2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.06.24 (Wed)

【2009新人戦】6/24レポート・代々木第二体育館

法政大が国士舘大の前に敗北
慶應大は東洋大の逆襲に遭うも逃げ切り


090624SOU.jpgベスト8のうち4つの椅子が決まった代々木は、接戦、逆転、波乱ありとなった。だが、下級生主体で組織としても固まっていない新人戦チームにはこうした危うい戦いは毎年つきものである。順当勝ちしたのは拓殖大のみ。大東文化大順天堂大と最後まで争い、2点差のきわどい勝利。法政大は1Qから下級生中心の国士舘大にリードを許し、一時は同点に引き戻すも最後に引き離されてベスト16で新人戦を終えた。慶應義塾大は初戦同様、格下の東洋大に粘られた。一時は20点にも差を広げたものの、3Qに逆転される失態。しかし4Qに立て直し、最後はしっかりシュートを決めて逃げ切り、ベスト8へと進出した。

写真:ゴール下での存在感は圧倒的だった国士舘大・曹。



前半は互角の戦いとなるが
法政大は後半エンジンがかからず敗退

国士舘大学92(23-18,15-20,25-17,29-19)74法政大学
090624kokushi.jpgトーナメントで4位、昨年新人戦も6位と毎回コンスタントに成績を出している法政大。新人戦チームは層こそ薄いが、ウインターカップ優勝経験のある洛南出身者や、昨リーグの3P王#11長谷川(2年・G)など経歴ある選手がチームを引っぱる。しかし昨年の新人戦同様インサイドのサイズ不足が懸念される法政大は、国士舘大の2m、#13曹(1年・C・北陸)の前にリバウンドが取れない。1Qは遅れを取り、2Qには一時逆転するが前半は同点で終えることになった。3Q、#13曹のインサイドで国士舘大が再び盛り返す。法政大の198cm、#17神池(1年・C・土浦日大)にはこれに対応するだけの技術はまだなく、190cmそこそこの#21加藤(1年・CF・洛南)や#41谷口(2年・F)はサイズ不足。頼みの#11長谷川の外角もあまり確率が上がらない。#24神津(2年・F)のシュートで追い上げを見せるものの、法政大らしい爆発力とまではいかない。結局、3Qで差をつけられると法政大は悪い意味で法政らしいプレーを続け、ずるずると4Qも引き離された。国士舘大は難なく点差を広げて勝利。ベスト8へ駒を進めた。

写真:4Qの余裕に国士舘大ベンチは笑顔に。


再三のスティールで追い上げた東洋大
慶應大は終盤気迫のディフェンスが勝利を呼び込む

慶應義塾大学112(35-18,28-24,20-42,29-22)106東洋大学
090624keio.jpg試合開始からリードしたのは慶應大。#9金子(2年・G)のシュートや、#7原田(2年・C)のゴール下、#4松谷(2年・F)の速攻などで一気にたたみかける。東洋大はアウトサイド中心となるがこれが入らず、1Qはダブルスコアに近い立ち上がり。2Qになると#39荒生(2年・G)が素早い動きでかき回し、連続3Pで追い上げる形を見せる。慶應大はこれに#5麻生(2年・F)のディフェンスで対応させると#9金子が連続3Pで再び突き放し、2Qは21点のリードで終えた。

3Q、引き離されるかと思われた東洋大が途中から盛り返す。#39荒生が慶應大から再三スティールを奪い、#32池田(2年・G)とともに次々に速攻で得点。インサイドでも#4金(2年・C)が慶應大ディフェンスをかいぐぐっていく。慶應大はシュートにつなげられないままターンオーバーを繰り返し、インサイドでは#23清水(1年・F・春日部)が4つ目のファウルに。残り3分間慶應大はノーゴール。一方の東洋大はこのQで42点と驚くべき勢いで追い上げ、#39荒生の3Pで遂に逆転。1点のリードに成功した。

3Q終了後一時コート裏へ入り、気を引き締め直した慶應大。しかし序盤にミスが出ると東洋大が#16岩崎(1年・F・八王子)の連続得点で5点のリードに成功する。しかし慶應大もここから力を見せる。#9金子の速攻や#12春本(2年・F)のリバウンドからのシュートで同点にすると再三東洋大からフリースローを獲得。#9金子、#14松尾(2年・PG)が高い位置から激しいディフェンスをしかけてターンオーバーを奪い、再び東洋大を12点引き離す。しかし、残り2分を切っても東洋大はあきらめなかった。#32池田のシュート、#39荒生の3Pで波に乗ると、#16岩崎が慶應大のスローインをカットしバスケットカウントを獲得。更には落ちたフリースローを#4金がカバーし、残り1分で3点差にまで追い上げる集中力を見せた。しかし残り1分の攻防は慶應大の流れだった。ディフェンスとリバウンドは慶應大。#4松谷が勝負際のリバウンドをもぎ取り、キャプテンとしての責任感を見せ、フリースローもきっちり決めて残り30秒で点差は6。東洋大は#39荒生が3Pを決めるが慶應大は#12春本のシュートで締め、逆転には至らずタイムアップ。慶應大がからくも逃げ切り、ベスト8進出を決めた。

早慶戦後、2週間の準備期間となった慶應大。#4松谷はキャプテンとして意識的に声を出すことを心がけていると言う。「練習からもいいときは盛り上がるけど、悪くなるとダメ。試合にもそれが出てしまっています。今日も初戦のように追いつかれて悪い流れで、逆転までされて。でもガードがディフェンスを頑張ってくれて流れを引き戻せた。そこは良かったと思います。ただ、点差が開いたところでもっと離せなかったのは課題です。そういうときにも集中力を切らさないで、体力や技術的にも向上していかないといけないと思います。悪くなったときに出ている全員やベンチのみんなも勝つ気持ちでいないといけない」。本人はケガで春は試合に出ていないが、最後は大事なリバウンドをもぎ取るなど、気持ちは見える。次は日本大か明治大の勝者が相手となる。「先生や先輩にも練習でやったことしか試合に出ないと言われているので、練習でできているいいところをしっかり試合で発揮していく、それだけです」。

写真:コートで確認を取る慶應大。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:43  |  2009新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |