2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.18 (Sat)

10/18関東大学リーグ3部AB 最終週 第1戦

関東学院大、入替戦進出に王手
東京成徳大は惜しくも自動降格脱出ならず、明日に全てを掛ける


【3部A】
081018_3buまず、関東学院大が勝って入替戦進出に王手を掛けた。明日勝てば無条件で2位となる。敗れると、立教大・神奈川大の結果次第だが、有利な立場にいることは変わりない。立教大は快勝したが、関学大の勝利により入替戦進出の可能性はなくなった。対する江戸川大は、リーグ全敗は避けたいところだ。最終試合では神奈川大が勝利、奇跡の入替戦進出に望みをつないだ。明日の最終戦で関学大と立教大が敗れ、神奈川大が勝った場合のみ神奈川大が2位になれる。

東京成徳大は、1勝して同星数ながら得失点で上を行かれている玉川大を逆転したかったが、駒澤大に3点差と惜しくも勝利ならず。明日の最終戦に全てを掛ける。ここまで、上位相手に僅差の試合をしてきており、明日こそ勝利につなげたいところだ。

写真:怪我から復帰した神奈川大#3蓮見直(3年・G)

※神奈川大・小島選手のインタビューは「続きを読む」へ。

■10/18の結果
関東学院大 87(24-20 19-16 26-15 18-8)59 江戸川大
立教大 97(30-11 27-17 22-28 18-27)83 玉川大
駒澤大 89(22-19 23-28 24-17 20-22)86 東京成徳大
國學院大 63(15-21 14-20 13-17 21-22)80 神奈川大

■10/18現在の勝敗
國學院大  11勝2敗  ※優勝決定
関東学院大 10勝3敗
立教大   9勝4敗
神奈川大  9勝4敗
駒澤大   7勝6敗  ※5位確定
玉川大   3勝10敗
東京成徳大 3勝10敗
江戸川大  0勝13敗  ※8位確定


東洋大優勝!国際武道大も勝って自動昇格決める
下位争いは星が並び、最終戦で決着


【3部B】
東洋大、国際武道大が勝ってそれぞれ1・2位を確定した。3部A-B間は自動昇格のため、嬉しい昇格決定だ。また、敗れた東京経済大、東京大も、それぞれ4位、3位と順位が確定した。

下位争いは、学習院が最終週にして大きな初勝利を上げた。明治学院大も勝って千葉商科大と星が並び、明日は勝った方が5・7位、負けた方が6・8位というシンプルな条件となった。5位なら4部6位の獨協大と、6位なら4部3位の東京理科大と入替戦を戦う。

■10/18の結果
明治学院大 74(18-19 24-17 16-16 16-14)66 千葉商科大
学習院大 74(19-12 15-16 19-15 21-18)61 横浜国立大
国際武道大 88(19-12 23-14 17-16 29-18)60 東京大
東洋大 75(16-19 14-15 15-19 30-15)68 東京経済大

■10/18現在の勝敗
東洋大   12勝1敗  ※優勝決定
国際武道大 11勝2敗 ※2位確定
東京大   9勝4敗  ※3位確定
東京経済大 8勝5敗  ※4位確定
千葉商科大 5勝8敗
明治学院大 5勝8敗
横浜国立大 1勝12敗
学習院大  1勝12敗

[続きを読む]

081018_kojima◆#24小島 悠(神奈川大・2年・C)
ルーキーシーズンとは何もかも違う。積極的に声を出し、力強くリバウンドに絡む。それをゴールにねじ込めるようにもなった。
小島を成長させたのは“悔しさ”だ。8位に終わった新人戦では、「組み合わせがよくてベスト8に残ったと思われたくなかったから、1回くらい勝ちたかった」と悔しがった。リーグでも立教大の敗戦がターニングポイントになったという。
この気持ちがあれば、プレーヤーとしてまだまだ大きくなる。


―今日の相手の國學院大は優勝が決定していて、難しい心理状態だったと思います。その中で神奈川大としてはどう臨みましたか?
「まだ2部との入替戦の可能性がなくなったわけではないので、しっかり2つ勝とうと臨みました。やっぱり今の3年生を2部でやらせてあげたいっていうのがずっとあって、もしかしたら明日、関学と立教が負けるかもしれないから、その可能性を信じて皆全力でやっています。今日は相手を60点に抑えて、うちは80点取るというのが目標だったので、達成できてよかったです」

―ゲームプラン通りに進められて、最後は4年生をコートに送り出すことができましたね。
「そうですね!こっちも観ていて嬉しかったです。それにずっと怪我で出られなかった直紀さん(#3蓮見)が、今日初めて試合に出たんです。本当に楽しそうにやっているのを観られたので、よかったです」

―小島選手自身としては、2年目のリーグで成長できたと思うところはありますか?
「うーん…やっぱりゴールに強く向かえるようになったと思います。前までは逃げたシュート、逃げたプレイが多かったですよね」

―その変われたきっかけはなんだったのですか?
「僕としては立教大戦の1試合目に負けたのが悔しくて、2試合目は“絶対負けたくない”って思ったんです。そこから強く行こうと意識するようになって…ホントにそこからですね。もちろん関学大戦も悔しかったですけど、特に立教大は相手が同じ日本人だから負けたくなかった。立教大戦から一気に強くなった…気がします。でも自分の中ではそこまで変わったって感じは正直ないんです」

―声掛けもそうですが、特にリバウンドがだいぶ変わったように見えますが。
「でもリバウンドに関しては、高校のときからそれだけで試合に出ていたようなものなので(苦笑)。自分からリバウンドを取ってしまうと何も残らないです」

―“神大はインサイドがキー”とずっと言われてきて、今シーズンはそれに応えられたと思いますか?
「いや、まだ甘いですね。僕や、(#11)内藤のイージーミスもまだ多いですし、もっとインサイドで3・4年生をカバーできるようにならないといけないと思います。インサイドが強いチームは強いと言えると思うんですが、そう考えるとまだまだだと思います」

―その「まだまだ」というのは具体的にどんなところでしょうか。
「『ファールしないでディフェンスにつく』というのがリーグを通しての課題だったと思います。負けてしまった駒澤大戦の2戦目も、皆ファールが込んじゃって、僕も4Q入ってすぐに退場しちゃったんですよ。立教大戦でも、フリースローで20点くらいやられているので、そこですね」

―明日のリーグ最終戦は、関学大か立教大が勝てば神奈川大としては今シーズン最後の試合になります。来シーズンにつなげるためにはどんなプレーをしたいですか?
「僕の中では、来年のことよりも、ホントに今のことしか考える余裕がないので、ちゃんと目の前の試合をしっかり勝って、来年のことはその後に考えたいと思います」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:31  |  2008リーグ戦3部・その他  |  Top↑
 | BLOGTOP |