2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.28 (Tue)

10/28入れ替え戦レポート

慶應義塾大が圧勝で最短・1年での1部復帰を決定
日本体育大は底力を見せ、筑波大と1勝1敗に押し戻す!

5試合が行われた入れ替え戦2日目。兄弟校対決となった城西大と城西国際大の試合は序盤から圧倒した城西大がそのまま大差で4部を守るなど、地位をキープする戦いがあった一方、この日は昇格が2つあった。4部で勝ち上がった東京理科大が昨年昇格したばかりの明治学院大を下し3部Bへと昇格。慶應義塾大も大東文化大に2連勝で1部復帰を決めた。
日本体育大と筑波大の対戦は、序盤筑波大がリードしながらも、日体大必死のプレーに気圧されたか逆転負け。しかも控え選手相手で力を出し切れなかった。注目の対戦は最終日で決することとなった。



オフェンス能力&ディフェンスでも粘った
明星大が4部残留を決める

明星大(4部17位)99(25-14,25-14,22-9,24-25)62朝鮮大学校(5部8位)
081029ogawa.jpg4部得点王、主将#0柳谷(3年・F)率いる明星大は昨年5部から昇格。4部リーグでは上位まで行けずに苦しみ、入れ替え戦に回った。しかし元来押せ押せのオフェンスチーム。朝鮮大学校相手に序盤から飛ばし、得点を量産する。この日は4部リーグでもあまり見せなかったディフェンスにも積極的で、相手オフェンスを必死に止めた。

既に前半で勝負あり、という点差がついた試合。惜しくも柳谷はアグレッシブさが災いして5ファウルとなってしまったが、その分他のメンバーが奮闘を見せた。最後には4年生も出場させ、代々木でのリーグ最終戦を見事勝利で飾って4部リーグ残留を決めた。4部リーグ上位進出にはまだ課題は多いが、来期の奮闘も期待したい。

写真:4Q終盤、見事3Pを決めた#23小川(4年・F)は4年間の思いを実らせるような笑顔を見せていた。ベンチも大盛り上がりとなった。



互いに必死さが見えた好勝負は東京理科大に軍配!
明治学院大は惜しくも1年で4部へ後退

明治学院大(3部B6位)59(16-17,14-18,20-20,9-22)77東京理科大(4部3位)
081029rikadai.jpg4部3位ながらサイズもあり、4部リーグで洗練されたバスケットを展開していた東京理科大。対するは昨年勝利して見事3部B昇格したばかりの明治学院大だ。序盤から互いに一歩も引かない接戦が展開される好勝負は、フィジカルの強さが勝った東京理科大が次第に明治学院大を押す形となった。

1Qから点の取り合いとなったが、明学大はサイズのある理科大のペイント内に攻め込めず、外が中心。しかしこれがなかなか決まらず得点を量産できない。一方の理科大は明学大の激しいディフェンスにあって決めきれないシーンも目立つが、内外からオフェンスを仕掛ける。1Q、2Qともわずかに理科大が勝ったが、明学大も気迫では一歩も引かないデッドヒートとなった。両校応援も必死に声を張り上げ、代々木は俄に騒然とした空気に包まれる。

試合は後半、理科大ペースにシフトしていく。明学大はシュートが決まらず、3Q終盤に8点差をつけられ苦しい時間帯が続いた。しかし3Qの終わりに3Pブザービーターでなんとか5点差に押し戻し、望みをつなぐ。しかしやはりインサイドの強さがある理科大がその後もペースを握った。明学大は4Q9点に終わり、理科大の前に屈した。昇格1年での苦い降格。一方の理科大は歓喜に包まれ、Bとはいえ、38年ぶりの3部へとステップアップを果たした。

写真:必死のディフェンスを見せる明学大に理科大も苦しんだ。



#27眞庭離脱も脅威の粘りが日体大に1勝をもたらす
筑波大は一昨年と同じく最終決戦へ望みをつなぐ

日本体育大(1部7位)85(15-22,22-8,22-19,26-26)75筑波大(2部2位)
081028horita.jpg注目の第2戦、筑波大がこのまま決めて日体大が歴史的な瞬間を迎えるのか、それとも日体大は日体大でありえるのか、慶應大歓喜の名残が漂う代々木には異様な空気が立ちこめた。そんな中で始まった戦いは、「死力を尽くす」という言葉がぴったり当てはまるような、日体大が「気持ち」を見せつける試合となった。

試合開始18秒、日体大にアクシデントが起きた。エースで主将の#27眞庭(4年・F)が負傷退場。リーグ戦中、眞庭が負傷退場した後、チームが崩れて敗北という試合があった。そんな不安もよぎるが、この日の日体大は気迫が違う。眞庭の穴を埋めるように#12堀田(3年・G)や#15宮村徹(4年・C)らが粘り、序盤は日体大ペースに。激しいディフェンスと勢いで筑波大を飲み込み、リードを奪う。だが、筑波大も1Q終盤に#31梁川(4年・G)、#13片峯(3年・G)の3Pで得点し、1Qは筑波大がリードを奪い返して終了。2Qの立ち上がりは互いにシュートが入らない。だが、その均衡を破ったのは日体大だった。#23横江(1年・G・光泉)の速攻、#15宮村徹のリバウンドシュートが決まる。さらにその後も#24于(2年・F)のゴール下が連続で決まり、逆転に成功。その間、約6分。筑波大は無得点。残り4分17秒でようやく#47富田(4年・F)のジャンプシュートで初得点も、すぐに日体大#23横江に決め返されて日体大リードは変わらず。なんとか持ち直したい筑波大だが、ミスも出てしまい、結局このQに奪った得点はわずか8点。日体大に7点のリードを許し、後半へ。

この日も筑波大の司令塔はファウルトラブルに悩まされる。#13片峯は後半開始2分で3ファウルとなりベンチへ。その後すぐに日体大インサイド陣に3連続得点され、筑波大はたまらずタイムアウト。だが、タイムアウト明けも日体大#45佐藤(2年・F)に3Pを許すなど、流れを断ち切ることが出来ない。ここで筑波大はゾーンディフェンスを展開。これが功を奏し、ディフェンスでは成功。日体大を2分ほど無得点に抑える。だが、オフェンスは単発で得点が奪えない。チャンスを生かしきれなかった筑波大は日体大を捕らえられない。最後の10分では前線からディフェンスをしかけて日体大のミスを誘発した筑波大。一時は6点差まで詰めるものの、その後の一本が出ない。詰めても詰めても日体大に返される筑波大。結局、最後まで点差を返すことが出来なかった筑波大は昇格を決めきれず。1部入れ替え戦は第3戦までもつれ込むこととなった。

081028nitaai.jpg2戦目、眞庭が下がった後も頑張り続けたのは#15宮村徹だ。リーグ戦中はファウルトラブルに悩まされ、実力を発揮しきれない試合が続いていた。眞庭の離脱がチームに集中力をもたらしたと言えるかもしれない。そして、キーマンとなったのは#12堀田。昨年スタメンを獲得するも、今期はなかなか出番をもらえていなかった。だが1戦目で好ディフェンスを見せると、2戦目もコートに出された端から確実に仕事をこなして数々のファインプレイを見せた。さらには、応援もチームを盛り上げる。100人を越える部員たちが全員でチームを後押しする。年々大人しくなっている伝統の応援ではあるが、やはりこの一体感が日体大には不可欠と思わせられた。筑波大はこうした勢いの前に完敗。実力やキャリアでは日体大を凌駕する選手たちのはずなのに、相手の気迫に圧倒されて筑波の悪い面が出てしまった格好だ。

勝負は振り出しに戻った。入れ替え戦は実力以上に気力が必要とされる試合。最後に一番強い気持ちを見せた方が最終戦を勝つだろう。

写真:(上)激しいプレイでぶつかり、顔を腫らしてベンチへ下がった堀田をメンバーが「よくやった」という風に抱きとめた。
(下)観客席の一角を埋め尽くした日体大の応援団。これだけの大人数による恒例、「乗ってけ」の応援は壮観。

※大東文化大VS慶應義塾大は別途掲載します。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:50  |  2008リーグ戦3部・その他  |  Top↑
 | BLOGTOP |