2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.05.29 (Fri)

【2009トーナメント】5/29レポート

法政大が接戦からペースをつかみ、明治大を下す
ここより先は真のハイレベルな戦いに


大会も大詰め、ベスト4が確定した。青山学院大白鴎大を一蹴、慶應大は追う展開から終盤集中力の切れた中央大を引き離した。東海大は序盤拓殖大のゾーンにはまるが、アップした攻撃力で振り切る。注目の明治大法政大は、終始接戦を展開したものの、ペースは法政大。明治大は前日の日大戦で使い果たしたものが大きすぎた。
残すところあと2つとなり、試合の内容はその前日までとは別世界のレベルに入る。大きな波乱はなく、残った4校はどれもレベルの高い1部の実力校であり、カラーもはっきりしている。最後まで見逃せない好勝負が期待できそうだ。



前半は拓殖大のゾーンに苦しむが
要所で決まった3Pとリバウンドが光った東海大が勝利

東海大学82(20-22,26-16,17-17,19-13)68拓殖大学
090529mituhara.jpg前半は、拓殖大のゾーンディフェンスが光る。
試合の立ち上がりからゾーンディフェンスを仕掛けた拓殖大は、東海大を簡単に攻めさせない。だが、オフェンスではミスが続いて、得点がなかなか伸びてこない。逆に、東海大に連続でスティールからの速攻を許すなど、もったいない場面が多く見られた。1Q中盤になると#22松崎(3年・G)のシュートを皮切りに、#99長谷川技(2年・F)のミスマッチをついたプレーなどで加点していき、互角の展開に持ち込む。2Qでは、ルーキー#94長谷川智伸(1年・G・福大大濠)の3Pも光って、リードを奪う。東海大も#0満原(2年・C)を中心に得点を重ね、なんとか食らいついていく。試合が動いたのは、2Qの残り5分台のことだった。まず、残り5分14秒で東海大#5多嶋(3年・PG)が拓殖大#94長谷川智伸からボールを奪うと、長谷川はそれを止めに体を張る。するとこれがアンスポーツマンライクファウルになり、東海大に2本のフリースローが与えられる。多嶋が1投しか決められないが、ここから東海大が勢いに乗る。まずは、拓殖大を揺さぶって#46大塚(4年・SF)が3Pを沈めると、#5多嶋が再びスティール。今度はシュートへ繋ぐ。拓殖大もすかさず#26上杉(2年・F)が決め返すが、東海大は#46大塚が2本目の3Pを沈めて、逆転に成功する。東海大はその後も#46大塚がダメ押しの3Pを決めると、それに#17前村(4年・PG)、#24古川(4年・SF)も3Pで続き、拓殖大を一気に突き放し、8点差をつけて前半を終了。

後半に入ると、東海大のリバウンドが光る。#7遥(3年・PF)に加え、身長176cmの#17前村が抜群の跳躍力を生かして、拓殖大から次々とボールを奪う。リバウンドを取られ、流れを作れない拓殖大は、オフェンスがちぐはぐしてしまい、東海大にリードを広げられてしまう。それでも、4Qに入ると#22松崎の3Pや#20簗瀬(4年・F)の好ディフェンスなどで6点差まで詰め寄るが、東海大は#0満原が3連続得点でやり返す。また、リバウンドも完全に#7遥が制して、反撃の芽を摘む。拓殖大は最後まで諦めずにコートを駆けるが、要所で得点を決め、制空権をものにした東海大が82点を奪って勝利。ベスト4へと名乗りを上げた。

写真:満原の安定感あるインサイドが東海大の強み。

※東海大・遥選手のインタビューは「続きを読む」へ。



青学大が力の差を見せつけて白鴎大に完全勝利
2連覇に向けてあと2つ

青山学院大学98(23-14,21-7,31-17,23-22)60白鴎大学
090529fujie.jpg白鴎大の斎藤監督が「目指してきたものが違う。うちはベスト8、青学は優勝」と語ったが、それは無理からぬことだろう。選手層、体の鍛え方、バスケットの質とどれをとっても確かに青学大の方が上なことは確かだ。試合開始から青学大は一気にトップスピードで仕掛け、次々と白鴎大のゴールネットを揺らす。守っては#30アビブ(1年・C・岡山学芸館)にリバウンドを取らせず、専修戦では活躍した#10田中(3年・G)や白鴎大のエースである#00藤江(4年・F)にも簡単にシュートを打たせない。青学大の勢いの前にらしさを出せない白鴎大は一気に水をあけられた。攻め手のない白鴎大はこうなっては#00藤江の1対1に賭けるしかない。ディフェンスが甘い場面ではあっさり決めるさすがの能力を見せるが、もちろんそこは分かっている青学大は早いディフェンスの寄りでそれを防ぐ。2Q最後には#7渡邉(4年・G)がここまでと同じように1対1から鮮やかなブザービーターを沈め、白鴎大を黙らせる。前半で勝負はあった。

後半、ベンチメンバーを出しての戦いとなった青学大。少しゆるんだ部分で#30アビブが2本のダンクを豪快に決める。しかし青学大も#16比江島(1年・GF・洛南)がゴール下の競り合いを強引にダンクに持ち込む高い能力を見せつけ、こちらも観客の度肝を抜く。白鴎大は#65高橋(2年・G/F)が声を出し、チームを鼓舞する。アビブも次第に慣れたか、ボールに絡む部分は多くなる。終始青学大が押す試合だったが、結果的に100点まではいかず、白鴎大は60点を取ることに成功した。これで青学大は順当にベスト4に進出。白鴎大は健闘したが及ばなかった。しかし希望も大きい。#30アビブは高さでは負けておらず、リバウンドはボールが手に触れている。つかみきれない部分で技術的に甘いが、秋のリーグまでにはまだまだレベルアップが可能だ。激戦が予想される2部でまた注目のチームが一つ増えた。

写真:藤江に集まるディフェンス。これを突破するのは厳しかった。


[続きを読む]

気持ちのこもったプレーが光る
東海大の頼れるインサイドプレイヤー

◆#7遥 天翼(東海大・3年・PF)
この試合、#17前村と共にリバウンドで輝きを放ったのが遥だった。拓殖大のインサイド陣をものともせず、10リバウンドを記録。うち6リバウンドはオフェンスリバウンドだった。だが、リバウンドを獲った後に落としたシュートもあり、結果はまずますといったところ。それでも、遥のリバウンドがチームの勝利に貢献していたことは事実だ。
昨年はプレイングタイムが伸びず、ベンチを温める時間が長かったが、今年はスターターとして名を連ねる。ファウルトラブルが気になるところではあるが、今後も気迫溢れる積極的なプレーに期待したい。

—まずは、ベスト4進出おめでとうございます。
「ありがとうございます。優勝をもちろん目指しているけど、ベスト4とか、ベスト8とかというのは結果でしかない。普通に自分たちのバスケがやっていたら、そういうのは関係ないと思うので、ベスト4に入ったから嬉しいとか、嬉しくないとかはないですね」

—拓殖大の前半のディフェンスはゾーンでした。攻めあぐねていましたね。
「そうですね。前半は、自分たちがやってきたこととか、やりたいことをやらせてくれなかったので、すごい苦しい展開になりました。でも、大塚さん(#46)が3Pを3本決めてくれたのと、拓殖のディフェンスがマンツーに変わった時に点差を開くことが出来ました。最初すごい苦しかったですけど、大塚さんが助けてくれたというか。拓殖もマンツーに変えてくれてよかったです(笑)」

—東海大としては、あのままゾーンディフェンスでこられていたら、やりにくかったんでしょうか?
「うーん。苦しかったんですけど、ゾーンの破り方というのをやってきていたので、どういう特徴で崩していったら良いのかを、試合を通してみんなが段々わかり始めてきていました。結果的に大塚さんがああいうシュートを打てるようになっていたので、ゾーンをやられても大丈夫だった気がします」

—後半に拓殖大が粘ったとき、少し浮き足立っているなという印象を受けました。原因はなんだと思いますか?
「満原(#0)が起点だったんですけど、うまくかぶられました。ハイローを狙おうとしたんですけど、そこもつぶされてという感じで、起点を上手く使わせてくれなかったからだと思います。後半もちょっと苦しかったですね」

—この試合ではゲームを通してチームで82点を取りました。昨年は、70点を取るのがやっとということだったのですが、今年はかなり点が取れていますね。
「春先から速攻をずっと練習してきたんです。とりあえず、リバウンドを取ったらみんなで走っていこうって。走ることで展開が速くなる分、点数も伸びもよくなったと思います。あとは、全体的に形にこだわらずにモーションで動くので、隙があったらみんなが1対1を仕掛ける感じになっています。特に決まりがあるわけではないので、みんなが得点を均等にとれるので、それが高得点に繋がっているのではないかと思います」

—今年のチームは1試合何点取るのが理想なんでしょうか?
「トーナメントに入る前に理想な得点数は、『80−70』と決めていました。今日は、内容はともかく、理想的な得点ではありましたね」

—遥選手は、リバウンドがかなりよかったと思うのですが、その後の一本がちょっと落ちていましたね。せっかく取ったのにもったいないなと思いました。
「そうですね(苦笑)。言い訳じゃないんですけど、ファウルぎりぎりのところで上手く抑えられました。そこでちょっと『ファウルじゃないの?』ということに捕われてしまって、ポロポロ落としてしまいました。次の試合からは修正していきたいと思います」

—昨年はあまり試合に出る機会が無かった訳ですが、今年はスターター起用となっていますね。気持ちの部分で変わったところはありますか?
「特にないです。春先からずっと準備をしてきたので。それがスタートか、スタートじゃないかというのはあまり関係なくやっています。本当に、やることをやるだけ。それだけです」

—今年はチームの雰囲気もかなり良いですね。
「もし、この大会にベストチーム賞があったらおそらく東海が獲ります(笑)。それくらいいい雰囲気でやれています」

—準決勝は青学との試合が予想されますが。
「大丈夫です。相手が青学だろうが、慶應だろうが、自分たちのやることをやっていけば結果はついてくると信じています。そこは相手のことは心配せずにやっていきたいと思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:00  |  2009トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |