2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.06.27 (Sat)

【2009新人戦】6/27レポート

準決勝、日本大VS拓殖大は日本大が逆転で勝利
決勝は昨年準優勝の青山学院大VS2年ぶり進出の日本大に


090627nihon2.jpgこの日から戦いは上位と下位に分かれた。順位決定戦は白鴎大と大東文化大が制した。慶應大は積極性を出し切れず、また国士舘大もずるずる引き離された。準決勝の一つ、青山学院大と筑波大の対戦は2年生主体の青山学院大に軍配が上がった。経験値やインサイドの駒も少ない筑波大では対応しきれなかった。また、日本大と拓殖大の戦いは最後まで分からない接戦となったが、勝負所でバランスよく得点した日本大が勝利した。

決勝は日本大対青山学院大となった。
波乱も多少見えた新人戦だったが、決勝の組み合わせを見てみれば事前の下馬評と大きく異なるものとはならなかった。青山学院大は昨年準優勝。リーグ戦でも出場機会を得てきた選手が多く、春もユニバーシアード候補がいない間は京王電鉄杯などで下級生も経験を積んできた。チームの要は得点力のある#5辻(2年・SG)。勝負強いアウトサイドでチームを牽引している。また、派手さはないが#11福田(2年・F)が春から成長著しく、ユニバーシアード候補だった#32中川(2年・C)も勝利には欠かせない要素だ。まだ先輩ほどスムーズとはいかないが、青学らしい速攻でたたみかける場面も見えている。決勝ではこの足をどこまで出せるかが決め手になるだろう。
一方の日本大はバランスの良さでは大会一。1番から5番までのポジションが明確で、内外から得点できる。ベスト16では明治大、準決勝では拓殖大を激戦の末、しかも共に逆転で下した。#8石川(1年・G・明成)は切れ味の鋭い動きからパスをさばき、自らも果敢に得点に絡む。インサイドではタフな仕事をこなす#21熊(2年・C)がおり、アウトサイドでは#4渡部(2年・G)や#22飛田(1年・G・取手松陽)と、タレントは抱負だ。そこに#10名塚(2年・F)が内外で貢献する。1試合の中で得点が止まってしまう時間帯が見られるが、そこを我慢するメンタルタフネスもある。どちらが優勝を手にするのか、見逃せない決勝となりそうだ。

写真:拓殖大に勝利し、両手を広げて抱き合う日本大・渡部と名塚。



インサイド勝負で有利な白鴎大が安定した試合運びで勝利
慶應大は持ち味である粘りを出せずに敗退


白鴎大学83(22-21,14-18,24-12,23-21)72慶應義塾大学
090627yaji.jpg準々決勝では自分をコントロールできず暴言を吐いて一発退場となった白鴎大#30アビブ(1年・C・岡山学芸館)。しかし試合後には素直に反省し、謝ったと言う。この試合では最初から冷静に自分の仕事をこなした。序盤にバスケットカウントを獲得し、その後もゴール下で活躍。白鴎大は#65高橋(2年・G)、#22森田(2年・F)らここまで結果を出してきている選手が得点を重ねる。慶應大は#4松谷(2年・F)や#9金子(2年・G)、#15家治(2年・PF)のシュートでついていくが、インサイドを攻めきれず何度もターンオーバーとなってしまう。前半はアウトサイドが入ったためになんとかリードして終えることができたが、アビブ攻略が課題となった。
3Q、慶應大は#7原田(2年・C)がドライブからレイアップにいくもファウルはもらえず。その直後連続ファウルを犯し、5つで退場に。原田がいる間は厳しい中でもアビブにボールを入れられていない瞬間があったが、これで慶應大のインサイドは苦しくなった。#5麻生(2年・F)のリバウンドからのシュートや#4松谷の速攻もあるが、追う展開となった慶應大。佐々木HCが求める「早攻め」の形ができない。白鴎大は#22森田がドライブでファウルをもらい、#30アビブのリバウンドから#32黒川(2年・G)が速攻を出すなど、こちらは反対にやりたいことをやって慶應大に10点のリードをつけた。4Qもアビブの前に慶應大は得点が取れない。ゴール下に攻め込んでもブロックに遭い、中が安定しないためにアウトサイドも入らない。それでも#15家治が気持ちを見せてバスケットカウント、松谷のリバウンドを受けてゴール下を決めるなど、4点差にまで追い上げる。しかし白鴎大も簡単には譲らず#65高橋のシュートが連続で決まり、再び点差を開くと慶應大はそれ以上追い上げられず。白鴎大がトーナメント同様、5位決定戦に進出を決めた。

写真:声を出して最後まで前向きなところを見せた慶應大・家治。

※慶應大・佐々木HCのコメントは「続きを読む」へ。


リバウンドからのセカンドチャンスで大東大が圧倒
国士舘大はルーキーが奮闘もロースコアに苦しむ


国士舘大学57(18-17,7-19,8-22,24-25)83大東文化大学
090627tyo-so先制点は国士舘大#13曹(1年・C・北陸)。さらに#12武内(1年・F・埼玉栄)がドライブでバスカンを獲得するなど、国士舘大はルーキーが思いきりのよいプレーを見せる。だが、#13曹が厳しいマークにあうと思うようにリバウンドが取れない。対する大東大は#13小原(2年・F)、#15遠藤(2年・PG)らアウトサイドのメンバーがリバウンドに飛び込み、シュートチャンスを増やしていく。2Qに入ると大東大#37草野(2年・F)のジャンプシュートが高確率で決まり、残り3分45秒には25-34と2桁差に。国士舘大はタイムアウトをとって立て直そうとするが、シュートミスやターンオーバーが続いてしまい、大東大の足踏みを突くことができない。結局大東大が2点を加えて25-36で折り返しとなった。

3Qは開始3分で大東大が6連続得点をあげる。国士舘大は早くも後半1回目のタイムアウトをとり、ゾーンディフェンスを試みるが、すかさず大東大#37草野に3Pを決められてしまい25-45と20点差がつく。この後、国士舘大は#20平田(1年・F・埼玉栄)の3Pシュートで前半終盤から10分近く続いた無得点からやっと抜け出したものの、大東大の勢いは止まらない。#11田中(2年・G)が繰り出す速攻、#13小原の合わせのシュート、#15遠藤のリバウンドシュートなどで畳み掛け、33-58と大量リードを得ることに成功した。

2Q7得点、3Qも8得点にとどまった国士舘大はなんとかオフェンスの形を作りたいが、#7三村(2年・F)の単発になってしまう。4Qは3Pの打ち合いになる中、スタートのメンバーを下げながらもリードを保った大東大が57-83で5位決定戦に進んだ。

写真:ともに北陸高出身のルーキーである大東大・張と国士舘大・曹。張は曹の癖をついて得点を決めた。

※大東大・田中選手、国士舘大・武内選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

「ミスをしようがいいプレーだろうが慶應の選手なら堂々と」
下級生に求めるのはもう一歩前へという気持ち

◆佐々木三男(慶應義塾大HC)

敗因について「相手のいいところだけが出たということ。高さで対決できなかった分の10点差」と指揮官はあっさり締めくくった。確かに、この日の白鴎大は自分たちが自信を持って攻められる部分で慶應大に勝った。

慶應大は承知の通り、誰でも簡単に入れる大学ではない。しかしそれをポジティブな方向に変える努力で今の力をつけ、5、6年前に比べれば選手のレベルは段違いだ。また、慶應大の面々は選手としても人間としても誰もが4年間を通して「入るべくしてここへ来た」と思わせる成長を見せて卒業していく。無名でも能力が足りなくてもそれを補う努力をするカラーがそうさせており、チームに、学校に対するプライドがその源だ。だからこそ、それが見えていない部分を惜しむ。「もう一歩出す、もう一回ジャンプしてくれればいいのに、それがどうしてできないのかを言っている。選手にスポットライトを当てて、緊張を持った中で『やるのは君だ』と、いかに力を出すかという練習を試合の中でしている。だから大きな声でも言うし、失敗しても『次に取るよ』、という顔をして欲しい。何か言われても『大丈夫、ちゃんとやるから』というコミュニケーションを取って欲しい。そうできなければ慶應の子として恥ずかしい」。

佐々木HCの目線や考え方は教育者の色が濃い。選手自身が気づいていないような部分を見ていることが多いのは、40年近くにわたる指導者生活の中で何百人という学生を見てきた経験からくるものに他ならない。大抵の選手は最初それを理解できないが、成長して意識できたとき、どの選手も変わってきた。しかしまだ新人チームはそこまで到達していない。もちろんそこには課題もある。頂点を狙うレギュラーメンバーがいる今年、下級生に十分時間をかけて育てる余裕はない。
「早攻めが実戦でも使えるんだということを、実感できていない。練習はしているが、実戦で使えるようにしなければ。今日もチャンスはたくさんあったし、少し形にはなっている。そこは夏に下級生に練習させていかなければならないと思う」。
慶應大が念頭に置くのは、秋以降に今出ている下級生の誰がレギュラーのバックアップとして頭角を現すか、というところ。
「第二の関 淳平(04年度副将)、第二の酒井祐典(3年・F)が出てこなければ」と言うが、そうなるのは誰か。
残りの一試合で求められる部分を見せる選手はいるだろうか。


「チーム1つになろう」
ベスト8は皆で厳しい練習を重ねてきた結果

◆#11田中将道(大東大・2年・G・主将)
090627tanakamアウトサイドでコンビを組む#15遠藤がポーカーフェイスのガードなのに対し、田中はとても表情豊か。レフェリーと笑顔で会話を交わすこともある。
だが、1度スイッチが入れば激しいディフェンスを繰り出し、速攻の起点となる。さらに、ブロックをかわすためにふわりと浮かせたシュートを打つなど、大東大らしいトリッキーなプレーも難なくやってみせる。このギャップが、田中の1番の魅力かもしれない。
高校では国体のメンバーに選ばれ、大東大でも1年生からベンチ入りしている力のある選手だ。キャプテンでスタメンを務めるこの新人戦はもちろん、リーグでもスポットライトが当たるべき人材と言える。


―昨日で優勝への道が途絶えて難しい試合だったと思いますが、快勝を収めました。
「昨日は負けてしまい残念だったんですが、昨日のことは昨日のことと切り替えて、今日は皆で1つになってやろうという気持ちで入りました。結果、自分達のプレーができたので勝てたと思います」

―この試合ではリバウンドで圧倒して流れに乗りましたが、自分達のプレーというのはその部分でしょうか?
「そうですね、ディフェンスとリバウンドです。ディフェンスリバウンドを取ってから速い展開に持っていけたことと、合わせのプレーができたので波に乗れました」

―5月のトーナメントでは初戦敗退と不本意な結果だったと思いますが、新人戦ではベスト8に入れた要因はなんだと思いますか?
「新人戦に向けては、チーム1つになろうというのを目標に、かなり走り込んできました。西尾コーチは金~日曜はユニバーシアード代表の活動でいなかったんですが、平日は見てくれてかなり厳しい練習をこなしてきました。西尾さんがいないときも、練習試合に行ったり、3・4年生とゲームをやったりして準備してきたのがよかったと思います」

―大東大は全体チームでも1・2年生が多く、大会最終日まで試合ができることは貴重な経験になるのではないでしょうか。
「はい、試合を通してだいぶ自信もついてきました。2年は去年から結構出ていた選手が多いですが、こうして経験を積めるとまただいぶ違うと思います」

―また、2年生が主体となっているものの、1年生の活躍も見られますね。今日は#24張選手がスタメンでした。
「本当に1年生は頑張ってくれてます。今日は向こうの癖をわかっているからと、張をスタートにしたんです。よく(国士舘大#13)曹を止めてくれたと思います」

―人数が多い中でキャプテンを任されていますが、いかがですが?
「やっぱり最初は大変でしたけど、皆協力してくれたので、いい感じに持ってこられました」

―明日はこのチームでは最後の試合となりますが、どんなプレーをしたいですか?
「やっぱりディフェンスから頑張って走って、圧倒的な感じで勝てたらいいなと思います。オフェンスでシュートが入ってないときもディフェンスを頑張ることができれば、勝てると思います」


「少しでもチームのプラスになれたら」
自分の未来をその手に握るフレッシュなルーキー

◆#12武内健(国士舘大・1年・F・埼玉栄)
090627takeuchi国士舘大のスタメン構成は2年生2人と1年生3人。1年生はビッグセンターの曹と、埼玉栄高出身の竹内&平田だ。竹内と平田は国体こそ出場しているものの、1回戦敗退。代々木第二体育館での公式戦はもちろん初めてだ。
「やっぱり気持ちいいですね。駒澤屋内球技場でやった初戦と全然違います」と目を輝かせるその姿は、フレッシュさが際立っている。
埼玉栄高時代は、常に1歩及ばなかった。3つの出場枠があった地元インターハイは、得失点差で4位に沈み決勝リーグに進出した4校の中で唯一出場できず。ウインターカップ予選も決勝で延長の末に敗れた。その時はコートで涙をぬぐった武内。国士舘大では勝って笑顔で終われるか、またしても涙して終わるか。今後の彼自身の取り組みにかかっている。


―試合中、小倉監督から「これじゃあ昨日と同じ」と発破を掛けられていましたが、敗因はなんだったと思いますか?
「全然シュートが入らなくて…ディフェンスで後手になったぶん乗っていけなくて、シュート率もあがらなかったと思います。昨日はミスが多かったんですが、今日はミスは少なかったですしいいシュートを打てているときは皆入れる力はあるんですが…入らなかったです。本来ならもっと走って、かき回して中に入れたり、外からきれいに気持ちよく打ったり、という単純なプレースタイルなんですが、今日はそういうプレーが1、2本もできなかったです」

―得点源である#13曹選手のところを読まれてしまったのも苦しかったでしょうか?
「あいつにディフェンスが2人くるのはわかっているので、ちゃんと合わせてあげられたらよかったんですが、それができなかったのが大きいと思います。ハーフタイムに、応援に来てくれたキャプテンの吉満さんにも、“曹にディフェンスが2人来てるから、周りがもっと呼んで頑張れ”と言われたんですが」

―ディフェンス面では具体的にどんなところで後手になったのですか?
「例えば出るタイミング。自分達がチェックに出た瞬間にドライブされて合わせられたり、ノーマークになって打たれたりしてしまいました。そこで、コートの中で立て直せればもうちょっと違う試合になったと思うんですが、今日は中で全然しゃべれていなかったです」

―その中で、果敢にシュートを狙い、外れてしまっても全力でディフェンスに戻る姿が印象に残りました。
「自分のミスで速攻に持っていかれて、かつ決められたら、プラスとマイナスで4点分になりますよね。それではチームに申し訳ないと思うので以前からそうするようにしています」

―ファールやミスをしてしまったチームメートに笑顔で声を掛けるのも以前からですか?
「高校のときは逆に、自分がうまくいかなかったときフリースローのタイミングなどで周りが声を掛けてくれて、助けられました。だから自分が少しでもプラスになれたらと思って今やっています」

―ルーキーながらスタメンに抜擢されていますが、求められているのはどんなことだと思いますか?
「まずはミスをしないこと。大学では、たとえ小さなミスであってもかなり響いてくるなと思います。ポジションは、高校時代のセンターから3・4番に上がります。最初は合わせのプレーとか全然できなかったですが、もっと合わせたり周りを広く見えるようになりたいです」

―苦い敗戦でしたが、これも経験と言えるでしょう。ラスト1試合ではどんなプレーをしたいですか?
「今日の試合のことも明日につなげて、新人戦で1つでも何かを収穫して、少しでもチームにプラスになれればと思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:59  |  2009新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |