2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.09.07 (Sun)

9/7 関東大学リーグ2部 第1週第2戦

激戦の2部1週は慶應VS国士舘がヒートアップ
早稲田・明治・筑波は順当に勝利


2部初週の注目を集めたのはなんと言っても慶應大と国士舘大。これほどの試合は互いの選手も観客も全く予想していなかった。第1週は上位が下位のチームと対戦するため、大きな波乱は起きにくい。その他の試合は迫られる部分はあったものの、上位4校が勝利した。
しかし、にわかに存在感を増した国士舘大のおかげで、今後の2部も予想がつかなくなってきた。

※慶應大対国士舘大の試合については別途掲載します。


順当勝ちの筑波、白鴎大は来週以降どこまで修正できるか
080906sainbayaru.jpg筑波大112(28-23,23-16,29-21,32-24)84白鴎大
白鴎大は2戦とも筑波大に対し大差をつけられる結果となった。ポイントゲッターの#00藤江(3年・F)が開始早々ケガをしたこともあるが、筑波大相手に攻め手がない。自分たちのバスケットを出せなかった第1週は今後のリーグに大きな課題を突きつけられた格好だ。白鴎大苦戦の一つに主将・店橋がインタビューでも言っているように今年度より採用されたオン・コート・ワンのルールはあるだろう。外国人選手はコートに1人しか立てないというこのルールは今年のJBLでも採用されるが、インサイドの2枚看板だった#33フィルユン(4年・C)と#88サインバヤル(3年・C)が共にコートに立てないのはチームには痛い。ポイントゲッターが限られる中でどうやってチームを組み立てていくのか、2部2年目の課題は大きい。
筑波大は2戦見る限りまだ不安はない。今後の強敵との戦いが注目となろう。

写真:サインバヤルは途中からの出場となる。どこまでチームに勢いをもたらすことができるか。
※白鴎大・店橋選手のインタビューは「続きを読む」へ。


金丸晃輔のアウトサイドで明治大が拓殖大にとどめを刺す
080907nagai.jpg明治大94(31-10,11-17,22-26,30-25)78拓殖大
試合開始は大差がつくかと思われた一戦、拓殖大は1Qで31-10と離されてしまった。2Qに明治大の得点が止まったこともあり、後半には追い上げに成功する。#22松崎(2年・G)、#42永井(2年・F)の奮闘もあり、4Qの中盤で1桁の点差にまで追いついた。しかし大事な場面で#14金丸晃輔(2年・SG)を簡単にワイドオープンにしてしまい、あっさり連続のアウトサイドで引き離されると反撃はそこまで。そのまま明治大が逃げ切った。
明治大は2戦とも危なげない勝利。次週の白鴎大戦にも弾みをつけた。一方拓殖大は厳しい立ち上がりとなった。昨年は6位とインカレ出場枠も逃したが、いい選手はいるが今ひとつ覇気がない印象はぬぐえない。序盤は上位校との対戦が続く。来週の筑波戦でどのような戦いができるだろうか。

写真:シュートにいく拓殖大・永井。



主将・綿貫が欠場するも粘りを見せた順天堂大
080907cho.jpg早稲田大83(17-10,27-20,18-19,21-26)75順天堂大
初戦のケガでこの日はエース#4綿貫(4年・F)が欠場した順天堂大。1Qこそ得点が伸びなかったが、その後は粘った。4Qで#18趙(1年・C)、#5北村(4年・G)らの得点で一気に3点差まで追い上げたものの、早稲田大も焦ることなく得点し、2勝目を上げた。粘ったが惜しくも破れた順天堂大。センターの#18趙はフィジカルも強く、インサイドで豪快な活躍を見せる。23点と頼もしく、今後の試合でも活躍が期待できそうだ。
早稲田大はここしばらくインサイドらしいインサイド選手を持たなかった。しかしルーキー#20久保田(1年・C)の加入で、ゴール下の勝負は面白くなった。また、早慶戦でもいいところを見せた#00金井(2年・F)が頭角を表してきている。2戦とも2桁得点とチームに貢献。#11井手(2年・SG)を筆頭に下級生の力がチームを押し上げていくのは間違いないだろう。

写真:順天堂大・趙は囲まれながらもシュートを決める。


[続きを読む]

◆#3店橋翔(白鴎大・4年・主将・G)
 
―2戦とも約30点差をつけられてしまいました。
「難しいですね…。去年も試合に出ていたメンバーのうち、ピーター(#33フィルユン)と藤江(#0)、自分の3人が今年もスタメンに残っているのですが、あとの3・4番ポジションは色々試したりしていたこともあってまだなかなかかみ合わないんです。夏の練習でJBLのリンク栃木ブレックスや1部の青山学院大、日本体育大と練習試合をしたときはいい感じに仕上がってきたと思ったんですけどね」
 
―今シーズンからオンザコート1の規定が変わった(※1)ことも響いていますか?
「それが1番大きい。特にリバウンドが取れないです。どこのチームもうちの藤江にマークにきて、それはわかっていたのですが困るとやっぱり藤江しかなくなってしまって、その結果苦しいシュートになって、リバウンドを取られて走られるという悪循環でした」
 
―1戦目を踏まえて、2戦目はどんなゲームプランで臨みましたか。
「1戦目は、うちのやることを筑波大が全部読んでいた。なので今日は、センターを使ったパス&ランでボールを回して、皆で動くことを意識して、その中で藤江の1on1をやろうと思っていました。でも、藤江が始まってすぐに怪我で交代しちゃって…。それで崩れてしまいました。藤江のいないパターンは今までほとんど試したことがないんです。 あいつの代わりはいない。その点、筑波は誰が出てきてもチームでやることが統一されているなと思いました」
 
―自身も、司令塔にキャプテンにと役割が重いのでは。
「昨シーズンと同じ1番だけど、確かにやることが増えたような気がします。去年は大晴さん(片岡大晴・現JBL栃木)が走ってくれて、バタ(#88サインバヤル)がリバウンドを取ってくれて…と皆が自分の仕事を分かっていて、自分はそうやって皆がつないでくれたボールを受け取って前に運べばよかった。今年もそれぞれが自分の役割に徹していくところからと思います。キャプテンは、まとめるような性格じゃないんですけど、自分がやるしかないと思って引き受けたんですが、やっぱり1番重くて。でもそこは他の4年生が自分の性格をわかってくれて、ベンチでまとめてくれたりしていて助かっています」
 
―2週目以降に向けて。
「明治大、慶應義塾大、早稲田大と強い相手が続きますが、もう1回ディフェンスをやるしかない。特に来週の明治大戦は、皆リバウンドに飛び込んでくるし、能力の高い金丸(#14金丸晃輔)がいますが、それこそチームディフェンスですよね。うちは今ディフェンス力がない。今までは、5人全員で頑張ることだけを"チームプレー"、"チームディフェンス"だと定義してきましたが、それは3部で終わり。2部、1部でやっていくためには、個人のプレーがあってこそチームプレーが生まれるって考え方にもうならないといけない。誰かがやってくれるじゃもうダメだから、時間はあまりないけれど、少しずつでも個人の能力をあげていきたいと思います」
080907TANAHASHI.jpg
試合状況にはキャプテンとして今後の難しさも語ったが、慶應大にいる弟達に会って笑顔。左から四男・彩(ひかる)、次男・翔(かける)、三男・唯斗の店橋兄弟は本当は4兄弟。


※1 昨年のリーグでは、同時にコートに立てるのは「外国人選手1名」「外国人選手1名+留学生選手1名」、もしくは「留学生選手2名」の3パターンが認められていたが、今年は「外国人選手1名」のみとなった。このため、白鴎大は#33フィルユンと#88サインバヤルが同時にプレーすることができなくなった。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:30  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |