2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.06.21 (Sat)

関東大学新人戦6/21最終日 7位決定戦 神奈川大VS大東文化大

神奈川大61(18-16,20-17,11-21,12-22)76大東文化大
080621DAITO.jpgモチベーションの維持が難しいとされる順位決定戦。ここまで#1本田(2年・PG)を中心にアップテンポな攻撃的スタイルでリードするも、4Qに失速する面が見えた大東文化大。同様にディフェンスで粘りを発揮するも、ポイントゲッターの大山のケガもあり、正念場での得点力不足で惜しい試合を落としている神奈川大。対照的なバスケットを展開する両校だが、4Qの立ち上がりに大東大の猛チャージ。追いすがりたい神大であったが、ここでオフェンスの統率が取れず停滞。今大会の課題を残したまま黒星を喫した。
春のトーナメントでは不振に終わった大東大であったが、新人戦では3P王を獲得した#1本田らが生きの良さを見せた。1部復帰を果たすも安泰とはいえない立場において下級生がリーグ戦以降に絡めるかにも注目である。

※詳しいレポートと大東文化大・本田選手、神奈川大・小島選手、八幡選手のインタビューは「続きを読む」へ。

[続きを読む]

■GAME REPORT■
080621NAITO.jpg1Q、大東大は#1本田(2年・PG)の3Pで先制するも、神奈川大のゾーンディフェンスを破れず、本田の個人技頼みとなる。一方の神大も#11内藤(2年・C)が内外に積極的に得点に絡むが、チームとして決めきれず、得点が伸びない。10ー10で迎えた残り3分、大東大は#13小原(1年・F・高知工)の3Pでようやく本田以外の得点を挙げると#15遠藤(2年・PG)も3Pで続く。だが、神大も#0佐藤(1年・G・飛龍)が3Pにドライブを決めると、#24小島(2年・F)がバスケットカウント。#24小島はボーナススローも決め逆転。18ー16の神大リードで1Qを終える。

2Q、大東大はこの日早くも3本目となる#1本田の3Pに、#13小原の連続得点が決まる。対する神大も#91有方(2年・G)がアシストに3Pを決めれば、#11内藤も1対1で続き食らいつく。同点で迎えた残り3分半、大東大のシュートがリングに嫌われ始めるのを尻目に神大は、#11内藤がインサイドで連続得点を挙げると、#51八幡(2年・G)が速攻からバスカンを獲得。38ー33で神大がリードを奪い前半を終える。

080621SASAMURA.jpg3Q、大事な立ち上がり、主導権を握ったのは大東大。大東大は#5兵後(2年・F)の3Pで同点とすると、#1本田の3Pに#34池田(1年・C・宇部工)がインサイドで連続得点を奪いじりじりと引き離していく。その間にも神大はパスミスやせっかくのスティールを自らのミスで帳消しにしてしまうなど拙さが出てしまう。だが、最後の2分間でアウトサイドのシュートをベースとする大東大はシュートが落ち続け沈黙。その間に神大は#11内藤がインサイドで粘り強く得点。それでも神大は49―54の5点ビハインドで終える。

4Q、立ち上がりまもなく、大東大はここまで調子の上がらなかったキャプテンの#26笹村(2年・F)の連続3Pに、#1本田がジャンプシュートを決め一気に2桁リードを作ると、またも#26笹村のドライブに#1本田が3Pを決め、残り6分で16点差とする。後のない神大はゾーンプレスを仕掛けるも、芳しい効果は出ない。さらに残り時間と得点差の重圧からか、オフェンスの統率が取れずちぐはぐとした状態となってしまう。結局、神大は反撃の機会を見出せないまま試合終了。大東大が鬼門であった4Qに集中を途切れさせることなく61―76で最終戦を勝利で飾った。



◆#1本田勇真(大東文化大・2年・PG)
080621HONDA.jpg今大会2位以下を大きく引き離す20本の3Pを決めた3P王
最終戦のこの日も7本の3Pを決め、チームハイの29得点を叩き出した。
まだチームの安定感には不安はあれど、昨年主将の竹野を彷彿とさせるクイックネスはトーナメントが不振に終わった大東大には明るい兆しである。


―今日の試合を終えて。
「昨日、おとといってチームでやってきて4Qで崩れたんですけど、みんな後半になっても耐えることができて勝てたと思うんで。1、2年のチームは終わりですけど、リーグ戦に向けて3、4年だけじゃなくて自分たちも力入れて頑張っていきたいと思います」

―今までの試合は4Qに失速することが多かったですが、何が問題でしたか?
「前半は自分たちのスタイルに馴れてなくて、自分たちがパパッていって点数が開くかタイって感じなんですけど、後半になると相手が馴れてきたのに対してこっちが決めるシュート力がないのが多分原因」

―今日の4Qは良かったですね。
「本当に3、4Qって意識でみんなやっていたんで。3、4Qにまた昨日、おとといの二の舞を食らわないように集中してやっていたんで」

―立ち上がりは本田選手以外シュートが決まらず、周りが硬くなっているのかなと思いましたが、自分が打開点になろうと?
「いや、別に自分がやろうとは思ってなかったんですけど(笑)。ただ、ボールが回ってきて、こうなると決めなきゃいけないのが多分自分になるので。そこで決めて、周りが乗ってきたのが今日の良いところですね。最初から自分でやるわけじゃないですけど、周りができなかった時は自分がどうにかしなきゃいけないっていうのはありますね」

―相手もディフェンスで粘るチームですが、どうして後半に逆転できましたか?
「相手が頑張るチームなんで、今までの大東よりは粘るように粘るように。やっぱ頑張る相手に対して、みんな引いちゃうところもあったと思うんですけど、最後は自分たちを信じてディフェンスから我慢してやろうとして、我慢できたんで逆転できたかなと思います」

―今大会を終えて、7位という結果ですが。
「順位はあんまり意識してなかったので。明治戦に負けてベスト4に入れなかったことで、みんなガクンとモチベーションが下がってしまったんですけど、みんなで順位じゃなくてチーム力を上げていこうって話して。そのあと慶應ともやりましたが、自分たちがどれくらいやれるか、順位気にしないでやってたんで。7位は別に…今度から頑張ればいいと思います」

―チームの成長は具体的にどういうところに感じますか?
「3、4年生のいるAチームに比べると、キャプテンがまとまるぞ!って言ったときにみんながまとまるところが成長したと思いますね。3、4年生のチームだとまだバラバラでまとまり切れてない部分があるので。そこがAチームの弱点だと思うんですけど(苦笑)」

―トーナメントでは良いところがありませんでしたが、今大会はリーグ戦へ向けていい弾みになったのでは?
「そうですね。多分リーグ戦は1、2年生も混じってくると思うので、学年は関係なく練習から引っ張っていこうと思います」

―去年の主力が抜けて、今年はダメなんじゃないかと言われシーズンに入りましたが、どういう心境でしたか?
「いや、本当にその通りだと思いました(笑)。そう言われててもなにくそと思って、見返してやるっていうチーム力がAチームでは足りなかったと思うんで。これからリーグ戦が始まるんで、そういうみんなの評価を覆すようにみんなでしっかり頑張って戦っていきたいと思うんで、リーグ戦は多分なんとかなります(笑)」

―本田選手のプレイスタイルは高校時代からと聞いていますが、竹野選手(08年主将)の影響は受けてないですか?
「高校からずっとこうなんで。大学来て竹野さんとは1対1とかやったんですけど、そこで阿部(現レラカムイ北海道)さんにもですが、こてんぱんにやられて。自分はまだまだだから頑張ろうと。まぁ、高校からのスタイルなんで。これは自分のいいところだと思うんで、残しつつもチームを生かせるようなガードになりたいと思います。自分はシュートが入らない時にチームに流れを持ってくるのが苦手なことが弱点だと思うので。Aチームになると出る機会も減ると思いますが、出るときはチームの流れが悪い時だと思うので、もっと声を出してそこでみんなを盛り上げて、シュートを決めさせてあげるようなゲーム作りをできるようなガードになりたいと思います」


◆#51八幡紀芳(神奈川大・2年・G)
080621YAWATA.jpg劣勢の時もチームを鼓舞し、プレーでも粘った。
新人戦のキャプテンとして懸命な姿が光った。
課題は残ったが秋に生かしていくことが大事だろう。


―新人戦を振り返って。
「やっぱり1番最初の目標は青学を倒してベスト4に入ろうってことだったんですけど、青学に負けてしまって。でも思うことは、やっぱりチームがまとまるのがちょっと遅かったっていうか。それが敗因に繋がったんだと思います」

―この新人戦中、チームで「ここは頑張ろう」と決めていたことなどはありましたか?
「最後まで頑張り続けることと、ディフェンスのチームなのでディフェンスを。みんなで声出して頑張ろうということですね」

―惜しい試合が多かったように思えました。
「そうですね。やっぱりそこが自分たちの弱さ。気持ちの弱さでもあります。今後、克服していきたいところです」

―キャプテンとして意識していたことは?
「僕たちの代は最初はバラバラだったので、とにかくまとめようと努力しました。あとはコートの中で声を出して常にチームをまとめようっていうことを意識して頑張りました。(頑張って声を出していましたよね)あれがないと僕は生き残っていけないんで(笑)」

―小島選手の復帰もチームにとって大きかったのでは?
「僕、あいつ(小島)と高校が一緒だったんですよ。一緒にやってきたからこれからも一緒にやっていきたいっていうのもあったし、あいつのリバウンドとブロックはやっぱりチームになきゃいけない。あいつ自体いないとチーム一丸じゃないっていうか…。頑張ってくれて本当に良かったです」

―先程、幸嶋監督と川上選手(神奈川大主将)とお話していたようですが。
「幸嶋さんには4年後このチームで勝てるチームにしたいから、もっと俺がまとめるようにしろってことを。川上さんには、川上さんはチームとして全体をまとめるけど、僕は1・2年をしっかりまとめてくれっていうことを言われました」

―リーグ戦は下級生の伸びは神奈川大の勝利に大きく関わってくると思いますが。
「そうですね。絶対関わってくるので、切り替えてまとめて頑張っていきたいと思います。1年生もバスケの上手いいい選手が入ったので、もっと練習を頑張っていきたいと思います」



◆#24小島 悠(神奈川大・2年・F)
080621KOJIMA.jpg春は事情があってチームを離れていたが、新人戦で復帰。
その分試合慣れしていない面もあったと言うが、大事な場面を守りきったディフェンスリバウンドや、チームを叱咤する声はなくてはならないものだった。本格復帰を望む。


―8位という結果について。
「やっぱり去年より上は目指したかったですね。昨日の法政戦で勝ちきれなかったっていうのが一番大きかったですね…」

―小島選手の言う通り、勝ちきれない試合が多かったですね。
「そうなんですよね。青学戦でも、もっとしっかりやっていればもっといいゲームが出来たと思います。やっぱりところどころ甘い部分が出てしまいました」

―インサイドで一緒にプレーをしている内藤選手(#11)について。
「内藤は今、3・4年生を合わせたチームでもスタメンなんですけど、この新人戦中はちょっと内藤に頼っていた部分はありました。そこで他の奴らがもっとオフェンスとかも参加してやっていればもっと得点も伸びたと思いました。得点伸びればディフェンスにも繋がっていくと思うし」

―この新人戦では声を出してチームを引っ張っている姿が印象的でした。
「やっぱり2年で引っ張る立場なので。自分はそんなに練習もしていないので技術面とかもみんなとは離れたりしているので、そういう声の部分とかで引っ張るしかないと思ったので頑張りました」

―リーグでは1・2年生の伸びがチームの勝利に大きく関わってくると思いますが。
「そうですね。やっぱり下が上手くなれば先輩たちも少しは楽になると思うので、頑張りたいですね。今はチーム的には3年生に頼っている状態があるんで、リーグまでにはそういうのを少しでも無くしたいですね」

―特にインサイドはポイントになりますね。
「そうですね。新人戦では僕とか1年生の五十嵐とかが攻めきれなかった部分があるので、もっとインサイドで仕事ができるようになりたいです」

関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:40  |  2008新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |