2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.09.26 (Sat)

【2009リーグ2部】9/26レポート

全勝同士の戦いは、まず明治大に軍配
復調の国士舘大は初勝利をあげる


090920nittai第3週の注目カードは、ここまで全勝同士の明治大VS拓殖大だろう。試合は途中、明治大が15点を開く展開となったが、拓殖大が脅威の粘りで点差を返し、接戦へと持ち込んだ。それでも、明治大が意地を見せて、最後は苦しみながらも勝利をあげ、全勝を守った。“迷走”が続いていた国士舘大もようやく抜け出した。順天堂大相手に序盤からリードを奪い、そのリードを最後まで守りきって初勝利。ここからの巻き返しに期待したい。早稲田大は、大東大に危なげなく勝利。白鴎大は、日体大に何度か追い上げられる場面があったものの、最後は#10田中(3年・G)の連続3Pでカタをつけて、2敗を守った。

写真:たくさんの応援が駆けつけた日体大。試合開始前に全員で円陣を組み、気合十分で臨んだが、勝利を共有することはできなかった。

【9/26結果】
明治大80(19-18,28-13,13-28,20-17)76拓殖大
国士舘大88(17-11,22-22,25-20,24-19)72順天堂大
大東文化大75(24-26,14-22,18-22,19-22)92早稲田大
日本体育大82(17-30,21-16,26-23,18-22)91白鴎大

※3試合のレポートと、国士館大・阿刀選手、白鴎大・藤江選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※明治大対拓殖大は別途掲載します。

[続きを読む]

リバウンドを支配した国士舘大が後半の3Pでとどめ
順天堂大はアウトサイド陣の奮起に期待

国士舘大88(17-11,22-22,25-20,24-19)72順天堂大
090926_maここまで4敗もうち2試合は接戦と“あと1歩”の戦いが続く国士館大。この試合も立ち上がりのシュート率は今ひとつだが、順天堂大対策として最も意識していたというディフェンスリバウンドを抑えてリードする。追い掛ける順天堂大は2Q、一時同点にまで持ち込んだものの、国士館大も集中を切らさず踏みとどまり、39-33とリードを守って折り返した。

3Qもこの5点前後の点差をお互い動かせずに進む中、3Q終了間際に国士館大#22板垣(1年・G・八王子)、#23武内(1年・SF・埼玉栄)の連続3Pが決まって64-53と抜け出す。対する順天堂大は再三見せてきた#4山本(4年・C)と#10趙(2年・C)のハイロープレーで4Q最初の得点ををあげるが、その後はアウトサイドシュートに終始してしまう。4Q7分にタイムアウトを取るが、その直後に#10趙がファールトラブルでベンチに退かざるを得ず、オフェンスのバランスを修正できないまま残り時間が少なくなっていく。残り2分半には連続3Pで76-68まで詰めて意地を見せはしたが、ドライブで崩していない分国士館大のディフェンスには余裕があり、#13馬(3年・C)がリバウンドをがっちりキープ。さらに#17三村(2年・SF)が3Pを返して88-72で逃げ切り、嬉しい初勝利をあげた。

国士館大も順天堂大も、スタメンにルーキーが2人もいる若いチーム。国士館大は、3年生の#13馬がエースとしての役割を果たした上で、周りのメンバーがどれだけプラスしていけるかが今後のポイントになるだろう。一方の順天堂大は、「ツインタワーが止められた後の外が決まらなかった分、ディフェンスも後手に回ってしまった」と中嶽コーチも振り返ったように、インサイドはある程度計算できるため、アウトサイド陣のプレーぶりが今後の勝敗を分けていくだろう。

写真:国士舘大#13馬。ディフェンスリバウンドだけで15本ももぎ取り、順天堂大に勢いをつかむきっかけを与えなかった。


2Qの失速が最後まで響いた大東大
早稲田大は勝負処をきっちり締めて3勝目

大東文化大75(24-26,14-22,18-22,19-22)92早稲田大
090926_kanai開始早々、早稲田大#1東(4年・G)が立て続けにファウルで、ベンチに下がらざるを得ない状況に。だが、交代した#7井手(3年・SG)がアグレッシブなプレーでチームを引っ張り、その影響を感じさせない。対する大東大は、#12小山(3年・CF)が、インサイドで奮闘。さらにインサイド陣は早稲田大#20久保田(2年・C)へ好ディフェンスを見せ、互角の展開を演じる。1Qは26-24で、早稲田大リードで終えたが、2Qになると、大東大がずるずると離されていく。2Q開始3分で、2得点の大東大に対し、早稲田大は#00金井(3年・F)が奮起して、6点を奪取。差を6点に広げて、大東大にタイムアウトをとらせる。だが、その後も単発なオフェンスでしか得点をあげていけない大東大。それに対し、早稲田大は#00金井、#20久保田、#7井手の3人が得点を重ね、前半終了時には10点まで点差を開いた。

3Qは早稲田大#51相井(3年・SG)の活躍が光る。大東大は追い上げようと、#1本田、#12小山、#15遠藤(2年・G)を中心に攻守共に積極的に仕掛ける。3人の活躍もあって、追い上げムードになる大東大だが、それをことごとく突き放したのが#51相井のシュートだった。勝負どころではきっちりとシュートを沈めて、大東大を寄り付かせない。3Q終盤も、#00金井の3P、さらには#51相井がブザービーターを沈めて、点差を14点まで開いた。4Qに入っても、ゲームの主導権は早稲田大にあったといっていいだろう。それでも、大東大は最後まで諦めずにコートを駆ける。だが、早稲田大#20久保田に次々とバスケットカウントを許し、3Qのような追い上げムードにはならず。早稲田大は、最後は17点差をつけて3勝目をあげた。

写真:オフェンスで基点となるだけでなく、ディフェンスでもチームを引っ張る早稲田大#0金井。


白鴎大が離しては日体大が追いすがる展開
最後は#5千葉のいぶし銀の活躍で白鴎大が逃切り

日本体育大82(17-30,21-16,26-23,18-22)91白鴎大
090926_miyamura大声援の後押しを受けた日体大は、#24于(3年・F)の3Pや果敢なドライブを決めていく。だが、白鴎大#30アビブ(1年・C・岡山学芸館)にこのQだけで4ブロックを浴び、全開とまではいけない。対する白鴎大は#00藤江(4年・F)がつなぎ開始5分で10-11。ここから、#30アビブへの絶妙なアシストなどで白鴎大がじりじりとリードを広げると、17-23からはアビブと藤江で7点を奪取して1Qで30点をたたき出す。2Q序盤には#32黒川(2年・G)のジャンプシュート、#00藤江と#10田中(3年・G)の3Pで一気に20点差として日体大をタイムアウトに追い込んだ。
日体大はここで#14竹中(1年・C・茂原)を起用すると、アウトサイド陣のお膳立てもあり17で止まっていた得点を動かす。さらに白鴎大のシュートが続けて落ちるのを機に、ディフェンスで流れを引き寄せる。白鴎大のミスを#3八坂(4年・G)の速攻やチームファールフリースローにつなげ、2Qのラスト2分半で11点を固め取り。46-38と1桁差まで持ち込み前半を終えた。

3Qも#00藤江の3Pで始まるなど白鴎大が先にリズムをつかみ、再び2桁リードとする。さらに日体大はインサイドの要である#24于が一時負傷退場とピンチに追い込まれるが、#3八坂が機転を利かせてポストアップし、インサイドアウトで#6宮村(4年・F)・#11富江(4年・F)の3Pを引き出し50-55まで詰め寄る。しかし、あと1本が出ない間に白鴎大が11連続得点で50-66まで突き放す。すると今度は白鴎大の得点が止まり、その機に日体大は#6宮村らの3Pや#23横江(2年・G)の積極的なオフェンスで64-66まで再び詰め寄る。白鴎大は残り5秒に#00藤江がロング3Pを決めてなんとか5点のリードを保った。

4Qは白鴎大#10田中と日体大#23横江の3P合戦になる。こうなると、インサイドで分のよい白鴎大が有利。ここで仕事人・#5千葉(4年・C)が2本のゴール下を決め、残り5分72-83と2桁差に押し戻す。それでもあきらめない日体大は#6宮村・#23横江の3Pと#3八坂の1on1で残り1分82-85まで持ち込んだが、その後のオフェンスで3Pを狙いすぎたか痛恨のターンオーバー。対する白鴎大は#00藤江、#10田中が3Pを沈めて82-91で何とか追撃を振り切った。

白鴎大は先週の明治大との激闘の疲れが残っていたというが、2敗をキープ。一方の日体大はいまだ1勝とインカレ出場黄信号の危機にさらされている。

写真:白鴎大#30アビブとの“逆ミスマッチ”を突いて3Pを決め、反撃の糸口を作った日体大#6宮村。満身創痍で戦ったが勝利を得ることはできなかった。


「チームのために何かができれば、その何かはなんでもいい」
4年分の思いを込めて引き寄せたリーグ初勝利

◆#10阿刀秀嗣(国士舘大・4年・SF)
090926_ato2こみあげるものがあった。
昨シーズンのリーグ戦全て、そして今シーズンも1・2週目は自分の名前が呼ばれることはなかった。上級生になると、1選手として思うところが出てくる。「自分はきっと、スタメンの練習相手で4年間を終えるんだろうな」。そう感じていた矢先、どうしても1勝が欲しい試合の、競っている場面で、阿刀はコートに立った。
当然、身体は硬くなる。
それを、応援席のメンバーが「大丈夫!」としきりに励ましてくれた。
思い出すと言葉にならない感情があふれて、「本当に…感謝、したいです」と絞り出すのがやっとだった。
しかし、そこは4年生。今後の話を向けると、チームをもり上げる普段の明るいキャラクターに戻って、力強く言った。「勝ち切る試合をしたい」。そして、「4年間分の気持ちをぶつけたい」とも。
2部8チームの中で最も時間がかかってしまったが、これで初日が出た。今後、どこまで巻き返すことができるか。


―リーグ初勝利おめでとうございます。今週は順天堂大が相手ということで何か対策はありましたか?
「まず、シューターには抜かれてもいいので詰めること。あとはとにかく全員でディフェンスリバウンドに行くことを心掛けました。セカンドチャンスには(順天堂大#4)山本も(順天堂#10)趙も強いので、そこは絶対に与えないようにしようというのと、ディフェンスリバウンドが取れれば自分たちのオフェンスにつなげられるので、試合前からリバウンドと言っていました」

―確かに要所でのリバウンドを抑えて、順天堂大に波に乗るチャンスを与えませんでしたね。
「そうですね、やっぱり“怪物くん”(※#13馬を指す)がいるので。彼も3年になって自覚が出てきて、周りにどんどん声を掛けてくれています。4年があまりコートに出ていないので、あいつが中心となって、リバウンド、ディフェンスを固めることを特に今日は意識していました。前半に同点にされたときも、皆リバウンドへの意識がなくならなかった。そして今日はとにかく馬隆に尽きるんですが、ディフェンスリバウンドを頑張り続けてくれたことが大きかったと思います。それに、誰も気持ちを切らすことなく、声を出し続られたので勝てたと僕は思います」

―そこは“もう負けたくない”という気持ちだったのでしょうか?
「そうですね。もし今日5敗目ということになったら、インカレがかなり厳しい状況になっていました。もちろん1勝した今もまだ厳しいことには変わりありませんが、チームをインカレに連れて行きたいし、下級生に僕らの姿をしっかり見せたいという気持ちもあるので、明日からも頑張りたいです」

―この試合では、自らコートにも立ちましたが、その感想を聞かせてください。
「チャンスがあればできる限り、精一杯頑張ろうと決めてはいました。…んですが、皆見ていてわかったと思いますがひたすら緊張していました(苦笑)。今週は練習の調子がずっとよかったので、言ってみれば“圧勝しろ、それで僕にチャンスをくれ”みたいに思っていたんです。30点差くらいついたら出られるかな、と。それに、大差で勝っているときに出れば楽な気持ちでできるじゃないですか。それが、競っているときに呼ばれた。正直、これまでの3年間で自分として満足したときはなくて、いつもスタメンの練習相手が僕の仕事だったし、僕はたぶんそういう仕事で4年間を終えるんだろうなと思っていたので、こういう機会を与えてもらって嬉しかったです」

―緊張したとのことですが、応援席のメンバーが色々と声掛けしてフォローしてくれていましたね。
「はい。本当に…。自分のことをすごい支えてくれて。特に4年には、感謝したいと思います」

―今シーズンは練習で調子のいいメンバーにチャンスが与えられる形なのですか?ベンチのメンバーに求められている役割というのはなんでしょうか。
「もちろんスタメンは固定ですが、ベンチから出るメンバーに関しては調子がいいやつがどんどん出ていくこともあります。その中で僕は三村(#17)が休憩するための要員。その辺りはわかっているつもりです。僕はチームのために何かができれば、その何かは別になんでもいいんですよ。やっぱりこういう、皆が盛り上げてくれるキャラなので、それを前面に押し出して、僕らしく頑張れればと思います」

090926_ato1―今年は1年生が多くコートに出ていますが、4年生としてはどうまとめていますか?
「とにかく、僕が、1年よりはしゃぐ!でしょうか(笑)。まとめることはうまくできないので、僕や吉満(#4)や、とにかく4年が1番テンション高く、一生懸命、楽しそうにバスケをやることは心掛けています。1年生といっても頼りになる選手たちですから。それで感じてもらえればいいなと思いますし、実際に感じるものがあって皆が僕らを応援してくれているなら、心の底からありがたいことだと思います」

―どうしても去年のチームと比べられることが多いと思いますが、この1勝で今年らしいカラーは見えてきましたか?
「今年は若いチーム。なのでオールコートバスケットができたらリズムがよくなります。プラス、馬隆(#13)という絶対的な大黒柱がいるので、そこを基点としたハーフコートもできる。ただ、チームのまとまり、ケミストリーがないとその持ち味を勝ちにつなげられないと思うので、そこはこれからしっかり固めていきたいです」

―外から見ていて、まとまりが足りないと思うこともあったのでしょうか?
「リーグ第1・2週の4試合は、まとまりきれない時間帯がやっぱりありましたね。それをなくすためには、去年の戦いも知っている僕ら4年生が出る出ない関係なく働かなきゃいけないと思います。今日に関しては、とてもいい雰囲気でできていたと思いますよ。最後の最後までしっかり攻め切って得た1勝でした」

―そのいい雰囲気を保つためにも、明日の第2戦が大事になるかと思います。
「そうですね。もちろん勝つつもりですが、結果がどうあれ、次につながる試合をしたいです。勝つなら勝ち切る。負けても、負け切らない試合というのを。相手からすれば“国士はイヤだな、最後もうあきらめろよ”みたいな印象を植えつけて、僕らはいい印象を持って、しっかり今週を終えたいです」


「残り9戦はもう負けられない」
チームを1部に上げるために、納得の4年間にするために

◆#00藤江建典(白鴎大・4年・F)
090926_fujie1苦しい体勢でも次々とシュートを沈めていく姿に、敵チームからは称賛の混じったあきらめのため息がこぼれる。
「準々決勝で青学に通用しなかったのが今の白鴎の現状」とはトーナメント時の言葉だ。春シーズンに唯一黒星を喫した“あの試合”をイメージして夏の間にトレーニングを積み、準備は十分だ。リーグでは、そこからさらにプレーの質を高めるべく日々模索している。チームメートとどう合わせるか。自分のシュートが来ていないときどうするか―。
3年前に2部に昇格してから、初めて白星スタートを切った今シーズン。最上級生になっても飽くことなく“1歩上”を追及し続ける藤江が、14試合を終えたときに見渡す景色はどんなものだろうか。


―今日は序盤に大量リードを得ましたが、日体大の3P攻勢に点差を詰められるシーンもありました。それをどう受け止めていますか?
「確かに相手の#6(宮村)のスリーで一気に追いつかれてしまった時間がありましたが、あれは(#30)アビブがついているのである程度はしょうがないと思っていました。その分、他の、自分や(#10)田中、(#32)黒川のところで簡単にやられることだけはないよう心掛けました。僕たちは1人1人のポジションを見ると自分にしても(#5)千葉にしても小さいので、スクリーンが来たらスイッチしていいから皆で守ろうと言っていました。それで終盤は千葉がアビブのヘルプに出たりして、対処できたんじゃないかと思います」

―では、2戦目に向けて修正すべき方向性は見えているという感じでしょうか。
「はい。今日は1Qが終わった時点で皆安心しきっていた部分がありました。各Qを0-0から始まる意識でやっていたら前半でもっと開けたかなと思うので、2戦目は今日以上にもっと自分が言っていければ。チームキャプテンは千葉なんですが、ゲームキャプテン的な役割は自分が任されているので、そういう面で自分がしっかりするべく、明日はもっとしゃべっていきたいです」

―初週に、“明治に2勝できれば1位が近づく。2週目の明治戦がヤマ”と言っていましたが、その明治戦を結局2つとも落としてしまって、そこから今週はどう立て直してきましたか?
「先週の明治戦が終わった後は…皆疲れていて。普段ならなんともない練習なのに足が動かなくて全然ダメでした。この試合に関してはとりあえず気力、という感じです」

―今日の試合後、#10田中選手と共に齋藤監督と長く話していましたが、それはどんな話だったのですか?チームに関して?それとも2人のプレーに関して?
「今日、疲れもあって自分と田中のシュート率がよくなかったんですが、“お前らはシュートの調子が悪くても、いつも20点くらいは取れるんだからもっと違うところに力を使え”と言われました。自分だったら、リバウンドやディフェンスのヘルプだったりでもっと頑張れば、自分のリズムが戻ったとき絶対シュートが入るから、と。今のやり方だと無駄打ちし過ぎているという話でした」

―それについて、自分としてはどう思っていますか。
「自分としては…わかっていたんですよ。タイミングの悪い、自分のリズムではないシュートも打っていて、それでパーセンテージが落ちているのは。どうしても、チームのリズムがよくない時間帯、今日も追い上げられたときがあったじゃないですか。そういうときに“やっぱり自分がやらないと”って気負ってしまうんです。それは変えていかないといけないなと思います。そうして20点差をつけたところからさらに30点差にして、ベンチにいるメンバーを出せるようにしていかないと、リーグはこの先まだまだ試合が続くのでチームとしてもたないなと思います」

―それでも最後は我慢が効いているように見えますが、春からリーグまではどのようにチームを作ってきたのでしょうか?
「春のトーナメントで青学にボコボコにされた試合があって、それを受けてまずフィジカルから作り直そうと、新人戦などがあった2ヵ月間はずっとトレーニングでした。バスケットの練習は一切しないでやったので、皆体重が5・6kg増えたんですよ。それで、全体チームに戻ってから色々なチームとゲームをやっても全く当たり負けしなくなったと手ごたえがあったので、次に“うちはやっぱりディフェンスだ”ということでまた1ヵ月くらいディフェンスの練習ばかり。オフェンス練習は全くやっていないです。身体も作ったし、自分たちが点を取れなくても、抑えればどうにでもなるということでとにかくディフェンスをやってきました」

―では、オフェンスは先ほどの話もあったように、リーグを通して作っているところでしょうか。
「オフェンスはフリーでも結構やれるやつが多いんです。黒川にしても、田中にしても。なので“これをやらなければ”と意識するのではなく、お互い合わせてやっています」

090926_fujie2 ―それで、試合中もコートでアビブ選手や黒川選手と話している場面がよく見られるんですね。
「うーん、逆に最近、“去年に比べて藤江さん静かになった”って後輩に言われたんですよ。“練習中も試合中も、なんか1人淡々とやってる”って。自分としてはそんなつもりはないのでその時は“そう?”と返したのですが、確かに去年の方が、ピーターと試合中もっとしゃべっていたかもしれません。アビブは言っても“わかったわかった”みたいな態度を取るので(苦笑)、必要最低限のコミュ二ケーションに抑えています。でも伝えるべきことは伝えていますよ」

―自分としては最後のリーグということで、去年までと違うところはありますか?また、どんなプレーを見せたいですか?
「今年はちょっとした怪我でも“なんで?最後なのに…”と思いますし、かける思いが去年よりもさらに強いです。去年は怪我をしてしまいましたし、その分までという感じですね。そして最後の年なので、絶対1部にあがって終わりたい。そのためにも、今年はドライブから周りに合わせるプレーも覚えたので、去年みたいにわがままなプレーだけではなく(苦笑)、そういうプレーをどんどんやって、違う自分を見せていかないと成長しないなと思っています」

―残り9試合、チームとしてはどう戦っていきますか。
「後輩には1部を体験させてあげたいので、先にも言いましたが1部に上がって、次の代につなげられるようにしたいです。よく千葉たちと“今年は絶対1部にあがって、インカレやオールジャパンにも出て、終わろう”と言っているんです。来シーズン、去年の4年生よかったねって言ってもらえるように、あとの試合はもう負けられません」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |