2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.01.25 (Sun)

【B-1JAPAN2008】出場選手紹介

B-1JAPAN2008-OVERTIME-出場者を改めて紹介します。
当日はこれらの写真等に選手のサインを入れたプレゼントも用意しています。

【出場選手】
b8sa.jpg鈴木惇志
Atsushi Suzuki 

慶應義塾大学

184cm/F


キャプテンとしても、一選手としても、ベストを目指して自問自答を繰り返しながら、コートでは揺るぎない存在であり続けた慶應大の魂。


・インカレ最優秀選手賞


[続きを読む]


08bty.jpg竹内尚紀
Yoshinori Takeuchi

慶應義塾大学

180cm/G


いつも笑顔でチームを支えた副将。入りだしたら止まらない、美しい3Pシュートを見ずには終われない。








08bas.jpg青砥宗一
Souichi Aoto

慶應義塾大学

186cm/F


自他ともに認める泥臭さでチームの日本一に貢献した。短いプレータイムでも勝利への意志を表現できる貴重なプレイヤー。








08btt.jpg寺嶋 徹
Toru Terashima
国士舘大学

182cm/F


大学界No.1の"努力する才能"を最終学年で花開かせた。国士舘大の快進撃には寺嶋のキャプテンシーが欠かせなかった。


・インカレ敢闘賞
 








08b8td.jpg立花大介

Daisuke Tachibana

国士舘大学

170cm/G


いつでも自分らしく、楽しく。福岡出身ガードの系譜を受け継ぐ1人。ディフェンスをあざ笑うかのようなしなやかなドライブは必見。


・インカレ優秀選手賞
 







08bga.jpg荒尾 岳
Gaku Arao 

青山学院大学

198cm/C


1年時からスタメン、様々な学生代表を歴任し、最終学年では個人賞も総ナメにしたキング・オブ・センター。



・トーナメント最優秀選手賞

・トーナメントリバウンド王

・1部リーグ最優秀選手賞

・1部リーグリバウンド王


・インカレ優秀選手賞
                   
・学生選抜(主将)
                   
・李相佰杯代表
 

08but.jpg梅田稔人
Toshihito Umeda

青山学院大学

173cm/PG


追われる立場のチームをまとめあげたキャプテン。チームのため、を第一にしてきた梅田が最後に「らしさ」を解き放つ。
 









08bkt.jpg堤 啓士朗

Keishiro Tsutsumi

専修大学

180cm/G


一目で彼のとりこになってしまう不思議な魅力の持ち主。怪我で長いブランクを味わったが、堤イズムは健在。


・インカレMIP
 








08bsm.jpg鈴木正晃

Masaaki Suzuki

専修大学

176cm/G



目を疑うような驚異的なオフェンスを連発。特にドライブからのレイアップは速さも高さもアンビリーバブル。

・学生選抜







08bit.jpg飯田貴大
Takahiro Iida

専修大学

192cm/F


インサイドで身体を張ったか思えば、ロングシュートもお手本のよう。チームメイト思いの、頼れるビッグマン。









08bmas.jpg増川翔太郎
Syotaro Masukawa

専修大学

188cm/F


専修大のラストピース。全国大会未経験の高校生から、日本一を争う上で欠かせないキーマンにまで昇り詰めた。









08byn.jpg能登裕介
Yusuke Noto

専修大学

190cm/F


リバウンドは全て彼の上に落ちてくる。そこから繰り出すフックシュートはトレードマークとなった。黙々とプレーする姿は同性もが憧れる。


・1部リーグ優秀選手賞

・インカレ優秀選手賞





08bis.jpg伊與田 俊

Syun Iyoda

明治大学

171cm/G


伊與田のパスの先では必ず得点が生まれる。さらにアグレッシブなディフェンス、ここぞという場面での得点力も持つバランスのいいガード。


・トーナメントアシスト王

・2部リーグアシスト王





08byy.jpg山下泰弘

Yasuhiro Yamashita

明治大学

188cm/G


誰も想像のつかないプレーを次々に繰り出すファンタジスタであり、Bチームのメンバーからも絶大な人望を集めるポジティブなプレイヤー。







08bts.jpg篠原 徹
Toru Shinohara

日本大学

190cm/F


打点の高いシュートは誰もさわることができない。主力が相次いで怪我に襲われる状況の中、強いリーダーシップでチームを引っ張った。







08bks.jpg近 忍
Shinobu Kon

日本大学

190cm/F

怪我に悩まされながらも最終学年でスタメンをつかんだピュア・シューター。陽気さを忘れず取り組んできた成果を、B-1の舞台で存分に披露する。







08bfn.jpg西村文男
Fumio Nishimura

東海大学

177cm/PG


心身ともにたくましさを、そしてキャプテンとしてチームを気遣う柔らかさをも身につけ、4年間で最も"変わった"と言える東海大の看板ガード。


・1部リーグ敢闘賞

・1部リーグMIP

・李相佰杯代表



08baj.jpg安部 潤
Jun Abe

東海大学

177cm/G


安部のドライブは速いを超えて速過ぎる。熾烈なポジション争いを勝ち抜くために磨き上げたキレあるプレーは見逃せない。


・1部リーグ優秀選手賞

・学生選抜





08bnt.jpg中濱達也
Tatsuya Nakahama

東海大学

199cm/C


リバウンドに、合わせにと、チームメートがいてほしいと思うところにいるプレイヤー。ペイントエリアのぶつかり合いに負けない荒々しさも内に秘める。







08bny.jpg長野勇気
Yuki Nagano

東海大学

186cm/F


サイズの不利を埋めてもなお余りある鋼の肉体の持ち主。その名の通り勇気あるプレーで何度も観る者の心を揺さぶった。







08bfy.jpg福田侑介
Yusuke Fukuda

法政大学

187cm/SG


リストの効いた柔らかな3Pシュートは一見の価値あり。コツコツと努力したことで1度のチャンスをものにし、他チームにおそれられるシューターとなった。







08bkn.jpg中野邦彦
Kunihiko Nakano

中央大学

188cm/F


主将として「何とかしなければ」という思いを気迫溢れるディフェンスやシュートにぶつけ、1部という最高の財産をチームに残した。







08bmss.jpg篠原 賢
Masaru Shinohara

中央大学

189cm/F


長い手足と高い身体能力を生かし、常識を超えたブロックショットやリバウンドを繰り出す。予測不可能なプレーが楽しみな選手。







08bsk.jpg佐藤基一

Kiichi Satou

中央大学

181cm/G



強気に打ち続ける姿勢で何度もチームの窮地を救った、アンストッパブルな中央大のエース。

・1部リーグ得点王





08bmj.jpg眞庭城聖
Jyosei Maniwa

日本体育大学

192cm/F


名門・日体大で1年時から主力として活躍した。その名を大学バスケ界に知らしめた美しい3Pシュートをもう1度。







08bye.jpg山本エドワード
Edward Yamamoto

大東文化大学

175cm/SG


ゲームメイクは北陸出身のガードならでは。確率の高いアウトサイドとディフェンスの集中力で、下級生主体の大東大のよりどころとなった。







08byt.jpg梁川禎浩
Tadahiro Yanagawa

筑波大学

183cm/G


破壊力抜群、どこからでも点が取れるオフェンスの鬼。常に自分に厳しさを求めてきた梁川は悲願の1部復帰の原動力といえる。







08bjt.jpg高橋 純
Jun Takahashi

筑波大学

190cm/C


同じポジションに、高校で実績のある木村・富田がいる環境で、向上心を忘れず剛柔兼ね備えたスタイルを確立。今やインサイドの3本柱の一角となった。







08bko.jpg木村 理
Osamu Kimura

筑波大学

194cm/C


敵サイドの応援席まで味方につけてしまう、憎めない人柄がにじみ出る。力強く気持ちのこもった熱いインサイドプレーは得意中の得意。








08bttt.jpg富田卓弥
Takuya Tomida

筑波大学

196cm/F


プレーエリアの幅広さは、チームのオプション充実にも広がった。筑波大インサイドトリオの中で最も器用なプレイヤー。


・学生選抜







08btk.jpg店橋 翔
Kakeru Tanahashi

白鴎大学

178cm/G


左利きのシューターであり、いつも笑顔の司令塔。個性溢れる白鴎大メンバーをまとめ、チームを2部に定着させることに成功した。







b8pj.jpgピーター・ジョン・フィルユン
Peter John Viljoen

白鴎大学

195cm/C


南アフリカ生まれ、北海道育ちの心優しいビッグマン。重厚なインサイドプレーは近くで見るほど圧倒される。









08bkh.jpg寒竹隼人
Hayato Kantake
拓殖大学
194cm/F

身体能力を生かしたオールラウンドプレーは折り紙付き。入替戦で勝利を引き寄せる大暴れをした勝負強さも持つ。

・李相佰杯代表
 
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |