2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.09.13 (Sat)

9/13 関東大学1部リーグ

得点では競り合ったが、インサイドの攻めが不調の法政大
080913OTIAI.jpg専修大77(20-23,22-17,23-17,12-17)74法政大
序盤から#39梅津(4年・C)のミドルシュートがよく決まった法政大。#91落合(3年・PF)も#20張(2年・C)に対してよく守り、#27福田(4年・SG)が2本の3Pを決めると法政大がリードする展開となった。しかし対する専修大も#0堤(4年・G)の2本の3Pなどで盛り返す。3Qに法政大はファウルが続いて得点がストップ。インサイドにはなかなか切り込めず、アウトサイドの攻撃が多くなってしまう。ここで#20張の3Pも2本決まり、専修大が接戦から抜け出すとペースは専修大のものに。法政大は粘りを見せるが、逆転するだけの勢いは持てず、3敗を喫した。専修大は5人が2桁得点とバランスよく加点したのに対し、法政大は梅津が24点と奮闘したものの、その他で伸びなかった。やはりインサイドでのオフェンスは容易ではなく、2戦目もその部分が勝負を分けそうだ。

写真:専修大・張をディフェンスする法政大・落合。登録体重では30kgもの差があるが、体幹がしっかりしている落合は簡単に押し負けない。

【INTERVIEW】
080913TSUTSUMI.jpg◆#0堤啓士朗(専修大学・4年・主将・G)

―法政の印象は?
「んー、インサイド強くてアウトサイドもあるんでやりづらいっちゃやりづらいですけど、頑張ってやるしかないんで」

―法政に神津選手がいない今は選手層からみても、インサイドに分があるのでは?
「そうですね。でも相手が誰が出てても関係ないんで、自分たちのプレイをやるだけですね」

―今日は堤選手と鈴木選手が積極的にドライブを仕掛けた場面が目立ちましたが、それは狙っていたことですか?
「いや、別に練習どおり。なんて言えばいいのかな(笑)。とりあえず練習どおりっす。攻めれるなら攻めて、コントロールする場面ではコントロールして。でも最後らへんミスが目立っちゃったのはしょうがないはしょうがないですけど、明日につなげられるように頑張ります。今日のことは忘れて明日に」

―堤選手はベンチスタートですが、どういった意図で?
「練習してなかったんですよ、怪我して。まぁ、徐々に戻ってくれば。(以前に怪我をした)逆の足を今度はやっちゃたんですよ。(以前)怪我したほうはだいぶいいですけど。他のやつもいるし、リーグは始まったばっかなんで焦らずやっていきます」

―怪我をしたということですが、復帰間もない春と比べて調子は上がってるのかなという印象を受けました。
「そうですね、ほぼ完璧に近い状態までなったんですけど、ちょっとこじれた。最近怪我した足が気にならないわけじゃないですね」

―能登選手の復帰については?
「ずいぶん心強いですよ。やっぱり4年生5人でやってるときはやりやすいし、いい感じでチームが機能していると思うので。あとは守りに入らないで攻めれば、チームカラーが出てくると思うので」

―4年生が一緒に出るとやりやすいというのは、どういう意味ですか?
「常に4年間一緒で、毎日過ごしてるから、特別何かあるというか自然とコミニュケーションがとれるんで」

―開幕から連勝ですがキャプテンから見てチームの状況はどうですか?
「すごいいいですよ。でも今日も1戦目から接戦できてるから、だから逆にきつい部分もあったり。2戦目でディフェンスでアジャストされるといけないんで」

―では、明日への修正点というのは?
「別にないですよ。明日はただ勝つ、それだけです。今日より勝つ(笑)」


得点者が限られる中央大は日本大にかなわず
080913sato.jpg
日本大72(15-18,20-9,22-9,15-25)61中央大
両者重苦しい前半となった。ディフェンスではペイント内でダブルチームにいくなど、積極性が見える中央大。日本大は中で攻められずターンオーバーが続く。1Qは#12浜田(3年・G)のミドルシュートなどもあり、乗り切れない日本大に対して中央大がリードした。しかし2Qになると両者膠着状態が続く。#5中村(3年・C)がポストでボールをもらえず、日本大のオフェンスの形ができない。対する中央大もそう簡単には得点できない時間帯が続いた。この均衡を破ったのは日本大#11渡部(1年・G)。バスケットカウント、3Pと得点を連続し、一気にリズムに乗った。中央大は#7佐藤(4年・G)が気を吐く。アウトサイド、ドライブと得点を重ねるが、ペースを変えるには至らず。3Q終盤に#4中野(4年・F)が4ファウルと苦しくなった中央大はそのまま巻き返せず破れた。
日本大は無傷の3勝。しかしこの試合ではディフェンス・オフェンスとも完全に機能しているとは言い難い。#11古庄(4年・C)が出ている時はいいが、#15熊吉(1年・C)と#5中村の組み合わせになると動きがかみ合わない。中村も復帰間もないため、「調子を上げるのはこれから」と言うが、上位進出に向けて油断できない。
写真:31点と大活躍の佐藤。しかしこの奮闘が勝ちにつながらないのが悔しい。

【INTERVIEW】
080913nakano.jpg◆#4中野邦彦(中央大学・4年・主将・F)
12点に終わったこの日、「らしくなかったですね」と訊ねると中野は「そうですね」と苦笑した。去年までの中野の存在は相手にとっては曲者だった。小野という誰もが認める大エースが際立つのは、中野というクレバーな選手がいるからだ。アウトサイドシュートなり、ドライブなり、リバウンドなりとオールラウンドに、そして時に相手の虚を突くような、チームの必要としているものを要所で補完していた中野はセカンドオプションとしては理想的な選手だ。
だが、このリーグ戦には小野が怪我で戦線離脱。「やっぱり自分がやらなくちゃいけないっていう気持ちが強いんで。もうちょっと周りが見えたらいいなあとは思うんですけど、うまくいかない感じですかね」と空回る胸のうちを明かした。
今チームに必要なのは「ここ一番点が欲しい時に取れる得点力とインサイドの強さ」と中野は言う。点が取れない以上はディフェンスに心血を注ぐ必要があるのはもちろん本人が一番わかっている。だが1部で戦っていく以上絶対必要となる小野が担っていたこの二つの役割をこのリーグの間にどう修正するか。
中野がチームのファーストオプションとして今まで以上に積極的に攻めるのか?また佐藤や篠原らアウトサイド陣の奮闘か?経験不足のビックマンの砂原や鈴木が頭角を現すのを待つのか?このリーグで中央大のチームとしての真価が試される。

【KEY MAN】
080913watanabe.jpg◆#18渡部敬祐(日本大・1年・G)
この試合、4本の3Pを決めて19点と活躍。第1週から少しずつプレータイムをもらい、1年生らしくのびのびプレーしている。篠原、上江田、種市などシューターの多い日本大で自分の存在をアピールしていくのはこれからだが、アウトサイドのシュート力は春から目立っており、将来的にはチームの中心となりそうだ。







勢いで押す大東大、しかし青学大は余裕の勝利
080913arao.jpg
青山学院大85(24-19,28-13,15-10,18-18)60大東文化大
1on1のオフェンスでは光るものがある大東大。しかし青学大に対してこうした単発攻撃では歯が立たない。
序盤こそアウトサイドのシュートが確率よく決まり、青学大ディフェンスも一瞬とまどいを見せた。しかし、得意の速攻が出始めると完全に青学大ペース。組織力、ディフェンス力でもよく訓練された青学大が何歩も先を行く。#88渡辺(4年・C)は頑張りも見えるが、#8荒尾(4年・C)の前にはそう簡単に得点できない。アウトサイド攻撃が自然と多くなる大東大だが、1Q以降は確率が上がらず、そのまま青学大が逃げ切った。序盤の戦い、青学大には大きな問題点も見られない。2年連続優勝に向けて、着々と歩みを進めている。
写真:ダンクにいく青学大・荒尾。

※東海大VS日本体育大は「続きを読む」へ。

[続きを読む]

080913maemura.jpg日体大は出足好調ながらも後半に失速
東海大77(18-22,18-27,22-11,19-11)71日本体育大
第1戦で負傷した#24古川(3年・F)はこの試合も欠場となった。養田、嶋田に続き古川も欠場となると厚みがあると思われた東海大の選手層が、些か頼りなく見えてくる。
序盤は日体大#27眞庭(4年・F)が1Qからリズムに乗った。東海大は#32安部(4年・G)、#0満原(1年・C)のチャージングが続き、オフェンスは重苦しい。ファウルも多く、#45鮫島(3年・F)が1Qで2ファウルになると#17前村(3年・G)を投入。東海大は#33西村(4年・G)、#32安部、#17前村の3ガードで戦う形となった。しかしこれでは長身フォワードの多い日体大に対してサイズのミスマッチが大きく、どうしても苦しい。#15宮村徹(4年・C)がリバウンドやタップから得点を重ねると、東海大は#0満原、#35中濱(4年・C)、#25祐川(1年・F)にチェンジ。しかし2Qで10点のリードを広げた日体大は#27眞庭が連続3Pで前半13点のリードを奪うことに成功した。

巻き返したい東海大。3Q頭も3ガードを敷き、#32安部の速攻や#0満原のシュートでなんとか7点差に押し戻した。開始3分、陸川監督はここで#27石井(3年・SG)を投入。見事に3Pを決めて3点差とした。日体大は#39赤石(3年・G)が連続ミス。すると東海大は再び#27石井の3Pで同点に追いついた。日体大はゾーンにチェンジするが、#5多嶋(2年・G)が3Pで東海大が遂に逆転。3Qを2点リードで終えた。4Qの攻防では東海大は#33西村が積極的にオフェンスを展開。速攻、3Pと次々と決めていく。日体大も#15宮村、#27眞庭が中心となるが、ディフェンスの足がよく動くようになった東海大に対し、1Qほど簡単にオフェンスできない。焦りからかシュートにつながらず、そのまま東海大に逃げ切られて試合終了となった。

前半は日体大ペースだっただけに、この敗戦は痛い。眞庭が35点、宮村徹が17点10リバウンドと活躍したが、東海大よりサイズもあり、リバウンドも10本多く取っている。これを確実に勝ちにつなげられなければこの先も厳しい。
一方東海大はスコアラーが足りない。特にフォワードで足りない部分はガードに大きな負担をかける形となっている。前村、多嶋、松岡といった面々がいるのは心強いが、西村、安部に大きな負担をかけないようにチーム全体の頑張りが必要だ。1戦目は逆転できたが、2戦目も気が抜けない戦いになるだろう。

写真:3ガードになると前村が眞庭とのマッチアップに。サイズの差は否めない。


【KEY MAN】
080913ishii.jpg◆#27石井講祐(東海大・3年・SG)
試合の流れを変えたのは石井の2本の3P。これをきっかけに日体大を引き離すことに成功した。昨年Bチームから昇格し、新人戦では2番ポジションで優勝に貢献した。センスで打つピュアシューターというタイプではなく、端正なシューティングに性格が見える。だが昨年のリーグ戦では大事な場面で決めきれない部分が見え、今シーズンは試合によってベンチに入ったり入らなかったりと我慢の時期が続いた。

#24古川は復帰まであと少しというところ。3、4番の選手不足があらわになった東海大で得点が取れる選手は今、喉から手が出るほど欲しい。石井に限らず、こうした控え選手の活躍こそが今の東海大にとって必要だ。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:45  |  2008リーグ戦1部  |  Top↑
 | BLOGTOP |