2016年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月


第86回全日本大学バスケットボール選手権
筑波大学が3連覇を達成 3連覇以上の達成は1999年の日本体育大以来

2008.06.20 (Fri)

関東大学新人戦6/20試合予定

13:00 慶應義塾大-大東文化大(5~8位決定戦)
14:40 法政大-神奈川大(5~8位決定戦)
16:20 青山学院大-明治大(準決勝)
18:00 東海大-筑波大(準決勝)

【見所】
●慶應義塾大-大東文化大(5~8位決定戦)
大東文化大は全員バスケでここまで残った。圧倒的高さはないが、リバウンドにも必死に絡み、アウトサイドもある。粘りのバスケはこれまでの大東大とはひと味違う。一方慶應大は主力の二ノ宮、岩下、酒井の3人とそれ以外の意思疎通がまだまだできていない。3人以外が機能しなければ勝利はない。ともに負け方は良くなかった。敗戦の気持ちをどう切り替えるかが重要になるだろう。


●法政大-神奈川大(5~8位決定戦)
青学大相手に好ディフェンスで粘った神奈川大。このままディフェンスから地道にプレーすれば、勝機はある。一方法政大は筑波大の前にいいところがなかった。このまま法政大の悪いクセを出さず、最後まできっちりと戦い抜く姿勢を見たい。神奈川大は法政大のペースにのらず、自分たちのバスケを貫くことで勝機を見いだせそうだ。


●青山学院大-明治大(準決勝)
大逆転でベスト4に進んだ明治大。このままの勢いを持続したいところだ。しかし集中している時のオフェンスとディフェンスはいいが、そうでない時は簡単に相手に点を取られる部分も見受けられた。青学大はそういった隙を見逃すようなチームではない。これまで以上の持続力を期待したい。青学大は橋本がケガを負い、どこまで出場するかは未定だが、小林ら2年生がしっかり締めれば大きく崩れることは考えにくい。どちらの得点力が上か、楽しみな一戦となろう。


●東海大-筑波大(準決勝)
関東学院大、慶應大相手にいい勝負を見せた東海大。1年生ものびのびプレーしており、チームワークの良さが感じられる。ベンチスタートの選手もそれぞれに仕事をこなし、全員バスケができればこの勢いを持続させられるだろう。筑波大は法政大にあっさり勝利したが、簡単に勝ってしまったことが悪い方向に出ないことを祈る。こちらも1年生のプレーが光る。東海大のディフェンスをどう突破するかが課題となろう。
関連記事

テーマ : バスケットボール(日本) - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  20:23  |  2008新人戦  |  Top↑
 | BLOGTOP |