2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.29 (Wed)

10/29 関東大学入れ替え戦 千葉商科大VS獨協大

獨協大、3年ぶりの3部復帰!
千葉商科大は敗れるも最後まで“らしさ”見せる

千葉商科大(3部B5位) 95(26-33,8-24,23-24,38-37)118 獨協大(4部4位)
081029dokkyo上位まであと1歩の5位となっても、下部リーグとの入替戦で勝たねば翌年の立場が保障されないのが3部Bリーグの宿命だ。今年、3部Bで5勝をあげて5位となった千葉商科大は、4部4位の獨協大の挑戦を受けて立った。昨年、3部昇格を決めた時と全く逆の状況だった。

能力に光るものはあるもののスロースタートの千葉商科大に対し、獨協大は#16須佐創(3年・F)らのアウトサイドシュートで先制攻撃を加える。1Qは千葉商科大も決め返してハイスコアゲームとなるが、勝負が分かれたのは2Q。闘志溢れるリバウンダーの#8田中(3年・F)をケガで欠く千葉商科大のインサイドを、獨協大のルーキー#15森田(1年・C・市立柏)がこじあけ、着実に加点していく。さらにサイズのハンデをカバーする運動量あふれるディフェンスから速攻・3Pも決まり、あっという間に点差を20とした。
後半、千葉商科大は#7伊賀(4年・SG)が怒涛の攻撃を見せるが、獨協大の勢いも衰えず点差は変わらないまま4Qを迎える。獨協大は下級生が4年生の花道をお膳立てした形となり、ラスト3分間は3人の4年生のプレーに一喜一憂となった。一方、千葉商科大も点差があいても#7伊賀ら4年生を中心に互いに声を掛け合い、最後まで顔を上げてプレー。「勝っているときはノリノリ、負けているときはしっかり」という“千葉商科らしさ”を最後まで見せてくれた。昨年3部昇格の原動力となった今の4年生が抜け、来シーズンは新しいメンバーで3部再挑戦となる。
獨協大は、3年ぶりの3部復帰。今年のチームで唯一3部でプレーした経験を持つ4年生が、3年生以下に大きな財産を残した。

写真:獨協大は終盤コートに立った#4遠藤ら4年生が笑顔でプレー。コーチ不在の中、練習メニューを考え、ベンチワークを担ってコートに立つ下級生を支えてきた努力が報われた。

※獨協大・須佐創(はじめ)選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

081029susa◆#16須佐 創(獨協大・3年・F)
4部4位とギリギリでの入替戦進出、さらには昨年の5部降格の危機から、ついに3部昇格をつかんだ。
須佐が決めるとチームは勢いに乗るが、3P6本・35得点と堂々のチームハイを記録。会心の展開で昇格を決め、試合中の強気な表情から一転、満面の笑みを浮かべた。
「3部にあがったら、パンフレットにみんなの写真が載せられる」
4部チームにとっては憧れの“1チームでパンフレット1ページ”も獲得。来年は最上級生として、1ランク上の舞台に臨む。


―昇格おめでとうございます。23点差の快勝でした。
「ありがとうございます。千葉商科はスタメンが1人欠けていたみたいなんですが、それでもまさかこんな風に快勝できるとは思わなかったので、びっくりしています」

―2Qに24-8と流れを引き寄せられた要因はなんだと思いますか?
リーグ最終戦でも言ったように、相手に関係なくディフェンスを頑張ろうと臨んで、1Qはあまりうまくいかなかったんですけど2Qはディフェンスを全部速攻につなげられて、自分たちのリズムでバスケットができたんです。それで点差を広げられたと思います」

―リードを得たあとは、どんなことに気を付けてやっていましたか?
「僕らって点差がつくといつも気を抜いてディフェンスを甘くしちゃって、簡単なミスなんかで点を取られてしまうので、それだけはやめよう、ディフェンスのミスをなくそうと皆で声を出して頑張りました」

―最後は4年生をコートに立たせることができましたね。
「後半もさっき言ったような自分達のバスケができて、30点差くらいつけて4年生を出すことが出来たので本当に嬉しかったです。シュートを決めてくれたときは、もう『4年間、お疲れ様です!』という感じで、ホントにホントに嬉しかったですね。しかもこの代々木で決めてもらえたので」

―昨年は同じ入替戦でも5部との入替戦を戦いましたが、そこから1年で3部昇格できたのは何が変わったからだと思いますか?
「去年経験した4部下位リーグというのは負けたら自動降格もありうるし、必ず入替戦がある(※1)のですごく怖かったですし、悔しかったので、ほとんどメンバーが残った今年は絶対に上位リーグでやるんだって思っていました。今年昇格しないと、来年パンフレットに1人1枚の写真が載せられないのもありますし(笑)。何より、3部にいたのはちょうど僕ら3年生が入学する前までなので、僕らは1回も3部は味わっていないんです。やっぱり自分達の代でなんとしても3部でやりたかったので、頑張りました」

―今日の試合で、3部Bで5位になった千葉商科大とやって、来年3部でできそうな手ごたえはありましたか?
「どことやるにしても、うちはディフェンスを頑張らないと勝ち目はないと思っているんですが、そのディフェンスがある程度は通用したと思います。なのでこのままもっとディフェンスを極めていって、なんとか勝ちたいですね。今年も結局2チームしか残っていない(※2)厳しいリーグですが、悪くても残りたいです」

―自分としては、3部でどんなプレーを見せたいですか。
「去年・一昨年というのはまだ下級生で、あまり大学バスケのことをよくわからないままやっている感じがあったんですが、今年は試合に出ている中では1番学年が上になって、そこはキャプテンにも言われていたところなんですが自覚を持って、ゲームコントロールにも加わるようになりました。それで結果を残せたので、来年も皆を引っ張っていけるよう頑張ります」

※1 4部の2次リーグは1次リーグの成績によって8チームずつ上位・中位・下位に分かれ、下位リーグのうち5-8位は5部と自動入替、1-4位でも5部5-8位と入替戦を戦わなければならない。
※2 3部Bの1・2位は3部A自動昇格、7・8位は4部自動降格。今年は5・6位も入替戦の結果降格。3・4位のみ変わらないという結果になった。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2008リーグ戦3部・その他  |  Top↑
 | BLOGTOP |