2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2009.01.25 (Sun)

4年生さよなら試合「B-1JAPAN」とは

始まりは、2002年度の4年生たち
2003年1月4日、日本体育大学体育館にて開催された「4年生さよなら試合」。当時の4年生であった網野友雄(日本大・現JBLアイシン)、五十嵐圭(中央大・現JBL日立)、安斎竜三(拓殖大・現JBLリンク栃木ブレックス)らが卒業を前に、仲間で最後に楽しむために、また応援してくれたファンに最後の感謝を示すために選手自身が発案・実現したのが始まりです。佐藤健介(慶應大)、柏倉秀徳(筑波大・現JBL三菱)、若月徹(筑波大・JR東日本秋田)ら当時を代表するプレイヤーが最後の舞台に集合し、プレーを楽しみました。当時はこういった催し自体が珍しく、画期的でもありました。

それをBOJが運営を引き継いだのが「B-1JAPAN」。毎年4年生が最後に集う場として今年7回目を迎えました。オールスターゲームだけではなく、さまざまなアトラクションやファンも一体となったプログラムは、まさに特別な、そして1日限りの時間。今年は過去最多、33名もの選手がこの場に集ってくれます。


本年度のサブタイトルは「over time」
「B-1JAPAN」は存在そのものが大学バスケにとっての延長戦。さらに、今年は印象的な延長戦が数多くあったことから、このサブタイトルに決定しました。もう二度と見られない、そしてとっておきの特別な延長戦を、最後に会場にいる全員に楽しんでもらいたいと思っています。

0190119_1.png

【アトラクション】※順序はこの通りではありません
①オールスターゲーム
2チームに分かれ、オールスターゲームを行います。普段は見られない特別な組み合わせがここで実現。
②3Pコンテスト
制限時間内に何本決められるか?真のシューター決定戦。
③ダンクコンテスト
お馴染み、ダンクコンテスト。2本合わせて最高得点を競います。
④大学バスケ○×クイズ
今シーズンの大学バスケから、簡単~難問を全員で。
⑤ファン交流
最後にフリータイムで交流を楽しむ時間を設けます。サインや写真を一緒にどうぞ。また、4年間頑張った選手への言葉もお願いします。
⑥選手のサイン入りグッズプレゼント
各選手の思い出の品にサインをいれてプレゼント。応募による抽選制です。
⑦サプライズ企画
そのほかにも来場者だけが楽しめる仕掛けをたくさん設けてお待ちしています。また、昨年好評だった観客参加企画も健在。「第2回齋藤崇人杯・観客参加のフリースロー大会」もお楽しみに!
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  22:55  |  NEWS・告知  |  Top↑
 | BLOGTOP |