2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.12.15 (Mon)

【2008インカレ・インタビュー】“チーム”で挑み、道半ばで途切れた東海大

「勝つために自分を相当変えた」
勝利を目指すために見せた“自己変革力”

081203NISHIMURA.jpg西村文男に涙は似合わない。

負けが決まった瞬間、床に倒れ込み顔を覆った#62長野、#35中濱、#32安部ら4年生や応援団をよそに、西村はチームを促し、応援してくれた人々へ礼をして控え室へと消えていった。試合中と変わらぬ落ち着いた瞳には、少しだけ感情がちらついていたが大きく揺れるほどではない。「至って冷静でした」。負けが濃厚となった時間帯も西村は状況を客観的に捉えていた。そこが彼らしかった。

※西村選手、中濱選手、長野選手のインタビューは「続きを読む」へ。

◆12/3天理大VS東海大試合レポート

[続きを読む]

「何もかもが中途半端だった」
アクシデントの前に崩れたプラン

081203NISHIMURA2.jpgまさかの二回戦負け。しかし、本当にまさかだったかと言えば不安要素はあった。一回戦、余裕の戦いながら登録14名の選手のうち満原のみがDNPとなった。今期、ルーキー満原の成長によってリーグ戦からはインサイドで中濱と2人体制でチーム力をあげてきた。リーグの青学大戦の勝利にも満原の存在感は大きかった。インカレもそのまま臨むつもりだったが、ケガというアクシデントが起きる。リーグ戦とは異なり、インカレは登録変更期限を過ぎてしまえば何があっても選手を替えることはできない上に、嶋田もケガに泣き出場は叶わなかった。満原を失ってオフェンスは4アウト、中濱のインサイドと4人のアウトサイドに変更された。「数日前のケガではなくて、彼がケガをしてから8回練習できたことは良かった」と、陸川監督は前向きに述べたが一回戦ではオフェンスもディフェンスもスムーズではなかった。満原がいないことで変わった部分に、チームが対応しきれていなかったのだ。西村はその部分をどうするか悩んでいるようにも見えたが、悩んでも仕方がないことも分かっていた。

そして始まった天理大戦。相手のエースシューター#4野口をがら空きにして立て続けに3Pを決められると、東海大は追う展開となった。新人戦決勝、リーグ戦の対青学大の第1戦は序盤から互角に持ち込んで接戦を制した。しかしリーグの日大戦のように追う展開になったときには今期の東海大は勝てていない。それでもチームは粘りを見せ、4Q開始2分で長野のミドルシュートと西村の3Pで2点差にまで詰めることに成功する。しかし粘りはそこまで。天理大の勢いの前に逆点することなく無情にも試合終了の時刻を迎えた。

081203NAKAHAMA3.jpg「相手に70点までは取らせていない。ということは、最初の3Pさえなければうちらしいディフェンスはできていたと思う。でも点が取れなかった」。リーグ戦2位ながら勝った試合でも60点台がざらに並んだ今年、ディフェンスは申し分なかったが、得点が取れないというこの泣き所が最後に響いた。この試合、西村は11点。しかし相手のフェイスガードの前に、いつものように積極的に仕掛ける場面は少なかった。「こういう場合の練習が足りなかったと思う。フェイスされて無理に行くよりはコールか、インサイドのモーションか、これまでやってきたことを出した方が得点につながるんじゃないかと思ってはいたけれど、オフェンスのシステムがどれも完成されないまま試合に臨んでしまった」。たった一人の欠場がここまで響いたことについては「リーグで重ねてきていただけに、抜けたポジションが悪かった。でもそれを言い訳にはできない。満原が抜けてからここまでそこをやってきた訳だから」。


「勝つためにキャプテンになった。
そのために、自分を相当変えた」

081203NA.jpg今年、人生で初めてという主将を務めた西村。昨期主将の小林の後を継ぐよう監督に促されたのはオールジャパンでのこと。「まだ分からないけど、やるかもしれないです」と、話してくれた彼の顔にはいつもと違う高揚感が浮かんでいた。経験もなく、自分も柄でもないと思っていた主将のポジション。しかし自分がやる意味があることも理解していた。「一番の理由は勝つためには、という考えがありました。勝つことを考えたら自分がやるしかなかった。そのために、自分を相当変えましたね」。勝ちたい気持ちがあれば自分は変えられる。勝つためにどうすればいいか考えたら自然とそうなった、と述懐する。「最初は何をすればいいか分からなかった。僕は“自分”というものが強くある選手だから春はずっと悩んでいました。でも夏合宿あたりからどうあるべきかだいたい見えてきたんです。これ、と言葉にするのは難しいけれど」。

1年生の頃はほとんど誰ともしゃべらなかったという西村が、春から練習試合をすれば率先して相手監督やコーチに挨拶に回り、顔を合わせればこれまで以上にきちんと挨拶をしてくれるという姿は、いささか感動的なものだった。新人戦ではチームメイトと一緒に最前列で応援にも立った。「問題児ばかりだから」と会えばいつものポーカーフェイスで言ったが、内心は苦労があったはずだ。それでもチームは次第に一つのまとまりを見せ始める。オールジャパン予選にもBチームの応援に全員で繰り出し、結束力が見えた。「西村がいいことを言うようになった。練習がうまくいかないとネガティブな言葉が出がちですが、『ネガティブなことを言ってもいいチームにならない、もっといいことを言おう』と言い出してすごくいいチームになった」と、陸川監督もほめる。「チームのためにやれるようになった。だからリーグ戦で2位につながったと思います。でもまだ足りなかった。『まだ勝つな』と誰かが言っているんだと思う」。そう自嘲したが、それでも彼が大きく変わったのは確かなことだ。中濱や長野をはじめ、チームの誰しもが西村の精神的成長を認め、また主将として何よりも頼もしく感じていた。この変化は全て勝ちたいがためだった。「去年も考えていたけれど、更に深くつきつめたら今やってる自分のバスケじゃ勝てない、今の自分のやり方じゃ勝てないということが分かりました。だから更に深く考えたり、アドバイスをもらったりしてやっていく中で自分を変えて、チームワークや結束力を大事にするのが一番強くなる方法だと分かったんです」。

081203TOKAI3.jpg入学したとき、「自分は目立とうと思っていない」と口にした西村だが、それは今も変わらない。「優勝できたらそれでいい。自分が目立ってどう、というのは全然考えてないですよ」と言うが、しかし優勝することはある意味、西村自身が活躍することではないのだろうか。「結果がそれにつながったらそうだったのかもしれない。でもガードとして、キャプテンとして、一選手として自分を客観的に見てコントロールすることが一番大事だと思っているんです。自分が目立とうとしたらチームが機能しなくなる」。それを象徴するのは後輩に送った言葉だ。「最後のミーティングでは、“結束力やチーム一丸になることが、どんなに力になるかをこの大会やリーグを通して伝えたと思う。それだけは来年にもつながる”というようなことを言いました」。そうでなければ勝てないと気づき、それをキャプテンである自分が示し、さらにはその思いを後輩に残していく。それが何よりも彼の大きな成長の証だ。

惜しくも、大学バスケの舞台からはこれで去ることになる。しかし彼にはまだこれから先もバスケット人生が続く。全てが学生時代とは異なるシビアな世界で、東海大で得たものをこれから先どう花開かせるか。「まだ足りない」を克服していく道が、西村の行く先に待っている。


【INTERVIEW】
「後輩を勝たせてあげられなかったのが一番つらい」
それでも4年生のあるべき姿を全身で伝えた

081203NAKAHAMA2_20081214113501.jpg
◆#35中濱達也(4年・C)

今年、西村とともに一番大きく変わったのはこの選手かもしれない。
昨年のインカレでリバウンド王を獲得。ケガに泣いた時期も多いが、ようやく頭角を現し、春からはスタメンとしてチームを支えてきた。4年生の自覚は試合中に声を出したり、またプレーの幅を広げている部分にも出ていたが、何より大きいのは西村にとって心強いパートナーとなったことだろう。試合のハーフタイムには2人がプレーについて確認している姿を毎試合見ることができた。「ガードの彼がどうしたいのか、知っておく必要があるから」と司令塔にとって必要なプレーを心がけた1年だった。
試合中、膝を痛めたが再度戻り、チームを勇気づけるダンクを見せた。そんな中濱に、終始冷静だった西村は「最後にハマを見たときだけ、本当に心が動いた」と、一緒に助け合ってきたチームメイトの奮闘に感情の揺らぎを見せた。


-ゴール下を一人で引き受けることになって、負担は大きかったですね。
「そうですね。リバウンドは簡単には取れないので、やはりセカンドチャンスを狙ってはじいたりと頑張ったんですけどやっぱりきつかったですね」

-膝を抱えて倒れたときはもうダメかと思ったのですが。
「会場にいるドクターに診てもらったらあまり良くない感じだったんですが、リバウンドが厳しいことは分かっていたので、出ないといけない気持ちが強かったです。だから痛かったけどテーピングをガチガチにしてもらって出て行きました」

-そしてコートに戻ってすぐのダンクは本当にチームを勇気づけたと思います。
「あそこで雰囲気を変えられるのはダンクしかないと思ったので。点差も離れていたし、考えたくはなかったけどもし負けてしまったら、ケガをしてこのまま出ないで終わるのは後悔が残るとも考えました。後悔したくなかった。それだけです」

081203NN.jpg-でも思わぬ長いオフになってしまいました…。
「今日負けるとは誰も思ってなかったし、オールジャパンもこれでなくなりました。ぽかーんとした感じですよね。練習はまだ参加すると思いますけど、試合がないのは気持ち的にキツイですね」

-どんな4年間でしたか?
「1年生のときはすごい先輩たちがいて、一緒に練習できたことが大きかった。それだけで自分が成長できた部分があると思います。3年生になってインカレからは結構出してもらうようになって。先輩たちも言っていたんですけど、4年生の1年間は本当に早いって。今考えるとやっぱりすごく早くて、後輩に何かを残せたかというと分からないですけど、上級生として勝たせてあげられなかったのは一番つらいですね。コーチたちにも4年間お世話になって、でも負けてしまった。Bチームも最後まで応援してくれて、OBも来てくれたのに申し訳ないことしか残っていないです。青学とやりたかった。大学の日本一を決める大会で負けて、何してんのかなって感じ。残念としか言いようがありません」


「信じるものを持って続けていくこと」
それが後輩達へのメッセージ

081203NAGANO2.jpg
◆#62長野勇気(4年・PF)

この日、中濱や鮫島をカバーして29分の出場、13得点をあげた。一種泥臭いスタイルはいかにも東海大らしい、と思わせるプレイヤー。長野が奮闘すればチームも盛り上がった。
試合後、まだぼんやりとした思考の中から拾い出した言葉には、東海大として何を自信にすべきか、そこが曖昧だったことが敗因だと述べた。どんなチームであれ、それが打ち出せないときは負けるといった現実を、長野はしっかり認めているようだった。


-今の気持ちは?
「まだみんなとやりたかったのが正直なところ。うちの学年は問題児ばかりだったけど、ようやく今、チームのことを考え出して毎日が楽しいと感じながらインカレに入りました。なのに、満原や嶋田のケガを埋められなくてもったいない。後悔ばかりになってしまいますね…」

-序盤のディフェンスに空白があったというか、あんなに簡単に外を打たせてしまったことは東海大らしくなかったと思います。
「そうですよね。自分たちはディフェンスチームなのに徹底しきれなかった。満原が抜けてから目先の部分のことしか考えられなかったと思います」

-なぜそうなってしまったのでしょうか。
「練習時間が少なかったことが一つ。リーグ戦を戦って自信をつけたものと違うことで勝負をしなければならない不安がありました。そこを今いち信じ切れなかったのかな。4アウト、ローテーションの部分でいるはずの奴がいなかった。そういうズレが多々あって修正しきれませんでした。でも選手がいないなりに今度は違ったいいプレーも出てきていて、自信になった部分もあるんです。ただ、満原がいなくなったのはオフェンスの部分ですごく大きなものだったので、少しそこに視線を向けすぎました。自分たちはディフェンスしてなんぼのチームなのに、そこがらしくなかったですね」

-自分たちのディフェンスを取り戻すまでに時間がかかりましたね。
「佐々さん(佐々コーチ)も言ったんですが、バスケットって流れの取り合いですよね。流れが悪くなるときはどのチームにもある。悪くなったときはディフェンスできないとダメ。リーグの日大戦でもそうだったけど、こういう展開になったときにこそディフェンスできないといけないんです。だから今日はそれができなくて、応援してくださったりサポートしてくださったみなさんに本当に申し訳ないと思います」

-別に仲が悪いとか、そういうことではないと思いますが4年生でまとまるのに今年は時間がかかりましたね。
「個人主義者が多いからかな。でも最後にはみんながチームのことについて考えてくれて、自分も含めてみんながチームのためにまとまって、最近は本当に良くなったんですよ。毎日、毎日本当に楽しかった。でもそうなるのが少し遅かったのかな…。慎太郎さん(小林・昨期主将)がそういうのが大事だってすごく伝えてくれていたのに、そこは後輩である僕らの力不足だったと思います。今はバスケは技術じゃなくて、メンタルゲームだなってすごく実感しています。リーグでの負けや青学に対する勝利からもすごく勉強になりました」

-1部に上がってから東海大は苦労はあっても大きな困難には直面していないと思うし、これがその最初の山となったでしょう。後輩には何が大事だと伝えますか。
「満原をはじめ、いい選手はたくさんいます。でも能力だけであるとか、そこばかり考えていたら今日のように負けとして出てしまう。青学が強いのは自分たちのトランジションを信じているからですよね。信じていれば力を出せます。そういう信じるものをしっかり持って続けていくこと。ハートの部分の大切さを最後に伝えていけたらなと思います」

081203NAGANO.jpg-今年は東海大ファミリーの長男という位置づけでしたよね。どんな気持ちだったのですか?
「楽しかったですよ。この前Bチームの応援に行きました。試合をするだけじゃなくて、応援するだけでもすごく楽しかったし、飲んだり、授業もいろいろなことをみんなで共有できて本当に。すごく感謝しています」

-西村選手はどんなキャプテンだったでしょう。
「一番あいつに迷惑をかけました。最初はあいつが一番厄介かなと思ったら(苦笑)、今では一番チームのことを考えてくれている。いいキャプテンでした。自分もまだバスケを続けるので、これからもいい仲間でいたいと思います」


関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  10:08  |  2008インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |