことは確かだ。
今年は骨折で春を棒に振った。復帰してまだ日は浅いが、ディフェンスや走る展開では活躍が目立つ。篠山や石川など、大学を代表する2人のガードと相乗効果を生む貴重な選手として、まだまだ活躍が期待される。


ー2戦連続のきわどい勝利となりましたが。
「1戦目と同じで2Qに10点離れたのが厳しかったですね」

ー同じような鈍い展開となっているのですが、チーム内ではどのような話を?
「昨日のミーティングでは、自分たちのミスから重い展開になって、アウトサイドばかりでリバウンドも入れないという悪い流れの状態だという話がありました。オフェンスが停滞して、ディフェンスの戻りも甘くなってしまうという、両方悪い状態になってしまっています。今日もそれを改善しようと思ったんですが、オフェンスが重くなってしまってしまいましT。途中で石川(#8)が出てきたときに早い展開で頑張って走ろうということになったんですが、意識はしたつもりなんですがそれでも2Qは重い感じになってしまいました」

ー4戦を終えてあまり点数が取れていない感じがするのですが。
「足が止まってしまっていると思いますね。一つのポジションにボールが入ったときに、竜青(#13篠山)なら竜青がフックをしているときも周りが見ている時間がすごく長くて。それが止まっているので、周りが良くないので点を取っていけないというのが今の日大の悪いところだと思います」

ーその中でも熊澤選手は動こうとしているプレーが光っていると思いますが。
「僕は邪魔しないように、離れていてそこからミートしてドライブとかジャンプシュートとかというのをやれているので、僕はそういうところでちょっとずつでもカッティングしろと監督にも言われています。少しずつ、昨日より今日はそういうところを狙えていたんじゃないかと思います」

ーでは流れが悪いときはそこは意識していると。
「そうですね。あとはディフェンスですね。ディフェンスをしっかりやってこぼれ球をしっかり拾って、僕や石川、篠山が早い展開に持っていってというのが一番流れがいいと思うし、初戦の法政戦でもそういうのが何回も出たので、そういう部分をどんどん出していければと思います」

ーただ、今日の前半であったり途中で悪いのはもったいないですよね。
「第2Qの点数が停滞して相手に点を取られて、というのをなんとかしていかないと慶應や青学、東海にはもっと離されると思いますし、これから上位チームと当たっていくことになるとあそこでもっと我慢してディフェンスをしっかりやることが大事ですね」

ーこのリーグでは種市選手が欠場中ですが、その分責任も重いですね。
「種市さんは僕よりも背が高いですし、得点能力もありますから種市さんが出る方が日大としてはチーム的にはバランスがいい。でも出られないのは仕方ないですし、その分種市さんにない部分でトランジションとか細かいディフェンスを頑張っていくというのを自分の中では意識しています。夏合宿も種市さんは参加していないので、その状況でずっとやってきているので、種市さんが復活するまでしっかり僕が頑張りたいと思います」

ー熊澤選手は春の負傷から、リーグまではどのように持ってきたのでしょうか?
「春シーズン後のオフに入る1週間前くらいに復帰したんですが、その時はまだ全くバスケットがやれない状況で、左手も動きませんでした。幸い、新人戦のある6・7月は上級生はトレーニングの期間なので、僕はその間ずっとリハビリをしていましたね。8月から本格的に復帰できて、合宿にも参加しました」

ーそのときはどんな気持ちだったのでしょうか。
「やっぱりすごく辛かったです。全体チームの活動が新人戦で一時中断していたとはいえ、チームから離れているというのが…。特に僕は昨シーズンの最後の方に試合に出させてもらえるようになったので、そこからいいリズムで来ていたのに、自分のせいでそのリズムを一旦切らなくてはいけなくなったことが辛かった。でも、リハビリ中に体幹をはじめ身体の細かい部分まで鍛えることができたので、それは今につながっているんじゃないかなと思います」

ーこのリーグでは篠山選手と石川選手という2人のガードが出ていますが、熊澤選手と出ているときは、それぞれに合わせて動きの違いとかはあるのですか?
「2人ともピック&ロールもうまいですし、アシストパスもできる攻撃型のガードなので、特に変わることはありません。ただ、どのガードが出てきてもディフェンスから走るというのは僕は常に共通意識として持っています」

ーとりあえず4連勝となって、次は慶應大が相手ですが。
「今週の中央も弱いチームではないし、そこに10点あけられて、そこからさらに追いついてそれ以上の点が取れたということなので、我慢強くやれるようになってきています。それは去年の日大にはなかった姿ですし、それをもっと序盤から出していけば強いチームとも張り合えると思います。この1週間でそれを追求していきたいと思います」

090927nihon2.jpgー去年は苦しかったと思いますが、去年と今年で大きく変わったところはどこでしょう?
「ケガしていた選手が帰ってきたというのが一番大きいと思いますが、4年生が多いという軸が去年とは違います。あとは周りの声ですね。ベンチメンバーもそうですし、応援団もそうですが劣勢のときでも盛り上げてくれます。去年はそういうときに黙ってしまって見入ってしまうんですが、新人戦を準優勝したメンバーがベンチにいて安心だし、声もかけてくれる。外から見ていてこういう風なんだ、というのを言ってくれるので把握しやすいです。去年と一番違うのは周りの“声”だと思います」

ー渡部選手(2年・G)あたりはベンチでも目立っていますが、率先してやってくれているのは誰ですか?
「やっぱり4年生の一色さんがリーダーシップをとってやってくれています。ナベもキャラ的にああいうムードメーカーなのでああいう風に盛り上げてくれますし、すごくいい雰囲気の中で試合に出させてもらっているなと感じます」

ーでは少しずついい材料を積み重ねているということですね。
「まだ全然本調子ではないと監督も言っていますし、練習でしているようなプレーもまだ見られていない部分が多いので、これからだと思います。2週目ですし、後半戦に突入するまでに時間はあるので、今日勝ったことをプラスにしたいと思います」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:54  |  2009リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |