2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.19 (Sun)

10/19 関東大学3部リーグAB 最終週 第2戦

笑顔あり涙ありのシーズン最終戦
國學院大と関学大はエクストラステージ・入替戦へ


【3部A】
関東学院大、10連勝で入替戦切符つかむ
東京成徳大はあと1勝が遠く無念の3部B降格


081019_kanazawa2位につけていた関東学院大が第1試合で快勝、10連勝で自力での2部入替戦進出を決めた。立教大、駒澤大は入替戦まで1歩届かなかったが、100点ゲームでリーグ戦をしめくくった。もう1勝しなければ3部B自動降格が決まってしまう東京成徳大はここまで接戦が続いていたが、力尽きた。最終試合の國學院大VS神奈川大は1点を争う攻防になり、最後は神奈川大の逆転勝ちとなった。
この結果、國學院大と関学大が2部との入替戦に進出した。立教大は昨年の5位から躍進したが、あと1勝及ばず3位。1年での2部返り咲きを狙った神奈川大も1勝足りず、3部の壁に跳ね返された格好となった。これまで昇格を重ねてきた江戸川大も3部Aでは白星をあげることができず、3部Bに自動降格。そして、6・7位は星が並んだが、得失点差で東京成徳大が3部B降格となった。

写真:関学大は試合終盤、4年生をコートに送り出したが、負傷欠場が続いた主将の金澤(中央)は呼ばれず。入替戦では金澤に出場機会をプレゼントすることができるか。

※関東学院大・原田選手
 江戸川大・山口選手
 立教大・岩田選手
 玉川大・村田選手
 駒澤大・吉田選手
 東京成徳大・鎌田選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※國學院大VS神奈川大は別途掲載します。


■10/19の結果
関東学院大 91(20-15, 25-14, 29-19, 17-22)70 江戸川大
立教大 102(25-18, 32-19, 27-32, 18-25)94 玉川大
駒澤大 114(31-16, 24-16, 38-18, 21-35)85 東京成徳大
國學院大 73(20-18, 18-18, 20-16, 15-28)80 神奈川大

■最終結果 1・2位、3・4位は直接対決の結果、6・7位は直接対決の得失点差による
優勝 國學院大  11勝3敗  ※2部8位順天堂大との入替戦へ
2位 関東学院大 11勝3敗  ※2部7位拓殖大との入替戦へ
3位 立教大   10勝4敗
4位 神奈川大  10勝4敗
5位 駒澤大   8勝6敗
6位 玉川大   3勝11敗
7位 東京成徳大 3勝11敗  ※3部B自動降格
8位 江戸川大  0勝14敗  ※3部B自動降格

■MVP    #5成田拡明(國學院大・4年・C)
■新人王    #9大山耕治(神奈川大・1年・G・甲府西)
■得点王    #1パプ・ムール・ファイ(関東学院大・2年・C) 381点
■3ポイント王 #31原田佳明(関東学院大・2年・SG) 38本
■リバウンド王 #1パプ・ムール・ファイ(関東学院大・2年・C) 236本
■アシスト王  #4岩田周人(立教大・4年・主将・G) 61本

※3部A個人最終成績(トップ10)は別途掲載します。


最終週は全て1勝1敗
東洋大は最短1年、国際武道大は2年ぶりの3部A復帰


【3部B】
最終週の2試合は、4つの対戦全てが1勝1敗となった。東洋大、国際武道大はそれぞれ3部復帰を果たしたが、有終の美は飾れず。5・6位は直接対決の結果、千葉商科大が5位、明治学院大が6位となり、それぞれ4部3・4位との入替戦に進んだ。
3部Bリーグは最も入れ替わりが激しく、東京大と東京経済大は残留となったが、上位と下位の計4チームは自動昇格/降格で入替が確定。入替戦の結果によっては、さらに2チームプラスされて最大6チームが入れ替わることになる。

■10/19の結果
明治学院大 66(20-18, 15-26, 15-18, 16-10)72 千葉商科大
学習院大 63(7-25, 10-25, 20-19, 26-12)81 横浜国立大
国際武道大 71(24-21, 22-21, 16-25, 9-26)93 東京大
東洋大 98(33-24, 29-31, 22-17, 14-36)108 東京経済大

■最終結果
優勝 東洋大    12勝2敗  ※3部A自動昇格
2位 国際武道大  11勝3敗  ※3部A自動昇格
3位 東京大    10勝4敗
4位 東京経済大  9勝5敗
5位 千葉商科大  6勝8敗  ※4部4位獨協大との入替戦へ
6位 明治学院大  5勝9敗  ※4部3位東京理科大との入替戦へ
7位 横浜国立大  2勝12敗  ※4部自動降格
8位 学習院大   1勝13敗  ※4部自動降格

[続きを読む]

081019_harada◆#31原田佳明(関東学院大・2年・SG)
3年前に関学大のキャプテンを務めた兄を持つ。
今シーズンは少しずつプレータイムを伸ばし、シックスマンながら3P王を獲得した。
同じウィングのポジションには、昨年もスタートを務めディフェンスが光る#16高杉、サイズがあって#1パプとの相性も抜群の#32前田がいる中で、原田の持ち味は当たりだしたら止まらないアウトサイドシュートだ。
この武器で、兄は在籍したことのある2部復帰のキーマンになれるか。


―最初の2週で3敗と追い込まれましたが、10連勝で入替戦切符をつかみました。今の気持ちはいかがですか?
「嬉しいです。ディフェンスを皆が頑張った結果だと思います。今週の相手の江戸川大はもう降格が決まっていて、昨日の1戦目は気持ち的に難しいところもありましたけど、今日の2戦目は皆集中してできました」

―リーグ全体を振り返っての感想を聞かせてください。
「よかったのは、さっきも言ったんですがディフェンスを頑張れたこと。課題は…コミュニケーションですかね。もっとコミュニケーションをとっていけばチームとしてもっとよくなると思います。ヤマは6週目の立教大戦(※その時点での2・3位対決)かな。あと、5週目の駒澤大戦(※1敗の駒澤大を星2つ差で追っていた)も厳しい戦いでした。でもうちは集中すると強いので、どちらも勝つことができたと思います」

―今シーズンはシックスマンとしてチームに貢献しましたが、自分のパフォーマンスに関してはどう思っていますか?
「途中からコートに入るプレーヤーはやっぱりディフェンスをさぼったらだめなので、ディフェンスを頑張ることと、あと打つところではしっかり迷わないで打つことを心掛けました。自分のよさといったら積極的にやることくらいなので。それに自分の仕事はシュートを打つことなので、入らないときもありましたけど弱気にならずにずっと打ち続けられたのがよかったです。1回入ると気持ちが楽になるんですよ。でも、よかったとは言ってもこれからも努力していかないといけないと思っています」

―入替戦に向けての抱負をお願いします。 ※インタビュー時点では対戦相手未定
「一発勝負なので、1日1日の練習を大事にして、1人ひとりがしっかり集中してやりたいと思います。相手が白鴎だったらポイントは(白鴎大#00)藤江さんのところなのでそこを皆で抑える。拓殖大に関しては僕らはあまり見たことがない(※1)んですけど…。リバウンドやルーズボールなど自分たちのやることをやれば大丈夫だと思います。自分としてもいつもと変わらず積極的にやって、ディフェンスも頑張ります」

※1 リーグ戦は1~5部それぞれが同じ日程・異なる場所で開催されるため、プレーヤーは他の部に所属するチームを見る機会が基本的にない。関学大と白鴎大とは、2年前に同じ3部Aに属した。


081019_yamaguti◆#1山口洋平(江戸川大・4年・主将・PG)
いつでも笑顔のキャプテン。
正式な“部”となって6年目のチームで、4年間やりきった最初の代だ。
常に引っ張らなければいけない立場にも、「別に皆協力してくれたから」と笑う。
自身が1年生のときは4部に上がったばかりだった江戸川大を、3部Aまで引き上げた。自身最高の舞台で白星をつかむことはできなかったが、「楽しめました」と最後まで笑顔だった。


―今、リーグ14戦全て終わってどんな気持ちですか。
「やりきった、って感じです。3部Aはやっぱり強いですね。シュート力に差があったし、僕らの持ち味であるディフェンスもできなかったですし…個人能力の差を感じました」

―敗戦が続いたときは苦しかったのではないでしょうか?
「そうですね。1番つらかったのは6週目の玉川大戦のときですかね。もう3部Aに残れないっていうのが決まってしまったので。でもまだ試合は残っていて、最後だしもうやるしかないって気合を入れ直して今日までやってきました」

―今日の最終戦は、最後に4年生3人で一緒にコートに立ちましたね。
「面白かったです!やっぱり一緒にやってきた仲なので。あと、駒澤と成徳とやったときは、キャプテンが高校から一緒(市立柏高)なんで、特別な思いがありました」

―負けたくなかった?
「それはもちろん(笑)。一緒にやってきた4年生は、自分にとって財産です」

―これまで昇格を続けてきた江戸川大ですが、来年はまた3部Bからのスタートです。後輩たちにはどんなチームになってほしいですか?
「自分たちが残したものを…あ、残せたかはわからないですけど、残したと思うものを、さらにいいものにしていってくれるといいなと思います」


081019_iwata◆#4岩田周人(立教大・4年・主将・G)
立教大の躍進を、この人抜きには語れない。
トランジション、パスワーク、シュート力、キープ力、ディフェンス…とどれをとっても飛び抜けており、ルーキーシーズンから司令塔を不動のポジションとしてきた。
4部・3部Bとも優勝して自動昇格で駆け上がり、3部Aで初めての“入替戦”行きを狙ったが、惜しくも1勝及ばなかった。だが、岩田のプレーぶりは変わらず、最後まで観る者を魅了した。

―最終戦で逆転してアシスト王です。昨年は現在2部の国士舘大・立花選手とデッドヒートの末取れなかったタイトルですが、いかがですか?
「いやー、記念になりました(笑)。あまり意識していなかったんです。最後は皆シュートを決めてくれたので、普通のパスがアシストになったんだと思います」

―チームの3位という結果にはどう感じていますか?
「悔しくて納得はできないですけど…満足はしています。一生懸命やってこれて、来年につながると思うので。納得できないっていうのは、今シーズンの3部Aはどこも力が同じくらいで、うちが2位になってもおかしくないような状況だったので、それで3位っていうのはちょっと…2位と3位とは大きな差があるじゃないですか(2位なら2部との入替戦進出)。それが悔しかったです」

―あと1歩、及ばなかったですね。シーズン全体を振り返ると、どんなシーズンでしたか?
「自分としてはバスケットは最後だったので、このチームでやれてよかったです」

―その最後のシーズンで、1番印象に残っているのはどの試合ですか?
「それはもう、最後の1週間の2試合です。皆一生懸命やってくれて、最後は4年生も皆試合に出せたので、ホントによかったです」

―来年、後輩達にはどんなチームになってほしいですか?
「立教は毎年強くなっているので、また来年も、今年よりもさらに強いチームになってくれるよう頑張ってもらいたいです」


081019_murata◆#4村田智史(玉川大・4年・主将・PG)
各チームのゲームメイカーの中でも一際小柄。だが、プレーのスケールや存在感は一際大きかった。
昨年までは、走り回るがゆえにゲーム終盤でよく足がつってしまいチームメートに伸ばしてもらう姿があったが、今年はそれが減った代わりにこまめに周りのメンバーに声を掛ける”キャプテン”の村田がいた。
「言葉でまとめるのは苦手」と苦笑していたが、黒星が続いても下を向かないチームを作ってきたのはさすがの一言だ。


―昨年に続き、6位で3部A残留となりました。
「そうですね。他力本願というか、駒澤VS成徳の結果次第っていうのが微妙でしたけど(苦笑)、駒澤が勝ってくれたのでとりあえずよかったです。後輩たちがまた来年、3部Aでできるので」

―駒澤VS成徳(第3試合)のどの辺りでやっと安心できましたか?
「自分たちの試合(第2試合)が終わったあと外でミーティングをやっていて、体育館に戻って来たときにはもうダブルスコアくらいで駒澤が勝っていたので、ちょっと安心しました。ただ、これは自分の考えですが、昨日の第1戦が競った試合になってそれを駒澤が勝ちきったので、今日はある程度差がつくんじゃないかなと思ったんです。成徳も昨日に懸けていた部分があると思いますし」

―さきほど“他力“と言っていましたが、自分たちも最後まで粘った試合ができたのではないでしょうか。
「はい、最後まで自分たちのやることはできました。4年生も最後に出られてよかったです」

―リーグ初週のキャプテンインタビューで言っていた「楽しくやる」ことはできましたか?
「やっぱり負け試合が多かったので、全部が全部とはいかないですけど…でも個人的には楽しめましたし、チームとしても負けが続いてもそこまで落ちることはなかったので、楽しくやることができたと思います」

―「苦手」と言っていたキャプテンもやりきりましたね。
「やっと今、慣れてきたかなって感じなんですけど(笑)。やらせてもらってよかったなってホント思います。色々悩んだりもしましたけど、何もやらないより人間的に成長できました。皆にはまだ何も言っていないんですけど…とりあえず今日は感謝の気持ちを伝えて終わりました」

―来年また3部Aで、後輩たちにはどんなプレーをしてほしいですか?
「今年は結構4年が間に入ってチームがまとまっていた感じがするので、来年は自分たちでしっかりまとまって、今年よりいい成績を残してほしいです!また来年観に来るつもりなので、楽しみです」


081019_yosida◆#3吉田司(駒澤大・3年・G)
3年生ながら、ガードとして強烈なリーダーシップを備えている。
2年連続で3位・3位ときて、自身が2部でやるためにも強い覚悟で今リーグに臨んだ。だが、厳しい戦いが続き、それに比例して責任感の強い吉田の表情も険しくなっていった。
やっとほっとしたような笑顔が浮かんだのは、もう最終戦になってからだった。

―最後は勝って終わりましたね。
「はい。最後の試合だったので…チーム全体が、最後はもう笑って楽しく終わろうってことだったので。それが皆プレーに表れて、今日は今年のリーグ戦の中で1番いい試合ができたんじゃないかなって感じです(苦笑)。昨日の1戦目は3点差で競ってしまいましたけど、今日の2戦目はいい形で終われて本当によかったと思います」

―リーグ全体を振り返ると、どんなリーグでしたか。
「もうこの試合には関係なく5位という形になって、結果としてはふがいないと思います。でも、自分たちがやってきたことはここまでだったんだなって実感もしていて。何が足りないかをもう1回、自分たちにとっては最後になる来年のリーグ戦につながるように1からやっていきたいと思っています」

―今、感じている課題はありますか?
「そうですね…うちは個人個人のプレーが多かったかな。チームとしてみると、國學院だったり神大だったりの方が優っているように感じます。今後はディフェンスなりオフェンスなりチーム全体で戦っていけたらなと思います」

―今シーズン、リーグで1番印象に残っているのはどんなことですか?
「今年の3部Aを観てみると、どこも3年生が結構活躍していると思うんですけど、皆友達とか知り合いで、そういう部分ではすごい楽しめたところがありました。中でも國學院は高校が一緒のやつがいるので(國學院大#14粟根と#41傳田は世田谷学園高時代のチームメート)、そこは自分も負けたくないっていうのがあったし、でもその中でも楽しめたので、印象に残ったと言えばそこかなと思います」

―来年は最上級生になりますが、どんなチームにしたいと思っていますか?
「さっき3年が活躍してるって言いましたけど、うちは今の3年だけじゃないですし、2年も1年も試合に関わってくるメンバーが結構いるので、後輩も育てつつ、チーム全体で戦えるようになりたいです。ディフェンスから走ってブレイク出してって展開に持っていけるようなチームにしたいですね」


081019_kamata◆#1鎌田晃輔(東京成徳大・4年・主将・G)
國學院大に4点差、神奈川大に2点差、そして昨日の駒澤大との1戦目は3点差。あと1勝しなければ自力での降格回避ができず、上位と当たっていく後半戦は渾身の粘りを見せたが、あと数点が遠かった。
最近は3部Aにもキャリアのある選手が入ってくるようになった中で、成徳大には高校時代に全国で活躍したような選手は誰もいない。それでも、ここまで戦えるという可能性は見えた。あと1歩結果につながらず、3部B自動降格という無念の結果は受け入れるしかないが、「絶対1年で戻ってくる」という鎌田の言葉を信じたい。


―昨日の第1戦は3点差でしたが、今日の第2戦では前半でかなり差が開いてしまいました。第1戦とはどんなところが違っていましたか?
「昨日の方が、ラッキーシュートもありましたけどうちのシュート確率がよかったと思います。それに、ミスした後もしっかり速攻を抑えられていたから、昨日はいいゲームができたんですけど…今日は駒澤も最後ということで気合が入っていてやられちゃいました。実力の差かな、と思います」

―ハーフタイムではどんな話をしたんですか?
「20点くらい離れていたんですけど、1点でも20点でも負けたら負けなんだから、3Qはいつも入りがよくなかったけど今日は皆でひっくり返す気持ちで頑張ろうって、声掛けてやりました」

―しかし、結果は及ばず。ここまで接戦を続けてきましたが、頑張りの限界を超えてしまったのでしょうか。
「うーん、限界ではないと思うんですけど、でも今までごまかしごまかしやってきたのがやっぱり最後だめだったのかなぁ。今はまだよくわからないんですけど。ただ、うちの皆も、今日は最後だからいつもよりもさらに集中していたんです。それでもあの点数になっちゃうっていうのは…あきらめてはいないですけど、やっぱり実力の差。だと思います」

―降格はとても残念な結果ですが、初週に言っていた「リーグを通して成長する」という目標は達成できましたか?
「達成できました。リーグの前半戦はなかなか勝てなくて、ランク下位のチームにも負けてしまったのがこの降格という結果につながってしまったんですけど、下級生の成長のおかげで、上位のチームとやったリーグ後半はオフェンスもディフェンスも皆でバスケットをやれました。だからこそ、ああいういいゲームができたと思いますし、それは来年には絶対つながると思うので、後輩たちにはまた来年頑張ってほしいと思います」

―試合が終わったときの気持ちは…どうでしたか?
「もう、つらいですよ…キャプテンなのに怪我もしちゃって、今年はずっと周りの4年生に迷惑かけっぱなしだったから、その分今頑張らなきゃって気持ちと、申し訳ないって気持ちと、3年生にどんな顔して会ったらいいかとか、色々なことがたくさん出てきちゃって…それで涙が止まらなかったです」

―試合後、体育館の外でずっと動けないでいた選手もいましたね。
「たぶん石川(#7・3年)です。4年は先生と話していたから。あいつは1年の最初からずっと頑張ってやってきて、今年も来年につなげようって気持ちが1番強い選手だったから、今1番つらいのは俺らよりもあいつかな…。でも、来年あいつは絶対やってくれると思うので、期待して来年もまた応援したいです。絶対、1年で戻ってきますよ、あいつらは」

―自分としては、成徳大での4年間を振り返ると、どんな4年間でしたか?
「楽しかったです。なんて言うか…絶対他の大学よりも皆仲がいいと思うし、バカだし(苦笑)、それで大変だったこともたくさんありましたけど、その分人間的に成長できたし、バスケット以外でも皆で色々やれたので、成徳に入って今、後悔はないです。皆もそれぞれ先につながると思います」

―今は、キャプテンとしての肩の荷が降りた、という感じでしょうか。
「キャプテンは小学校からずっとだったから、やっと、ちょっと、楽になるかな。わからないですけど(笑)。でも、キャプテンをやらせてもらったことは本当に感謝しているし、皆それについてきてくれたからよかったです。後輩たちには来年つなげてもらえれば…つなげると言うか負けてしまったんですけど、来年はやってくれます。大丈夫だって信じてます」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:28  |  2008リーグ戦3部・その他  |  Top↑
 | BLOGTOP |