2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.10.04 (Sat)

10/4 関東大学2部リーグ 第5週 第1戦

上位校は1部入れ替え戦争いに向け正念場
全勝の慶應大も遂に1敗で混戦模様へ


残り3週は上位も下位も入れ替え戦に向けて最も大事な試合が続く。国士舘大に2敗し、もう1敗もできない明治大はここまで全勝の慶應大に1勝。終始安定したオフェンスを展開し、追い上げる慶應大を寄せ付けなかった。慶應大はシュートタッチが良くなく、2戦目の修正が迫られる。
白鴎大は3部入れ替え戦回避に向けて2勝目。上位下位ともまだ先は見えない。


吉本のリバウンドで勝負あり!
国士舘大が拓殖大を振り切り、6勝目を挙げる

拓殖大72(21-21,15-18,20-18,16-18)75国士舘大
081004maron流れの行き来が顕著に見えた試合だった。
国士舘大が得点を稼げば、拓殖大は失速。拓殖大が次々とシュートを決めれば、国士舘大はダンマリ。「何回か練習試合をしているけど、両チームとも調子は悪い感じだった」と国士舘大#13馬(2年・C)は振り返る。前半を3点リードで終えた国士舘大。3Qも上々の立ち上がりを見せ、拓殖大からリードを奪う。その2分間、無得点に終わった拓殖大はタイムアウト。ここからは拓殖大ペースへ。インサイドの#53小野(2年・C)が奮闘など、5分で14点を奪った拓殖大は逆転に成功。
だが、国士舘大も最後に決め返し1点リードで最後の10分へ。

開始5分でフリースローの1得点しか獲得できなかった国士舘大に対し、拓殖大は#53小野(2年・C)のバスケットカウントでまたもや流れを掴む。更に、激しいディフェンスから#26上杉(1年・C)が3Pを沈め、残り5分で58-64。拓殖大がリードを奪う。国士舘大はたまらずタイムアウト。その後は#13馬(2年・C)の得点などで次々と得点を重ね、拓殖大を捕らえる。ここからは1点を争うシーソーゲームとなった。国士舘大は#13馬が、拓殖大は#42永井(2年・C)が奮闘し、互いに譲らない展開が続く。

試合が動いたのは残り5.8秒だった。スコアは73-72で国士舘大が1点リード。拓殖大のタイムアウト後、ゲームは再開。国士舘大#5立花(4年・G)のフリースローから始まった。立花の放った1本目のシュートはアウト。2本目も外れた。拓殖大にとっては願ってもないチャンス。だが、リングを弾いたボールを獲ったのは、国士舘大#6吉本(4年・F)だった。拓殖大は万事休す。すぐに拓殖大#1宮城(4年・G)がファウルで時間を止める。シューターは吉本。この場面、本人にかかるプレッシャーはかなり大きい。会場が固唾を飲む中、吉本はフリースローを2本決める。これが決勝点になった。国士舘大が拓殖大を振り切り、6勝目。1部との入れ替え戦にまた一歩前進した。

※国士舘大・馬選手のコメントは「続きを読む」へ。


前半は#00藤江、後半は#5千葉
3年生の活躍が光った白鴎大が2勝目を挙げる

白鴎大93(35-21,21-18,12-29,25-13)81順天堂大
081004bata#00藤江(3年・F)が1Qで8本の3Pを沈めるなど、高確率でシュートが入った白鴎大。前半は56-39と大量リードを奪う。順天堂大も、立ち上がりは勢いがあったが、その後は失速。17点のビハインドを追うことに。会場が「これは白鴎ゲームか」という雰囲気になる中、順天堂大は3Qで大爆発する。#4綿貫(4年・F)、#10山本(3年・C)を中心に次々と加点していく。ディフェンスでも、白鴎大からミスを誘い、完全に試合の主導権を握る。対する白鴎大は、前半入っていたシュートは落ち、リバウンドも取れない。勢いづいた順天堂大は見る見るうちに点差を縮めていき、3Q残り3分で7点差まで詰め寄る。その後も#10山本のゴール下や#16八木(2年・G)の3Pで白鴎大を追いかけて、残り28秒で遂に3点差。更に#20勝谷が放ったボールがブザーと共に決まり、3P。試合は振り出しに戻った。

だが、4Qになると白鴎大#5千葉(3年・F)が大奮闘。ディフェンスでは順天堂大#4綿貫に対して好ディフェンスを見せる。また、オフェンスリバウンドを次々ともぎ取り、白鴎大にセカンドチャンスを呼び込む。この千葉の活躍もあって、白鴎大は徐々にペースを掴む。順天堂大もなんとか追いすがりたいが、決め手の1本が出ない。結局試合は白鴎大が93-81で順天堂大を下し、2勝目を手にした。

※白鴎大・千葉選手のインタビューは「続きを読む」へ。


ファウルトラブルに苦しんだ両者の戦いは
オフェンスで上回った明治大に軍配

慶應義塾大86(17-23,17-25,26-21,26-27)96明治大
081004kanamaru.jpg守りの慶應大か、攻めの明治大か。
注目が集まった上位校同士の戦いは、序盤から笛に悩まされる展開となった。慶應大・#16二ノ宮(2年・G)が早々に2ファウルを吹かれたのに始まり、明治大も#14金丸晃輔(2年・SG)、#3金丸英悟(3年・PF)らが次々にファウルを吹かれていく。慶應大はディフェンスでは#14金丸晃輔に重点を置き、マークマンの#10小林(3年・G)がいい守りを見せるが、他の選手に外から打たれて決められるとリードされる展開となった。1Qで明治大が6点リードすると、その後は慶應大が追い上げては離されるという展開が続いた。ファウル判定は両者にかさんでいき、どちらもタイトなディフェンスが命取りになる状況。それでも積極的なオフェンスでシュート確率も高い明治大がリードを保つ。特に#21川崎(3年・F)の3Pは前週より引き続き好調で、慶應大の流れを何度も断ち切った。

10点前後を行き来する内容となった試合は、4Qもその流れは変わることがなかった。特にファウルトラブルは深刻になり、慶應大は精神的な軸である#4鈴木(4年・F)が不運な笛で4Q最初に退場。#10小林、#16二ノ宮(2年・G)も4つ目を吹かれていく。明治大も#3金丸英悟(3年・PF)、#14金丸晃輔、#24岩澤(3年・SG)も4つと両者どんどん苦しくなる。しかし得点面で優位を保つ明治大に余裕があった。最後はフリースローで得点を稼ぎ、慶應大に10点の差をつけ、第1戦を勝利した。

結局、両者2名ずつ退場者を出し、4ファウルも合計5名。ファウルとそうでない笛の基準が難しく、対応に苦慮する内容ではあった。ゲームプランとして慶應大は概ね目指した通りだった。誤算を言えばアウトサイドシュートの確率が明治大に比べてかなり悪かったところだろう。3Pは明治大12本に対し、半分の6本にとどまった。また、インサイドでは#3金丸英悟や#31駒水(2年・C)に粘られた。勝利に向けては#7岩下(2年・C)のこれまで以上の働きが絶対条件だ。明治大は#14金丸晃輔が20点と押さえられたが、その分周囲のメンバーが奮闘した。チームでつかんだ勝利と言えよう。

写真:明治大・金丸晃輔のマークにつく慶應大・小林。金丸に対しては酒井も好ディフェンスを見せ、ここまでアベレージ39点の金丸を20点に抑えた。
※明治大・川崎選手のインタビューは「続きを読む」へ。


筑波大は勝利するも“らしさ”は出せず
早稲田大60(10-16,14-21,21-18,15-15)70筑波大
081004tomida.jpg終始筑波大が試合の主導権を握っていた試合だった。
#31梁川(4年・G)はフリースローの1得点に留まったものの、#5中務(4年・F)が22得点14リバウンドの活躍。更に、#13片峯(3年・G)や途中出場の#47富田(4年・C)がそれぞれ2桁得点と、梁川の穴を埋める。だが、筑波大のスタイルである速い展開には持ち込めず、“らしさ”が出ない。対する早稲田大は、コートの5人が噛み合わず、全てが後手に回ってしまう。それでも、#00金井(2年・F)や#10根本(4年・C)が奮闘し、なんとか筑波大に食らいついていく。後半に入り、点差を10点とするがそれ以上詰めることができない。だが、筑波大もそれは同じで、10点以上の差をつけることができない。結局10点差を行き来する展開が最後まで続いた。筑波大は勝利し、8勝目を挙げたが課題の残る試合となった。

※筑波大・中務選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

【INTERVIEW】
◆#13馬 隆(国士舘大・2年・C)
「拓殖大とは何回か練習試合をしたけど、今日は両チームとも調子は悪い感じでした。流れが行ったり来たりしたのはなぜだかわからない(苦笑)。試合の中でどのチームにもあることだけど、3分から4分も得点が入らないなんていうのは信じられない。もっとしっかりと自分達のバスケができるように考えていかないとだめだと思いました。試合は最後までわからなくて、きっとまたブザービーターで終わるのかなと思っていたら、今日はリバウンドだった(笑)。最後の吉本さん(#6)のリバウンドはすごかったし感動した!(笑)。フリースローも2本決めてくれて本当にほっとしました。今日1番偉い人は吉本さんですね。今日勝つことができたことは本当に大きいです。1部との入れ替え戦もまだチャンスはあるし、明日も最初から頑張りたいです。ここからは国士舘で試合だから、朝起きるのも遅くていいし、毎日練習しているところだからやりやすい。そういうところも生かして勝っていきたいです。ホームだけに国士舘の応援も多いですからね!」


081004chiba.jpg◆#5千葉慎也(白鴎大・3年・F)
上背はないが、インサイドで奮闘。
この日は16得点、11リバウンドとダブルダブルの活躍を果たした。
また、順天堂大エース#4綿貫に対しても好ディフェンスを見せ、チームの勝利に大きく貢献。

―試合前はどういった話をしましたか?
「ここで落としてしまうとインカレが厳しくなるので、とにかく勝とうと。うちはいつも出だしが悪くて試合を落としてしまうことが多いので、出だしからしっかりやっていこうという話をしました。あとは、一つひとつのディフェンス練習やオフェンス練習はしっかりやっているので、それをしっかり出せるようにみんなで意識してやろうという話をしました」

―前半はよかったと思うのですが、3Qは大失速してしまいました。その原因は何だと考えますか?
「相手のペースに流されて、それに付き合ってしまったことが原因ですね。うちのチームはピーター(#33)と藤江(#00)が中心になって得点を取るチームなんですけど、相手の流れに流されて、それができなかったことが3Q失速の原因だと思います」

―3Qを同点で終えて、4Qへの指示というのは?
「3Qは順天のペースだったので、うちのペースでやろうってことで。ディフェンスからしっかりやろうっていうことですね」

―藤江選手(#00)も戻ってきて大活躍してくれましたね!
「本当に頼もしいっす!」

―マッチアップは順天堂大のエースである綿貫選手(#4)ということで、意識はしていましたか?
「それはなかったですね。とにかく勝ちたい一心でプレーしていたので。相手のエースについたのはしんどかったですけど、綿貫さんも足を痛めていて、本来のプレーではなかったと思うし、そこはラッキーでした。上出来です(笑)」

―インサイドの中では高さはない方ですが、インサイドで本当によく頑張っていますよね。
「ありがとうございます(笑)。うちの先輩たちとセンタープレーの練習しています。昔からインサイドやっていたこともあって、でかい人たちには負けたくないという思いがあります。経験もあるので、インサイドでプレーすることは苦ではないです」

―昨年はポイント出場が多かったですが、今年は長い時間プレーしていますね。気持ちの面で何か変わったことはありますか?
「スタメンで出るようになって意識の違いが出るようになりましたね。去年はチームの流れを変えるためのプレイヤーだったんですけど、今年は最初から白鴎ペースを作らなければならないというところにいて。きっと自分は最初に流れを作ってほしいという部分でスタメンに抜擢されていると思うので、そこの違いですかね。試合に勝つか負けるかっていうのは自分のポジションである4番が大切だと思っています。チームの足引っ張らないように意識してプレーしています。あとは3年生になって上級生になってしっかりやらなきゃっていうこともあります」

―昨年に比べ、なかなか白星が続かない試合が続いていました。序盤はチームも下を向いていたことが多かったようですが、後半になって上を向いてきた感が見えます。
「そうですね。いい雰囲気になってきたと思います。ただ、勝てないっていうのは本当に1試合1試合がしんどいっすよね…。でも、負けが続いてそれである意味チームが一丸となったっていうか。1試合1試合の大切さっていうのがわかってきたので、そこで今の順天だったり、早稲田だったりに白星がついてきたので、そこに関してはいいと思います」

―明日へ向けて。
「1、2Qで20点差をつけましたけど、ディフェンスをマンツーにされてからリズムが崩れてしまいました。そこはしっかりと話し合って確認して対応していきたいです。個人的には、順天はリバウンドルーズがすごいので、少しでも多く取れるように自分が脇役として頑張りたいです!」



081004kawasaki.jpg◆#21川崎紘史(明治大・3年・F)
3P5本、25得点の活躍。
リーグ戦では安定した得点力を見せている。
国士舘大戦では退場続きだったが、この日はノーファウル。
勝利に大きく貢献した。

-2敗で臨んだ試合でしたが。
「そこはチームのミーティングでも切り替えていこうと。残り6試合全部勝っていこうということで」

-ここまで見ていると川崎選手がチームを引っ張るような懸命なプレーを見せているのが印象的ですが。
「あまりそういう意識はないんですけど、試合に出させてもらっている分やろうというのはあります。下級生も多いですし声を出していかなければならないというのは前から言われているので、そういう意識はあります」

-そういう意味では3Pも引き続き好調ですね。
「そうですね。でもやっぱりいいスクリーンがあってこそのシュートなので、そこはみんなのおかげでシュートを打っている感じです」

-タッチ自体も調子はいい?
「そこはあまり考えないように。考えすぎると入らなくなってしまうので、感覚で」

-今日は慶應大に対してはどのようなゲームプランを?
「ディフェンスとリバウンドですね。相手はリバウンド強いですし、トランジションも早いのでその切り替えの対応をしっかりやっていこうとしていました。ただ、笛に対応できない部分があって、どこは苦しかったんですけどそこはチームでできれば。うちは控えを出しても誰でもやれるチームなので、ファウルトラブルで控えが出ている時も信頼してやれていたと思います。でもファウルが混むのはよくないので、明日はその対応をしっかりしなければなと思います。意表をつかれたようなファウルも結構あったので、どう対応するかですね。そこに対応できてこそのプレイヤーだと思うので」

-これまで明治大は個々の能力でバスケットをしている面が強かったのですが、このリーグではまとまりが見えてきているように思うのですが。
「そうですね。僕らの代は1年の時から試合に出させてもらってきて、やらなければならないことも分かってきた。トーナメントまでの春先は個々の能力を伸ばすための練習をしてきて、後半はチームとして戦うためのどうしなければいけないかと意識してやってきたのがあると思います」

-春のチームがバラバラだった印象はそこから来ているんですね。では、チームを意識しているとして、3年としてまとめていかなければという思いは?
「まとめるのはキャプテンがいるので信頼しているし、3年はそのフォローをしっかりできればと思っています。練習中から空気が悪くなったりすると一つひとつ言っていくという感じですね」

-毎年いいところまでいって惜しいというのが続いています。明日が大事ですね。
「明日が勝負です。頑張ります」


◆#5中務敏宏(筑波大・4年・F)
「中務さんは努力している」と後輩達は口を揃えて言う。
なかなか調子の上がらないリーグ。
しかし、そんな自分と向き合い、努力することでようやく本来の姿が見え始めてきた。
残り2週、筑波大が勝つためには中務の活躍は必至である。

―勝ちは得たものの、試合が終わってこの点差というのはいかがでしょう?もっと離してもいいのかなと思うのですが。
「確かにそうですね。第1Qで開けた得点差がそのままの形でズルズルといって、そのまま勝てただけ。だから自分らのリズムに持っていって、そこからディフェンスを頑張っただとか、相手を抑えたという感覚はないです。多分、相手に"明日はいけるんじゃないか"という気持ちを持たせてしまったと思うので、そこはうちが出だしをしっかりして、自分たちのゲームに持っていきたいです」

―今日は梁川選手(#31)の得点が伸びなかった分、チーム全体の得点も伸びなかったのかなと。
「そうですね。いつも梁川が取っている25点を周りのみんなで取ろうってことだったんですけど、ボールが止まってしまっているシーンが多かったですよね。それで速攻も出てなかったですし。そこが点が伸びなかった原因だと思います」

―早稲田大のディフェンスも悪くなかったと思うのですが、いかがでしたか?
「スクリーンに関してはスイッチで対応してきていましたね。普段、自分たちが練習でやっているときはしっかりできているので、もっと声を出して対応していかないといけないと思います。明日までに整理してしっかり対応していきたいです」

―なかなか調子の上がらないリーグとなっているようですね。
「僕自身が全く…。今日も見てもらってわかるように、ゴール下をポロポロ…。なんか感覚がちょっと…。でも、徐々にアジャストしていくと思います。あまり気にしすぎず。去年も(シュートを)外して、そこで凹むんじゃなくて、3Pを打ち続けたし。問題ないと思います!はい!(笑)」

―不調の原因というのは?
「考えすぎ…かな。トーナメントって一瞬で終わるじゃないですか。でもリーグって長くて。調子の良いときと悪いときの波ってあると思うんですけど、一つひとつ相手がどうだとか、自分がどうとか考えすぎちゃったからかな…。あまりよくわからないです(苦笑)。とりあえず、先週辺りから"今は目の前にあることをやろう"と思ってやったら、徐々に良くなってきて。でも、今日もなんだかんだいって2Pはポロポロ落としていますけど…」

―確かに後半になってきて徐々に調子は上がっているのかなと。
「国士舘に負けた前後くらいがすごくダメな状態で。色々と考えることがあって…。健司さん(吉田監督)とも喋って、"結果を恐れずに、まずやる!"っていうか。シュートの確率が落ちようが、ファウルしようが、とりあえず打って自分の仕事をするっていうのを割り切ってやっていたら、いい感じでできたので、明日もいい感じでやりたいです」

―なかなか調子が上がらないとき、"頑張ろう!"と思えた理由は?
「周りのみんながいてくれたからだと思います。練習でも"トシ!いけるで!"って言ってくれたし、本当に周りのみんなが支えてくれました。そこは4年生でしっかりしなきゃいけないんですけど、それでもみんなが支え続けてくれました。だから、どんなにシュートが外れても、リバウンドは行き続けようかなって。本当にみんなのおかげです!」

―鹿野選手(#45)にインタビューへ入った際、「中務さんの努力はハンパないっす!」と言っていましたよ。
「ありがとうございます!洵生ありがとう!(笑)。どこのチームの4年生もそうだと思うんですけど、やっぱり今年に懸ける思いは強いので。シューティングしたり、ウエイトしたり、自分でできることはやりたいと思っているので。今年は結果もあります。それはチームとしても、個人としても。だから、もうとにかくやるだけです!」

―今までの試合は大差で勝つ試合が多かったこともあって、出場時間が短かったわけですがそのことに関しては?
「実際、僕自身の状態も良くなかったので、出場時間に関してはある程度仕方がないかなっていうのがあります。今日に限っては梁川の状態があまり良くなかったので、出なきゃいけなかった状態で。それに、ここからは大濠の彼ら(※)がいるので、どうしても1対1のディフェンスが必要になってくる。だから、今までの部分に関してはあまり気にしていないです」

―中務選手がチームから求められるプレーというのは、ディフェンスももちろんですが、得点面もそうだと思います。
「そうですね。相手も梁川だけじゃ守りやすいと思うので、外から打てるところは打って、リバウンドを行けるところは行ってっていうことは最低限の仕事だと思うので、まずはそこをしっかりとこなして。それができればプラスアルファで色々なことができてくると思います」

―明日へ向けて。
「嬉しいことに今までリーグをやってきて、第1Qの立ち上がりに関してはチームとして悪くないんです。いい状況で試合に入っていけているので、奢らず、自分達のバスケットを徹底してやりたいと思います」

(※)次週は慶應義塾大#10小林選手、最終週は明治大#14金丸晃輔選手とのマッチアップが待っている。今週のマッチアップは早稲田大#21山田選手。この3選手はいずれも福大大濠出身。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |