FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月


第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 大東文化大学が初優勝
関西学生バスケットボールリーグ戦 京都産業大学が優勝

2007.05.30 (Wed)

関東大学トーナメント@駒沢屋内球技場

駒沢屋内球技場では6試合が行われた。國學院大、専修大、中央大が順当にベスト16に駒を進めたが早稲田大は駒沢大に、日体大は神奈川大に終盤まで苦しめられる展開に。勝利したが、ベスト8に向けて万全とは言えない内容と言えるだろう。


神奈川大学64(14-19,21-8,16-22,13-25)74日本体育大学
0530miyamura「ゲームプラン通りだった」と幸嶋監督が言うように、前半は完全に神奈川ペース。ディフェンスが良く、日体大も高さでは優位に立ちながらも思うように攻められずにターンオーバーが続く。神奈川大はエース#2綿貫(2年・G)を中心に#1蓮見勇紀(2年・G)や#21林(3年)、#24小島(1年・湘南工科)らが果敢に攻め込み、リードする。日体大は#27眞庭(3年・F)、#20田中(4年・G)といったところがでオフェンスを作れず苦しい展開となる。前半は神奈川大が上出来の8点差をつけた。しかし後半、気が緩んだのか神奈川大のプレッシャーが弱くなると日体大が盛り返し、#15宮村徹(3年・C)がゴール下で得点するなど本来の力を見せて追い上げ、4Qで遂に逆転。苦しくなった神奈川大は綿貫が再三ドライブを試みるが日体大ディフェンスにはばまれて攻め手がない。最後は勢いを取り戻した日体大が勝利した。



早稲田大学・菅川選手、近森選手のインタビューは「続きを読む」へ

[続きを読む]

◆#4菅川浩樹(早稲田大・4年・PF)
◆#7近森裕佳(早稲田大・4年・F)

ーかなり追い込まれた試合でした。
菅川:自分が迷惑をかけっぱなしでした。自分たちはディフェンスからのチームなのにそれが全然できなかった。
近森:アジャストする能力がなさすぎて、すぐ対応できないから外角ばかり打たれて対応できなくなってしまったというか。外のシュートが入れば別だけど、それもできなかったし。力強い点の取り方ができなかった。

ー明日は國學院ですが、昨年も國學院相手にかなり苦戦しましたね。
近森:シュートが入る、ああいうチームに弱いんですよ。やみくもにシュートを打ってくる。

ーそれはディフェンスの問題でしょうか?
近森:ディフェンスですね。中途半端なチームディフェンスをしてしまうんですよ。
菅川:のらりくらりとね。
近森:今日みたいな相手だと1対1できちんとついた方がいいし、その辺がアジャストできない。向こうがうれしいディフェンスをしてしまうような。
菅川:明日はそんなことがないように気を引き締めていきます。
関連記事
EDIT  |  22:45  |  2007トーナメント  |  Top↑
 | BLOGTOP |