2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.05 (Sun)

10/5 関東大学1部リーグ 第5週 日本体育大VS中央大 第2戦

ようやく掴んだ白星!
日体大が激戦を制し、1勝目を挙げる

日本体育大72(15-17,29-18,16-16,12-20)71中央大
081005niitai.jpg試合後、嬉しさのあまり日体大ベンチで涙しているスタッフがいた。待ちに待った白星が、ようやく手に入ったのだ。バスケットボール部が創設されてから、1度も2部に降格したことはない。それが日体大の伝統。しかし、近年は結果を残せない苦しい時代が続いている。今年はリーグ開幕から9連敗。チームの目指す方向が見えず、勝ちが見えなかった。

日体大というチームの為にも、伝統を築き上げてきたOBのためにも、自らのためにも、勝たなければならないというプレッシャー。日体大にしかなく、しかも大学バスケット界で最も重いとされる重圧。この試合ではそれを見事に跳ね除け、勝利を手にした。誰か1人が頑張って得た勝利ではない。「チーム」で得た勝利だった。

詳しいレポートは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【GAME REPORT】
081005tomie.jpg「昨日の試合では、ゲームの入りの段階で気持ちが中央に負けていました。だから、今日はしっかりと気合をいれてコートに入りました。ディフェンスでは、自分が止めれば勝てると思って、マッチアップの相手よりも、“俺の方が上!”と思いながら試合をしていました」(日体大#11冨江)

冨江が語る通り、試合開始から日体大には気持ちが見えていた。だが、その気持ちとは裏腹に、立ち上がりは中央大ペースとなってしまう。#4中野(4年・F)にバスケットカウント、#12浜田(3年・G)にブレイクを決められ、1Q残り5分で9-4。日体大はタイムアウトを請求する。その後は、#23横江(1年・G・光泉)のジャンプシュート、#11冨江(3年・F)の3Pが決まり、軌道に乗る。そして、日体大に更なる勢いをもたらしたのが、気持ちをむき出しにした#24于(2年・F)。残り4分からは于の3連続得点で中央大を一気に逆転。また、冨江がマッチアップの中央大#7佐藤(4年・G)に対して好ディフェンスを見せ、得点が伸びない中央大。それでも#4中野(4年・F)がなんとか粘り、1Qは17-15で中央大。

「いつも『リバウンドだ!』って言われてるんですけど、昨日は全然ダメで。それで負けたというのもある。だから今日は思い切りリバウンドを取りに行きました」(日体大#15宮村徹)

序盤は互いにシュートが落ちてしまうが、先に流れを掴んだのは日体大だった。#27眞庭(4年・F)の3Pを皮切りに、冨江、于、横江と4連続で3Pが決まり、一気に10点のリードを奪う。そして、このシュートを生んだのが#15宮村徹(4年・C)のリバウンドだった。落ちたシュートは次々と宮村の手中へと収まっていき、中央大にセカンドチャンスを与えない。リバウンドを支配されてしまった中央大は、オフェンスの時間が取れない。じりじりと日体大に離されていき、点差は13点に広がる。中央大はたまらずタイムアウトを請求。直後に#13砂原(3年・CF)が3Pを沈めるものの、すぐに冨江、于に3Pを決め返されてしまう。結局、思うように点差を縮めることが出来なかった中央大は9点ビハインドで後半へ。

「ミーティングで『もっとシュート率を上げろ!』って言われたんです。だから、絶対今日は決めてやるって思っていました」(冨江)

中央大にエンジンがかかる。立ち上がりから#4中野、#7佐藤が中心となって加点していく中央大は、4分で8点を獲得。対する日体大は、#27眞庭のゴール下の他に得点を挙げることができず、中央大に詰め寄られてしまう。その後も中央大は#12浜田、#4中野がコンスタントに得点を重ねていき、残り4分半で逆転に成功する。だが、日体大も黙ってはいない。#11冨江が2本、#23横江が1本の3Pを沈め、一気に9点を奪取。中央大はたまらずタイムアウト。3本の3Pで流れに乗った日体大は、その後も#27眞庭の3Pや#00中西(2年・C)のゴール下などで中央大を追いつかせず、51-60で日体大が9点のリードを保ち、最後の10分へ。

081005maniwa.jpg4Q開始早々、日体大は#24于のバスケットカウントや、#15宮村徹のゴール下などで14点差まで広げる。だが、中央大は激しいディフェンスで日体大から24秒オーバータイムを奪うなど、必死に応戦。得点でも#4中野、#7佐藤がコツコツと得点を重ねていく。残り2:31、日体大は#23横江のダブルクラッチが決まる。しかし、それ以後得点がぴたりと止まってしまう。その間に中央大は#4中野の連続得点で追い上げ、残り1分を切って4点差。チームファウルが2つしかなかった中央大は、#12浜田が連続でファウルし、数を稼ぐ。残り28.5秒で中央大のファウルは5つとなり、日体大#39赤石(3年・G)のフリースロー。赤石はこれを2本とも外してしまい、更にリバウンドを中央大#13砂原に取られてしまう。そのボールは#7佐藤へと渡り3P。残り20.1秒で1点差に詰め寄った。中央大のファウルゲームは続く。日体大は#12堀田(3年・G)がフリースロー。だがこれも2本ともアウト。リバウンドこそ#15宮村徹が抑えたが、中央大#19山田(2年・G)がこれをスティール。速攻へと持ち込もうとするが、日体大#23横江に止められ、フリースロー。この場面で山田は1本決めて同点とする。その後はカットボールなどで時間が進み、残り0.4秒で日体大ボールに。日体大がゴール下からスローインの場面、#27眞庭が中央大#12浜田からファウルをもらい、フリースローに。眞庭は1本決めて逆転。中央大はタイムアウトで最後の一手を考える。中央大センターラインからのスローイン。だが、ボールは繋がらずにタイムアップ。中央大・中島監督は最後のスローインの際、日体大のゴール下のプレーがファウルではないかと猛抗議したが、結果は覆らず。日体大が初白星を掴んだ。

「勝った瞬間は自分も泣きそうでした。これだけ負けるとどうしても入れ替え戦のことは頭をよぎってしまいます。でも、OBの方から『日体は2部に行ったことなんてないんだから』と言われて、プレッシャーもありましたし、自分も最後の年を2部でやるのは考えられない。最初の方は練習からチームの雰囲気もあまりよくなかったんです。でも、最近段々良くなってきて。負けてはいたんですけど、いい試合ができるようになってきて。それで今日に至りました」(冨江)

各々の役割が明確に見えていなかったのがリーグ序盤の日体大。しかし、この試合ではそれぞれが自分の長所を生かしたプレーを展開。まさに「チーム」だった。スタートの5人は全員二桁得点。眞庭に頼りがちだった得点は分散した。また、インサイドの#15宮村徹、#于はそれぞれダブルダブルの活躍。宮村に至っては、21本もリバウンドをもぎ取っている。そして、試合の中で中央大に流れがいった際、それをことごとく断ち切ったのは#11冨江の3Pだった。

「でも、個人で点を取るだけじゃ勝てない。チームで勝つということをしなければいけない。ミスをなくして、チームで点を取る。残りの試合は、チームで勝ちます!」(冨江)

今後、日体大がこのような試合をすることが出来れば怖い存在になる。残る試合は、大東大と法政大。入れ替え戦回避にはとにかく全勝あるのみ。ここで勝利を得た日体大は、波に乗れるか。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2008リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |