2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.09.20 (Sun)

【2009リーグ1部】9/19、20写真

090920_13.jpg
初戦では完璧な速攻を連発した慶應大・二ノ宮。「パスを出すタイミングとしては目指すところに行っている。あとはもらうタイミングをもう少し良くしていきたい」と前向き。


[続きを読む]

090920_3.jpg
昨年の最悪の状態から再び上昇中の日本大。篠山に加えて石川、熊澤といったガード陣の層が厚くなり、ゲームのバリエーションが増えてきた。ここからどう存在感を示すか。



090920_2.jpg
今年は日本大の応援団もにぎやか。20日は熊吉に対してバースデーの歌も贈られた。



090920_4.jpg
周囲の調子があまり上がっていない中、奮闘の見える神津。



090920_1.jpg
#11長谷川や#21加藤が気持ちよく決められるようになってくれば、チームとして良くなっていくだろう。



090920_5.jpg
中央大の初戦、試合前に小野が何か言うと、ハドルの中で笑いがおきていた。



090920_7.jpg
中央大は竹原も安定して得点を重ねている。



090920_6.jpg
4年生として唯一スタメンの藤井。下級生を導く存在になれるか。



090920_14.jpg
4年生となった佐々木。勝負の年だ。



090920_15.jpg
選手層が厚くなり、プレイングタイムを分け合っている青学だが、渡邉の存在感はやはり大きい。



090920_8jpg.jpg
ともにタフなフィジカルのぶつかり合いとなった慶應大と東海大。審判の判断一つで笛が鳴るか鳴らないかというきわどい競り合いが続いた。この場面では酒井が遥からボールを奪い取った。



090920_9.jpg
初戦では思うような動きができなかった前村だが、2戦目は何度もペイントに切れ込み、レイアップを決めた。



090920_10.jpg
田上の調子は春より段違いに良くなった。元はインサイドプレイヤーと思えない柔らかいタッチのシュートが魅力。



090920_11.jpg
慶應大のパネルがバージョンアップ。モッパーへのメッセージには、良好なフロア状態でケガなく試合を行いたいという思いもある。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2009リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |