2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.09.20 (Sun)

【2009リーグ2部】9/20レポート

ここまで全勝は明治大と拓殖大
大東大は全員笑顔の初勝利をあげる


2部リーグは2週目を終えた。
開幕4連勝の全勝は明治大と拓殖大。両校は次週、激突することとなっており、見逃せない一戦となりそうだ。また、4戦目で大東大が全員バスケットで順天堂大を下して初勝利をあげた。これで全敗は国士舘大のみだが、復調の兆しが見えており、今後の戦いに期待したい。苦しいのは日体大か。拓殖大を相手に前半は65点を許し、自らは28点しか奪えないという状況。1部復帰を誓う日体大にとっては、苦しいリーグ戦となっている。ここから意地を見せて欲しいところだ。


【9/20結果】
明治大93(25-18,14-19,20-15,34-21)73白鴎大
国士舘大75(19-20,14-27,21-17,21-15)79早稲田大
大東文化大87(18-14,16-11,24-27,29-19)71順天堂大
日本体育大70(17-27,11-38,16-24,26-19)108拓殖大

※各試合のレポートと、白鴎大・黒川選手、大東大・今井選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【REPORT】
明治大が白鴎大に連勝で春のリベンジを果たす
白鴎大は最後まで追いすがるも20点差で敗北

明治大93(25-18,14-19,20-15,34-21)73白鴎大
090920chiba第1戦後、「自分がアビブ(白鴎大#30)につくとは、正直思っていなかった」と語ったのは明治大#3金丸英悟(4年・PF)。出てくるインサイド陣が次々とファウルトラブルに陥り、明治大とのゲームプランと違ってしまったのが第1戦。2戦目はセンターに#41飯沼(4年・C)を起用。だが、「スタメン起用にあっぷあっぷしてしまって、前半はダメだった」と飯沼。早々に2ファウルとなり、#31駒水(3年・C)とチェンジ。だが、出てきた駒水もファウルトラブルに陥り、結局、#3金丸英悟(4年・PF)が白鴎大#30アビブ(1年・C・岡山学芸館)とマッチアップするという、第1戦とは変わらない状況となってしまう。対する白鴎大は、稼ぎ頭である#00藤江(4年・F)、#10田中(3年・G)、#30アビブの3人が得点を重ねていく。1Q終了時には、7点差で明治大だったが、2Qに入ると、白鴎大は#00藤江の破壊力抜群のオフェンスに加え、#30アビブの高さを生かしたプレーが功を奏し、明治大に2点差に詰め寄る。対する明治大は、#14金丸晃輔(3年・SG)の得点を中心にオフェンスを展開するも、残り2分半を切ると、そこから前半終了まで無得点。白鴎大は逆転する絶好のチャンスではあったが、これを生かしきれず、前半は2点リードで明治大。

「後半は落ち着いてプレーできました。後ろからディフェンスするのではなく、前で抑えることを意識して、アビブにはディフェンスをしました」(明治大#41飯沼)
この飯沼の言葉通り、後半は体を張ったディフェンスで白鴎大#30アビブをシャットアウト。リバウンドも簡単には取らせず、明治大に流れを呼び込むきっかけを作る。すると、オフェンスでは#21川崎(4年・F)の3Pを皮切りに、#14金丸晃輔も連続で3Pを沈めて、白鴎大を一気に突き放す。この展開に白鴎大はミスを連発。タイムアウトで立て直しを図るも、攻守共にちぐはぐになってしまい、点差は広がる一方に。それでも#00藤江が1人奮起し、得点を重ねていくが、いい雰囲気とは言い難い。4Qに入ると、白鴎大は#00藤江に終始。ディフェンスでは、#5千葉(4年・F)が気持ちを見せながらのプレーでチームを引っ張るが、点差は縮まらない。対する明治大は、#20若林(3年・SG)や#3金丸英悟の得点など、怒涛のオフェンスで34点を奪い、快勝した。

写真:白鴎大・千葉。気持ちのこもったプレーは必見。この日も最後まで”気持ち”でプレーした。

※白鴎大・黒川選手のインタビューは下へ。



復調の兆しは見えつつある国士舘大
最後は詰められるも早稲田大は連勝

国士舘大75(19-20,14-27,21-17,21-15)79早稲田大
090920mimura第1戦とは打って変わって、上々の立ち上がりを見せた国士舘大。#22板垣(1年・F・八王子)や#19平田(1年・G・埼玉栄)の外角シュートなど中心に、早稲田大と互角の展開を演じる。対する早稲田大は、第1戦に引き続き、#00金井(3年・F)が攻撃の中心。積極的にオフェンスを仕掛け、得点を重ねていく。1Qは競った展開となったが、2Qに入ると早稲田大が抜け出す。立ち上がりから#00金井が連続得点でチームを勢いづけると、そのまま点差を広げていく。一方、国士舘大は「集中力が切れてしまった」(#17三村)というように、このQは早稲田大が27点のところを、14点しか奪えず、失速。点差を開けられてしまった。

後半に入ると、国士舘大は#13馬(3年・C)を中心に得点を重ね、早稲田大に追いすがる。だが、早稲田大も#20久保田(2年・C)が本領発揮で、内外角からシュートを決めて譲らない。4Qに入っても、ペースは早稲田大にあったが、終盤になると国士舘大が怒涛のオフェンスで一気に4点差まで詰め寄る。早稲田大はこの展開に面食らったか。冷静さを失い、ミスを連発。ベンチからも厳しい声が飛ぶが、なんとか逃げ切って連勝で第2週を終えた。

「普段の練習から、気持ちの持ち方が良くなかった。“勝ちたい!”という気持ちが足りないのが、出てしまったのが昨日です。でも、昨日の試合の後にベンチに入っていない4年生も含めて“明日は頑張ろう。勝とうという気持ちを持ってやろう”ということを話して臨んだ結果が、この競った展開です。あと必要なのは、1試合を通して集中力を切らさないという気持ちだけ。試合を見据えた練習をしていきたいと思っています」(国士舘大#17三村)

写真:国士舘大・三村。思うようなプレーができていないことは確かだが、その中でも「自分や馬隆さん(#13)は、去年から試合に出ているので、その経験を生かしてやらなければならない」と決意を語った。



大東大が初勝利!
順天堂大はまたも第2戦で黒星

大東文化大87(18-14,16-11,24-27,29-19)71順天堂大
090920tanaka第2戦も立ち上がりから接戦を繰り広げる両チーム。順天堂大は#4山本(4年・C)、#10趙(2年・C)の2人、大東大は#7今井(2年・C)や#15遠藤(2年・F)を中心に得点を重ねていく。試合が動き始めたのは2Qに入ってから。大東大は#15遠藤のジャンプシュートなどでスタートダッシュを切り、6点差とすると、順天堂大はたまらずタイムアウト。リードを奪った大東大だが、「ここで抜いたら、昨日と同じだ!」と気を引き締めてコートへ。その後、順天堂大はフリースローでしか得点を重ねられず、重い展開を抜け出せないが、大東大も#7今井がファウルトラブルでベンチへ。すると、順天堂大は#10趙が奮起。#6八木(3年・G)の速いパスからの得点と、ドライブでチームを勢いづける。対する大東大は、#1本田(3年・G)が決め返して譲らない。その後は、大東大は#12小山(3年・F)のゴール下や#5兵後(3年・F)の速攻などで着実に得点を重ね、前半を9点リードで終える。

3Qは点の奪い合いとなる。順天堂大は#4山本と#10趙が何度もインサイドでオフェンスを仕掛ける。だが、大東大も粘って、#7今井は体を張ってゴール下で得点。また#1本田の3Pや#12小山の速攻で追いつかせない。3Q終盤になると、順天堂大は#8杉本(3年・F)の3Pが要所で当たって、大東大にタイムアウトを取らせる。また、その後のプレーで#10趙がバスケットカウントを決め、更には#8杉本が再び3Pを沈めて2点差まで追い上げる。しかし、大東大は#15遠藤が意地で3Pを決め返し、これ以上差を詰めさせない。3Qを6点差で終えた大東大。4Qの立ち上がりに、一気にカタをつける。まずは、#7今井の得点。その後、ベンチスタートの#45眞栄田(3年・G)がスティールから速攻に繋いで、10点差とする。順天堂大はたまらずタイムアウト。だが、その後も大東大は#37草野(2年・F)のバスケットカウントや#45眞栄田の3Pなど怒涛のオフェンスで順天堂大に後半最後のタイムアウトを取らせる。順天堂大にとって、このタイムアウトは大きかったか。タイムアウト後は#4山本、#13大下内(1年・PF・福大大濠)、#10趙とインサイドの3人が内外角から得点し、1分間で8点を荒稼ぎ。今度は大東大がタイムアウト。だが、この日の大東大は切れない。#45眞栄田の連続得点や#7今井のゴール下、更には#11田中が華麗なレイアップを沈めて順天堂大を再び突き放す。残り1分を切ると、大東大応援団は勝利を確信し、「初勝利!」コールが起こる。このコールにコートの5人は思わず笑顔。最後は87-71と16点差をつけて勝利。大東大が待ちに待った1勝を手に入れた。

「今日は、センターのところのオフェンスの部分で少し押さえられていたかな。昨日は、こっちがゴール下はよかったけど、今日はそこを決め切れなかったり、アウトサイドが決まらなかったりした。先週も今週も、初日は勝って、2日目は負けてという流れ。やっぱり2日勝たないと意味がないと思うので、今後も頑張っていきます。あとは、5人目以降がもっと試合に絡んでくることが出来れば、違ってくるんじゃないかなと思っています」(順天堂大#6八木)

写真:ベンチスタートの田中の活躍も大東大勝利に大きく貢献した。ボールハンドリングはOBの竹野(新潟アルビレックスBB)や阿部(レラカムイ)を彷彿とさせる。

※大東大・今井選手のインタビューは下へ。


怒涛のオフェンスで前半で勝負を決めた拓殖大
日体大は”らしさ”を出せない試合が続く

日本体育大70(17-27,11-38,16-24,26-19)108拓殖大
090920horita前半終わって、65-28で拓殖大。前半で勝負ありといった試合だった。後半に入って、日体大はなんとか立て直そうと各選手が懸命にコートを駆けるが、“らしさ”は出せていない。「きちんとやれ!」「まだまだ!」。コートに立つ選手が互いに声を掛け合うが、コート上で目立つプレーはミス。また、ディフェンスを仕掛けても、拓殖大に簡単にシュートを許してしまう。対する拓殖大は、試合序盤から怒涛のオフェンスで日体大を突き放す。一度波に乗った拓殖大は、とどまることをしらず、2Qにいたっては10分で38点を稼いでみせた。最後は、ベンチメンバーも全員出場させ、100点ゲームで快勝。明治大戦へ向けて弾みとなった試合になったに違いないだろう。一方、惨敗を喫した日体大は、試合後、小谷コーチと主将#12堀田(4年・G)が話し合っているシーンがあった。このままでは、1部復帰は危うい。リーグ戦に入ってから、日体大らしさが出せていないチームをこれからどう再建していくか。注目である。

写真:日体大・堀田。試合中は、結果がついてこない状況に難しい顔をしてのプレーが目立つ。簡単なミスも多く、思わず声を上げて頭を抱えるシーンも。



【INTERVIEW】
「ガードがしっかりしないと」
1部昇格を狙う白鴎大の2年生司令塔

◆#32黒川拓馬(白鴎大・2年・G)
090920kurokawa“もっとこうしなければ”というフレーズがたくさん出てきたインタビューだった。春、これまで白鴎大の司令塔を努めてきた店橋(現・クラヤ三星堂)が卒業。同時に、黒川が白鴎大の司令塔となった。白鴎大には、大学界でも破壊力抜群のオフェンス力を持つ#00藤江やセネガル人留学生#30アビブ、そして入りだしたら止まらないシューター#10田中がおり、タレントは豊富。この点取り屋たちをどう動かすか。これが、黒川の課題となっている。どうすべきか、ということは明確になっているであろうことは伺える。あとはそれを体現することができるかにかかっている。

―明治大には連敗という結果になりました。トーナメントは勝っていただけに、いいイメージを持って試合に臨めていたのではと思ったのですが、実際はどうだったんでしょうか?
「もちろん、春に勝ったといういいイメージもありましたが、それ以上に去年のリーグ戦のイメージの方が強かったです。齋藤さん(齋藤監督)にも、そこは“チャレンジャーで、挑戦する気持ちで”ということを言われていました。なので、トーナメントで勝ったというよりも、去年のリーグでは負けたんだ、というイメージを持って試合に臨みました。リーグが始まってからは出だしが悪いことが多かったので、最初からしっかりやっていこうという話でした」

―第1戦を踏まえて、第2戦目の戦い方というのは?
「昨日は、金丸晃輔さん(明治大#14)にやられた部分があったんですが、それ以上に3Pでやられすぎました。3Pは明治の武器なので、そこをしっかりとディフェンスしようという話でした。あとは、うちがいいときは速攻の形が出るときなので、そこを出せたらということだったんですが…なかなか出せずに終わってしまいました」

―前半はほぼ互角の展開に持ち込みましたが、この試合は、3Qでつまづいてしまいましたね。
「そうですね。昨日は2Qでつまづいたんですよね。だから、今日は我慢していこうと言っていたから、2Qは我慢できたんですが、3Qが…(苦笑)。悪いところが出てしまいました。こうして悪いところが出てくると、藤江さん(#00)やアビブ(#30)に頼りきりになってしまう部分が多くなってしまうんです。ボール回りも悪くなってしまうし…。日体戦では、ボールを回すことを意識してやっていきたいなと思っています」

―明治大は春のトーナメントでも戦った相手でしたが、春の明治大と何か違った点があったら教えて下さい。
「シュートが入るというイメージはもともとあったんですが、“ここ!”っていうときに、5人全員がしっかりしていて、点差を開けなければならない場面がわかっているなというのは感じました。そして、チャンスの時は、10点、20点を一気に開けられる力も持っていると思いました。そこで、我慢できなかったのが、うちの課題の1つです」

―ゲーム中に“立て直そう”ということは、思ったと思うのですが、具体的にどういうことをしようと考えていたのでしょうか?
「ガードとしては、もっとセットオフェンスのコールをしなければいけないということを齋藤さんからも言われていたし、自分でも思っていました。でも、藤江さんの1対1がはじまると、みんなが見てしまう部分があるので、もっと早めにコールするだとか、ディフェンスからブレイクを出すだとか、その辺はガードとしてももっとみんなに指示できるようにならなくてはいけないなということを感じました。タイムアウトでも、積極的に話しかけていったりだとか、そういうことをしていかなければならないと感じています」

―ちなみに、この2日間の自分の出来はどれくらいでしょう?
「まだまだですね(苦笑)。4年生に頼りすぎてしまうんですよね。ガードがしっかりしないと上手くいかないということはわかっているので、直していかなければならないなと痛感しています。2部のガードはしっかりしている人が多い。それに比べたら、自分はまだまだですね。ポイントもわかっていないし…。もっと信頼されるように練習からしっかりと頑張っていきたいと思います」

―黒川選手は、昨年もリーグ戦を経験していますが、今年のリーグで成長したい部分や、こういうことをやってみたいということがあったら教えて下さい。
「アビブが入ってきたことで、そこを生かしたセットプレーの数が増えました。なので、どこでどのセットプレーを使うのかということを、頭を使いながらやっていきたいです。あとは、ブレイクのときは、自分がスピードを出して、速い展開に持っていけるように。速い展開に持っていくことが自分達にとって一番大事だと思うので、それができるようになりたいです。あとは、ミスをなくす。トーナメントでもターンオーバーが多かったので、ミスを減らしていけるように頑張っていきたいです」

―さて、来週は日体大戦ですが、どのように戦いたいですか?
「明治は、高さでディフェンスをしてきたんですが、日体はきっとディフェンスは激しく当たってくると思うので、ボールを回していくことを意識したいです。あと、この2戦は、みんなも絶対に明治に1勝したいという気持ちはあっただけに、この負け方はかなり悔しかったです。だから、次の日体戦は本当に大事になってくると思います。特に2戦目の後半では、気持ちの面でも疲れが出てくるけれど、そこでしっかりと気持ちを持ってできるようにしたいです。ガードとしては、藤江さんや田中さん(#10)、アビブといった、得点を取る選手にいいシュートを打たせてあげられるようなゲームコントロールをしたいです」



自分が頑張るのは「みんなのため」
黙々とプレーを続ける大東大の仕事人

◆#7今井龍野(大東文化大・2年・C)
090920imai派手さはないが、懸命さが光る選手だ。
原動力になっているのが、試合に出ていない4年生の存在であり、ベンチや応援席から声をかけてくれるチームメイトのためであると言う。昨年のリーグ戦終盤からスターターとして定着しているが、今季が2年目のまだ若い選手。「今日はセンターのオフェンスの部分で少し抑えられていた」と順天堂大#6八木が語るように、ディフェンス面での順天堂大#4山本に対しての好ディフェンスが、チームの勝利に貢献したといっていいだろう。

―初勝利ですね!おめでとうございます。
「ありがとうございます。うれしいです(笑)」

―勝因は何だと思いますか?
「昨日より、うちのガード陣の調子がよくて、外からのシュートを決めてくれたおかげだと思います」

―第1戦目は、負けはしましたが、“やれる”と思った試合だったのではないでしょうか?
「そうですね。うちはガード陣を中心に試合をするチーム。みんなの外のシュートが入らないときは、リズムが悪くなってしまうんです。昨日は、リズムが来るまで待っていたんですが、全くシュートが入らなくて。あとは、勝負所でリバウンドを取られたりしたせいで負けたんですが…。でも、今日は最初から何本か決めて、“いけるんじゃないかな”と思って。3Q、4Qになって、相手がインサイドやミスマッチをついたプレーをしてきたけど、我慢できました」

―順天堂大戦に出るにあたって、意識していたことがあったら教えて下さい。
「自分のポジションではなくて、4番のところでミスマッチがあって、相手はそこを結構狙っていたんです。だから、自分はできるだけ寄ってあげたり、ダブルチームにいったりして。そこら辺を意識していました。リバウンドも、相手のほうがガタイがいいから、ボックスアウトをしっかりしようということを心がけていました。そうすれば、ガード陣がリバウンドに飛び込んできてくれるので。これは、約束事なんです」

―第1週目はファウルトラブルに苦しんだ今井選手ですが、この2戦は最後までコートに立ちましたね。
「そうですね。先週も2戦目はよかったけど、最後はファウルアウトしてしまって、1年生のセンターが出なきゃいけなくなりました。あの試合が終わった後に、みんなから“お前がファウルアウトするのは、大きいよ”って言われて。今日は最初に3回くらいファウルしたけど(苦笑)、ちょっとやられてもいいから、ファウルをしないように気をつけていました」

―試合時間残り2秒で大東大はタイムアウトを取りましたね。あの時の指示というのは?
「この試合は勝っているけれど、リーグ戦の順位は、結果を見たときに勝ち負けで競っていたら、最後は得点で順位が決まる。だから、できるだけ点差を離せるようにみんなで頑張ろうという話をしました」

―大東大の選手はみんな楽しそうにプレーしていますね。ベンチからも“楽しくやろう”という声がたくさん飛んでいますよね。
「そうですね(笑)。でも、うちは下級生を中心とやっているので、調子が悪いときは頭を下げて落ち込んだりするときもあります(苦笑)。でも、ベンチに出てない3・4年生とかも、上級生が応援してくれる。だから、出ているメンバーがもっと明るくプレーして、ミスもみんなでカバーして、みんなでみんなでということを意識してやっていきたいです」

―キャプテンの石井選手(#84)をはじめ、上級生はあまり試合に出られないというチームの状況の中、自分はコートに立ってプレーしているわけですが、責任感ややらなくては、という気持ちはありますか?
「それは本当にありますね。うちは、部員が50人くらいいるし、Bチームも頑張っている。試合に出ているときは、みんなのためを思って頑張っています。みんなのために頑張ることが、自分のためにもなるし。あとは、みんなは本当に応援してくれているから、みんなのために頑張ろうっていつも思ってプレーしています」

―昨年は1部リーグでのプレーでしたが、今年は2部でのプレーです。何か違いなどは感じますか?
「うーん…。去年は、ガードは上手い人が多かった。うちは去年は1年が出ていたから、全然上手くいかなかった。でも、2部になるとうちのガード陣がやれるから、そういうところで自信が持てるんじゃないかなって。試合中はリードしても、リードされても、やれるから全力で頑張れると思っています」

―さて、来週は早稲田大との試合ですね。
「今日の国士舘の試合を見ていたら、早稲田は結構外が入っていました。でも、順天と比べるとインサイドの体格がないから、自分がインサイドを頑張って、ガードのカバーをしていけたらと思っています」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2009リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |