2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.18 (Sat)

10/18 関東大学2部リーグ 最終週 第1戦

明治大VS筑波大は見応えのある好勝負
入れ替え戦への意地のぶつかり合いはまず筑波先勝


最終週まで毎週が見逃せない戦いばかりだった2部。この日は明治大と筑波大という大一番が会場を沸かせた。見所はなんといっても明治大・金丸晃輔と筑波大・中務のマッチアップ。1試合に54得点を稼いだこともあり、悪い日でも20点台をたたき出す金丸を中務は17得点に抑え、筑波大の勝利に貢献した。
また、一方では早稲田大がインカレ出場を確定。慶應大が優勝を確定した。残すは3部入れ替えと1部入れ替えのもう一枠が2部の注目ポイントだ。



順天堂大の粘りを振り切り、
入れ替え戦に望みをつないだ国士舘大

国士舘大98(25-17,20-16,22-21,31-13)67順天堂大
081018kokushi立ち上がりは国士舘大ペース。#4寺嶋(4年・F)、#13馬(2年・C)を中心に得点を重ねていき、リードを奪う。対する順天堂大はツープラトンで選手を起用。だが、序盤はオフェンスが上手く噛み合わずに得点を奪えない。ディフェンスでも国士舘大に簡単に得点されてしまうケースが多く見られる。逆に国士舘大は順天堂大に対し好ディフェンスを見せ、リードを保つ。だが、2Q中盤順天堂大は#4綿貫(4年・F)の連続得点からリズムに乗り、10点差まで詰め寄る。だが、前半終了間際に国士舘大#13馬にフリースローを決められて、12点差で前半を終える。

3Q序盤、順天堂大は#4綿貫、#10山本(3年・C)、#19近藤(1年・PF・八千代)の3連続得点で2点差に詰め寄る。国士舘大は#23三村(1年・F・東海大菅生)のジャンプシュートで対抗。だが、残り5分42秒で#4綿貫にバスケットカウントを許すと、ついに逆転される。このまま順天堂大のペースで試合が進むかと思われたが、国士舘大#5立花(4年・G)がバスケットカウントで再逆転すると、そこから再び国士舘大が試合の主導権を握る。#23三村、#5立花などが5連続得点。再び10点以上の差をつける。順天堂大も3Q終盤に#11森田(3年・F)らインサイド陣が奮闘するも、点差を詰めきれずに13点差で最後の10分へ。4Qも順天堂大は粘りを見せるが、流れを掴んでいくのは国士舘大だった。中盤、国士舘大に2本の速攻が出るとそこから流れは一気に国士舘大へ。また、#23三村の連続3Pも決まって得点を90点に乗せる。最後はベンチメンバーも出て、国士舘大は大盛り上がり。試合の中盤に逆転されたものの、最後はしっかりと勝利を掴んだ国士舘大は、入れ替え戦出場へと望みをつないだ。

写真:監督の指示の後、さらに立花自らが作戦板を手に持ち、チームメイトに指示を出す。選手自らが考えられるのは強いチームの証と言える。



あと一歩が及ばなかった拓殖大は今年もインカレを逃す
白鴎大との入れ替え戦争いは最終日に決着

白鴎大73(20-26,15-11,21-17,17-16)70拓殖大
081018ikeda白鴎大は自らの2勝が入れ替え戦回避条件。拓殖大は1勝すれば入れ替え戦回避だが、2勝しなければインカレ出場はない。
序盤リードしたのは拓殖大。#99長谷川(1年・F・能代工)が積極的に仕掛け、あっと言うまに10点近く差をつけた。後手に回った白鴎大。ここまでならばそのままずるずるといってしまいそうな部分だったが、それでも粘った。6点差を追う2Q、なかなか拓殖大ディフェンスが割れない時間帯に#25池田(4年・C)がふんばると、得点では#29徳丸(4年・F)の連続得点逆転。それで気持ちも落ち着いたのかディフェンスにも集中力が出てきた白鴎大。そこからリードを広げたいが、拓殖大も#97小袋(3年・G)のバックドアや#7松本(2年・G)の活躍でなんとかついていく。しかし大事な4Q、拓殖大にミスが出る。#7松本と#99長谷川の速攻が連続で失敗。白鴎大もミスはあるが#33フィルユン(4年・C)がゴール下で粘る。拓殖大は得点が止まりがちだが、なかなかスコアラーを戻すタイミングが得られない。#3宇佐美(3年・G)と#22松崎(2年・G)をコートに入れられたのは残り2分半の時間帯。入った宇佐美と#1宮城(4年・G)が連続3Pで逆点するが、#00藤江(3年・F)にすぐさま3Pを決め返されて逆点されてしまう。残り1分を切り、4点を追う拓殖大。#99長谷川が速攻を1本決めるが、ファウルゲームを仕掛けても届かず3点差で敗北。拓殖大は5位を失い、入れ替え戦争いからも抜けられなかった。

さまざまなものがごくわずかだけ足りなかった結果、拓殖大は2年連続インカレ出場権を失うことになった。しかしこれで決着がついた訳ではない。2戦目に負けた方が入れ替え戦行きとなる。白鴎大も依然崖っぷち。特に2戦続けて安定した試合ができていない白鴎大の調子が最終戦の勝負を分ける可能性もある。

写真:白鴎大は池田の頑張りでリズムが好転。



慶應義塾大が2部優勝決定
昨年の無念を晴らすべく、入れ替え戦に臨む

早稲田大78(17-15,18-25,22-24,21-23)87慶應義塾大
081018SUZUKI.jpg筑波大の勝利を受けて、1勝すれば優勝決定となる慶應義塾大。しかし序盤の立ち上がりは悪い。佐々木HCは「二ノ宮が変だった」と指摘。その#16二ノ宮(2年・G)も「用意できていなかった」と反省する1Q。明治大戦でスパークした早稲田大#51相井(2年・SG)に再三3Pを決められてしまう。それでも2Qには#15酒井(2年・F)、#12田上(3年・F)、#16二ノ宮らの得点で逆点。しかし開始4分で#10小林(3年・G)がリバウンド争いでテクニカルを取られると早稲田が再びリード。しかしトラベリングやファウルが続いてリズムが作れず、その間に慶應大はフリースローなどで再度逆点して前半は5点のリードを奪った。

このまま慶應大がリードするかと思われたが、早稲田大は#相井、#9平井(2年・SG)のタッチは好調で、#13下山(2年・PG)もミドルシュートが決まる。一時は10点あった差も慶應大が引き離しきれないうちに4Qには逆点を許してしまう。しかしそういった状況でも最後に集中を戻せるのが慶應大。#4鈴木(4年・F)の3Pに#16二ノ宮が華麗なレイアップを決め、#4鈴木がバスカンの速攻を決めると残り2分で再びリード。そのまま危なげなく逃げ切り、優勝を決めた。

「予想外の時点で入れ替え戦が決まってしまい、モチベーションを保つのが難しかった。練習も良くなかった」(#4鈴木)というように、最終週の出来としては慶應大らしくない部分はあった。それでも最後は締めて優勝。2003年は2位だったため、それよりも上の結果を示しての入れ替え戦進出となった。


※明治大VS筑波大は別途掲載します。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |