2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.11.26 (Wed)

2008リーグ戦1部最終総括

エース級のケガ人が続出した1部
下馬評通りに青学大が2連覇・2冠達成

081126aogaku2.jpg2ヶ月という長期戦のリーグ。その中で毎週高いモチベーションを保ちいいパフォーマンスすることは難しい。14試合の間には突然の怪我人によってゲームプランの変更を余儀なくされたり、新たな課題が浮き彫りとなることが起こり得る。そんなタフなリーグ戦で昨年に続き青山学院大が優勝し、連覇を達成した今期。余裕で最終日前に優勝を決めた昨年と違い、今年は最後まで東海大や専修大が優勝争いに絡んだ。また、上位以上に鬼気迫るのが下位入れ替え戦回避争い。日本の大学界を長らく牽引してきた日本体育大が今期まさかの2部降格。様々なドラマを生んだ1部リーグ戦を振り返る。

写真:青学大は2年連続7回目の優勝。

[続きを読む]

混戦となった優勝争いの中、青学大が2連覇達成!
081126ARAO.jpg今年は最終日まで優勝が決まらなかった。その中で安定した力を見せ見事2連覇を達成したのが青学大。前半戦では下位チーム相手に#7渡邉(3年・PG)「トランジションならどこにも負けない」と自負する、攻撃的なディフェンスからの得意の速攻で圧倒的な力を見せ連勝を続ける。山場となった東海大との第1戦目では、東海大ペースのロースコアな展開に持ち込まれ唯一の負けを喫したが、第2戦目でも同様にスローテンポな展開に持ち込まれながら、勝負所での#7渡邉、#5小林高晃(3年・SG)の活躍で星を分けることに成功。最終戦では日本大を終始圧倒し、結果的には昨年同様わずか1敗で1部リーグを制覇した。

対照的に惜しくも2位に“終わった”のは東海大だ。青学大と引き分け得失点差で上回ったが、日本大に手痛い1敗で2位に甘んじた。だが収穫は大きいリーグ戦となったはずだ。前半戦は#24古川(3年・SF)、#29嶋田(3年・CF)という得点源を怪我で欠き、下位チーム相手に苦戦を強いられた。だが、スタメンに抜擢された#45鮫島(3年・F)の台頭や新人王の#0満原(1年・C・能代工業)がインサイドで活躍。古川の復帰した後半戦では相手を平均60点以下に抑える圧巻のディフェンスを武器に、星を積み重ねた。

081126NOTO.jpg青学大、東海大に破れ3位となったのが専修大。だが、チームとしての成長は1部では1番といっても過言ではないだろう。もともと個人の能力は高かったが、主力が4年生となり統率が取れるようになったことで、チーム力が昨年に比べ著しく向上した。また、#0堤(4年・G)、#10飯田(4年・F)がベンチスタートに回ったことで、#22鈴木(4年・G)や#20張(2年・C)らスタメンが伸び伸びとプレイできたことも大きい。特に今年からスタメンに定着した#15増川(4年・F)は陰のMVPと言ってもいい程の活躍を見せた。青学大や東海大には惜敗したが、今リーグでは躍進を印象付けた。インカレでは久しぶりに元気な専修大が見られるだろう。


リーグ戦は振るわず、インカレでの飛躍に期待
中位クラスに甘んじたのは日本大、法政大、中央大だ。日本大は春の不振を糧に奮起が期待されたが、勝ち星が伸びなかった。昨年から好不調の波が激しかったが、今期は相次ぐ戦線離脱者がそれに拍車をかけた。またエースガードの#13篠山(2年・PG)は優秀選手賞こそ受賞したが、立ち上がりの悪さからかベンチに降格する試合もあり、本来の力を出し切れていないことに悩んでいるように見える。不完全燃焼に終わった感のある日本大だが、#14熊澤(2年・G)の台頭が今リーグの光明となった。

081126kozu.jpg日本大同様に躍進が期待されたのは昨年インカレ準優勝の法政大。こちらもエースの#5神津(3年・C)が怪我で前半戦を欠場したことや#23信平(3年・SG)、#64佐々木(4年・PG)が怪我で欠場しがちになったことで序盤戦で優勝争いから離脱した。しかし、結果こそ5位だが、#11長谷川(1年・G・新潟商業)は3P王を獲得、#3鈴木(2年・PG)もアシストランキングでは3位に入るなど、下級生の成長はチームの底上げにはなったはずだ。メンバーの揃った後半戦では6連勝を飾り、インカレに向けていい形で締めくくった。

怪我の影響を最も受けたのが6位の中央大だ。チームの柱であり昨年のユニバーシアード日本代表にも選出された#11小野(3年・C)の戦線離脱により、今リーグでは苦戦を強いられた。#4中野(4年・F)、#7佐藤(4年・G)が毎試合20点を記録する活躍で奮起するも、前半戦では経験不足の選手の多さから試合終盤に何度も逆転負けを喫した。しかしこの経験が生かされたか粘り強いディフェンスを軸に日本大、日本体育大、大東文化大から終盤に大崩れすることなく3勝をあげ、なんとか入れ替え戦を回避した。小野はインカレも欠場の予定。それでも現有戦力でリーグ戦を戦えることを証明した中央大。中野、佐藤に加え、リーグで躍進を果たした#17吉田(2年・F)や#13砂原(3年・CF)らインサイド陣の活躍が鍵を握る。
写真上:リーグMVP荒尾。年を追うごとに安定感は高まり、センターではトップレベル。
写真中:昨年のケガから復帰した専修大・能登は191cmながらリバウンドにおいて高い能力を発揮した。総合では2位だが、オフェンスリバウンドでは1位の荒尾を上回る。尚、荒尾と能登は同じ富山県の泊高校出身。
写真下:今年はエース級の選手にケガが多く見られたが、法政大は神津らの復帰で本来の姿を取り戻した。



日体大がまさかの2部落ち
081126MANIWA.jpg今リーグ戦で最も衝撃的であったのが、日本の大学界の歴史が変わったとも言える日体大の2部降格だろう。上位校相手に競った試合もあったが、終盤の勝負弱さが出て開幕からまさかの9連敗を喫し、2勝12敗に終わった。キャプテンの#27眞庭(4年・F)「今プレイしているのは自分たちだから、伝統校(によるプレッシャー)とかは関係ない」と言ったが、無意識のうちに重圧がプレイに影響を与えていたのかもしれない。リーグ戦ではチーム状態は大きな改善が見られず、入れ替え戦では意地とも言える気迫を見せたが、狂った歯車は最後まで戻らず降格の憂き目を見た。この悔しさをバネにインカレをいい形で締めくくって欲しい。一方、今リーグ最下位の大東大も2部降格。昨年の躍進を支えた主力の卒業に伴い、チームは下級生主体に大幅なシフトチェンジを強いられた。将来を期待させるメンバーはいるが、それだけで勝ち残れるほど1部は甘くない。だが、全敗で降格した2005年とは異なり、#41山本(4年・SG)の活躍を中心に日体大と中央大から勝ち星をあげたことを前向きに考えたい。若いチームだけに1部での経験を糧にこれからの活躍に期待がかかる。
写真:眞庭は日体大主将として最後の仕事を果たせるか。


1部と2部に見る対照的な数字
081126SATO.jpgディフェンスの厳しい1部では、2部以下よりゲームの総得点が低くなりがちで、数字が出にくい傾向にある。とはいえ、今年の1部は思った以上に個人の数字が出ていない。得点、アシスト、リバウンド等どれも2部が数字的には上回った。記録が出やすいだけに「所詮2部」と捉えられがちだが、それでも無視しきれない数字もいくつかある。

得点で目立ったのは明治大・金丸晃輔が2部で出した490点だ。順天堂戦では54得点をマークした。驚異的といえば驚異的だが、過去にも2部で400点台を出した選手は何人かいる。2002年の遠藤純二郎433点(東京農業大→関東実業団)、2003年の岡田慎吾438点(國學院大→現bj浜松)、2004年の君塚大輔427点(順天堂大→現bj大分)などがおり、400点台を出す素地はもともと2部にはある。1部は2000年まで遡っても400点を超えたのは2006年の菊池祥平による412点(日本大→現JBL東芝)のみ。今期の1部得点王・佐藤は305点。同じく2000年以降の1部でこれまで一番低いのが2004年の大西祟範(日体大→現JBL松下)の313点、平均値は約340点だが、その中では一番低い記録となった。

また、アシストでも今年は2部、明治大・伊與田の101本が目立った。2位の国士舘大・立花の100本も見逃せない数字だ。立花には1on1だけではない貢献度の高さが見える。伊與田は金丸の影響が大きいと考えられるが、ケガがなければもっとアシストを量産していただろう。100本越えは2003年に志村雄彦(慶應義塾大→現bj仙台)が2部で113本を記録。1部では2000年に柏倉秀徳(筑波大→現JBL三菱)が100本という数字を残している。1部の平均ラインは70~80本といったところだが、ディフェンス主体、ロースコアゲームを得意とする東海大の台頭もあってか2004年の志村雄彦による84本以降、1部では80本を越えるアシストは出ていない。青学大や東海大のように全員がバランス良く数字を出していくチームもあり、得点王などは優勝チームからほとんど出ないことからみても、個人記録がバスケットの全てではない。しかし今期のリーグにおける一つの側面も見えてくるのが数字の面白さといえるかもしれない。
写真:佐藤の得点力が中央大を1部に踏みとどまらせた。どこからでもシュートが飛び出し、ディフェンスには要注意の選手。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:02  |  2008関東リーグ予定・結果  |  Top↑
 | BLOGTOP |