2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.09.14 (Sun)

9/14 関東大学2部リーグ 第2週 第2戦

フロックではなく力を示した国士舘大が
早稲田大に2連勝で2部リーグをかき回す


2週目も国士舘大が2部の台風の目となっている。
最後まで競り合って早稲田大に2連勝。1週目の慶應戦はまぐれではなく、シーソーゲームでも勝っていけるところを見せた。また、#21寒竹(4年・F)がケガで退場した拓殖大が筑波大をリードする展開に。最後のプレーが失敗して惜しくも破れたが、上位チームにもまだつけ込む余地はあると思わせる試合となった。明治大、慶應大は余裕の4連勝。だが、国士舘大の勢いがこれから対戦する明治、筑波といった上位チームにとって戦々恐々といったところになっている。


苦しい白鴎大に対し、明治大は余裕の戦いを見せる
080914KANAMARU.jpg明治大107(33-15,27-18,21-31,26-27)54白鴎大
なんとか次につながる良い材料を探したい白鴎大。得点源である#00藤江(3年・F)はケガで満足に動ける状態ではない。しかし試合に出場させなければならない苦しい台所事情だ。本来の動きはできず、明治大のディフェンスに遭って5点と得点は伸びない。
明治大は今後をふまえてか、1Qから白鴎大に高い位置からプレッシャーを与えるディフェンスを仕掛ける。白鴎大はボールをフロントコートに運ぶのがやっと。前半は明治大に圧倒される形となった。後半に入ると明治大のディフェンスがゆるみ、白鴎大の得点が伸び始める。しかし追いつくまでには至らず4連敗。苦しい状況が続く。

写真:勝利に笑顔を見せた明治大・#14金丸晃輔。



前半好ディフェンスの順天堂だが、後半は慶應大の力に屈す
080914NINOMIYA.jpg慶應義塾大109(26-23,17-26,29-11,37-20)80順天堂大
1戦目はあっさりと慶應大に屈した順天堂大。2戦目は戦法を変えて挑んできた。試合開始から激しいディフェンスを展開。特に慶應大#16二ノ宮(2年・G)に対し、何枚ものガード陣で徹底マークさせ、ファウルをしても即交代。次々と選手を送り込んでいく。慶應大は思うようにボールを運べずイライラが募り、さすがの二ノ宮も「やばいと思った」という執拗な守り。それでも1Qは#10小林(3年・GF)の15得点もあり、なんとか3点リードを奪った。

しかし2Q、順天堂大は1戦目入らなかった3Pが面白いように決まる。#6渋谷(4年・G)の3連続と#4綿貫(4年・F)の1本、合計4連続3Pで一気にリード。インサイドでも#10山本(3年・C)がゴール下で力強いオフェンスを展開、最大11点のリードを奪われてしまう。#7岩下(2年・C)もファウル3と苦しくなった慶應大。しかし#16二ノ宮が流れを変える3Pを決めると#7岩下のシュート、#4鈴木(4年・F)のスティールからのシュートで追い上げをはかる。それでも2Qは順天堂大の6点リードで終えた。

3Qで崩れなくなったのが慶應大の成長ポイントだ。勝負はここで決した。
#16二ノ宮が中央突破でレイアップ、ミドルシュートと連続すると、#4鈴木のドライブ、#10小林の連続3Pで慶應大が逆転。順天堂大はなんとか止めようとするものの、ファウルが続いてしまう。前半は好調だったアウトサイドも外れ始め、ずるずると後退。4Qはゾーンを展開するも、全く機能せず慶應大はあっさりアウトサイドを沈めて引き離す。最後は30点近い差をつけて慶應大が4勝目をあげた。

前半は順天堂大につけ込まれたが、慶應大は大きく焦ることはなかった。3Qの勝負所で押し負けなくなった部分は昨年より成長している部分だ。順天堂大はファウルアウトも覚悟で前半の守りを後半も続ければもう少し違っていただろう。2連続で同じチームと戦うリーグ戦は相手が何を仕掛けてくるか分からない。異なる戦法に翻弄されない精神力や1部チームと違うラフプレイに対処するなど、常に集中力が必要であり、そこが2部の難しさでもある。そういった部分ではまだ甘さが見える慶應大。上位チームとの正念場に向けてまだまだ突き詰める部分がある。

写真:21得点の慶應大・二ノ宮。

※筑波大VS拓殖大、早稲田大VS国士舘大は別途掲載します。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |