2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.09.06 (Sat)

9/6 関東大学2部リーグ 第1週 第1戦

080906nakatsuka2部リーグ第1週は、結果的には波乱はなかった。
しかし、国士舘大が慶應義塾大を最後まで苦しめ延長戦へと突入。最後は慶應義塾大が逃げ切ったが、不安の残る試合になってしまった。春に結果を残せなかった国士舘大だが、この1戦で2部チームに強い印象を与えたことは間違いないだろう。

その他の試合は、上位チームが快勝を収めた。筑波大と白鴎大の一戦は立ち上がりこそ接戦となったが、その後は筑波大がリズムを掴む。得意の速いバスケットを展開し、白鴎大に主導権を握らせずに快勝した。対する白鴎大は#00藤江(3年・F)の3Pが単発に決まるだけでオフェンスに精彩を欠き、苦しい試合を強いられた。明治大と拓殖大は明治大が勝利。拓殖大は#21寒竹(4年・F)、#22松崎(2年・G)が積極的にオフェンスに絡むがディフェンスで明治大#14金丸晃輔(2年・SG)を止められず。終始リードを奪われたまま、試合は終わった。春のトーナメントは6位と好スタートを切った順天堂大は早稲田大と対戦。順天堂大は得意の外角、#4綿貫(4年・F)のドライブを中心に、早稲田大は#20久保田(1年・C・福大大濠)を中心にオフェンスを展開。前半は順天堂大が5点リードで終える。後半の立ち上がり、早稲田大が勢いに乗る。#4赤沼(4年・F)や#11井手(2年・SG)の得点、更にベンチメンバーの活躍もあり、順天堂大を一気に突き放す。順天堂大も外角シュートで応戦するが、追いつくまでにはいたらず。早稲田大が勝利を収めた。

筑波大・梁川選手、明治大・伊與田選手、早稲田大・井手選手のインタビューは「続きを読む」へ。
※慶應義塾大VS国士舘大は別途掲載します。

[続きを読む]

◆#4梁川禎浩(筑波大・4年・主将・G)

―快勝という形で初戦を終えました。
「リーグ立ち上がりの一戦っていうのはすごい大事だと思っていて、練習からそれを意識していました。リーグに限らず、そこからノンストップでインカレまでいけるように全員で気持ちを作っていきたいです。そういう意味でも今日はこういう形で勝つことが出来てよかったです」

―相手が白鴎大ということで意識していたことはありましたか?
「それなりに対策はしてきましたけど、対戦校がどうこうよりどれだけ自分たちのバスケができるかどうかがこの長いリーグでは大事だと思うので、そういう意味でも今日は自分たちの走るバスケが出来たので良かったと思います」

―得意の速い展開で試合を進めることができました。
「そうですね。自分たちは夏、ずっと走りこんできたんで(笑)。その成果が出て本当によかったです」

―流れも切れなかったですね。
「出だしは実はあまりよくなかったんですけどね。出だしは全員がリングに向かっていこうということを心がけていたんですが、ちょっとできてなかったですね。タイムアウトやハーフタイムの時には全員でもっとリラックスして平常心でやろうってことと、いつも通りやろうってことをお互いに言い合っていました」

―立ち上がりの悪さというのは一昨年も昨年も課題として挙げていましたね。
「やっぱり全体的におとなしいと思うので、それが立ち上がりの悪さにも繋がっていると思います。もっと全員が強い気持ちを持っていたら立ち上がりはしっかりいけるのかなと思っています」

―1部昇格を目標にしながら、毎年惜しい結果が続いていました。
「そうですね。1部昇格って言っているけど結果が残せていない。やっぱり結果が全てだと思うので、今年は結果を残さなきゃいけないですね。今年はそれが出来るチームだと自分で思っているので、全員が死に物狂いで最後までやりたいですね」

―明日へ向けて。
「明日はもっと出だしから集中すればもっと走れると思うので、もう一回走り直して走り勝ちたいです」



◆#6伊與田俊(明治大・4年・主将・G)

―今日のゲームについて。
「うーん…。悪くなかったんですけど、良くもなかったっていう。塚さん(塚本コーチ)も言っていたんですが、ピークはここへ持ってきているわけではなくて、最後の3週が勝負。最初の4週は、6割7割の力で勝たなきゃいけない相手って言われています。自分は6割7割でやるつもりはなかったけど、余力を残しながら戦えたのではないかと思いますね。自分は全くだめでしたけどね。シューティングしなおします!」

―試合に関して意識していた点はありましたか?
「拓殖も全然弱い相手じゃないんで、そんなに点差は離れないと思っていたから、逆に一戦目でそういう試合が出来たのでよかったです。春は青学とも競っていたので。春の拓殖を見る限りでは、ガードがずっと攻めてくる印象があって。今日、実際やってみててそのスタンスは変わっていないことがわかりました。止めるべくところは見えたし、明日はそれを調整していきたいですね」

―終盤は少し詰められたましたね。
「メンバーも変えていたので仕方ないかなと。今日は全員出すということを言われていたので。点差的には危ない点差ではなかったので、気負いなくできたと思います」

―夏の間はどういった練習を?
「合宿にはあまり行かずに、試合の遠征に行っていました。その中で強い大学とも実業団ともやれたので、それは大きいと思います。あとはやっぱり得点面ですね。晃輔(#14金丸)偏るところを分散させるってはずだったんですけど、今日もやっぱり偏ってましたね(苦笑)。でも、晃輔が止められなければ今のスタンスはいいと思うんですよね。もちろん止められえたときは考えなければならないですが、相手もわかっていても止められないので」

―明日へ向けて。
「明日は決めます!きちんとシューティングしてきます!」


◆#11井手勇次(早稲田大・2年・SG)

―試合を終えて。
「初戦だったんですけど、悪い入りって言うわけでもなく。最初から強い気持ちを持っていけたと思います。それがよかったです」

―出だしは少し得点が停滞しましたね。
「そうですね。初戦ってシュートも入らないじゃないですか。僕も簡単なシュートを落としたし。でもその分ディフェンスで頑張れたのがよかったですね」

―確かにディフェンスはすごい頑張っているという印象を受けました。
「リーグに向けてディフェンスはしっかりやろうってことで、外がもっと動いて抜かれないようにっていう練習をずっとしていたのでそれは良く出来たかなと思います」

―赤沼選手が早々にファウルをしてベンチに下がってしまいましたが、その分ベンチの選手が頑張ってくれましたね。
「そうですね。前期よりは控えの人も、特に金井(#00)とかもよくやってくれるので、そこはいつも通りできたかな」

―前半は少し詰められて終わりました。後半への指示は?
「とりあえず、いつも通りやろうってことですね。逆に点差が離れてないほうが気を抜かずに頑張れるのでよかったと思います。順天の怖いところは3Pが入るところ。例えば15点離れていていたとしたら、ディフェンスもあんまり機能しなくなって余裕もできて回されてシュート打たれてっていう感じに持って行かれる可能性もあったと思うんですよ。勢いついちゃうと乗っちゃうから、逆に前半ああいう終わり方でよかったんじゃないかなと思いました。気を抜かないでディフェンスを頑張ろうってきう気持ちになれましたし」

―オフェンスはかなり積極的でしたね。
「自分自身は今日はちょっとシュートが入らなかったですね。赤沼さんはいいところで決めてくれたし。、東さんは3Pが入る。金井も外回りができる。みんなのことを信頼しているから、僕が入らなくてもパス回していけば入れてくれるんで。積極的にいかないと機能しないかなと思っているので、途中で切れそうになったときもあったんですけど頑張りました。ただ、もっとパスが回せるといいかな。今日、流れが悪いときは外ばっかりだったんですよ。パスができてないところがあったので。でも、後期はうまい具合にパスをくれるのでいい具合に攻めることができています。フラストレーションも溜まらずに。無駄な動きをしなくてよくなったからよかったですね」

―夏の間はどういったことを?
「タイミングですね。前期はインサイドだけでその後の動きがなくて。コーチの方もわざとそうしていたみたいで。インサイドと精神面を鍛えていたというか。色々な戦術的なものをやる前に気持ちが備わっていないといけないからということであまりやってなかったんですけど、後期はちょっとずつバリエーションを増やして。バリエーションを増やした中で5対5とかやって。パスしたら合わせてとか、そういうタイミングを重視した練習をしていました。要はチームワークですね」

―春は結果を残せていないだけにリーグでは結果を残したいですね。
「残したいですね。でも2部強いじゃないですか。差がないし。リーグは長いし、特に怪我は怖いから1つ1つ集中して。全勝する勢いじゃないと入れ替え戦にはいけないので。もちろん、1つも落とせないっていうプレッシャーはありますけど、常にチャレンジ精神を忘れずに。形の上では2部1位じゃないですか。でもそういうことを考えちゃうと試合を持っていかれてしまうので、チャレンジ精神で気合を入れてあたっていきたいっすね」
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2008リーグ戦2部  |  Top↑
 | BLOGTOP |