2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.09.14 (Sun)

9月14日 関東大学2部リーグ 第2週 早稲田大VS国士舘大 第2戦 

早稲田大75(20-26,20-23,22-12,13-23)84国士舘大
080914OHORI.jpg試合前に特に意識していた点は、ない。
ハーフタイムの指示は、ない。
とにかく頑張ろう、楽しくやろうというのが国士舘大のスタイルのようだ。難しいことは考えずに、楽しくバスケットをする。この思い切りの良さが早稲田大から2つの星を奪った要因なのではないかと思えてくる。

国士舘大の連勝で、いよいよ2部リーグも面白くなってきた。

写真:試合後、福大大濠の先輩である国士舘大#10吉満が後輩の早稲田大#20久保田をねぎらう。

試合の詳細は「続きを読む」へ。


[続きを読む]

080915KUBOTA.jpg「昨日勝ったことで、みんないい雰囲気で試合に入ることが出来ました」(国士舘大#6吉本)

第1戦では重い立ち上がりとなった国士舘大だったが、この試合はシュートがよく入った。対する早稲田大も#11井手(2年・G)を中心に得点を重ね、序盤は点の取り合いとなる。だが、徐々にリードを奪っていったのは国士舘大だった。#13馬(2年・C)が要所で得点し、ディフェンスでも早稲田大#20久保田をシャットアウト。簡単に得点させない。得点源が井手に絞られてしまった早稲田大は苦しいオフェンスしかできず、国士舘大にリードを許す。

「周りがみんな上手いんで、自分のマークは比較的楽なんですよ。積極的にいこうかなと思って動いたら、結構やれました(笑)」(吉本)

依然として早稲田大のオフェンスは#11井手に頼りきり。対する国士舘大は、#6吉本が奮闘する。内外角どちらからも積極的に得点に絡み、国士舘大に流れをもたらす。早稲田大はたまらずタイムアウト。だが、それでも吉本、#23三村(1年・F・東海大菅生)、#5立花(4年・G)に3連続で得点を許し10点差にされると早稲田大は再びタイムアウト。しかし、結局国士舘大の流れを断つことはできず、立花にバスケットカウントを決められ点差を広げられてしまう。それでも最後に#11井手が24秒オーバータイムぎりぎりで3Pを沈め、なんとか10点差以内で前半を終えた。

080915TACHIBANA.jpg後半の立ち上がりは早稲田大ペースだった。
#20久保田のジャンプシュート、#21山田(3年・F)の連続得点で3点差まで詰め寄った早稲田大。だが、主将#4赤沼(4年・F)が4つ目のファウルを犯してしまう。このファウルが国士舘大#13馬のバスケットカウントとなり、再び差を広げられる。それでも早稲田大は粘る。#20久保田、#1東(3年・G)、#00金井(2年・F)が立て続けにシュートを沈め、逆転に成功。国士舘大はタイムアウトで立て直しを図る。その後は一進一退の攻防が続く。ミスが多い国士舘大は、シュートは決まるものの突き放すまでにはいたらない。対する早稲田大は主力のファウルがかさみ、こちらもリードを奪えない。

「いつも立花のところはマークが厳しくて。本当にしんどいと思うんですけど、今日はやってくれました。一緒にプレーしていて本当に楽しかったです!こうしてシュートも入っていたから、あとはディフェンスを頑張るだけだと思っていました」(吉本)

最後の10分も序盤はどちらも譲らない展開となった。だが、先に抜け出したのは国士舘大だった。そのきっかけを作ったのは#5立花と言っていいだろう。ディフェンスを一瞬で抜き去り、ゴール下まで行くとそこから#4寺嶋(4年・F)へパス。更には自身も切れのあるドライブで早稲田大からゴールを奪い、早稲田大をかき回す。ディフェンスもマンツーマンからゾーンディフェンスに替え、早稲田大を翻弄。立花と#10吉満(3年・G)のスピーディーな速攻
も決まって、国士舘大が5点のリードを奪う。早稲田大はタイムアウトを請求するが、その後は#13馬に連続得点を浴びて点差は更に広がる。なんとかして攻め手を見出したい早稲田大だが、シュートは単発に終わってしまう。早稲田大は最後、ファウルゲームを仕掛けるが国士舘大はそれを冷静に対処。早稲田大から2つ目の白星を奪った。

080915YOSHIMOTO.jpg下位チームは上位チームとの戦いが続くと、どうしても勝ち星を挙げられずに負けが続き、チームが沈んでしまう傾向にある。だが、この早い段階での勝利は今後に大きな影響を与えるに違いないだろう。2部の中で今、最も怖いチームは国士舘大かもしれない。

さて国士舘大は次週、筑波大と対決する。筑波大戦に向けて吉本はこうコメントをくれた。

「筑波は外角もすごいけど、やっぱりインサイド。リバウンドが強いので、自分と馬(#13)がリバウンドをしっかりと頑張って、オフェンスリバウンドを取らせないように。そうすればなんとかいい流れに持っていけると思うので、頑張りたいと思います。一昨年は負けているので、今年こそは勝ちたいですね!」(吉本)

今後も国士舘大の試合からは目が離せない。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:35  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |