2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.06.28 (Sun)

【2009新人戦】6/28 青山学院大学インタビュー

090628aogakuall

※青山学院大・長谷川監督、伊藤選手、辻選手、織田選手、福田選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

◆長谷川健司監督
090628HASEGAWAKENJI.jpg-優勝おめでとうございます。
「まあ、良かったです」

-準決勝の筑波戦は足が止まってしまうような場面が見受けられたのですが、今日の出足は速攻が出ていて全く違いましたね。
「昨日は僕自身も悪かったんです。筑波に対してアドバンテージが欲しかったので、インサイド中心、インサイド中心と言い過ぎて選手もそれを意識しすぎてオフェンスもちょっと止まってしまった。重たくなっちゃった。今日は最初の部分はチームで攻めきるぐらいの、うちが普段やっているような練習のオフェンスをやろうと。あまり相手のどこをつくとかそういうことはあまり考えないで、最初の5分でぼーんと10点あくことはまずないし、例えあいてもそれが致命傷になることはない。相手にアジャストするためのことは途中からにしようとしたことが、少し良かったのかもしれないです」

-そんなにうまく走れるとは?
「それは思わなかったです。相手に簡単にイージーなシュートを打たれたし。日大はやはり石川海斗(#8)だから。彼と熊(#21)のピック&ロールからのエントリーと海斗がウイングに来て、熊に寄ってそこからのローポストエントリーのその2つ。やはりああいう小さくてうまい選手にパスラインを増やしてしまったらしんどくなる。周りは渡部(#4)、飛田(#22)、名塚(#10)、みんなシュートがうまいし。そこでやられたくはなかったんだけど、最初ははやり熊のところで簡単にやられて石川に切られて外を打たれた。1Qで24点はちょっとやられすぎ。その分こっちのオフェンスも点数は取れていたから良かったんですが。ただ今日はディフェンスでイージーなやられ方がちょっと多すぎた。どうしてそこがノーマークなの、みたいな。特に3、4Qはディフェンスが向こうのコートになるから言っても届かない。自分たちでやれればいいけど、ところどころ穴が空いてしまう。そこはやっぱりみんなで協力してディフェンスをしなければ。1回や2回はいいけど、やられ方が悪い。その辺が新人チーム」

-この試合まで少し気になったのが、辻選手(#5)が持つと全員の足が止まってしまう部分だったんですが。
「そう。辻がなんとかするだろう、と足が止まってしまうよね。ドリブルから入らないでカットから入れとは言っているけど、すぐシュートエリアに行こうとする。バスケットはすぐシュートエリアに入れるほど甘くない。もっとスペースをうまく使うことをしてからやらないと。だから今日はところどころナンバープレーを使うしかないなとちょっと多くしました。それで石川海斗をミスマッチですこしやっつけようと。そこで2つ3つ(ファウルを)やってくれればそこでうちが大きくリードを取れると。もうちょっとインサイドにボールを入れればもう少しファウルしてきたと思うけど。相手の裏をかくずるがしこさをもっと身につけないといけない」

-今日は2年生5人がほぼ40分出場でした。
「こういうトーナメント戦の決勝というのは、相手にアジャストしたら優勝できないし、決勝戦で一番大切なのは集中力とか闘争心とかメンタルの部分。それは1年より2年の方が優勝したいという気持ちが強いだろうと、だから1年はちょっとね。もちろん勝負が決まれば別だけど、2年生の勝ちたい部分に賭けたかったので(1年に)替えたくはなかった」

-最後の2試合は欠場となった比江島選手ですが、ユニバーシアードと新人戦とでいっぱいいっぱいだったようですが、使っていたのに理由はありますか?
「大変そうだったよね。だからシックスマンという使い方になりました。いなくても何とかなったとは思うけど、将来的に比江島がいるパターンも練習しておきたかったということです。やはり練習よりゲームで、という部分も多いので。彼は3Pもうまいから、いつものようにターンするようなプレーだけではなくてそういうのをやらしたい部分がありました」

-春はトーナメントでは惜しい部分もあって、4年にミスがあったのがらしくなかったとは思いましたが、ユニバの候補に5人を出していたのはやはり大きかったのでしょうか?
「慣れがなくかみ合わない部分がありましたね。今年は特に例年になく使える選手が多くて、試合で使える組み合わせが多い。それを京王電鉄杯では全員が揃った試合があまりなく、そのうち1試合は東大戦だったのでゲームで組み合わせをそれほど試せなかった。そこが結果につながった部分はあるかもしれない。だから夏はやることがたくさんありますよ。やりたいことが頭の中でいっぱいうごめいています」


「優勝して先輩たちにつなげよう」
青学大のスピリットを引き継ぐ、クレバーで熱い司令塔

◆#12伊藤 駿(2年・PG)
090628ito.jpg強い意志とリーダシップをあわせ持っているのが一目で分かる。自分やチームのプレーを的確に振り返る客観性やクレバーさも備える。
青学大の司令塔は、そのクレバーさがないと務まらない。調子がいいのは誰か、あいているのはどこか、ミスマッチは。そういったことを瞬時に判断せねばならないスタイルだからだ。
伊藤は昨シーズン、負傷もあってプレータイムを伸ばせなかったが、それを感じさせないパフォーマンスを披露した。まだまだ未完成なところもあるが、これぞ青学大のガード、と周囲に思わせるには十分だった。
決勝では、日本大・石川海斗との“先輩後輩対決”に注目が集まったが、伊藤は司令塔としての部分で後輩を圧倒してみせた。
「プレーではリバウンドやルーズボールなど地味なところを頑張ろう、気持ちの面では仲間に声を掛けることを忘れずに」
秋、そして2年後に向けて、伊藤の飛躍は止まらない。


―優勝おめでとうございます。青学大にとって大会の序盤は大差のゲームになることが多いですが、それが逆に後の試合に影響することはありましたか?
「確かにこの大会でも最初の2試合はバンと点差が開いて、次の準々決勝はいきなりレベルの違う試合になりました。正直、2回戦の國學院大戦なんかは後半気が緩んだところがあったと思います。なので、大東大との準々決勝のときは、皆で“気持ちを入れていこう”と言っていました。それを実行できたことによって、後の筑波大戦だったり最後の日大戦だったりというゲームにつながった…と言ったら変ですが、感覚的なもの、ゲーム勘や当たりの強さみたいなもののスイッチが入りました。それに何より、皆でハドルを組むなど、試合の中でコミュニケーションをしっかり取っていくことができたので、準決勝・決勝では大会序盤のような緩みはなかったと思います」

―今大会は2年生5人がスタメンでしたが、仲はいいんですか?
「気持ち悪いっすよ?(笑) 大東大戦のときから、前日に皆でメールを一斉送信し合っていたんです。“俺はこうやるから、皆頑張ろうぜ”とか。昨日なんて、あの福田が“明日は一味違うぞ”って送ってきたんですよ(笑)。うちのセンター2人は、見てわかるかもしれませんがあまりしゃべらないんです。でもそうやってチームのために考えてくれているんだなというのはすごくわかりました。ベンチのメンバーの気持ちもそういう意味では忘れなかったですし、気持ちをしっかり持って試合に臨めたというのは大きかったと思います。2年生は全部で6人なんですが、6人でしっかりと団結できたことは自分としてもキャプテンとしても大きかったです」

―今日の試合でよかった点、反省点をあげるとしたらどういったところでしょうか?
「今日は点差があまり離れない試合で、ちょっと離してもすぐ詰められたりしたんですが、そういうところで気持ちが切れなかったのはよかった点ですね。反省点は、まず自分としては高校の後輩の海斗(日本大#8石川)をどれだけ止められるかというのが今日のキーだったんですが、終わったあと“まだいけたなぁ”という思いがあって、そこをやらせてしまったところです。チームとしては、相手が勢いづいたときにもっと声を掛け合っていればというのがあります。そこは自分が先頭を切って言っていくべきだったんですが、特に前半はイライラしてしまって…。でも、そこで他の2年生が声を掛けてくれて、そこは本当に助けられました」

―その反省点にあげたコミュニケーションですが、トーナメント準決勝の敗れた後、長谷川監督は“コミュニケーションが足りない”ということを嘆いていました。
「練習中だったり、トーナメントが終わってからもコミュニケーションの事に関しては言われていました。だから、この大会に入る前から“コミュニケーションは取ろう”という話はしていました。それがこうしていい結果に繋がったのかなと思います。今回、キャプテンを任されて、コミュニケーションの必要性が本当によくわかりました」

―“キー”とおっしゃった石川選手ですが、日本大のオフェンスは彼から始まるので、そこを抑えた伊藤選手の活躍は今日の試合のポイントだったと思います。前半は長谷川監督に怒られている場面もありましたが、マッチアップしている時はどう考えていたのですか?
「怒られていたように、“もっとやれた”と思う部分もありました。でも、止められなかったからといって、落ち込んだということはないです。試合中に落ち込んでしまうのは一番悪いことですし。だから、すぐ“次は止める!”って気持ちをきりかえてやっていましたし、“止めてやろう”という気持ちでした」

―オフェンスでは何度かポストアップしていましたが、それは指示があったからなのでしょうか?
「ロッカールームで“ミスマッチを狙っていけ”と指示も確かにされましたが、監督に言われる前に自分で考えてやっていました。決勝の相手が日大と決まったときから、海斗は後輩だし、ガツガツやってやろうと思っていたんです。ミスマッチということもありますし、体格も自分の方がしっかりしていますから、監督から指示がある前に自分からポストアップしようとは考えていました」

―そういった“どこで攻めるか”という判断はゲーム感覚にもとづく部分が大きいと思いますが、伊藤選手は昨シーズンと今年の春となかなかコートに立つことがありませんでした。それは試合をやっていてどうでしたか?
「最初はやっぱり鈍っていましたね。それもあって大会前は練習試合を組んでもらったんですけど、40分出ることがきつくなっていて…。高校時代は3試合とか平気だったのに、本当にきつくて“あーまずいなー”って思っていました(苦笑)。でも、どうにか調整していこうという気持ちでここまでやってきました」

―今日のゲーム終盤は足がつっていましたね。
「はい、つりました(笑)。最後、海斗にドライブされたときに一気にきました。海斗に“動かないで”って言っていたんですけど、やってきましたからね、あいつ(笑)」

―そんな状況でも、大会を通してリバウンドやルーズボールなど、地味なプレーを本当によく頑張っているなという印象を受けました。
「プレーでは何もできないので、どれだけチームのみんなに、リバウンドやルーズボールで勇気を与えられるかということをずっと考えてやってきました。プレーの面ではそういう地味なところを頑張ろうと思っていて、気持ちの面では、声をかけることを忘れずにやっていました」

―今日の試合は一番青学らしい試合だったと思うのですが、自分ではどう感じていますか?
「みんなにそう言われたんですが、終盤に走れたっていうことが大きかったのかな。全員走ってくれるので、パスさえ出せばあいつらが絶対に決めてくれる。ディフェンスを頑張って、速攻につなげるというのが青学のスタイルなので、それはできたかなと思うんですが…僕は石川君にやられました(苦笑)」

―この新人戦メンバーの2年後のことを考えることはありましたか?2年生はそれぞれのポジションのバランスがとてもよいですが。
「それはあります。“5人で出られたらいいね”っていう話は、新人戦が始まる前からしていました。これから上手い選手がまた入ってくると思いますが、4年になったときに5人で出られたらいいなと思います」

―その日に向けて、まずは今秋のリーグですね。
「正直、試合には出たいですが、先輩方との差がまだまだあります。自分としては、その差をどれだけ詰められるか、ですね。あと、この大会が始まる前から、“俺らが新人戦で優勝して、先輩たちに繋げよう”って話を織田(#6)としていたんです。長谷川さん(青学大監督)に“新人が頑張ったんだから、お前らも気を緩めないで頑張れよ”って言わせるぐらい頑張ろうって、2人の間で話をしていました。だから、そういう意味では僕たちの目標というのは達成できましたし、この結果に、先輩たちが気持ちの面であったり、“こいつらも頑張ってるんだから、負けられない”って乗っかっていってくれればと思っています」


完璧ではなかったけれど「気持ちでカバーできた」
リーグに向け攻守ともに更なる鍛錬を誓う

◆#5辻 直人(2年・SG)
090628tuji.jpg辻は今大会、チームとしてボールを前へ運ぶこと、チームとしてスムーズにハーフコートオフェンスを展開することにこだわった。
ボールを持って指示を出したり、そうじゃないと首を振ったり。普段の朗らかな表情とは正反対の、苦い顔をする時もあった。だがその分、チームオフェンスの結果として最後に自分のシュートが決まった時は、一際大きなガッツポーズを作ってみせた。
新人チームに粗削りな部分はつきもの。優勝した青学大でも例外ではない。では、何が他のチームと異なっていたのかと言ったら、辻はひたむきな“気持ち”をあげた。
この気持ちがある限り、青学大はまだまだ強くなる。


―優勝おめでとうございます。青学大としても、辻選手としても久しぶりの優勝という感じでしょうか?
「ありがとうございます。高校での経験は、確かにここでは大きかったですが、優勝に向かっていく過程というのは今までと一緒なんです。高校であっても、大学であっても、1つ1つのことを大事にしていくのがカギでした」

―ただ、優勝は飾ったものの、プレー中の表情をみると、まだ表現しきれていない何かもあったのでは?と思わせられたのですが。
「そうですねー、あんまり…何て言うんですかね、合わない部分、というのは。もちろん短期間なので出てくるのは仕方のないことで、その中で1試合1試合重ねていくうちに合っていく部分もありました。ただ、それでもまだ合わない部分があったなというのは正直なところです。例えば、速攻で前に前にボールを運んでっていうのはあまりうまくいかなかったですし、ハーフコートでも、ボールも人の動きも全部止まってしまったりということがありました。そこでもっとスクリーンを使ったり、ポストを使ったりっていうのをやりたかったですね。でも、僕らは1・2年でまだまだ時間があるので、これからコミュニケーションをとっていきたいと思います」

―試合の中で、その合わない部分とどう向き合ったのですか?
「皆1人ひとり気合が入っていたので、そこは気持ちでカバーできました」

―2Qに相手がファールトラブルになったとき、きっちり10点差をつけたのが勝因になったのではないでしょうか。
「2Qは、相手のミスやリバウンドから速攻、という形を結構出せたのはよかったです。ただ、その勢いでもっと離せたチャンスもあったんですが、イージーシュートを落としてしまったり、皆の足が止まってしまって24秒ぎりぎりになったり。そういうところがまだまだ波に乗りきれないというか、詰めが甘いところ、自分たちの弱さでもあると思います」

―それでも、ついに逆転はさせませんでした。
「そこはやっぱり、さっきも言いましたが1人ひとり試合前からちゃんと気合が入っていたので。練習通りのプレーができていました。それが1番、詰められなかった要因だと思います。うちは1番内容の濃い練習をしていると思っています」

―大会を通してシュートを決めたときは大きなガッツポーズが出て、気持ちが出ていたのではないでしょうか。
「すぐ嬉しさを表現してしまうっていうのが自分なので(笑)。それでまたチームのムードがよくなればいいと思います」

―自分の調子としては、大会を振り返っていかがですか?
「実は、最初の試合は体調を崩してしまって出ていなかったんです。それもあって体力面が心配で、自分にとって最初の試合はやっぱりへばって全然得点も取れませんでした。でも、試合重ねるごとに体力が戻ってきたし、シュートタッチも結構良かったんですが、最後の決勝は何かよくわからないですけど入らなくなってしまって。決勝は、24秒ぎりぎりだったり自分のセレクションで打てていなかった場面もありましたが、はっきり言って調子は悪かったです。ただ、1年の時と比べると大会を通じてだんだんよくはなったと思います」

―5月のトーナメントではプレータイムがあまり増えなかったですが、それはまだ調子があがっていなかったのでしょうか?高校の後輩でもある比江島選手にポジションを譲る形になって悔しさはなかったですか?
「いやいや、そういうのはないですよ。それは別に何とも思っていなかったです。もちろん試合に出たいとは思っていましたが、調子がいい人が出るのがチームにとっていいこと。それで東海大戦は大事なところで出してもらいましたし、プレータイムを伸ばすには高晃さんや橋本さんといった先輩たちを目標にもっと頑張らないといけないと思います。ただ、トーナメントでは自分の調子が良かったので、“いつでも出て、いつでも決めたる”とはずっと思っていました。そういうのがあったのであの時は出てすぐシュートを決められた(※)と思います」

―自分の調子がよくてもなかなか出られないのは初めてですか?
「あぁ、そうですねー。でもそれは、日々の練習の中や練習試合など大会前にも評価はされていくので、そう簡単にはスタメンを取れたりしないと思うんですよ。だからこれからが勝負というか、また見直してもらうチャンスだと思っています」

―リーグに向けて、どういったところを補強していきますか。
「リーグでは接戦の難しい試合が、たぶん何戦かあると思います。3・4年生はそういう試合も今まで経験しているので、この夏で1・2年生がディフェンスなどを鍛えなおすことで、誰が出ても劣らないようなチームになれればと思います。自分としては、監督にも“外のシュートは相手にも脅威になっている。次は中に切り込むプレーももっとできるようになれ”と言われているので、次はそこに取り組みたいです。インサイドに入って行くには身体も作っていかないといけないですし、総合的にもっと伸ばしていきたいです」

※トーナメント準決勝の東海大戦では、終盤逆転されたところで起用されすかさず3Pシュートを決めたが、チームは80-83で敗れた。


「飢えた気持ちがプレイに現れた」
ハングリー精神で勝ち取った優勝の味

◆#6織田秀司(2年・SF)
090628oda.jpg積極的に1対1を仕掛けたかと思えば、激しいディフェンスから日本大のターンオーバーを誘発し次々に速攻でフィニッシュ。この思い切り攻める姿勢を前面に出すバスケットこそ青学大が求めるものだ。優勝に加えチームハイの28点を荒稼ぎしたことが評価され優秀選手賞獲得と充実の最終日を迎えた。
だが織田はまだまだ飢えている。全体チームにおいて主将の小林高晃を始め、ルーキーながらユニバーシアード代表に選ばれた比江島など、競争が激しいチーム内で出場時間を勝ちとるのは他大以上に至難の業だ。それでも織田はただのベンチウォーマーでいるつもりは毛頭ない。


―今の気持ちは?
「なんか優勝っていう実感がないんですけど、ようやく終われて楽しめました」

―試合を振り返っていかがですか?
「3Qで一回追いつかれてまずい展開になったときも、みんなでハドル組んで“我慢!我慢!”って言って。前だったら多分あそこで崩れていたんだと思うんですけど、JBLの人たちに相手をしてもらって、その練習試合を通じて我慢の時間帯を短くできて、4Qにつなげられてよかったです」

―2年生が主体だから崩れなかったということはありますか?
「はい、それは結構あって。2年生がやらなきゃいけないし、やっぱり1年生がいるチームには負けられない。途中自分は1年生とちょっと交代したんですが、大事な場面は長谷川さんにも“出してください!”って言ったし、最後は2年生が多いほうが絶対有利だと思っていたので。言いたいことも言えるし、1年生がいると1年生は遠慮してしまうし。2年生は6人いるんですけど、2年生5人で出られたことが幸せでした」

―今日の個人としての出来はいかがですか?積極的に1対1を仕掛けたり、思い切りの良いプレイが目立ち、とても楽しくプレイしているように見えました。
「やっぱり普段は出場時間が長くないし、流れを読みながら“この場面は打っていいのかな”っていう迷いがあるんですけど。1試合通して出ると“ここは打つ場面だな”とか“1対1で攻めよう”とかわかるし、やっぱり流れっていうものが読めるので。途中から出ると1本のミスが流れを変えてしまうかもしれないし。今日は自分もミスが多かったんですけど(苦笑)、でもそこは反省して、思いっきりやれた部分は良かった点だったと思います」

―2年生はお茶目な辻選手(#5)だったり、大人しい福田選手(#11)だったり、個性豊かな面々ですが、どのようにチームはまとまっていきましたか?
「なんかおかしな話になるんですけど(笑)、準決勝の前日くらいから自分が明日の電車の時間を連絡するんですけど、2年生には“明日から楽しんでいこうぜ!返信はいらないよ”ってメールを送ったんですけど、なんかみんなから返信が来るんですよ。佐藤(#20)なら佐藤で“俺を出してくれ!”とか中川(#32)は“明日の俺は一味違うから!”とか、辻なら“俺たちならもっといけるから、楽しんで優勝しようぜ!”とか。昨日もそういうやり取りをしていて、俺達バカなことやっているなって喋ったりしていて(笑)。たまに仲が良すぎてだらけたりしちゃうんですけど、そこは伊藤(#12)がキャプテンで中心になってくれて、いろいろ言ってくれて。自分は副キャプテンに任命されたわけじゃないですけど、中川と福田は大人しい感じで、辻はお茶目なので、自分がしっかりしなきゃなって思っていて、気合いを入れさせて。もう最後の4Qで福田が自分で攻められたのは精神的に成長できたと思うし、昨日の筑波戦では最初は落としたけど、それが今日にいきて4Qで突き放せたのは福田のおかげだと思います」

―福田選手は本当に実力を発揮してきましたね。
「いや、本当はもっとあいつできるんですけど、やっぱり気持ちで。いきなり点獲ったり、いきなりミスしたり、いきなりなよったり、そういうのが激しいんで。いつも“いけー!”って言っているんですけど、今日はそれが出て大分頼りになりましたね」

―随分早い話ですが、4年生になったときがすごく楽しみな5人ですよね。
「一つ下に比江島(#16)がいますけど、2年後は4年生5人がコートに立つほうが強いと思うんで。この5人で結束しあって、しっかりトレーニングするところはして、妥協せずに頑張っていきたいですね」

―今回は優勝に加え優秀選手にも選ばれました。今後チーム内の競争も激しいですが、どのようにステップアップしていきたいですか?
「4年生の小林さん(#4)であったり、このGFは人数が多くて競争は激しいんですが、この新人戦でここまでやれたのは、自信になりました。でも優勝選手賞をもらって嬉しいは嬉しいんですけど、チームで試合に出られないと話にならないし、もっと出たいっていう気持ちがあって。今大会はその飢えた気持ちがプレイに現れてできたと思うので、チームでももっと戦ってスタメンで試合に出られるように頑張りたいです」


「5人で一つになれた」
可能性を秘める青学期待の大型フォワード

◆#11福田真生(2年・F)
090628fukuda.jpg「本当はもっとあいつはできる」。チームメイトの織田はそう福田を評する。
トーナメントではスタメンに抜擢されたが、芳しい成績は残せなかった。だがこの新人戦決勝では、インサイドからアウトサイドまで幅広いプレイで得点を量産。日本大を突き放す原動力となった終盤の5連続得点は、その実力を垣間見せたに過ぎない。40分間高いパフォーマンスを持続できないメンタル面での課題はあるものの、そこはまだ2年生。これからどう化けるか楽しみだ。


―優勝おめでとうございます。
「今まで練習してきた成果が出て、優勝出来たので、本当に嬉しいです」

―試合を振り返って。
「自分はずっとあまり調子が良くなかったんですが、最後に活躍できて良かったです」

―競った展開で突き放す要因となったのは、福田選手の5連続得点ですね。
「そうですね。夢中でした(笑)。相手(名塚)とは身長差があったので、そこを突いていこうと思いました」

―良かった点、悪かった点は?
「ターンオーバーが多かったところが悪かったところで、良かったところはリバウンドで頑張れた分優位に立てたことですね」

―青山学院大はスタメンが全員2年生ですね。日本大がミスから立て直せなかった一方で、青学はミスを立て直すことができましたが、それは経験の差でしょうか?
「5人で一つになって頑張れたのが、日大との違いだと思います」

―チームの雰囲気はいかがでしたか?
「試合毎にそれは良くなっていきましたね。最後に一つになれたと感じています」

―話しは変わりますが、プレイスタイルも容姿も先輩の広瀬選手(07年主将/現パナソニック)にそっくりになってきましたね。
「先輩方にもよく言われます(笑)。偉大な先輩なので真似できるよう頑張ります」

―これからの目標は?
「もっと走れるようになって、シュート力もつけたいと思います」

―リーグ、インカレとありますが、チーム内の競争も激しいですね。
「今までスタメンで出させてもらっていたのですが、先のことはわからないので。地道に頑張って試合で活躍できるようになりたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:59  |  2009新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |