2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.05.27 (Wed)

【2009トーナメント】5/27レポート・駒澤屋内球技場

アップセットまであと一歩だった関学大は4点差で敗北
リベンジ成った国士舘大はベスト8を懸けて東海大に挑む


駒澤屋内球技場では6試合が行われた。
この日、最も注目の集まったカードは日本大関東学院大。1Qは関学大が先行するが、2Qに入ると失速。その間にリードを広げる日本大だが、終盤にかけて関学大も粘り、最後は1点を争う展開に。残り29秒での1プレーが明暗を分けたこの試合は、日本大が4点差で逃げ切った。これで日本大は、ベスト8を懸けて明治大と戦うこととなった。明治大#3金丸英悟は日本大戦へ向けて、「京王電鉄杯のときはやられてしまったので、勝ちたい。次に繋げるために、勝ち方にもこだわっていきたい」と抱負を語った。どちらがベスト8に名乗りを上げるのか、注目だ。
また、リベンジを誓っていた国士舘大は、昨年と同じベスト16で駒澤大と再戦となった。昨年、インサイドの主力が卒業した駒澤大は、国士舘大#13馬に対抗できず、大差での敗北となってしまった。

白鴎大専修大明治大はそれぞれ地力の差を見せつけ、危なげなく勝利。一方、かき回されてしまったのが中央大だ。立ち上がりこそ、東京成徳大を突き放したものの、2Qになるとみるみるうちに点差が縮まり、同点に持ち込まれる。さらに、東京成徳大#77田中にダンクを浴びるなど、決して良い内容とは言えない。最後は突き放して試合終了のブザーを待ったが、次へ向けて不安の残る試合だった。


国士舘大は#13馬が起点のオフェンスで突き放しに成功
駒澤大はインサイドで対抗できず

国士舘大学103(26-28,29-10,17-18,31-20)76駒澤大学
昨年のインカレでは準優勝を飾った国士舘大だが、実はトーナメントでは駒澤大にベスト16で初戦負けを喫していた。そして、今年もまたこの大会で駒澤大との一戦を迎えることとなった。目指すは「リベンジ」とサラダリーグで#4吉満(4年・G)も語っていた。

立ち上がりは国士舘大ペース。駒澤大は追いかける展開となる。だが、点差が開いて「気が緩んだ」(国士舘大#4吉満)ところを駒澤大はつけ込んで互角の展開に持ち込む。1Q終了時には逆転にも成功した。だが、2Qになると流れは再び国士舘大へ。国士舘大は高さ・パワーに加え、巧さを兼ね備えたセンター#13馬(3年・C)を起点にオフェンスを展開。馬は、駒澤大のディフェンスを軽々とかわし、次々とシュートを沈めていく。始めのうちは駒澤大も我慢していたが、徐々に苦しくなり、2Q終盤には得点が止まってしまう。そこを見逃さなかった国士舘大は、#15冨塚(3年・F)の連続得点で一気に突き放し、前半終了時には17点差をつけた。

3Q序盤は、駒澤大のディフェンスが光る。オフェンスでは、#9西山(3年・G)や#16成瀬(2年・SF)を中心に得点を重ねていく。リバウンドでも#8小林(3年・SF)がインサイドで体を張り、点差を一桁まで戻すが、次のプレーでファウルが出てしまい、フリースロー。再び点差は二桁に。#13馬を中心にオフェンスを展開する国士舘大は、点差を20点に開き、余裕のゲーム運びを見せる。駒澤大は、ディフェンスで仕掛けるも、馬を止めることが出来ず、最終的には26点差での敗北となってしまった。一方の国士舘大は、リベンジを果たし、ベスト8決めの切符を手に入れた。

※国士舘大・吉満選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※日本大対関学大は別途掲載します。

[続きを読む]

「まとめることは難しい」
国士舘大主将に突きつけられる「チーム」としての課題

◆#4吉満俊孝(国士舘大・4年・G・主将)
ケガからの復帰を果たし、インカレ準優勝の立役者の吉満が、主将となった。
国士舘大は部員が多く、応援はにぎやか。しかし、目指す方向が全員で一致しないということもまた事実である。また、昨年の準優勝から一変、チームは若返った。吉満はチームとして「まとめる」難しさを痛感しているようだ。今後、チームがどうまとまっていくのか。注目したい。

—リベンジを果たしましたね。
「そうですね。リベンジ成功です。よかったです!」

—勝因はなんだと考えますか?
「ディフェンスですね、多分。今まで失点が多かったんですよ。でも、言っても全然直らなくて…。コミュニケーションも全然取れていなかったんですけど、そこだけを言って来たので、少し機能したのが勝因かなと思います」

—1Qは互角の展開でした。
「出だしがよくて10点くらい開いたんですけど、そのあと気が緩んだんだと思います、はい(苦笑)。2Qに離せたのは、馬隆(#13)がゴリゴリ中でやれたからですね。馬隆でやって、中で苦しくなったら外にさばいてという、去年からずっとやってきたことをやっただけですね。オフェンスは、1回馬隆に入れてから始めようという、意志統一ができていました。それでオフェンスの展開が良くなったと思います」

—始めから馬選手を起点に攻める、ということは考えていなかったんでしょうか?
「先生(小倉監督)はいつもディフェンスをして、ブレイクを出せという感じなので。走れている時はそれでいいと思うんですが、ハーフコートになったときに、それだと詰まってしまうんですよね。走れる時は走って、走れなくなったら、馬隆を起点にという感じですね。でも、実際あまり考えてやってないです。いきあたりばったりです(苦笑)」

—点差が離れたということもあるとは思いますが、かなり色々な選手を使っていますね。
「そうですね。去年、試合に出ていた選手が僕と馬隆と三村(#17)しかいなくて、シーズンが始まった時の全員スタートラインは一斉だったんですよね。だから、先生もかなり色々な選手を使っています。そうなると、闘争心が生まれるというか。僕は、全員が闘争心を持って今はやれていると思っています。全員にチャンスがあるわけなので。だから、高い意識を持ってやれているのかな?とは思います」

—今年はキャプテンになりました。心境は?
「1・2年生の頃に下から見ていて、『なんでまとまらないんだろう?』ってずっと思っていたんですよ。でも、実際にやってみると、相当難しくて…。部員の人数も多いし、Bチームも含めた全てのことを考えなければならない。予想以上にキツくて難しいですね(苦笑)。あとは、意識の差。それぞれ目指す方向が違うから、まとめるのが難しいです。去年は徹さん(寺嶋)がいて、みんなでついていこうというのが機能したんですよ。それもあって、去年はピリピリしながら練習していたんですが、今年は気が抜けたというか…。一人ひとりに、『去年、あれだけやったんだから』っていう部分が少なからずあって。そこでちょっと悩んでますね」

—トーナメントのことに話を戻しますが、ベスト8を懸けた戦いは東海大との試合になりました。
「やるしかないですよね。勝てばベスト8で、そのまま上にいけたらと思いますけど。実は、東海って4年間を通してやったことないんですよね。去年インカレで、法政とか日大とか、他の1部チームとはやれたけど、東海はやったことがないんです。だから、楽しみな部分はあります。東海はバスケが熱いから、それより熱い気持ちを持って頑張ります」

—今シーズンは学生最後のシーズンになりますね。どんな1年にしたいですか?
「ありきたりですけど、悔いの無いようにしたいです。去年、徹さんが引退する時に、『俺はもうこれ以上はうまくならん』って言っていたんですよ。それくらい頑張らないといけないなと思います。もちろん、もっと上手くなりたいですけど、こういうことを言えるくらい努力したいです」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:09  |  2009トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |