2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.11 (Sat)

10/11 関東大学1部リーグ 第6週 第1戦

東海大が白眉のディフェンスを展開
無敗の青学大を55点に抑えて第1戦に勝利!


6週目を迎えた1部での明るいニュースは法政大#5神津(3年・C)の復帰だろう。まだ本調子ではないが、予定のインカレよりも早くコートへ戻った。反対に、日本大は#5中村(3年・C)に続き、今週は#9篠原(4年・F)が欠場。終盤に向けて苦しくなった。
首位攻防戦では東海大の策がぴたりとはまった。青学大の足を出させず、アウトサイドの調子も上がらない相手をゲームプラン通りの60点以内に抑え、まず先勝。とはいえ、青学大から2勝をもぎ取るのは至難の業でもある。東海大には勝利の喜びより青学大に対する警戒心の方が強く残っている。2戦目は更に要注目の試合となる。



アウトサイドが当たった法政大が序盤にリードし
そのまま中央大を置き去る

法政大85(21-11,14-12,32-12,18-16)51中央大
081011kozu.jpgゲームの立ち上がり、法政大#27福田(4年・SG)のアウトサイドが容易に決まった。中央大のディフェンスはペイント内では粘りを見せるが、外に対しての意識が薄い。そうした部分を見事についた法政大がリード。中央大は開始5分以上無得点となってしまう。法政大は2Qにここまで欠場していた#5神津をコートへ。その神津が早々に3Pのフリースローを獲得。これは落としてしまうが、#23信平(3年・SG)、#27福田と続き、更にリードを開いていく。リードを奪った法政大はその後も気持ちよく外を打ち続ける。中央大はゾーンを敷くも、外からの攻撃には効果が出ない。#11長谷川(1年・G・新潟商業)は6本、#27福田は5本の3Pを決めて中央大を圧倒。このリードでベンチは法政大らしいにぎやかさと笑顔が溢れた。中央大は得点をリードする#7佐藤(4年・G)がシュートのズレをなかなか立て直せず、エンジンがかかったのは終盤。しかも12得点にとどまり、追い上げは叶わなかった。
法政大は4勝。ここから下位チームとの対戦が続くため、まだ順位を上げる可能性はある。中央大は2勝でまだ入れ替え戦圏内だ。
写真:ここまで体制を崩しながらもシュートを決める神津は法政大にとってなくてはならない存在。


4Qで大東大のオフェンスが火を噴き、
日体大はまさかの逆転負け。大東大は遂に1勝

日本体育大66(19-16,19-14,19-12,9-28)70大東文化大
081011imai.jpg3Q途中まで確かにこのゲームは日体大のものだった。#27眞庭(4年・F)、#15宮村(4年・C)、#24于(2年・F)らを中心に得点、大東大も2Q中盤まで粘りを見せて接戦を展開するが、日体大がリードを保つ。しかし2Q終盤に日体大#23横江(1年・G・光泉)の3Pや#39赤石(3年・G)のフリースロー、#24于のポストのシュートで8点差に開くと、3Qでは完全に日体大ペースとなる。大東大#88渡辺(4年・C)が立て続けにファウルを吹かれて波に乗りきれない中、日体大はボールがよく回り、#27眞庭や#24于など決めるべく選手が確実に得点を稼いで残り3分で19点ものリードを奪った。

しかし、これまでならここで途切れてしまった大東大が、最終Qにチャージする。4Q開始時の点差は15点。しかし序盤に#15宮村と#27眞庭のオフェンスが連続で失敗すると大東大は反対に#41山本(4年・G)のアシストで#15遠藤(1年・PG・市立船橋)が3Pを決め、反撃のきっかけを作る。次のオフェンスで#24于が返すが、再び#41山本の3Pが決まり、粘りを見せる。日体大はこの後24秒オーバーで#27眞庭がシュートを打ちきれず、しかも足を痛めてそのまま倒れベンチへ下がった。ここで完全に日体大のリズムは崩れてしまった。日体大はここからおよそ4分間無得点。大東大は#41山本がバスカン、スティールとコートを駆け回り、残り2分#7今井(1年・C・青森山田)のゴール下で同点に追いつくと、#41山本の3Pで61-64と逆転する。なんとかコートに戻った#27眞庭のシュートが外れるのに対し、さらに大東大は#7今井が#15遠藤のアシストを受けて61-66。日体大は#39赤石の3Pでなんとか2点差に押し戻し、ゾーンを展開するが#41山本の勢いが止まらない。残り12.7秒で大東大は#41山本のフリースローで66-70。日体大はこの後のリスタートでパッサーが5秒以内にスローインできず痛恨のバイオレーション。大東ボールとなり、フリースローを獲得。残り時間で日体大は4点を覆すには至らず、よもやの敗戦となってしまった。

大東大はようやくあげた1勝。しかも課題の後半を制しての勝利だ。#41山本は25得点のうち4Qで15得点を稼ぐ奮闘。一方の日体大は大量リードからの敗戦という課題を克服できないままの敗戦となった。どちらも入れ替え戦は目前。2戦目も目が離せない。
写真:ゴール下で粘った大東大・今井。マッチアップの日体大・宮村徹は5ファウル退場。

※大東文化大・山本エドワード選手のインタビューは「続きを読む」へ。



怪我人続出で日本大はピンチ
専修大も#20張が欠場するが他メンバーでカバー

日本大59(11-21,21-18,15-16,12-27)82専修大
081011kumazawa.jpg#5中村に続き、日本大のベンチから#9篠原の姿が消えた。本来、豊富な選手層が売り物だった日本大。しかし幾多の選手が離脱した後、残ったのはほとんどが下級生ばかりという心許ない状況だ。専修大も#20張(2年・C)が欠場したが、こちらは#91太田(1年・F)や#1宮城(2年・F)が穴を埋める。不安の多い日本大は1Qから引き離された。アウトサイドシューターの多い布陣は入ればいいが、そうでなければ専修大の強いインサイド陣にリバウンドで対抗するのは厳しい。 追う状況で流れを変えるためにさまざまな選手を入れ替えていく。2Q、3Qには#10種市(3年・F)や#18渡部(1年・G・能代工業)のシュートもあり、一時は追い上げ体制に入る日本大。しかし大事な時間帯にコートにいたのは下級生ばかり。#17名塚(1年・F・明成)などが奮闘するがインサイドで攻められず、再び専修大に引き離される結果となった。トータルリバウンド数は専修大53に対し日本大31。この数が如実に出た結果と言えよう。
専修大は2敗したが上位につける。一方の日本大は来週は青学大との対戦。もし残り3つを全敗し、法政大が全勝すれば得失点差で4位から陥落もあり得る。残された手駒でどこまで踏ん張れるか、2戦目は日本大にとって負けられない戦いだ。
写真:ベンチスタートの#14熊澤(2年・G)が終盤ゲームをコントロール。

※日本大・渡部選手のインタビューは「続きを読む」へ。

※青山学院大VS東海大は別途掲載します。

[続きを読む]

【INTERVIEW】
081011yamamoto.jpg◆#41山本エドワード(大東文化大・4年・G)
-ようやく1勝ですね。3Q終わりまで日体大ペースだったと思いますが、ここから逆転できたのは何が理由でしょうか。
「ここまで自分たちの気持ちが10点、20点離されたらあきらめている部分があると。結局最後勝負できないまま終わっている試合があったので、3Qでいつもは離されるんですけど、この1週間でそこはなんとかしようと。自分たちはどん底で失うものもないし、切り替えて気持ちだけで勝負どころをみんなでやろうと話し合いました。我慢してディフェンスしてオフェンスも1点ずつ入れて、それがこの勝ちにつながったんだと思います」

-3Qでも今日はそういう気持ちでやれたと。
「そうですね。みんなでずっと勝つと、気持ち気持ちと言っていたので。気持ちで負けなかったと思います」

-4Qの得点にはキャプテンとしての気持ちが見えた気がしました。
「今日は調子悪かったんですけど、4年だけで話し合った時に最後までキャプテンらしくプレイするっていう、気持ちを出すしかなかった。自分が落ちていたらチームも暗くなるだけだし、自分の仕事を果たすことだけ考えていました」

-今日の1勝できっかけをつかんだのでは?
「今日は今日なので。明日切り替えてもう1回やることは同じです。最初から気持ちで戦っていこうと思います」

-ここまで下級生主体で苦しい部分もありましたが。
「それはずっと言われていますが、ここまできたらそんなのはもう関係ない。そこはみんなでカバーしながら出ている4年生がひっぱりながらやっていきたいと思います。自分は1年の時に2部に落ちてその時の気持ちも分かる。それを繰り返さないためにもここで4年生が引っ張っていかないと123年はそれは分からないので、そこを教えていきたいですね」




081011watanabe.jpg◆#13渡部敬祐(日本大・1年・G・能代工業)

―今日の試合を振り返って。
「今日は最初に結構いい感じに試合に入れて、点差も縮まって前半はいい感じに終われたんですけど、最後の方は自分とか下級生の勝負所のミスが多くて、こういう展開になってしまって」

―終盤にシュートが落ち始めて焦りは感じましたか?
「そうですね。自分が決めれば波に乗れると思ったので。それが入らなかったので」

―終盤6点差の場面がありましたが、その時にアウトサイドシュートが目立ちましたが、インサイドという選択肢は考えませんでしたか?
「最初インサイドアウトから外を打つっていう話しだったんですけど、なかなかインサイドにディフェンスが張っていてボールが入らなかったので。自分は出たら“思いっきり打て”って川島先生(監督)から言われているので、とにかく来たら全部決めてやろうって気持ちで」

―今日はそれが裏目に出てアウトサイドが落ちて、速攻で一気に流れを持っていかれましたね。
「そうですね。一番ダメなパターンだと思います」

―明日にどう生かしたいですか?
「変えられる所はディフェンスだったり。あと悪かった所を直すこともそうなんですけど、良かったところをもっと良くするっていうことを逆に考えています」

―良かったところとは?
「そうですね、一回離されても10点差とか5点差まで追いつけたことですね」

―ルーキーながらベンチから高確率で3Pを決めることを求められる立場にいますが、どんな気持ちで試合に臨んでいますか?
「いつも試合の出だしが悪いんで、自分が出たらまず雰囲気を良くすること。後は展開を早くして流れを変えたいっていう思いでやってます。自分は3Pしか特技がないので。やっぱりそれしかないと思ってるので、変に気負いするんじゃなくて。周りを楽しませるじゃないですけど、シュート決めて盛り上げたいと思っているので。そういう気持ちで頑張ってます!」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2008リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |