2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.12.07 (Sun)

【2008インカレ】決勝の見どころ

2004年以来の優勝を狙う慶應大か初となる国士舘大か
決勝はあらゆる意味で見逃せない一戦に


081204keio.jpg慶應義塾大vs国士舘大。
60回記念のインカレ決勝は慶應義塾大学と国士舘大学の2部対決。現行の32チームによるトーナメント制となってから初の出来事である。慶應義塾大は来期1部昇格が決定しているが今期は2部扱い。しかし2部とはいえ今年、この2チームを見ずして大学バスケを見たとは言えない。

1年間「勝利至上」というスローガンのもと、全大会優勝という明確な目標を立てて取り組み、少しずつその目標に近づく結果を出し続けてきた慶應義塾大の強い思いやチームの団結力は、このチームを見続けていれば伝わったはずだ。トーナメント3位、早慶戦を延長で勝利、力では勝る韓国の強豪大に接戦をし、2部優勝で1部復帰、そして確かな実力を身につけてこのインカレ決勝の舞台まで来た。主将#4鈴木のリーダーシップを軸に全員が一つのものを目指す姿勢を作り上げ、その思いをこれほど感じさせてくれるチームはほかにない。

一方、1年で2部に戻った国士舘大は、高校時代全国のトップで戦った選手達が本来持っているパフォーマンスを、大学バスケの世界で爆発させた。相手が強ければ強いほど勢いを増すこのチームは、リーグで明治大、筑波大といった2部の強豪を打ちのめし、インカレでは法政大、日本大、そして王者・青学大までも破る破竹の快進撃を見せている。派手で、にぎやかで、そして粘り強い。真摯で懸命な慶應大か、勢いとキャリアが後押しする国士舘大か。全く両極のようでいて、本質は似ている。最後まで走りきる姿勢、逆境でも決してあきらめないメンタル、結果を残したいという思いが両者から感じられる。

081205kokushi.jpgリーグ戦では記憶に残る接戦で慶應大が2勝。国士舘大の洗礼を最初に浴びたのは慶應大であり、またその勢いを唯一全て跳ね返したのも慶應大である。しかしだからこそ、国士舘大の怖さを十分に分かっている。ここまでチャレンジャーだった慶應大が最後の最後で追われる立場になった。だが、彼らはこの1年でどこのチームよりも伸び幅の大きかった成長を代々木の観客に見せればいい。這い上がって強いチームを作り上げた成果を、コートで表現して伝えることこそが慶應大が大学バスケの場で成すべき事だ。国士舘大は選手が本来持っていたものがここに来て結実した感がある。#4寺嶋のキャプテンシー、#5立花の能力、#13馬の上手さ、#10吉満の勝負強さなど、どれも一言では言い切れない個性と能力を持った選手たちが揃う。やはり彼らも3部から這い上がってここまできた。そしてさらに今、確かな強さを証明することが求められている。リーグの差こそあれ、似たような境遇を経てきた両者だけに、戦いの行方は未知数だ。

2008・2部リーグ戦 慶應義塾大VS国士舘大
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:00  |  2008インカレ  |  Top↑
 | BLOGTOP |