2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.05.28 (Thu)

【2009トーナメント】5/28明治大VS日本大

息詰まる攻防を制したのは明治大
日本大は2年連続でベスト8を逃す

明治大学85(21-19,15-19,23-20,26-23)81日本大学
090528meiji.jpg「激闘」
まさにその言葉通りの試合となった。
40分間のうち約30分は、点差は5点を行き来。「やられたらやり返す」という状況が続いた。緊張が続く試合展開はそれが切れた方が負けるが、この試合では最後の最後まで緊張感を保ったまま、試合終了のブザーを迎えることとなった。

明確な差は無かったと言っていい。だが、最終的に違いが出た部分は、リバウンドとオフェンスのセレクションだったか。
「リバウンドを取らなければ、セカンドチャンスでやられてしまう。これをやられないようにという意識を高く持ってやった結果です」(明治大#21川崎)
いつもは#3金丸英悟(4年・PF)に頼り切りだったリバウンドも、この試合は全員で飛び込んでみせ、チームで47本。日本大より14本も多くもぎ取った。日本大は中村(4年・C)1人に負担がかかったが、機動力の高い明治大のインサイド陣に対抗するには、パワータイプの中村1人では厳しい。また、ケガ人が復帰したばかりの日本大が「チーム」としてのバスケットをするにはまだ時間がかかる。「終盤は自分でピックして決めるつもりだった」という#7篠山の言葉がそれを象徴する。タレント揃いの上、昨年から2部の激戦でもまれ、インカレでの経験を積んだ明治大が勝負を制したのはある意味必然ともいえる結果だった。

激闘を制した明治大は、ベスト4を懸け、法政大との一戦を迎える。

写真:勝利が決まった瞬間、金丸晃輔も手を挙げ喜んだ。


※試合のレポートと明治大・岩澤選手、日本大・篠山選手、種市選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
090528syonji.jpg1Q立ち上がり、日本大は攻守の切り替えの速いバスケットを展開し、明治大を翻弄する。また、明治大の絶対的エースである#14金丸晃輔(3年・SG)に対しては、日本大#10種市(4年・F)が徹底的にマークを仕掛け、簡単に攻めさせない。#11上江田(4年・F)の3Pや#7篠山(3年・G)の速攻で得点を重ねてく日本大は、開始3分で12–5と先行する。だが、明治大も#24岩澤(4年・SG)の3Pを皮切りに、#3金丸英悟が内外角で3連続得点をあげ、逆転に成功。日本大も、明治大のシュートミスをすかさず得点に繋ぐが、#21川崎や#14金丸晃輔のシュートが当たり出した明治大に7点のリードを奪われてしまう。残り1分12秒で日本大はタイムアウトで立て直しを図ると、そこからは明治大に得点を許さず。#4栗原(4年・F)の3Pや#21熊(2年・C)のバスカンで得点を重ねていき、1Qを21-21のドローで終える。

2Q残り7分33秒。明治大はこの試合PGでスターター起用だった#24岩澤が3つ目のファウルを犯し、ベンチへ。「(#14金丸)晃輔の1番は練習中からやっていることで、決してギャンブルではない」(塚本コーチ)と、#14金丸晃輔をPGに替えて、リスタート。残り7分6秒で、#14金丸晃輔のバスカンで28-28の同点にすると、ここからは互いに我慢の時間帯。そして、これ以降、点差は常に5点を行き来する展開となる。明治大は中盤に取ったタイムアウトの後、ゾーンディフェンスを仕掛け揺さぶるが、日本大は#10種市、#11上江田の3Pで攻略。対する明治大は、#3金丸英悟、#19田村のリバウンドが光って、38-36。日本大が2点リードし、後半へ。

3Q、明治大は前半ファウルトラブルでベンチに下がった#24岩澤をコートへ。この起用がピシャリとハマる。岩澤のマッチアップは日本大#7篠山。約10cmのミスマッチを生かし、岩澤は得意のポストプレーで得点を重ねる。また、ファウルトラブルとは思えないほどのアグレッシブなプレーでチームの盛り上げに一役買うと、それに#21川崎が得意の3Pで応え、リードを奪う。対する日本大は、#5中村(4年・C)のパワーを生かしたプレーで食らいついていく。中盤になると、#4栗原、#7篠山が足を使ったディフェンスで連続速攻を決め、再び逆転するが、明治大も#24岩澤が3Pでやり返して、全く譲らない。この後も日本大は#5中村のオフェンスに終始。明治大は、ここまで当たりの来なかった#20若林(3年・SG)が3Pを沈めて、勢いづかせる。だが、それも日本大#10種市が速攻で断ち切って、3Q終了。59-58で明治大が1点のリード。まだ試合はわからない。

090528kawasaki.jpg最終Q、先に点を奪ったのは日本大。明治大のシュートミスを#11上江田が速攻で繋ぐ。しかし、明治大はなおも#24岩澤が積極的なプレーで3Pを決め返して、全く譲る気はない。4Q中盤、日本大の得点がピタリと止まる。#7篠山が切り崩そうと果敢に仕掛けるが、肝心のシュートが決まらず。明治大に5点のリードを許す。だが、明治大もシュートが落ちていて、金丸晃輔のフリースロー以外での得点が無くなる。残り4分32秒、日本大#11上江田のダブルクラッチが決まったところで、明治大は#24岩澤、#14金丸晃輔、#19田村を投入し、勝負に出る。次のオフェンスで#14金丸晃輔がシュートを沈めるが、日本大も#4栗原がバスカンで決め返して、点差は1点。
ここからは息詰まる攻防が繰り広げられる。残り3分20秒で、明治大は#3金丸英悟がインサイドから体制を崩しながら#14金丸晃輔に繋ぎ、3P。だが、日本大は#7篠山が3Pを決め返し、76-76。試合は振り出しに戻る。この後、明治大は#14金丸晃輔が気迫あふれるリバウンドでファウルをもらってフリースロー。だが、1投しか決められず、逆に残り2分12秒で、#7篠山にレイアップを決められて、日本大が逆転に成功する。明治大はディフェンスで仕掛けたいが、#3金丸英悟、#14金丸晃輔の足がつってしまい、万事休す。明治大は最後のタイムアウトを請求し、全員と意思疎通を図る。
そして、残り1分を切る。残り42秒、まずは明治大#24岩澤が3P。だが、その10秒後に日本大は#7篠山が3Pを決め返して、点差は1点。ここで日本大はタイムアウト。明治大がエンドスローイン。そして、試合を決定づけたのがこの一打。残り12秒で、明治大#21川崎が3Pを沈めて、差は4点。日本大は最後まで#7篠山がコートを駆けるが、最後にファウルをもらいに狙った3Pはリングを弾き、試合終了。85-81で明治大が日本大を下し、ベスト8へと名乗りを上げた。


【INTERVIEW】
「あの試合があったからこそ」
悔しさをバネにしたプレーで勝利を呼び込んだ

◆#24岩澤裕也(明治大・4年・G)
090528iwasawa.jpg2Q残り7分33秒。3つ目のファウルをコールされたとき、岩澤がうなだれた。前半でファウル3つというのは、「あの試合」、つまり2007年新人戦、対拓殖大戦の時と同じ展開だった。
「岩澤は、あの試合でファウルトラブルになったことで、チームが負けたと思っている。その責任を引きずっている」(塚本コーチ)
前半のファウルトラブルに対しての質問の回答は、やはり拓殖大戦のことが出て来た。しかし、同じことは繰り返すわけにはいかない。4年になり、スターターを任され、「経験と安定感があるから信頼している」(#3金丸英悟)と、2年前とは立場が違う。後半の岩澤は、攻守共に積極的だった。3Qに至っては、10得点を挙げ、明治大の盛り上げに一役買った。また、要所で決めた3Pも、明治大の勝利に大きく貢献したと言っていい。
「あの試合があったからこそ、やらなくてはという気持ちになった」(岩澤)
「やらなくては」を体現したことで、2年前の悪いイメージを払拭しチームは勝った。この勝利は、悔しさをバネにした岩澤の活躍無しでは、語れない。

―ずっと緊張が続いた試合でしたが、勝利しました。ベスト8進出おめでとうございます。
「ありがとうございます。日大は、京王杯でボロ負けしたので、なんとか勝ちたいという気持ちでいっぱいでした。事前練習からずっと気を引き締めてやってきて、絶対に負けないという気持ちを一人ひとりが持てていたので、それが結果に繋がったのではないかなと思います。あとは、リバウンドを徹底できたこと。今日は晃輔(#14金丸)も飛び込んでいたし、とにかくみんながやることをきちんとやっていました。チームで勝ったという感じですね」

―ベンチもかなり盛り上がっていましたね。声もよく出ていたと思いました。
「そうですね!今年は本当にチームという感じで、プレイヤーとしても、とてもやりやすいですし、頑張ろうって気持ちにもなれます。最高です」

―ゲームプランは?
「篠山君(日本大#7)がキーマンなので、ドライブを警戒しろという指示がありました。彼はボールを持ってすぐに3Pはないので、ある程度離して、とにかく崩されないようにしようと。あとはインサイドでゴリゴリやってきて、そこからキックアウトというのが日大のプレーだと思うので、それを一人ひとりが簡単にやられないように意識して臨もうということでした。あとはもう気持ちの問題ですね。絶対に負けないという気持ちを強く持とうと」

―今日はスターターでしたが、それはいつ決まったのですか?
「昨日の試合が終わった後です。試合後に、『明日はお前がスタートだぞ』って言われて。『ああ、そうか』と。やってやろうと思いましたね。昨日はスターターではなかったんですが(※1)、練習でも、試合前になって来てから僕が主体でというか、PGでやってきていました」

―昨年はずっとシックスマンとして試合に出ることが多かった訳ですが、この試合ではスターター。始めから出るという難しさはありますか?
「シックスマンで出ていた時は、流れがある程度わかっているから、その流れを変えようだとか、ここはインサイドが足りないからインサイドをやろうだとか、やることがわかっていました。でも、スタートで出ると流れを作らなければダメ。ミスもできないですし。正直、今日みたいなファウルトラブルも避けなければならなかったんですが…」

―3つ目のファウルコールをされたときは、うなだれていましたね。あの表情を見たら、このまま落ち込んでしまうのかと思いました。
「新人戦の拓大戦(※2)と全く一緒だったんですよ。拓大戦では、そこで落ち込んでしまって、ダメになってしまいました。でも、あの試合があったからこそ、今日はあの時のようにならないという意識を持って、やってやろうという気持ちになれました。シュートも狙っていきましたし、それがいい結果に繋がったと思います」

―「やってやろう」が繋がったのが3Qでのプレーだったわけですね。
「そうですね。さっき言ったように、2年生のときみたいにならないように、強気でいきました。消極的になってしまうとつけ込まれてしまうので、PGでも、シュートが狙えるところは狙っていこうと思っていました」

―篠山選手(#7)とのミスマッチをついたプレーも光りました。
「最初からやれたらよかったんですけどね(苦笑)。でも、やっぱり最初はみんなにボールを回すだとか流れもあるので。要所でそういうこともやっていけたらということは頭においてやっていました」

―4Qで一瞬休みましたが、ここで落ち着けたということはありましたか?
「そうですね。外から見ていて流れをもう一回把握できました。そういった意味ではちょっと休めてよかったなと」

―ベスト4を懸けた一戦は、法政大との試合になりました。意気込みをお願いします。
「法政は…苦手なんですよね(苦笑)。日大と似たような感じなので、インサイドを簡単にやらせないように、カバーをすることですね。とにかくディフェンスを頑張りたいと思います。あとは、近年はベスト4に入れずに順位決定戦に回ってしまっているので、勝ちたいですね。ベスト4は最低でも行きたいという思いがありますから。今年は最後の年なので、結果も残したい。だから、相手が法政でも勝ちたいです」
※1…明治大の初戦(東京農業大)のPGのスターターは#35岸本選手(2年・PG)だった。
※2…2007年新人戦で、明治大は拓殖大と対決。岩澤は前半で3ファウルを犯し、ベンチへ。後半の開始5分には4ファウル目を吹かれてしまう。チームは最後まで食らいついていったものの、ファウルトラブルになったことでプレーに積極性を失い、最後は10点差での敗北。PGの経験もまだ浅かった岩澤にとって、苦い思い出の残る試合となっていた。



「5人の絡みがまだ足りない」
浮上を賭け、5人の完成度がチームの命運を握る

◆#7篠山竜青(日本大・3年・G)
090528shinoyama.jpg敗因を尋ねると少し考え込んでしまった。チームとして“うまくできていない”のは自分でもはっきり分かっている。打つ手がなく仕掛けるように見えた1対1も、今はそれが日大にとってオプションの上位にある精一杯の戦い方だからだ。それでも、次々と怪我人を出してチームが瓦解した昨年に比べれば大きく進歩しているのも確か。4人の4年生とB代表候補でもある篠山がチーム力を高め、そこに下級生が育ってくれば、日大は必ず強くなる。2年連続のベスト16が惜しまれるが秋以降を待ちたい。


-敗因は?
「敗因?……何だと思いますか?」

-オフェンスが回っていないというか、バスケットになっていない部分が気になりましたが。
「そうですよね。でも精神的には去年よりチームもいい状況でやってるし、4年生がまとめていて、いい感じでやれているんです。でもそこ(勝つ)までは春の段階では追いつかなかった。5人の絡みという部分で時間が足りていません。あの4人(栗原・種市・中村・上江田)が揃った(※1)のが今年の4月始めぐらいからで、いいときはいいけど悪いときは絡みがなくなってくる、というのが今の状況です」

-篠山選手自身もユニバーシアードの練習でいない時間帯もあるし、4人との合わせという面で不安はなかったのですか?
「僕としては他の4人との合わせについては、それなりに自信がない訳ではなかったです。あとは1対1が好きな人もいるし、そういう人たちのためにどれぐらいコートを見られるか、走り込んでいったり待つことだったりをどれぐらいできるかという部分があると思います」

-それに加えて、時間がなくなってしまって、結局自分で打たざるを得ないという場面が目立ったようにも思いますが。
「そうなったら自分でピックして勝負をつけようと思っていたし、それがもっと入っていたら今日は楽だったんですけど入らなかった。そういう部分でオフェンスの練習が足りていないと思います」

-連続で外していたのに、最後まで強気で打っていきましたね。
「去年まではフォームのこととか気にしながら打って、入らないという状況で練習していたんです。でもこの大会前ぐらいにやっと自分のシュートを取り戻せた感じだったんです。子どもの頃は僕は本当に点をたくさん取る選手だったんですけど、そういうのに近い感覚で」

-昨年の春は自分でもアウトサイドはいい、と言っていましたよね。
「あのときよりも更にです。今は心から『絶対いつか入り出す』というような感覚でバスケットをできているので、僕はここからだと思っています。だから最後まで打っていきました」

-そこで欲を言えば、最後の場面で栗原選手や種市選手までボールが回っていくような展開が理想的だと思うんですが。
「確かに最後のああいう緊迫した場面で、パッシングできれいに決まれば強いと言えますよね。でも、今の段階ではやっぱりボールを渡してしまったらもうガードへは返ってこないというのも分かるので、終盤は自分で行こうと決めている部分がありました。結果的に終盤入りましたけど、こういう試合結果になってしまった」

-それでも良くはなっているのは確かですね。
「去年に比べて気持ち的な部分や練習の雰囲気も含めて成長してきています。あとは技術。バスケットで5人の絡みをいかに作るか。それができていないのに、下級生が交代して入ってきてもできる訳がないし、そういう意味でオフェンスの練習がまだまだ必要ですね。5人での絡みが足りていない状況で、これだけ競った試合をしたのもものすごく久しぶり。だから経験という意味でも足りてないし、本当に日大はここからだと思います。ここから強くなります」

※1 栗原は昨年1年をケガで棒に振った。中村も年間を通してケガがちで、姿が見えない試合も多かった。また、種市もインカレで足を痛めている。タレント揃いの学年だけに、惜しまれる状況からようやく上昇が始まったばかりだ。


「攻守の柱になりたい」
リーグ・インカレでの巻き返しを誓う日大の不死鳥

◆#10種市幸祐(日本大・4年・F)
090528taneichi.jpg試合終了の瞬間、種市は膝に手をつき俯いた。
「大事なところで決められなかった」
だが、その“大事なところ”でコートに立っていたことは意外に多くない。
何度も怪我が種市を阻んだ。
恐怖心が生まれてもおかしくないが、その度に屈せず、力強さを失わずコートに戻ってきてみせた。
当然のように口にした“インカレ”という言葉。昨年のインカレは、準々決勝・国士舘大での負傷退場で終わってしまっている。
学生最後となる今シーズンは、インカレを自らが、チームがはばたく舞台にできるか。


―好ゲームでしたが、4点及ばず。試合が終わった今、この差はなんだったと思いますか?
「大事なところでのシュート力の差だと思います。特に自分が決められなった。自信の無さですかね…シューティングの足りなさというか。明治は4年生がしっかり決めたのに、うちは竜青(#7篠山)に、下級生に頼る形になってしまいました」

―明治はシュート力に定評がありますが、ディフェンスとしてはどんな意図で臨んだのですか?
「日大は基本的に、自分のマッチアップをしっかり守ろうっていうチームです。明治だからといって特別な作戦はありませんでした。うちはフォワードは3人(種市・#4栗原・#11上江田)とも大きいので、スイッチしてもいい、コミュニケーションミスだけしなければいいと考えていましたし、そうやっていつも通りのディフェンスができていれば、多少はやられてもしょうがないと思っていました。でも、ファールがかさんでしまったこともあって、想定以上に点を取られた。やられっぱなしで、納得はいっていないです。インカレでまた当たった時は、もっと工夫して止めないといけないですね」

―確かに1on1での好守が見られました。でも、それを得点にうまくつなげられなかったのではないでしょうか。
「オフェンスは…自分たちの動きができなくて、足が止まっちゃっている部分が多かったです。そこで走りきれなかったのがオフェンスでは負けたなぁって思います」

―タイムアウトの時など、どう修正しようと話していたのですか?
「まず慌てないで、1本ずつしっかりやっていこう。そうすれば自分たちの力で追いつけるって話していたんですが、いざタイムアウトが終わると一人ひとりがやっぱり慌ててしまって…“自分が自分が”となってしまった。そこの冷静さがなかったです」

―4点差で迎えた残り8秒、長くハドルを組んでいましたが、そこでは何を話していたのですか?
「その後のスローインのフォーメーションです。“竜青とマサ(#5中村)のピックから、竜青が打てたら打っていいよ、もし打てなかったら俺と上江田が外で待ってるからパスを出せ”って感じで話していたんですが、ちょっとうまくいかなかったですね」

―最後は篠山くんに任せる形にしたんですね。
「竜青は真面目に取り組んできているので、信頼しているから後悔はないです。もちろん他の誰が打っても。欲を言えば自分が打ちたかったですけど、皆しっかりやってきているので、後悔はありません」

―これで、トーナメントは2試合で終えることになりましたが、一方でとても濃い2試合だったのではないでしょうか?
「そうですね。初戦の関東学院戦では留学生のパプと対戦できて、高さの面で工夫ができましたし、この試合では外が強い明治をどうやって止めるかも勉強になりました。中外両方で収穫があったので、これを生かせればと思います。栗原もマサも怪我から帰ってきたし、この5人はスタートしたばかりなので、リーグやインカレの時にはチームワークももっとよくなっているはず。リーグ・インカレは優勝します!」

―種市選手も復帰できてよかったです。リーグ・インカレではどんなプレーを見せたいですか?
「足の状態はまだよくはないんですけど…痛み止めを飲んだりテーピングを巻いたりしていて。でも栗原もマサもそんな感じなので、万全の状態ではないですけど、そんなことは言っていられない。やるしかないと思っています。リーグに向けては、もっと積極的にシュートを打って、確率を上げて。それからチームの柱になれるように。攻守で柱になりたいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:54  |  2009トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |