2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.05.30 (Sat)

【2009トーナメント】5/30 準決勝 慶應義塾大VS法政大

鮮やかなトランジションで法政大を翻弄
慶應義塾大が1969年以来の決勝の舞台へ

慶應義塾大学80(23-14,27-15,10-16,20-16)61法政大学
090530sakai1.jpg注目の一戦は慶應大がゲームの序盤から飛ばすことに成功した。勝利のパターンは開始で相手を叩くか、粘り強く最後まであきらめないか。どちらかといえば後者のパターンが多い慶應大だが、前者が成功すれば最後の最後まで粘れる慶應大の方が分がいい。
法政大は3Qで巻き返しをはかったが、大きく慶應大を揺るがすことはない。法政大は最後まで前日の戦いのように粘ってアウトサイドも狙っていくが、試合を左右するような劇的なシュートまでは決まらず、慶應大の前に完敗となった。

これで慶應大が決勝進出を決めた。大会中に調子は少しずつ上がってきている。学生王者としてのプライドがかかった戦いが待つ。

写真:酒井は15得点17リバウンド。今大会は慶應大の要として欠かせない存在となっている。

※試合のレポートと慶應大・田上選手、二ノ宮選手、法政大・今井監督、長谷川選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
090530suzuki.jpg開始3分で慶應大の足が出た。#7岩下(3年・C)がバスカンを獲得した後、#14酒井(3年・F)の速攻でたたみかける。今や足を使った攻撃の代名詞は青学大かのようであるが、慶應大もまた、04年に頂点に登り詰めた志村雄彦らから引き継がれた足を継承している。そこに#5小林(4年・G/F)が2本目の3Pを沈めて更に素早いトランジションが続く。法政大はこれに着いてこられなかった。アウトサイドを放ち、#11長谷川(2年・G)ミドルシュートを決めてくる他は確率が上がってこない。慶應大もミスが出るが1Qは9点リードした。

2Qの出だしは慶應大がオフェンスリバウンドを粘りに粘って得点。守りでは#5小林が#5神津(4年・C)を守り簡単には得点させない。この大会、自分でも調子の悪いことが分かっている#23信平(4年・F)は、シュートこそ入らないが、慶應大の速攻パスに脅威の身体能力で超反応。しかし更にそこに#16二ノ宮(3年・G)が反応し、再び慶應ボールにするなど、どちらも譲らない。慶應大は開始4分でここまで苦しんでいた#4田上(4年・F)の3Pが決まり、リズムに乗る。建て直したい法政大は#5神津のポストアップやフェイダウェイのミドルシュートで追いかけ、#91落合(4年・PF)もミドルシュートのタッチが好調。しかしそれ以上に慶應大の勢いが勝った。次々と速攻を繰り出す慶應大は#7岩下の速攻ダンクも飛び出し、2Qは50得点をたたき出して前半を終えた。

090530kobayasidaisuke.jpgここまで点差が離れるとそこで切れてしまいそうなイメージがある法政大だが、3Qは粘った。慶應大はミスが続き、なかなか得点できない。その間に#5神津が3Pやミドルシュートで追い上げ、#11長谷川の3Pが決まる。慶應大は逆にスティールされるなど、いいところが出ない。だが、そんな苦しい中でもやはり頼れるのはエース#5小林。オフェンスリバウンドを粘り、ディフェンスに阻まれながらもシュートを決める。結局、法政大はこのQで粘りの印象を抱かせたが、得点は16と慶應大を脅かすほどには伸びない。一方の慶應大も苦しい中で10点を取り、しのぐ形となった。

4Qはそのまま慶應大が支配した。法政大はそのままずるずると引き離され、#23信平も5ファウル退場。法政大は勝負の年として例年とは違う部分も見せたものの、慶應大には叶わず敗戦となった。長谷川が「ビッグスリー」と称した3人の4年が機能しなかった。慶應大は万全ではないところから徐々に調子を上げて本来の形をしっかり見せた。決勝に際してゆるむことなく、頂点を目指す。



【INTERVIEW】
「ようやく自分のイメージと合ってきた」
主将の奮起が今後のカギを握る

◆#4田上和佳(慶應大・4年・F・主将)
090530tanoue.jpgここまで、オフェンス面ではあまり好調とはいえなかった田上が、ようやくこの試合で復調してきた。
慶應大の主将と務めるというのは、他のチームとは様々な面で担う役割もすべきことも違う。「プレーだけではなく、全ての面においてしっかりやれなければキャプテンとは言えないとわかった」と春先には語った。“人としていかに上昇できるか”ということを考えながら、プレーを向上させるという難易度の高いこの課題を、彼らしいやり方で解く姿がようやく見えつつある。


-ようやく足が出た、という試合でした。そこまでそうではなかったことは自覚していますよね?
「はい、僕自身それは重々分かっています(苦笑)」

-スタメンでの練習が少なかったことは一つあると思いますが、ここまで試合内容でもたついていた理由は?
「やはり自分としては4年として、キャプテンとしてというところがあると思います。緊張というのはそこまでなかったと思うんですが、やっぱりどこか焦ってしまっていました。自分がこれまで積み上げてきたシュートの感覚だったりが違っていて、自分の中のイメージと実際の感覚がすごくずれていました。そこからかなり自信が崩れてしまったのはあります。1、2、3回戦というのは周りのみんなに助けられて支えられてここまで連れてきてもらった。僕自身そういった支えのおかげで恐れずに自分のプレーを試すことでできたというところがあります。今日は試合前のシューティングで徐々に自分で入るという身体感覚を思い出すというか取り戻すというか、イメージとすごく合っていたので、今日は入りから今まで通りの自分のプレーができたかなと感じました」

-佐々木HCもシュートの数が少ないとおっしゃっているようでしたが、田上選手のプレーに積極性があまり見えなかったのはそういう理由ですね。
「そうですね」

-その代わり小林選手(#5)など周囲が頑張ってくれていますね。小林選手は田上選手にはプレー以外のところで引っぱる役目があるから、と言っていましたが。
「自分ができていない間にあいつのプレーや祐典(#14酒井)のリバウンド、ニノ(#16二ノ宮)のドライブとか、ああいうので本当に支えられているなと改めて感じることができました。それもまたあいつらには悪いですけど、僕の中では得たものだなと感じてはいます」

-今日は法政大相手に自分たちのバスケットで勝てました。昨年ここで負けたことはかなり意識していましたか?
「チームとしては去年同じところで同じ相手に、入りが悪くて負けてしまいました。それもあって、4年の中でもここを乗り越えようと共通意識として話し合っていたので、本当に入りから自分たちの走るバスケットとディフェンスで頑張れたのが大きかったと思います」

-明日は相手にとって不足なしですね。
「青学と東海というのはどちらにしても1部の中では別格だし、強いという印象を持っているので入りからしっかりいけると思います。それに相手に合わせるんじゃなくて、自分たちのプレーを出すというのを意識して、自分自身もやっていきたいと思います」


「周囲をどうコントロールするか考える」
司令塔としてさらなる飛躍が求められる

◆#16二ノ宮康平(慶應大・3年・G)
090530ninomiya.jpg慶應大のスタメンにはそれぞれ確固たる役割があり、それが機能している日は負けることはあまり考えられない。しかも誰かの調子が悪ければ誰かがその分をカバーする。試合によってそれぞれの選手に対して「小林がすごい」、「二ノ宮が慶應を形づくる」といった感想が日々違う内容で聞こえてくるのは、5人が果たすべき役割をどうこなしているかといったことに由来しているのだろう。
中央大戦では自らが得点することで「いざというときには二ノ宮だ」という印象を抱かせたが、この日、足を出させたトランジションはガードとしての役目を果たしていた。周りをいかに使い、なおかつ自分をやりやすくするかといった部分は格段に向上している。今後も二ノ宮が求められている役目をいかに果たすかを見てみたい。


-この試合にかける意気込みはどのようなものでしたか?
「去年と同じ場面で同じ相手だったので、何としても勝つという気持ちは強かったですね」

-去年の負けは油断があったのでしょうか?
「そういう訳ではないんですが、個人的に春シーズンから全然よくなくて、すごく悔いが残る大会でもあったんです。まだチームとしてもかみ合ってなかったのも理由です。だから戦っていく気持ちはあまり変わらないんですが、同じ事は繰り返したくないという気持ちの方が強かったですね。何としても決勝まで行くという気持ちの方が強かったです」

-今日はようやく慶應らしい試合でしたが。
「でも今日は自分は何もしていませんよ。祐典(#14酒井)だったり、大祐さん(#5小林)がフォローしてくれたのでそこら辺はすごく助かりました」

-でもようやくインカレのときのような早い展開をいくつか出せて、そこは良かったのでは。
「今日は岩下(#7)も走ってくれていたし、彼があれを40分続けられるようにならないと慶應のインカレ連覇というのは無理だと思います。そこはこれから練習を積み重ねていけば冬までには何とかなるかなと思うところなんですが。ただ、岩下をどうコントロールするかは去年も悩んだ部分なんです。それにタノさん(#4田上)や大祐さんを気持ちよくさせるにはどうすればいいかというところも」

-志村選手(bj仙台89ers・04主将)にアドバイスをもらったということでしたよね。
「そうですね。言われたのは、大祐さんやタノさんは得点能力がある選手だからやりたいことはやらせて、早い段階でパスを回してあげること。攻めやすいポイントでパスを出すことがポイントだということを言ってくれました。それで、自分が攻めたいときはそうやっているうちに自分のタイミングが見つかるから、と。逆にそうした方が自分にとっても攻めやすいということでした」

-それは実際に心がけてみてどうですか?
「僕のパスの球離れとフォワード陣の球離れがうまくかみ合っていたら、自分も攻めやすいですね。去年の後半あたりから自分の球離れが良くなってきたし、自分ももらいたいタイミングでもらえるようになってきました。今はケガしていたこともあってそういう部分はもう一度高めていかなければならない状態ですが、明日は最後だし頑張ります」


◆今井一夫監督(法政大学)

―試合を終えて。
「やりたいことをやられてしまったというところ。トランジションの強いチームなんで、それをいかに抑えられるかっていうのが、勝つための鍵だったと思うんだけど、それを簡単にやられてしまった。それが前半50点獲られたって言うことに繋がると思うんだけど。後半は相手も20点台で終わっているから、少しは改善できたのかな」

―前半に点が獲れませんでしたね。
「シュートタッチが若干狂っていて入らなかったというところだと思うんだよね。ノーマークでいいタイミングで打てていたんだから。いいセレクトのシュートがきちっと決まっていれば、ああいう展開にならなかったと思うけどね。そういう意味ではシュート練習をもっと頑張らせます!(笑)」

―後半はいい滑り出しを見せましたが、慶應は崩れませんでしたね。
「前半で1回21点付けられて、後半の出だしに13点くらいまでいったのかな?そこで一桁までいったら、また試合展開が違ったと思うんだけど。やっぱり慶應さんも軸がしっかりしているし、4年生がリーダーとしてもしっかりしているんで、焦らずに点を獲ってきたのは強いチームですね。とりあえず今日は認めておこうかな(笑)」

―試合前の指示というのは?
「ディフェンス。ゾーンの時にはこうしようとか、そういうこと。ただゾーンを使う展開にならなかったんだけどね」

―昨日の明治戦でのチームのまとまりが今日も継続していましたが、それは今後に生きると思いますか?
「思うよ。4年生がリーダーとしての役割をしっかり果たしてくれているからね」

―今大会は信平選手(#23)がシュートを打つ本数が少ないですが。
「少ないね。それは本人の判断。自分が打つよりは他のやつが打ったほうが確率高いだろうから、リバウンド頑張りますって」

―ディフェンダー志向になってきた、ということですか?
「期待してないんだけどね(笑)。どっちかというとオフェンスでちゃんと点数を獲ってくれたほうがいいんだけどね。でも元々能力はある子なんで、リーグ戦に向けては大丈夫だと思うよ」

―下級生も頑張っていますが、特にルーキーの加藤選手(#21・洛南)はいい選手ですね。
「そうだね!1年生なのに。やっぱり洛南で3連覇したときのメンバーだから、それなりにはできるとは思うよ。決して派手さはないんだけど、自分のできることを目一杯やってくれてるんで。チームのサイズをもっと大きくするためには、あいつをスタートに入れて鈴木恵二(#3・170cm)を外すとか(笑)」

―それは現実的に考えているのですか?
「考えてるよ。恵二はいいプレイヤーなんだけど、ムードが悪くなった時に流れを変える選手として使うほうが、彼の実力はもっともっと発揮できるんじゃないかな。例えばツーガードにして、全体のサイズを高くして。明治みたいなチーム構成になるけど、それもひとつの考えだと」

―現時点での選手層の薄さが、今日の試合でファウルに対して神経質になったのではないかと感じたのですが。
「んー、層の薄さって言ったら慶應も同じだからね。控えを出さなかったのは俺が臆病なだけ(笑)。層は厚いと思うから、後は経験だけだと思うよ」


「3Pだけの選手じゃない」
シューターからチームに“安定”を与える選手へ

◆#11長谷川智也(法政大・2年・G)
090530hasegawatomoya.jpgスタメンの中で唯一の下級生。「迷ったプレーをしたら怒られる」という。だがそれは裏を返せば、“長谷川らしさ”をチームメートに買われているということだ。
チームがビハインドになっても、集中を切らさずディフェンスし、ボールが来たら打つ。そしてポーカーフェイスで決めてしまう長谷川からは、ルーキーシーズンと比べてより頼もしさも感じられるようになった。
華やかな一方“波がある”と言われがちな法政の中で、生まれ変わるヒントはこの長谷川がすでに持っているのではないだろうか。


―開始5分で6-17。そこから最後まで後手に回ってしまったのではないでしょうか。
「そうですね…立ち上がりであそこまで走られていなかったらまだいけたと思います。前半に、慶應の全員にがーっと走られて、それを止められなかったのが1番の敗因じゃないかと。そこは総合力の差というか、チームの差みたいなものがあったんだと思います」

―走られた根本の原因はなんでしょう?リバウンドが思うように取れなかったとか、タフショットになってしまったとか…
「それは…なんというか、個々が自分のマークマンしか見ていなくて、コミュニケーションが取れていなかったからだと思います。慶應の誰かがスタートしていたら、そこをまず止めないといけないのに、うまく連絡できていなかった。例えば、僕らの誰かがシュートを打ったら、そのマークマンが走っていて、アウトナンバーでシュートまで、とか。そこで声がなくなってしまいました」

―奇しくも昨日、神津選手(#5)が課題にあげていた部分だったんですね。でもそんな中、長谷川選手の得点でつないでいけたのでは?
「昨日まで全然シュートが入っていなかったんです。だから、3Pだけにこだわらないで、2点シュートからやっていこうと臨みました。それが入ったのでよかったです(笑)」

―プレーの幅があるんだな、という印象を受けました。
「たぶん、昨日までは、“あいつはスリーしかない”って周りの皆に思われていたと思うんですよ。慶應も外を抑えようとしてきましたし。だから今日はそこでフェイクを入れて、中に入っていこうと思っていました。でもそれはもともとずっと、思っていたことではあるんです」

―確かに、昨年のリーグ最終戦で、“3Pだけじゃダメ”とおっしゃっていましたね。
「はい、でもなかなかやれなかったんです。それが今週、今春卒業した福田侑介さん(※2007年の1部リーグ3P王)が声を掛けてくれて一緒にご飯を食べたんですが、そのとき“スリーだけじゃ抑えられてしまうから、今度はそこから中に入るプレーをやれ”とアドバイスをくれたんです。ちょうど次の日が唯一の試合のない日だったので、それを頭に入れて、練習してきたんですよ。今日、1本ステップインが成功したんですけど、侑介さんが観に来てくれていて。“やりました!”と言ったら“俺、観てて鳥肌たったよ”って言ってくれて、すごく嬉しかったです」

―福田選手と言えば、昨年のリーグで長谷川選手に3P王を獲らせるために、ランキング2位の選手を絶対守る!というやりとりがありましたが、今も気に掛けてくれているんですね。さて、試合の話に戻りますが、後手に回ったものの、3Qに少し持ち直しました。ハーフタイムにはどんな話があったのですか?
「監督からは、1本1本返していくというのと、前半に走られていたところをしっかり抑えて、対応しようと。もう1回気持ち切り替えてやれ!という感じでした。本当に後半のようなプレーを前半からやれていれば、もっといけましたよね」

―そこは、法政がチームとしてまだ変わり始めたばかりという面が出たのでしょうか。
「確かに、いつもだったらもう、ダラダラしてしまったかもしれません。でも自分自身はダラダラしたバスケットはあまり好きじゃない。だから3Qに少し持ち直せたことはよかったと思います。それでも最後は結局15点くらい点差があいてしましたが、最後までしっかりやらないと次につながらないじゃないですか。だから、あきらめないという気持ちで最後までやっていました」

―そういう責任感のあるプレーができるのは、やはり2年生になったからでしょうか?
「うーん…僕は去年のトーナメントは出ていないんですよ(※京王電鉄杯時に負傷)。だから、トーナメントは今年がデビュー戦だったので最初すごく緊張していて(苦笑)だめでした。でも徐々に、普通に、いつも通りやれば大丈夫なんだな、って思えるようになった。そこからだと思います。去年のリーグやインカレは4年生がいたのでつい頼る部分がありましたが、今年は自分もしっかりしなきゃいけないなって。ビッグスリー(神津・信平・落合の4年生トリオ)に頼り切りにならないで、自分も声を出して、盛り上げていこうと思っています。今、自分も含めて2年・1年もプレータイムをもらっているので、ここで経験して次につなげたいです」

―確かに今年はどのチームも主力が4年生な分、下級生の成長がキーになると思います。ところで、法政の4年生メンバーは“2年前のインカレ時のチーム”を1つのバロメーターに掲げていますが、経験していない下級生としてはイメージしにくさみたいなものはないですか?
「あの時の試合は、見ていたのでわかりますよ。ただ、4年生の先輩たちは2年で決勝までいって、それからメンバーが代わって、僕たちが入ったらだめだってなってしまったら悔しいなと思います。2年前のチームと比べても、今のチームがいい!って言われるくらいこれから頑張ります」

―トーナメントもラスト1試合ですが、長谷川選手自身は今年をどんなシーズンにしたいですか。
「まずトーナメントは、去年、リーグで3P王を獲ったということで…自分自身はあまり意識したくないんですけど(苦笑)、周りの皆が言ってくるし、このトーナメントでも結構いい位置にいるので、まずチームとして3位になって、3P王も取れたらいいなぁと思っています。シーズン全体としては、スリーだけではなくて、アシスト等そこからのプレー幅をもっと広げていきたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2009トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |